容疑者
『容疑者』ロハート・クレイス(創元推理文庫)

ロス市警の刑事スコットは相棒とパトロール中、銃撃事件に遭遇する。銃弾はふたりを襲い、相棒は死亡、スコットも重傷を負った。事件から九ヶ月半、犯人はいまだ捕まっていない。事件前の決定どおり警備中隊へ配属となったスコットはそこで新たな相棒に出会う。アフガニスタンに従軍し、そこでスコットと同様大切な相棒を失った大型の雌のシェパード、マギーだった。アメリカ探偵作家クラブ生涯功労賞受賞の著者、渾身の大作登場。(本書あらすじより)

ハードボイルドシリーズなどで有名なクレイスさんですけど、当然一冊も読んだことありません。ちょっと読んでみたいかも。あとノンシリーズの評判がいいですよね、この人。そしてこの『容疑者』もノンシリーズであります。なんとわんちゃんものです。警察犬なのです。
犬目線で始まるプロローグがさっそくずるくて(褒めてる)、かわいいわんちゃん(シェパードだから超でかい)が「ご主人様のために頑張ります」って言いながら心身共に傷ついた主人公と一緒にいちゃいちゃしているだけの話(と言えなくもない)。ふざけんなよ、こんなん面白いに決まってるじゃないですか。

戦争で相棒(人間)を亡くしたシェパード(雌)と、街中の銃撃戦で相棒(女性)を亡くした刑事(男性)が出会い、警察犬と刑事というコンビを作り、徐々にお互い打ち解けあい、信頼し合い、寄り添い、いちゃつきながら、その銃撃戦の犯人を捕まえようと奔走します。メインストーリーだけ抜き出すと、普通のハードボイルドらしい感じですね。
刑事は基本的にうっ傷が痛いとか言いながら相棒の女性警官を殺した犯人を追うだけで、このプロット自体はクライムノベル的にあまりにドストレートで捻りも何にもありません。普通です。手がかり追ってけば犯人一味にたどりつきます。淡泊だし。ちなみに最近この手の犯人多すぎないですか、さすがに飽きましたよちょっと。

ところが時たま犬のマギー視点の描写が入ったり、マギーのために手を尽くすシーンとかが入るから、飽きさせないし、めちゃくちゃのめり込んでしまうんです。どうってことない話だけど、まぁ主人公は間違いなくマギーですからね、かわいいよね、わんちゃんかわいいね。警察犬を相棒に据え、警察犬目線の章まで書いてしまった、というだけでこれはもう設定の勝利です。何にも言うことはありません。

というわけで、感想はもうこれくらいなんですけど、とっても面白かったですよ。ここまで読んで興味が出た人はたぶん好きです。犬が出て来るからどうしたよ、俺は骨太なクライム・ノベルが読みたいんじゃ、という人は……だ、ダメだろうな。
ところでこのタイトルは結局なんだったんだろう……。

書 名:容疑者(2013)
著 者:ロバート・クレイス
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mク-23-1
出版年:2014.09.19 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1074-9ecbe6ac