縞模様の霊柩車
『縞模様の霊柩車』ロス・マクドナルド(ハヤカワ・ミステリ文庫)

幼くして実母に捨てられたハリエットは、いつか孤独で、放縦な性格を身につけた女になっていた。そんな彼女が、突然メキシコから連れ帰った得体の知れぬ男。財産めあてのプレイボーイか? 彼女の父と義母の不安はつのった。男の身元調査を依頼されたアーチャーはさっそく調査を開始した。しかし、車をとばす道中で行き交わした縞模様の霊柩車は、アーチャーの眼にただならぬ悲劇の前兆として映った! 円熟期の代表傑作。(本書あらすじより)

前に読んだ『ウィチャリー家の女』がまぁ微妙だったので、あんまりロスマクは合わないのかなと思っていたんですよ。『さむけ』読んでないけど。
ところがあぁた、この『縞模様の霊柩車』を読んでみたら、もうあれですよ、大傑作ですよ。すごいよ。ロスマクなめてたよゴメン。自分が変わったのかそもそも『ウィチャリー家』が好みじゃなかったのか。どっちでしょうね。
サンフランシスコからメキシコまでアーチャーは飛び回り、非常に複雑なプロットを解き明かします。ひたすら話を聞いて回るだけなのに、適度に事件を挟み込むせいか全く飽きさせないし、何よりこの文章に没入してしまうのです。

退役大佐から娘と駆け落ちもどきの逃走を図る得体のしれない画家の素性調査を頼まれたアーチャーは、その過程で1つの殺人事件にぶつかります。この流れがまず無駄がなく発端として魅力的。そこから辿れる道を私立探偵は当然ハードボイルドらしくインタビューしながらつぶしていくんですが、適度に新事実が出て来るのが良いですね。全く退屈しません。
『ウィチャリー家』はもっと単調で何だこのインタビューマシンはとすっげぇ退屈だった気がするんですが、今回はメキシコに飛んだりとダイナミックだったり、ちょいちょい殺人事件が出て来たりと緩急がついてるのです。そして過去の殺人事件が現在の殺人事件と非常に複雑に絡んでいて、いったい何が起きたんだろう、と頭を使ってるだけで読んでて十分に面白いのです。最後の最後に(ここのどんでん返しもベタだけど悪くない)アーチャーは殺人犯の告白を聞くことになるんですが、これがまさにインタビュー探偵としての極致なのでしょうか。よく分かりませんが。

もちろん、プロットに本格ミステリ的な面白さがあるとはいえ、プロットだけなら面白さにもある程度の限界はあります。しかしこの『縞模様の霊柩車』、さらに端役を含めて登場人物の微妙に個性的な描き方がとっても良いのです(というか主役級より端役の方が良いキャラしてます)。淡々とした筆致で、それぞれの人生の一部分を切り取り、その人物を必要十分に描きあらわすロスマクさん、うまい、うますぎです。たまに戻ってきて2回登場したりするんですが、このやり方もうまいし。

というわけで、もう大満足でした。ロスマクやっぱりすごいんですね……この次作が『さむけ』ですもんね。これはもう絶対読まないと。

書 名:縞模様の霊柩車(1962)
著 者:ロス・マクドナルド
訳 者:小笠原豊樹
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 8-2
出版年:1976.05.31 1刷
     1991.05.31 5刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1108-b883727e