ありふれた祈り
『ありふれた祈り』ウィリアム・ケント・クルーガー(ハヤカワ・ミステリ)

あの夏のすべての死は、ひとりの子供の死ではじまった――。1961年、ミネソタ州の田舎町で穏やかな牧師の父と芸術家肌の母、音楽の才能がある姉、聡明な弟とともに暮らす13歳の少年フランク。だが、ごく平凡だった日々は、思いがけない悲劇によって一転する。家族それぞれが打ちのめされもがくうちに、フランクはそれまで知らずにいた秘密や後悔に満ちた大人の世界を垣間見るが……。少年の人生を変えた忘れがたいひと夏を描く、切なさと苦さに満ちた傑作ミステリ。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作!(本書あらすじより)

ウィリアム・ケント・クルーガーは講談社文庫から出ているコーク・オコナー・シリーズが有名ですが、今回はなんとポケミスからノンシリーズが登場です。既に今年のベストに推す声も多いですね。
内容はポケミス恒例ちょっと前の時代が舞台のアメリカンミステリ。個人的には、この手の物語は、面白くはあってもはまりはしないという傾向が強いのですが。禁酒法時代(第一次世界大戦後)から1960年代くらいまでのアメリカを舞台にしたポケミスの定番っぷりって何なんでしょう。

読んでみたらやっぱり予想以上でも以下でもないんですが、でも確かにこれは悪くはありません。教養小説(主人公が成長していく)として程よくつらく、またつらすぎず、ネイティブ・アメリカンへの差別や偏見なども交えつつ行きすぎず、読みやすかったです。というか作者がほんっとに上手いんですね、これは。

主人公である少年フランクの目線から、田舎町に住む家族、親族、地域の住民を描きつつ、彼が体験したある事件の様子が描かれていきます。子ども目線から大人社会を、隙間を縫うように描いていくのが実にうまく、結構な分厚さではあるんですがのめり込んでしまいます。
でまた登場人物がどれもこれも曲者なんですよねぇ。どうしても牧師である夫に我慢がならない意識が高すぎる主人公の母親、主人公の母親とかつて恋愛関係にあった地元の有力者一族など、大人社会にクサい人間がばんばんと配置されています。こういったものが、主人公があまり分かっていなくても、主人公の目線から遠回しに色々と語られるんですよ。さらに主人公の弟は吃音症で、常に主人公と行動を共にしているのですが……うーん、やっぱり相当練られたプロットですよね。
こうした人間関係の中で、地域社会を揺るがす事件が連発し、家族の結束は大きく揺らいでいくのです。意外な真相を適度に用いながら、ひと夏の顛末が、少年の語りでつづられていきます。

というわけで、ベテランのうまさ、みたいなものが感じられる良ミステリでした。まぁやっぱり好みど真ん中というわけにはいかないんですが、今年のミステリの中でもおすすめできる作品だと思います。

書 名:ありふれた祈り(2013)
著 者:ウィリアム・ケント・クルーガー
訳 者:宇佐川晶子
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1890
出版年:2014.12.15 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1140-77d97a5b