グレイストーンズ屋敷殺人事件
『グレイストーンズ屋敷殺人事件』ジョージェット・ヘイヤー(論創海外ミステリ)

1937年初夏の晩ロンドン郊外の屋敷で資産家の遺体が発見された。凶器は鈍器。ヘイヤーの本格長編ミステリ待望の邦訳!スコットランドヤードのヘミングウェイ巡査部長とハナサイド警視が事件を追う!(本書あらすじより)

ジョージェット・ヘイヤーのハナサイド警視シリーズは、以前創元推理文庫から2冊出たきり止まっちゃったんですよね。確かに1作目の『紳士と月夜の晒し台』は微妙でしたが、2作目の『マシューズ家の毒』はかなり良作で大好きだったんですが。と残念がっていたら、なんとシリーズ4作目(というか4作しかない)が論創から翻訳! これは嬉しい!
というわけで気合い入れて読んでみましたが……うぅ、ミステリ部分に全部気付いてしまった……これ嫌いなパターンだ……。

最初にミステリ要素について。屋敷の中で撲殺死体が発見されます。その夜はやたらと疑わしい人が出入りしており、屋敷の中にも親族がいます。ところがこの出入りの時間を突き詰めていくとどうしても矛盾が生じてしまうのです。果たして犯人は? 凶器は? そのタイミングは? というわけで、ハナサイド警視はひたすら時間を分単位で調べていくことになります。意外な凶器もの、としても有名な作品であるとか。
そうなのです、分単位で推理を進めていくんですよ。というわけで結構ややこしい話になりそうなところなんですが、思ったより混乱せず読むことが出来ました。まぁこういう細かいミステリはあんまり好きじゃないんですけどね。
それより問題は、この細かい部分を突き詰めて考えてしまうと犯人が分かってしまうということです。自分、読みながら推理とか全然しないんですが、犯人も凶器もタイミングもストーリーのロマンスの展開すらも分かっちゃって、もーがっかりですよ。何がダメって、自分、この手のパターンにもう飽き飽きしているのです。いや多くないですか、これ、特にポスト黄金時代とかそのへんに。しかも気付いちゃうとある点ですぐ自分が合っていることに確証を得てしまうという……ダメだろこれは……。
良く出来ているのは事実ですが、やっぱりいただけませんでした。ジョージェット・へイヤーって書く話はすごく面白いんだけど、本格ミステリを作るのはあんまり上手くないんじゃないかと思います。そういや既刊2つも情報後出しだったし。

じゃあヘイヤーの強みはどこかというと、エキセントリックな登場人物同士の会話劇にあります。主人公のハナサイド警視は超絶地味で礼儀正しいだけの無個性に近いんですが、彼はとにかく登場人物のおしゃべりをよく聞くんですよね。というか登場人物は警視がいなかろうとひたすらおしゃべりしています。
で、このパートがやっぱり楽しいんです。たとえば今作だと被害者の甥(だったかな)と近隣に住む女史との皮肉の応酬に満ち満ちた会話、エキセントリックなおばあさん、とまぁこんな感じ。この強みが特に出ているのが『マシューズ家の毒』なので読んでみるといいですよ。

ただまぁミステリ部分がとにかく気に入らないので、全体としてはダメだったかな……後半分かっちゃうとひたすら退屈だったし。とはいえめげずに、残る3作目の翻訳を期待したいところです。

書 名:グレイストーンズ屋敷殺人事件(1938)
著 者:ジョージェット・ヘイヤー
訳 者:中島なすか
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 138
出版年:2015.01.30 初版

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1136-24630f4a