髑髏の檻
『髑髏の檻』ジャック・カーリイ(文春文庫)

刑事カーソンが休暇で赴いたケンタッキーの山中で連続殺人が。犯人はネット上の宝探しサイトで犯行を告知し、死体はどれも奇怪な装飾を施されていた。捜査に巻き込まれたカーソンの前に現れたのは、実の兄にして逃走中の連続殺人鬼ジェレミー。ディーヴァーばりのスリルとサプライズで人気のシリーズ第6弾。(本書あらすじより)

『ブラッド・ブラザー』『イン・ザ・ブラッド』と来てこれを読んで思ったんですが、なんかあれですね、ジャック・カーリイって思ったよりマトモなミステリ書くんですね……。
というわけで、ジャック・カーリイの好評シリーズ最新刊です。いまだに『ブラブラ』以前の『デス・コレクターズ』とか『百番目の男』とか読んでないんですよね、早く読まないと。

カーソンは地元の女刑事と協力しつつ、謎の連続猟奇殺人犯が残すメッセージを追います。
ざっくり思うことを書きますと、実は自分、よく出来た警察小説やサイコスリラーの楽しみ方がいまだによく分からないなぁと前から思っているのです。すごく面白いんだけど、犯人に振り回されて犯人が判明して最後ごたごたあって終わる、あー楽しかった、で70点くらいから上になかなかいきません。そんなこと言ったら超真面目な本格ミステリなんてもっと何もないまま終わっちゃうんだけど……。
『髑髏の檻』もそんな感じで、よく出来てるから特に文句を言いたいところが一切なく、まぁやっぱり70点でした。あれかな、キャラ小説として楽しまなきゃいけないのかなー。ちなみに帯にもある、犯人のメッセージの意味に関してはどう反応すればいいのか分かりませんでした……。

というわけで、うん、やっぱり最初の作品を早く読まないと……。

書 名:髑髏の檻(2010)
著 者:ジャック・カーリイ
訳 者:三角和代
出版社:文藝春秋
     文春文庫 カ-10-6
出版年:2015.08.10 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1166-538b3d1f