レディに捧げる殺人物語
『レディに捧げる殺人物語』フランシス・アイルズ(創元推理文庫)

……リナ・アスガースは、八年近くも夫と暮らしてから、やっと自分が殺人者と結婚したことをさとった……ショッキングな書き出しで始まる本書は、妻を愛し、歓心を得ようとしながら、妻の心とはうらはらな言動をする異常性格の夫に献身的につくす健気な女の不可解な性と、その内心の葛藤を描いて新生面を切り開いた犯罪心理畢生の大作。(本書あらすじより)

『毒入りチョコレート事件』の読書会のために、未読のバークリーを読むことにしました。ちなみに『毒チョコ』も再再読したんですけど、もういいよね、感想書かなくても。3年前の再読感想ブログにありますし。
というわけで初アイルズ。読んでいていらいらするような女性がひたすら読者をいらいらさせるだけの話かと思っていたら、なんだか途中から妙に引き込まれて最後妙な感動に包まれて読了してしまいました……こ、これは面白かったと言わざるを得ません。バークリーすごい。

「リナ・アスガースは、八年近くも夫と暮らしてから、やっと自分が殺人者と結婚したことをさとった」という名文から始まります。この時点でどういう話かまぁだいたい分かるんですが、実はこの八年後になるのは物語の終盤なのですね。リナが夫と出会い結婚しどうなっていくのかを、この八年後という時点に向かってじっくりと描いていくのです。というと倒叙っぽさがありますけど実際あります。
それでまぁこの夫がクズ中のクズでクズな根っからの犯罪者なんですが(あんまり罪悪感がないあたりかなりやばい)、このクズを見過ごすわ諦めるわでしゃきっとしないヘタレ主人公リナがまーいらいらさせること。でも八年間がなかなか過ぎずしかも何が起きても離婚しないわけですよ。例えばいくら夫にダメと言ってもどんどん賭け事に金をつぎ込み借金をしまくり、リナの生活はどんどん厳しくなるというのに、結局はダメと分かりつつ夫の嘘にのっかり見過ごしてしまうのです。つらすぎですよ。なんて話ですか。

という感じで最初はこのダメ夫婦にいらいらしてたんですが、だんだんと、リナはどうして八年後も結婚し続けているのか、という方に興味がわいてきて、夫がどうこうではなく、きっぱりとした態度を取れないリナの行動に注意がいくようになり、その辺からなぜか面白くなってくるんです。しかも夫は極悪人というより、倫理観の欠如した、ある意味で人間らしい犯罪者であることが分かってくると、こいつに対してもそれほどむかつきを覚えなくなってくるから不思議。どうしようもないダメ人間たちの繰り広げるドラマから目が離せません。……ときて、このラストはなぁ、ずるいよ。

というわけで結構後半はずっと夢中で読んでたし、これは良作。分厚いし同じようなエピソードの繰り返しなのに一気に読めます。バークリーって案外読ませるのうまいんだなぁ、このへんアイルズ名義の神髄なのでしょうか。いや満足満足。
ちなみにこの本は、神保町に新しく出来たブックカフェ二十世紀で読了しました。@ワンダーの支店的なあれです。おっしゃれー。

書 名:レディに捧げる殺人物語(1932)
著 者:フランシス・アイルズ
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 124-2
出版年:1972.09.22 初版
     1982.01.22 8版

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1039-d1edf40c