禁忌
『禁忌』フェルディナント・フォン・シーラッハ(東京創元社)

ドイツ名家の御曹司ゼバスティアンは、文字のひとつひとつに色を感じる共感覚の持ち主だった。ベルリンにアトリエを構え写真家として大成功をおさめるが、ある日、若い女性を誘拐したとして緊急逮捕されてしまう。捜査官に強要され殺害を自供し、殺人容疑で起訴されたゼバスティアンを弁護するため、敏腕弁護士ビーグラーが法廷に立つ。はたして、彼は有罪か無罪か――。刑事事件専門の弁護士として活躍する著者が暴きだした、芸術と人間の本質、そして法律の陥穽。2012年本屋大賞翻訳小説部門第一位『犯罪』の著者が「罪とは何か」を問いかけた新たなる傑作。著者による日本版オリジナルエッセイ「日本の読者のみなさんへ」を収録。(本書あらすじより)

いまのところ、シーラッハは邦訳順に好きなのです。『犯罪』『罪悪』『コリーニ事件』。シーラッハ特有の簡潔な文体はそれ自体魅力的なのですが、短編だからこそ力を発揮するけど、長編はちょっと……みたいに思ってしまったのが『コリーニ事件』でした。では今回の『禁忌』はどうなのか?
……いやぁまたよく分かんないですね。というか今作は本当によく分からない。『コリーニ事件』のテーマは(ネタバレなので言えませんが)明快でした。ところが『禁忌』は比喩や挿話を駆使した「芸術」の話で、何かあるっぽいから困るのです。うーん面白くないわけではなかったんだけど。

筋は法廷ものらしい単純明快さ。前半では写真家として名声を獲得するまでのゼバスティアンの生涯が語られ、芸術家らしい彼の苦悩に読者は大いに共感することでしょう。ところが次第に彼の行動を読者は理解できなくなり、ついに彼は死体なき殺人事件の容疑者として逮捕されてしまいます。彼は果たして本当に真犯人なのか? ゼバスティアンは黙して語りません。世間を大きく騒がせた事件は法廷での戦いにもつれ込み……という、これだけならよくある法廷ものです。

だからはっきり言って、終盤まで結構面白いのです。やっぱり有罪か無罪か、ってのは王道ですよ。それをひっくり返そうとする敏腕弁護士(結構なお年)ビーグラーの清々しいまでのプロっぷり、証拠集めのための奔走、など、つまらないわけがないのです。しかしこれだけでは、確かにシーラッハ文体の魅力があるとはいえ、まだまだです。勝負は真相ですよ、もちろん。
と思ったら。えーダメだ芸術家の考えることはわかんねぇ。どういうもくろみだったか?ということは何となく分かりますが、それをどうしてこうやったのかが分からないのです。おまけにある挿話(隣人のやつとか)の意味もさっぱり理解できないし、というか作者が説明してくれないし、主人公が共感覚の持ち主だった意味もないような気がするし。うーんこりゃドイツで賛否両論になりますわな……。

というわけで、くそぅ相変わらず結構ノリノリで読み切っちゃうんですが、やっぱり邦訳順の原則は更新されなかった……。ある意味では『コリーニ事件』より好きですが、こうなんかもやっと感はぬぐえないのです。シーラッハの目指すところがすでに『犯罪』の域じゃないんですよね。どう評価したらよいのか難しい1作でした。

書 名:禁忌(2013)
著 者:フェルディナント・フォン・シーラッハ
訳 者:酒寄進一
出版社:東京創元社
出版年:2015.01.09 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1144-543dc344