逆さの骨
『逆さの骨』ジム・ケリー(創元推理文庫)

かつて捕虜収容所だった発掘現場で奇妙な骸骨が発見された。その男は脱出用と思われるトンネルを収容所に向かって這い進んでいたうえ、額を拳銃で打ち抜かれていたのだ。脱走兵にしては謎めいた殺害状況に、新聞記者ドライデンは調査を開始する。だが数日後、同じ現場で新たな死体を発見し……。過去と現在を繋ぐ謎の連鎖と緻密に張られた伏線が魅せる、英国本格ミステリの精華。(本書あらすじより)

地方都市イーリーの新聞記者であるドライデンが主人公のシリーズ第3作。
うぉぉ、文句の付けようがありません。ジム・ケリー面白い面白いとずっと言ってきましたが、今作は過去最高のクオリティ。これは手放しでほめますよ。
新聞記者による理想的なモジュラー型で、地味ですがリーダビリティは高く、登場人物をしっかり描き、ドライデンと奥さんの関係もうまいこと進め、第二次世界大戦という過去を絡めつつ意外な犯人を演出。むむ、素晴らしい。英国現代本格はかくあるべし、ってなもんですよ、奥さん。

まず事件がいいですよね。今作でもドライデンは様々な事件を同時に取材していきます。発掘現場から出た白骨死体、ごみ処理場の公害問題、夜盗団、イタリア人コミュニティ、捕虜収容所、絵画盗難、といった要素が、過去現在に関係なくドライデンの前に浮上し、ゆっくりとそれが動いていきます。そして作者は、複数の事件の絡ませ方・解決するスピードバランスが格段に上手くなっています。
今回も登場人物がうじゃうじゃ出て来ます。思うにモジュラーの問題、というかデメリットは、扱う人が多すぎるせいで、個々をじっくり描きにくい、ということなんじゃないかなと。ところが最小限の描写と印象深いエピソードときちんとしたキャラ付けにより、毎度のことではありますが、ケリーさん、この問題も華麗にクリア。全員がしっかりとドライデンと結びついていくのです。

相変わらず恐怖症だらけのドライデンと、タクシー運転手のハンフの関係も絶妙。ヘタレで、いかにも主人公らしくないドライデンが大好きなんですよ、わたし。色々なことを気にせずタクシーを運転し続けるハンフも、シリーズを重ねるごとにドライデンと支え合うようになっている気がしますが、でも彼らは大人だから照れくささが先行しちゃって、唯一の親友とも言える間柄なのに、日ごろはそんなそぶりをほとんど見せないし、ベタベタしないのです。この距離感。
そして着々と回復している妻のローラとの関係も、愛しつつもどかしい状態がしっかりと伝わってきて好き。今作からついにローラの家族が登場し、さらにそれがストーリー上に絡むようになってきました。ここからはシリーズ順に読んだ方がいいのかもしれません。面白くなってきたなー。

というわけで、2作目の『火焔の鎖』がやや1作目『水時計』と比べると落ちたかなと個人的には思っていただけに(なんか出来過ぎでさ、鍵とか)、『逆さの骨』には何も言うことはありません。『水時計』読んでこいつは来たぜ!と思った昔を思い出します。大満足。英国本格はいいねぇ。

書 名:逆さの骨(2005)
著 者:ジム・ケリー
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mケ-2-3
出版年:2014.02.28 初版

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1058-e656c38d