ゴールドスティン 上 ゴールドスティン 下
『ゴールドスティン』フォルカー・クッチャー(創元推理文庫)

1931年のその日、ベルリン警視庁殺人課警部のラートを呼び出した副警視総監の機嫌は最悪だった。ニューヨーク・ギャングの殺し屋と目されている危険人物ゴールドスティンがベルリンに来訪しているというのだ。その目的は一切不明。犯罪組織リングフェラインが、彼に殺しを依頼したのだろうか? だれもが疑心暗鬼になる中、ラートはこの男の二十四時間の監視を命じられるが……。(上巻あらすじより)

いま、個人的にもっともアツいドイツ・ミステリシリーズです。1作目は1929年、2作目は1930年と、不安定な時代のドイツを舞台にしながら、自分の出世のことしか考えずかなりむちゃくちゃなラート警部を主人公に置いたシリーズ3作目。この人どんどん上手くなってるよね。
複数の人物の視点を通して、アメリカ人ギャング、窃盗犯の少女、暗黒街の抗争、そしてその影で暗躍する謎(といってもすぐ明かされる)の組織を描きつつ、ナチくさくなってきた1931年のベルリンを浮かび上がらせます。今作も安定して面白いです。

冒頭、2人組みでデパートの深夜窃盗を行う少年と少女が登場します。見つかってしまい、少女は逃げ出すのですが、その時、警察官によって不必要にも少年が殺されてしまうところを目撃してしまうのです。そして物語は、アメリカから来た殺し屋ゴールドスティンの目的を探るべくラート警部が彼を監視するところから始まります。

常にラート警部目線だった過去2作と異なり、複数視点を導入し、短めの章をつないでいくやり方を用いていますが、かなり上手いです。ゴールドスティン関係を捜査するラート警部、独自に事件にかかわっていく恋人のチャーリー、ラートの部下で内密に警察の内部捜査を行うランゲの3人を探偵役に据え、これがしっかり絡み合っていきます。どの章でも何らかの事実が明らかになるなど引きも巧みでリーダビリティも高く、これぞ警察小説だ!という満足感があります。
こうしたモジュラー型な面白さに加え、ユダヤ系アメリカ人マフィアであるゴールドスティンが投入されることで、歴史ミステリとしての側面も強化されています。外国人である彼の目線からユダヤ人コミュニティを紹介しつつ、当時のドイツの様子を描き、ナチスの台頭を上下巻通じて徐々に見せていく不穏さが絶妙。ラストにあれを見せるえぐさがナイス。次作がまた楽しみになります。

そしてやっぱりクッチャーは、一人で動く人間を追うハードボイルド的なスタイルが上手いんですよ。今まではそれがラート警部というはみだし刑事だったわけですが、今作はそれから離れて、孤軍奮闘して隠密に内部捜査を進めるランゲとか、窃盗犯の少女を一人で探すチャーリーなどを描いているというわけ。何よりマフィアとして寡黙に最低限の行動をとっていくアメリカ人ゴールドスティンのかっこよさがもうすごくて(最後のラート警部との会話とかきれっきれだもんなぁ)。っていうかラート警部今作全然活躍してませんね。

安定して面白かったけど、安定しすぎていてびみょーに物足りないかな、とも正直感じました。最後とか綺麗にまとまりすぎなんです。このシリーズが好きなのは、勝手に行動して勝手に自滅してめっちゃかしっちゃかに事態を解決しようとラート警部が頑張るところだったので、その点は物足りません。『濡れた魚』の荒っぽさはどこに行ってしまったんだ……。
まぁ作者が上手くなったということでもあるので、今後も落ち着いたシリーズになりそうだな、と思います。何だかんだ言いつつ毎年クッチャーの新作が出るのが楽しみなのは確かなので。4,5,6作目のベルリンがどう変わっていくのか……うーん、ナチっぽくなりそうだなぁ。

書 名:ゴールドスティン(2010)
著 者:フォルカー・クッチャー
出版社:東京創元社 Mク-18-5,6
出版年:2014.07.31 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1069-98b609e5