桃色の悪夢
『桃色の悪夢』ジョン・D・マクドナルド(ハヤカワ・ミステリ)

眼前に広がる桃色一色の世界。無理やり得体の知れない薬を注射され、精神病院に囚われていたトラヴィス・マッギーは、必死で脱出を試みていた。半年も経ったかと感じられる頃、ようやくまわりの世界がはっきりしはじめた。一人の女がぼんやりした表情で、自分の頬にゆっくりと爪を刺し込んでは引き抜いている。血がベージュのブラウスにしたたり落ちる。マッギーはその女の脇を通り抜け、正面入口にたどり着いた。明るい、さわやかな世界が、そこにはあった。股を広げて床に座り込み、小さな乳房をゆっくりと揉んでいる娘をあとに、マッギーは外へ出た……。
ふしだらな妹ナイナの性根を叩き直してくれという、旧友マイクの頼みを安請け合いしたマッギーを待ち受けていたのは、彼を狂人にして闇に葬り去ろうとする何者かの奸計だった。しかも、ナイナの恋人が一万ドルの現金を残して惨殺されるに及んで、事件は否応なしに複雑怪奇な様相を呈していったが……。全長52フィートのハウスボート〈バステッド・フラッシュ〉号を本拠に、アメリカ大陸を縦横に飛びまわる現代のロビン・フッド、トラヴィス・マッギー! ミステリ界きってのストーリイ・テラーが、濃紺、赤、紫……と流麗闊達な才筆で描き分け、今もなお全米の人気を独占し続ける超ベストセラー・シリーズ第二弾!(本書あらすじより)

彼女と付き合いだして2周年になったのを記念して、伊豆高原の旅館に行ってきました。おすすめされてここに決めたんですけど(というか予約したのが行く前日っていうね)、もう素晴らしかったです。他にもクラシックジュエリーの博物館やらテディベアの博物館やらサボテンとカピバラの跋扈する公園やら。ついでに小田原で箱根名物の寄木細工なんかもどかどか買っちゃったりして。へっとっと。いやぁ楽しゅうございました。
ちなみにお伴に持って行ったのは『剣闘士に薔薇を』。50ページしか進まなかったな……まぁそんなんもんです。

さて、ジョンマクのトラヴィス・マッギーシリーズ第2作です。『濃紺のさよなら』がもうむちゃくちゃ面白かったので大いに期待して読んでみたら……、あ、あれれ? もしかしてトラヴィス・マッギーって当たり外れが大きい?
マッギーが女の子と日がな一日いちゃついたり、だらだら聞き込みに回ったり、とプロットの練りが弱く、全体的に低調。終盤の精神病院のくだりだけという感じで、最後も結局マッギーが解決したというわけではないのでカタルシスも少なめ。うーんこれは厳しい。

トラヴは親友の妹のいいなずけが殺された事件を調べていくうちに、巨額をめぐる陰謀を掘り当てていきます。ですが、序盤は聞き込みばかりで動きがなく、登場人物にもあまり魅力がありません。親友の妹といちゃついてしまった、どうしよう……みたいな悩みとか抱えたりもするんですけど、一晩中セックスした後にそんなこと言われてもいまさら感やばくて全然ピンと来ません。

で、この本のメインはなんといっても終盤、敵に捕まったトラヴが、怪しげな精神病院に放り込まれ、植物人間にさせられそうになるシーンです……ってなんじゃそりゃ。いつからこのシリーズは大衆スパイ小説みたいになったんですか。いやここらへんは確かに面白いんですよ、ですけど、なんか話全体から浮き過ぎてるし、しかも脱出するためにかなりの人数が死ぬレベルの結構なことやってるんだけどトラヴさん大丈夫なんですか。それで結局トラヴ独力では解決できないっていうのも……うーん、おまえあんま活躍してないな……。

と、いうわけで、やや通俗要素が強すぎて不調気味な一冊でした。トラヴィス・マッギーシリーズは当たり外れが大きいそうなので、ちょこちょこ読みながら当たりを探していきたいと思います。おすすめなどあればぜひぜひお教えください。

書 名:桃色の悪夢(1963)
著 者:ジョン・D・マクドナルド
訳 者:吉田誠一
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 929
出版年:1966.03.20 初版
     1986.02.15 2版

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1153-f73c90c4