神さまがぼやく夜
『神さまがぼやく夜』マイクル・Z・リューイン(ヴィレッジブックス)

万物の創生主、神は悶々としていた。ある計画を胸に下界に降りたものの、百年ぶりの世界はすっかり様変わりし、かつて自分に似せて創った人間たちはスマートフォンにタトゥーに脱毛、理解不能な進化を遂げていたのだ。そこで彼らを知るため夜ごと酒場めぐりを始めるが、男と女の関係はどうも複雑怪奇なようで……。ミステリーの名手が極上のユーモアで現代社会を諷刺する意欲作。(本書あらすじより)

まさかのリューイン新刊! 早川ではなく、なんとヴィレッジブックスからの返り咲きです。今年はこういう久々の作家が紹介されることが多くないですか、トレヴェニアンとか。
さて、まず言っておくと、全くもってミステリではありません、あしからず。とりあえずそのことを念頭においた上で。結構ゲスな神さまを主人公に置き、人間という存在を神さま目線から皮肉りながら、なおかつ人間という存在の素晴らしさをユーモラスにつづった物語。リューインは『のら犬ローヴァー町を行く』なんて犬目線のハードボイルドなんかも書いているんでしたね、読んでないけど。

くすっと笑いながらちょっと考えさせる、みたいな気取ったところのない小説です。前半は神さまがナンパしてはフラれるの繰り返しばかりでやや退屈なんですが(神的全知全能能力を駆使した名探偵っぷりも見せてくれます)、後半、神さまがナンパから離れて自らのことを考え始めてからがとっても面白かったです。うーん、これはいいものですな。
だんだんと、神さまは自分が本当にしたいことは何なのか、天国の運営やら息子のイエスやらうるさい天使たちやらをどうするべきか、など様々な問題を考え始めるようになります。というかウン億年考えてなかったんだな、こいつ。と同時に、神さまは人間からも色々なことを学んでいくようになるわけで。人間って、くだらないけど、至高の存在でもあるんですよ、なんてことに気付かせてくれるリューインの語り口に、後半どんどんはまっていくこと間違いなし。リューインのユーモアってちょうどいいんだよなー。

というわけで、熱烈におすすめするような小説でもないんですが、神さまが人間に化けてナンパ目的で地球に下り立ち振られまくる、というあらすじが気になるひとはぜひ読んでみることをおすすめします。こういうのを年に1冊くらい読めるといいですね。

書 名:神さまがぼやく夜(2012)
著 者:マイクル・Z・リューイン
訳 者:田口俊樹
出版社:ヴィレッジブックス
     ヴィレッジブックス F-リ8-1
出版年:2015.01.20 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1137-dbabfa0e