黒いダイヤモンド
『黒いダイヤモンド』マーティン・ウォーカー(創元推理文庫)

警察署長ブルーノは友人のエルキュールからある問題の調査を依頼される。トリュフ市に粗悪な中国産トリュフが紛れ込んでいるというのだ。だが聞き込みを始めた矢先、エルキュールが何者かに殺害される。彼はかつて情報部に所属する伝説の秘密警察官(バルブーズ)だった。犯人はその過去を知っていたのか? 圧巻の取材力と緻密な構成、そして驚愕の真相。ベテランジャーナリストが放つ傑作!(本書あらすじより)

最近妙にはまっているマーティン・ウォーカーのブルーノ警察署長シリーズです。真相解明犯人逮捕よりも村の平和を守ることを優先するブルーノが、美食に舌鼓を打ちつつ大がかりな事件に迫る第3弾。
2作目は少し落ちたかなと思っていたんですが、今作は良かったですねー。話は大風呂敷だけど特に意外なこともなく終わっちゃうしキャラクターはテンプレだし深刻なわりに深みもへったくれもないし無理矢理大団円だしで、なんかケチはいくらでも付けられるんですが、このシリーズは読んでいて楽しいから良いのです。
毎度サン・ドニ村という小さなエリアがフランスという国の縮図となるような、根深い背景を持つ事件が扱われますが、今回はついに移民問題まで出て来ました。不正トリュフやエコロジストの問題をきっかけとして、ついにベトナム戦争絡みでベトナム人組織の大ボスまで出てきやがります。こんなに広げまくっちゃってウォーカーさん大丈夫なのでしょうか。

正直読者的にはもうついて行けないというか、これはどこまで作者の妄想なんだというか、結局村の警察官に出来る範囲だけ書いてあとうっちゃったままってのはどうなのよとか思ったり思わなかったりしますが、しかし作者さんだんだんと村レベルの問題と国レベルの問題を描くバランスが上手くなっているのではなかろうかと思います。壮大にしつつも、ちゃんと最後に無理なく村レベルでの解決を図ろうとしています(いや無理あるけど)。
村レベルの話としては、若者と大人の対比を示すシーンが多かったですね。あとトリュフ市場の話や、緑の党など選挙の話や、相変わらずブルーノがいちゃいちゃする話などがストーリーに絡みます。ここが浮いておらず、事件が大きくなろうともちゃんと村に戻ってくるところはさすが……安易な大団円ですけどね(予想出来るし)。

はっきり言ってそんなに”うまい”話じゃないんですが、こういうコージーもどきというか、気持ちよく読める作品は好きです。次作(の翻訳)にも期待しましょう。
そういや今回は読んでいて、何となく突き放した描写であるように思いましたが、これがいいのか悪いのかは今後の課題ってことで。舞台はフランスだけど作者さんがイギリス人であるせいかなと。

書 名:黒いダイヤモンド(2011)
著 者:マーティン・ウォーカー
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mウ-23-3
出版年:2013.12.13 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1020-4e26450d