エッフェル塔の潜水夫
『エッフェル塔の潜水夫』ピエール・カミ(ちくま文庫)

セーヌの川底からお化け潜水夫に水死体が運び去られた。それを目撃したヴァランタン・ムーフラールも水死体となって、所もあろうにエッフェル塔の上に現われ、おまけに幽霊船『飛び行くオランダ人』号船長の契約書までも添えてあった。血の気の多いパリっ子を巻き込んで次々おこる怪事件、登場する怪人物、深まる謎……。エッフェル塔の構造の秘密という奇抜な着想から繰り出される奇想天外な物語。(本書あらすじより)

フランスミステリ固め読み中。
カミの他作品よりはユーモア抑え目?で、幽霊(船)の出没によりパニくるパリの人々と、それに立ち向かう人たちの冒険小説というテイスト。うーん、これ、フライング・ダッチマン物だったのね。奇想とオカルト入り怪人二十面相的な。まぁ笑えますけどね! ただ、楽しく読めましたが、いまいち物足りない気もします。

物語は、溺死体に幽霊船からの手紙、エッフェル塔に潜水服を着た男の首つり死体、カタコト仏語の英国人大富豪、恋する男女、幽霊船船長に狙われる女、丁稚は友人と仲良く冒険、とひたすらはちゃめちゃ。パリ上空に幽霊船が出没して大パニックになったりと、奇想に満ちていて楽しいです。
ダイエットのためエッフェル塔を徒歩で上り下りするデブ(美食家なので料理は得意)とか、海に出たい元洗濯船船長とか、ちょこちょこ出ていた奇人キャラが、さて幽霊船「飛び行くオランダ人」を追いかける船の乗員を決めるぞ、という時にわらわら集まってくるあたり冒険小説的に超好き。こういう、冒険メンバーを決める部分ってどうしてこう興奮するんでしょう。

ただ、主人公がいまいち誰かあやふやでばらばらダラダラと話が進むので、ちょっと中だるみ感はあります。ラストに関しても、なかなか面白い説明が出て来るのですが、むしろそのせいで奇想度が落ち着いちゃってる気がしなくもありません。『三銃士の息子』とか『機械探偵クリク・ロボット』みたいに、もっとバカに徹した感じの方が個人的には好きですね……いやこれでも十分カミさん頭おかしいんですが。

というわけで、気が付くと『ルーフォック・オルメスの冒険』も『エッフェル塔の潜水夫』も『機械探偵クリク・ロボット』も『三銃士の息子』も読了しちゃってたわけですが、この中で一番を決めるとなると、もう断然『機械探偵クリク・ロボット』です。あのユーモアミステリっぷりは唯一無二でしょう。他はどちらかというと冒険譚的なテイストが強めなのかな、という気がします。

書 名:エッフェル塔の潜水夫(1929)
著 者:ピエール・カミ
出版社:筑摩書房
     ちくま文庫 か-10-1
出版年:1990.08.28 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1054-590187ea