製材所の秘密
『製材所の秘密』F・W・クロフツ(創元推理文庫)

青年が、旅先で偶然立ち寄った製材所。 そこではすべてが不自然だった。  トラックのナンバープレートに細工がしてあるではないか!  さらに、青年を見る運転手の敵意に満ちた目、製材所主任の娘の青ざめた顔……。いったい、ここでは何が行われているのだろうか?  〈サンデー・タイムズ〉紙のミステリ・ベスト99にクロフツの代表作として選ばれた不朽の名作。 本邦初の完訳版。(本書あらすじより)

超久々にクロフツでも読もうと本棚から一冊取り出したら、なんとノンシリーズでした。マジか。
フレンチ警視で有名なクロフツは、クロフツ登場前の最初の4作はノンシリーズ長編を書いています。順に『樽』『ポンスン事件』『製材所の秘密』『フローテ公園の殺人』です。『樽』しか読んでない……そもそもクロフツ3作しか読んだことないですけど。
でとにかく、先日復刊もされたこの『製材所の秘密』を旧版で読んだんですが、うーん、ダメですね、これは。わたしゃこの面白さが分かりません(断言)。前半の素人探偵(アマチュア)が製材所の秘密を探るべく探偵するところはまだ読めるにしても(でも退屈)、後半の警察が乗り出してからは本当にだらっだら。製材所の謎もあっはいという感じ。

フランスの製材所でナンバープレートの交換という不可解なことを目撃したメリマンは、製材所の惚れた女を救うべく友人のヒラードと共に製材所の秘密を調べ始めます。が全く分かりません。ヒラードは密輸ではないかと疑うが果たして……なんて言ってるうちに警察沙汰になっちゃうというお話。

本格ミステリではなく、捜査小説、冒険小説、犯罪小説に近いですね。ナンバープレートの交換という発端はなかなか魅力的で、潜入したりなんだりとなかなか冒険チックなことをして調べる主人公ズ。樽好きで知られるクロフツ大先生は主人公をトイレにも行かせず24時間樽に押し込んだりもします(これ狙ってるのか)。
まぁまぁだらけているとはいえ前半のメリマン・ヒラードの調査パートはまだ読める方。ところが後半、警察が乗り出してからが本当につまらないのです。何しろウィリス警部がやってることがかなり警察レベルを超えた無茶な感じで、主人公を交代した意味があまりないような気がするのです。うーん話も進まない。
おまけに肝心の製材所の秘密が、こう、そんなに面白くないというか。ナンバープレートも頑張ってはいるけど最後付け足し感があるし(ここ起点でもっと広げられたらいいのに結局イギリス側がメインになるからなぁ)。捜査面も犯罪面もどうにも中途半端で物足りませんでした。

というわけで総じてあまり楽しめなかったです。フレンチ警視が出て来るやつは数作読んで結構面白かったんですけど。当たり外れ大きいのか、それとも向き不向きの問題なんですかね、これは。

書 名:製材所の秘密(1922)
著 者:F・W・クロフツ
訳 者:吉野美恵子
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mク-3-3
出版年:1979.02.02 初版
     1979.09.28 3版

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1118-84a1ea0d