もう過去はいらない
『もう過去はいらない』ダニエル・フリードマン(創元推理文庫)

88歳のメンフィス署の元殺人課刑事バック・シャッツ。歩行器を手放せない日常にいらだちを募らせる彼のもとを、因縁浅からぬ銀行強盗イライジャが訪ねてきた。何者かに命を狙われていて、助けてほしいという。やつは確実になにかをたくらんでいる。それはなんだ。88歳の伝説の名刑事vs.78歳の史上最強の大泥棒。『もう年はとれない』を超える、最高に格好いいヒーローの活躍! 解説:川出正樹(本書あらすじより)

去年『もう年はとれない』で鮮烈な日本デビューを果たしたダニエル・フリードマンのバック・シャッツ元刑事シリーズ第2作です。ジジイを美化せず、殴れば腕が折れ、かなり荒っぽく口も悪い元刑事、という強烈なキャラクターでした。
前作からさらに年をとり88歳となったバック・シャッツ。より年老いたため前作ほどの動きを見せない一方で、事件そのものが複雑になりました。今作では宿敵である老齢の大泥棒イライジャとの対立、それに介入する第三者、という事件の全貌が分からないまま進行する現在パートと、バックとイライジャの過去パートの2つがカットバックで描かれます。
イライジャの立てた計画に感心するし、人種問題などを絡めるやり方も見事なのですが……ただ、バック・シャッツのかっこよさって、こういうのでしたっけ? 前作よりは落ちる出来かなと感じます。以下その理由についてつらつらと。

今回のバックは前作のケガもあり、歩行器の助けがなければ動けず老人ホームに閉じ込められています。というわけで自分から捜査に歩き回ることも出来ないのです。そこで作者は、回想により過去の大捕り物でバックを動かしつつ、バックの息子や妻との関係を描くことで現在のバックというキャラクターを作り上げています。
ただそこで現れたのは、自分の思う正義を貫き通そうとするゆえに、息子の理解を得られず、妻からもなじられる男、なんですよ。いや息子との関係はいいんです、バックはあくまで信念があってやってるんだから。でも奥さんについては、バックの考えが甘すぎると思うんですけど。全然かっこよくないんです。
だから、ラストのイライジャとの対峙で、バックの正義が魅力的に見えてこなかったんです。アンチヒーローらしさを今回は前作以上に強調しており、かなりえぐいこともバックはやっているんですが、それがノワールみたいなかっこよさになっていません。ただのクソジジイじゃないですか、これじゃ。むしろ78歳にしてゲームを楽しもうとする大泥棒イライジャの方が、ヒーローっぽいんです。

そこらへんの気持ち悪さもあって、全体的に読んでいてのめり込めませんでした。バックという強烈なキャラクターが今作はマイナスに出てしまって、彼に拒絶されてしまうんです。うーん、こんなに読んでて楽しくないんだったっけ。次作ではどうやってこのクソジジイっぷりを魅せるかがポイントになるのかなー。

書 名:もう過去はいらない(2014)
著 者:ダニエル・フリードマン
訳 者:野口百合子
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mフ-29-2
出版年:2015.08.28初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1167-46315734