悪意の糸
『悪意の糸』マーガレット・ミラー(創元推理文庫)

不穏な空気をはらんだ夏の午後、医師シャーロットの診療所にやって来た若い女。ヴァイオレットと名乗るその娘は、夫ではない男の子どもを妊娠したという。彼女の“頼み”を一度は断ったシャーロットだが、混乱しきった様子が気に掛かり、その晩、ヴァイオレットの住まいへと足を向け……卓越した心理描写を武器に、他に類を見ないミステリを書き続けた鬼才による傑作、本邦初訳。(本書あらすじより)

今年読んだ本をなるべく今年中に記事書いちゃいたいのでダッシュで更新し続けてます。今日2回目です。しかしあと20冊あるので1日2回更新でも間に合いません。無理です。
さて、超久々に日本でマーガレット・ミラーが新訳で登場しました。ちなみに自分はまだ『まるで天使のような』しか読んだことなかったんですが、積んではいます、積んでは。
地方かどこかの町を舞台に女医と浮気相手とどこぞの女の子が混じり合ってどろどろどろどろするタイプのサスペンス。これ以上ないってくらいべったべたな展開とべったべたな結末だったけど、なんかこう、雰囲気がいいです。すごくいいです。これがミラー節か……。

夫がいる身でありながら一夜の浮気で子供が出来た女が女医の元に現れますが、女医は彼女を適当に相手して帰してしまいます。その後いなくなったり死体が出てきたりうさんくさい親戚が出てきたり女医が襲われたり云々。ある人物が実は、的なのは結構ほのめかされているのもありすぐ分かるでしょうし、犯人も意外性を考えると想定内ではあります。

ただ、これは登場人物の行動と心理描写で読ませるタイプのサスペンス。全員が身勝手で自分のことしか考えていないという状況で、いかなる結果が生じるのか、という点がとても面白いのです。主人公の女医さんだって一見普通だけど(解説でもそう書いてありますが)、めちゃくちゃ独占欲が強いしなんかメンヘラの気がないですかこの人、全然普通じゃないと思うんですけど。
特に面白いのがこの事件を捜査する刑事さん。彼、登場するなり自分にそっくりな女医さんを好きになった(らしい)みたいで、浮気はよくないとか忠告がましいこと言いながら私とくっつく方が幸せだとか何とか言いながら事件を勝手に捜査していくんですけどなんだこいつ。謎キャスティング。アグレッシブに告白しつつ謎を解く刑事ですか……新しい……。

そうしたあれこれがミラーの鬱々とした文章で語られていくんですよ。この寒々とした雰囲気がたまりません。小品ながら、短いこともあり気持ちよく読了。うーんいいクラシックサスペンス。現状、他のミラー作品がすべて品切れ(おまけに今回ミラーが訳されたことでなんか妙に高騰しています)なので、入門にはちょうどいいかもしれません。


書 名:悪意の糸(1950)
著 者:マーガレット・ミラー
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mミ-1-8
出版年:2014.08.29 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1080-d43a15b6