日曜日は埋葬しない
『日曜日は埋葬しない』フレッド・カサック(ハヤカワポケミス)

9月のある朝、黒人作家フィリップ・バランスはパリ警視庁に呼ばれ、取調べを受けた――最近ブローニュの森で、死後8ヵ月経った他殺体が発見された。被害者はフィリップと親しく付合っていた人物で、8ヵ月前から行方不明になっていたものだった……。
フィリップは警察の訊問に答えて被害者との関係を話しはじめた――一年前、彼はパリのグレバン美術館でガイドのアルバイトをしていた。グアドループ島生れの貧しい黒人学生には、友達や恋人などできようはずもなく、ひとり貧困と孤独の生活に耐えていた。そんなある日、博物館でパリへ大学入学資格試験を受けにきたスエーデンの女学生マルガレータと知り合った。彼はたちまちその美しさに魅せられ、彼女のために住込みで子供の世話ができる仕事を探してやった。その家の主人が出版代理人クールタレスだった。そして、その縁でフィリップの処女作『日曜日を葬らない』が出版され、大成功を収めた。彼は有頂天になって喜んだが……。(以下あらすじ省略)
人間の誤解が惹き起す悲劇を描いて、1958年度フランス推理小説大賞に輝く新しい暗黒小説!(あらすじに手を加えた者)

フランスミステリ固め読み中。あらすじは大幅に改編しております。読む場合は裏を見ない方が賢明ですね。
いやはや、これは実に素晴らしいです。傑作。仏ミスはこういう最後にぐぁっとどんでん返すタイプの作品が多くて、ある意味似たようなもんなのですが、ここまできれいに決まっているのも珍しいですね。見事にだまされたし、文句なしに面白かったです。『殺人交叉点』とかどうでもいいからこっちをもっと流行らせましょうよ各出版社さん。

冒頭は、誰かの殺人事件の捜査が行われていることが示され、主人公が過去を回想していく、という仏ミス的超王道パターン。主人公が女子高生と出会い付き合いそこに別の男女が絡んで浮気が、ってのも超王道パターン。フランス人どんだけ男女間のいざこざから殺人が起きてるんですか。いやどこもそうですが。
被害者をぼかすことで先行きに不安をも持たせつつぐいぐい読ませ、現在との行き来でしっかりトリックを仕掛けながら、超鮮やかに読者をだます……という感じ。本当にどこからどこまでポケミス仏ミスっぽいんですが、その中では完成度は明らかにとびぬけています。びっくりしちゃいましたよ。

というわけでネタバレが危険すぎるので全然語れませんが、本当にこれぞってくらいフランスらしい魅力がいっぱいなので、ぜひ復刊して欲しい作品です。カサックはやっぱり職人芸の作家なんですね。おすすめです。

書 名:日曜日は埋葬しない(1958)
著 者:フレッド・カサック
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 643
出版年:1961.08.31 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1052-470ba24e