ウィンブルドン
『ウィンブルドン』ラッセル・ブラッドン(新潮文庫)

ウィンブルドン大会最終日のセンター・コート、スタンドを埋めた女王陛下と16,000人の観客は二人の天才プレイヤーの試合に陶酔していた。オーストラリア出身のキングとソ連出身のツァラプキン、親友どうしの若い二人の死闘は凄ましいばかりだった。白球を追って左右に揺れる顔、顔、その中に復讐心に燃える一つの顔が……。圧倒的な臨場感と息づまる迫力のテニス・サスペンス。(本書あらすじより)

ウィンブルドンでテロ予告。決勝を戦うオーストラリア人選手ゲイリーとロシア人選手ツァラプキンは、試合を極力長引かせようとするが……というテロパートよりも、2人の友情を描いた部分の方が圧倒的に面白い青春小説的要素も兼ね備えた傑作です。傑作です。もう一度言いますが傑作です。

前半は、そのテロウィンブルドンに至るまでの、ゲイリーとツァラプキンが描かれます。世界トップクラスの実力を持ち、言葉を越えて固い友情で結ばれた2人は、共同で生活し、共に試合に出場し、そしてウィンブルドンに臨むのです。この2人が語らってるだけでテンションが上がるし微笑ましいんですよ。細やかで物静かな文章もお見事。青春小説としては言うことがないくらい素晴らしい出来だと思います。

そして何だかよく分からない理由で女王陛下とテニス選手をぶっ殺そうとするテロリストが物語中盤から登場し、警察による暗殺者発見のための必死の捜査が始まります。ちょっと間延びしてはいますが、これはこれで良いサスペンス。全体的に抜かりがない犯行と捜査なので完成度が高いものとなっています。
そして時間を稼ぐためツァラプキンはコート場で孤独な戦いに挑むのです。勝者を殺すという予告のもとで、ツァラプキンは犯人検挙と友情のために頑張る頑張るそりゃもう頑張るのですよ。ボールの高めのラリーで犯人を見つけようとしたり、時間を稼ぐため試合を引き伸ばしたりとかもうべったべたの展開だね!(コナンっぽい) 前半丸々を使って描かれた青春小説パートがここで生きるわけです。最後の(これまたべたな)オチに至るまでよく出来ていて、いやーもう読了後満足感いっぱいです。

軽妙で洒落た作者の書き方は読みやすく楽しいし、別にそういう関係ではないけど疑わざるを得ないような2人の関係も楽しいし、ウィンブルドンでの暗殺計画というのも激アツだしで、万人におすすめしたくなるタイプの作品だと思います。これは良いものですよ。損はしないから読んでみましょう。
というわけで新潮文庫ミステリチャレンジ第一弾でした。のっけから大当たりで今回も期待が持てますねー。

書 名:ウィンブルドン(1977)
著 者:ラッセル・ブラッドン
出版社:新潮社
    新潮文庫 赤191-1
出版年:1982.05.25 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1003-09c73ad7