ネルーダ事件
『ネルーダ事件』ロベルト・アンプエロ(ハヤカワポケミス)

南米チリで探偵をしているカジェタノはカフェで、この稼業を始めるきっかけとなった事件を思い出していた。それは1973年、アジェンデ大統領の樹立した社会主義政権が崩壊の危機を迎えていた時のことだった。キューバからチリにやって来たカジェタノは、革命の指導者でノーベル賞を受賞した国民的詩人ネルーダと出会い、ある医師を捜してほしいと依頼される。彼は調査を始めるが、ネルーダの依頼には別の目的が隠されていた。メキシコ、キューバ、東ドイツ、ボリビアへと続く波瀾の捜索行。チリでベストセラーを記録した話題作。(本書あらすじより)

今年のポケミスの話題作、です、が。
詩人ネルーダに依頼され、主人公はある人物の足跡を追って中米じゅうを、さらにはヨーロッパまで足を運んでいく、という私立探偵小説。行方を追う、という以外のストーリーがなく、チリの政治情勢などを語る雰囲気もあんまり面白くなく、ぶっちゃけ退屈でした。

一介のプー太郎であるカジェタノは、ネルーダに捜索を依頼され、その際にシムノンを読めば何とかなると言われます。しかしシムノンの住む整然としたヨーロッパと異なり、混沌とした中南米ではメグレ警視は役に立たないのです。警察は権力に負けるのです。とカジェタノはぼやきます。とかいうくだりが面白いのかもしれないんですけど。
つまり役に立たないわけだからシムノンどうでもよかったんね……。読む前にやたらとシムノンシムノン聞いてたんですけど、まぁそりゃ違うわけだから、雰囲気もストーリーも何もかもシムノンとは違います(というところが面白みなんだからあんまりレビューとかでシムノン言うのやめようよ)。むしろシムノン的人間観察みたいな描写に関しては物足りない気もします。カジェタノが出会う人間はいまいち深みがない気がするんですよねー。

それから捜索には、当然ネルーダのスキャンダラスな過去が色々と絡んでくるわけですが、ネルーダって実在の詩人だったのかよって思っちゃったくらいにはワタクシ教養ないので、ネルーダがいかにゲス野郎であったかが徐々に明かされても全然興味を持てません。同時に進行するアジェンデ大統領政府に対するクーデタも、最後うまく絡めたなとは思いますが、いまいち感慨深くなく、この部分は興味はあるけどそこだけで評価できるほど面白くもなかったんですよね。後半はまだのれたけど、全体的にはそこまで楽しい読書だったとは言い難いです。

ま、要するに、ラテンっぽい混沌さというか収まりの悪さが個人的にピンと来なくて、私立探偵小説パロディを楽しめるほど自分は私立探偵小説を読んでいないので、もうこれは向いてませんでしたね、はい。この話おしまい。

書 名:ネルーダ事件(2008)
著 者:ロベルト・アンプエロ
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1883
出版年:2014.05.15 1刷

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1040-50f3a984