地上最後の刑事
『地上最後の刑事』ベン・H・ウィンタース(ハヤカワ・ミステリ)

ファストフード店のトイレで死体で発見された男性は、未来を悲観して自殺したのだと思われた。半年後、小惑星が地球に衝突して人類は壊滅すると予測されているのだ。しかし新人刑事パレスは、死者の衣類の中で首を吊ったベルトだけが高級品だと気づき、他殺を疑う。同僚たちに呆れられながらも彼は地道な捜査をはじめる。世界はもうすぐなくなるというのに……なぜ捜査をつづけるのか? そう自らに問いつつも粛々と職務をまっとうしようとする刑事を描くアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀ペイパーバック賞受賞作!(本書あらすじより)

『最後の刑事』『最初の刑事』『地上最後の刑事』とたいへんややこしい……全部版型違うし。
さて、今年のポケミス新刊です。個人的には現時点での新刊ベスト。隕石衝突による地球崩壊まであと六ヶ月という中で一件の自殺事件に疑問を持った刑事なりたてキラキラ若造刑事が後先考えずに突っ走り捜査するアポカリプスハードボイルドミステリ。設定ストーリー運びキャラ謎解き(ほどほど)と文句なし。素晴らしいじゃないですか。

あらすじにもあるこの自殺事件ってのが、まぁ言っちゃあなんですけどほんっとにでどうでもいいんです。登場人物みんなそう思ってるし自分もそう思います。けど主人公は初めての捜査らしい捜査だし熱意に満ち満ちてるから他殺に違ぇねぇと(ほとんど思い込みで)とにかく頑張るうちに、あちこちに迷惑をかけながらズブズブと大きな陰謀にはまり込んで行くのです。だから事件は、むしろこれくらい地味な方がこのシチュエーションが際立つわけです。
というか、事件や捜査は、警察小説やハードボイルドとしてはすっごくマトモですよね、これ。ところが地球が滅亡しかけているというシチュエーションがマトモじゃなさすぎるおかげで、単純な聞き込み描写が退屈させません。

主人公の語り口は淡白で、人類滅亡を目前に狂乱的なふるいまいにあふれる世界を滑稽にすら思っています。確かに主人公ならそうあるべきなんですけど、よくよく考えたら滅亡を気にせず自殺に熱中する彼はどう考えても変なんですよ……っていうギャップも妙におかしくて。若さと熱意の空虚さが印象的でシニカル。地の文が現在形であるのもリアルタイムっぽくて良いですね。
この語りと止まらないストーリー展開が面白くてすんごいのめり込んでしまうんですよ。300ページという分量にこれだけ詰め込んでいるだけはあって話運びはスピーディー。読んでいる途中に何度携帯を見て「あ、今は電波飛んでるんだな」と思ったことか。「このお店は営業してるんだな」と思ったことか。そのくらい夢中で読んでましたね、はい。

サブキャラも個性的でみんな影がある感じがいいし、事件と関係ない筋もしっかりと世界観を肉付けしていていいし、謎解きはそれなりだけど試行錯誤の推理と(当然のように)隕石絡みの動機が楽しいし、というか何かにつけ隕石で理由付けされながら世界が描写されるのも楽しいし。いやもう大好き。この結末のあと、果たしてどうなるんだろう……と思っていたら、なんでも次作がP・K・ディック賞を受賞して年内には刊行されるとのことなので、こちらも楽しみにしたいです。3部作らしいので、ちゃんと訳されるか不安でしたが、これは大丈夫そうかな。期待期待。

書 名:地上最後の刑事(2012)
著 者:ベン・H・ウィンタース
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1878
出版年:2013.12.15 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1024-28ee16c7