ハローサマー、グッドバイ
『ハローサマー、グッドバイ』マイクル・コーニイ(河出文庫)

夏休暇をすごすため、政府高官の息子ドローヴは港町パラークシを訪れ、宿屋の少女ブラウンアイズと念願の再会をはたす。粘流が到来し、戦争の影がしだいに町を覆いゆくなか、愛を深める少年と少女。だが壮大な機密計画がふたりを分かつ……少年の忘れえぬひと夏を描いた、SF史上屈指の青春恋愛小説、待望の完全新訳版。(本書あらすじより)

最近授業の方が忙しくてですね……ぜぇぜぇ。
さて、まさかのSF2連発。カテゴリ名を「コーニイ」じゃなくて「コニイ」にしたのは、コニイの邦訳長編全てを出しているサンリオSF文庫がコニイにしているからです。早川書房は「コーニイ」なんですが。

『ハロサマ』、一言でまとめるなら、SF小説と見せかけた恋愛小説120%に付け足しSF小説、ってとこです(意味不明)。どう考えても現実にいたらビッチじゃんと言いたくなるようなブラウンアイズちゃんが超絶可愛いと言えればそれで十分じゃねという傑作青春小説的ななにか。えーっと、とにかく必読書ですぜ、これは。

教養小説的側面と恋愛面とSF設定が非常にうまく纏まっており、1つの作品としてこの上ない完成度。核となる異星設定(毎年グルームなる密度の濃い水に海が変わるとかその他いろいろ)はワクワクするほど魅力的。見ていて痛々しいまでに背伸びしたがる少年を通じて描写される数々の出来事が1つ1つ町の裏側で進行する不穏な出来事を上手く暗示しています。政府側と田舎町の争い、他国との戦争が複雑に絡み合って進行するストーリーから目が離せません。ドローヴの家族は、この星の縮図とも言えるんでしょうね。最終的に示される強烈な文明批判も印象的で、ラストの余韻は悲劇的で美しいものとしか言い様がありません。

……とSF要素をプッシュしてもいいんですけど、そんなことよりブラウンアイズちゃんが可愛く、ドローヴ少年とのひと夏の恋、というか一生物の大恋愛により引っ張られていくストーリーがべらぼうに楽しいので、何も考えず読んでキャーキャー言ってればいいんですよ、たぶん。これはもう超純粋で超熱い恋愛小説ですよ、その他はどうでもよし(そんなことはないけど)。ウブな二人がもう可愛くて可愛くて。ブラウンアイズって名前がいいですよね、まず何と言っても。女性が読むと、この男の欲望の権化のようなブラウンアイズちゃんはどのように感じられるのでしょうか、わたし気になります。

というわけで、なるほどSFって奥深いなと思わせられる傑作でした(なんか違う)。読むべし読むべし。SF設定について全然語っていない気がするけどとりあえず置いておいて。いやぁ、こういうのどんどん読みたいですよね。この間『ブロントメク!』を手に入れたので、またすぐコニイは読むと思います。それにしても、続編的位置づけの作品は翻訳してくれないのかな……。

書 名:ハローサマー、グッドバイ(1975)
著者:マイクル・コーニイ
出版社:河出書房新社
    河出文庫 コ-4-1
出版年:2008.7.20 初版

評価★★★★★
スポンサーサイト
神は死んだ
『神は死んだ』ロン・カリー・ジュニア(白水社エクス・リブリス)

「神の肉」を食べたために、知性が高度に発達した犬へのインタビューをはじめ、「神の不在」がもたらす「ねじれ」の諸相に、斬新な語りとポップな感性で切り込む。全米で話題騒然の新人による、異色の9篇を収めた連作短篇集。“ニューヨーク公立図書館若獅子賞”受賞作品。(本書あらすじより)

ガチで神が死んでしまった世界に生じた出来事を描いていく連作短編集。全体的にシニカルなユーモアが冴えていて非常に読みやすいです。文学的宗教的に云々とか社会風刺が何とかとかでなく、ただただストーリーがめちゃくちゃいいんだなぁ。いやぁ素晴らしかったです。

神が死んだことで起きる混乱や再生が一話一話語られていくのですが、段階を追って世界が変容していく様が理屈抜きに面白いんですよ。神に代わって子供を信仰するようになった街とか、神を食べて神的力を得た犬のインタビューとか、新興宗教同士の戦争とか、もう設定だけでご飯三杯はいけます。何てったって、神が死んだことが公式にアナウンスされるんですよ、超面白いじゃないですか。
風刺側面が強すぎず、あくまでストーリーで引っ張っていこうという作者の書き方が嬉しいです。自分は無宗教徒ですが、むしろそれゆえ神の不在により混乱するアメリカ合衆国という舞台を眺めるのが楽しいのかな。設定的にはSFっぽいですが、そこまでSFも強くなく読みやすいです。これはおすすめ。

以下、個別に簡単な感想を。

「神は死んだ」
紛争のさなかのスーダン・ダルフール地方。神は現地のディンカ族の若い女性として姿を現す。米ブッシュ政権のパウエル国務長官は、神と難民キャンプで出会い、自らの過去に対する贖罪を試みる。しかしそこに、武装勢力が迫ってくる……。(本書あらすじより)
神が死にます(こいつ弱い)。

「橋」
普通の学生である彼女は未来への幸福に満ち溢れていた。そんな中見た光景とは……?
神の不在による影響が出始めていること示す一編。こうして徐々に崩壊が始まっていく……。

「小春日和」
お互いに銃を突きつけ合い、カウントダウンを始める二人の若者が、お互いの脳味噌を吹っ飛ばした。神を失い、すべてを「さっさと終わりに」しようと無軌道に暴走する十人の大学生たち。ささくれ立った語りが疾走する。(本書あらすじより)
本書の見所の一つである一編でしょう。この緊張感に満ちた語り、「神」の不在が告げられたことでカオスに陥る世界が存分に伺える作品です。ミステリっぽい趣向もなかなか。

「偽りの偶像」
神に代わって子供を信仰するようになった地域の物語。
屈折した気持ちを抱く主人公の医師が魅力的。彼が最後にたどり着いた結論は、皮肉なものではあるのですが、むしろ幸せなものであるように思えます。この人の書く話は、あんまり厭ではなくて、どこか救いがあるように感じられるのが非常に好ましいですね。

「恩寵」
神の不在が一般化した世界のいびつな面を描く掌編。
どうということはない一編ですが、「橋」と比べることで、この世界の有り様の変化が感じられます。

「神を食べた犬へのインタビュー」
「神の肉」を食べたために、知性が高度に発達した犬への突撃取材の記録。周囲の人間の思惑に翻弄される犬と仲間たちの流転を通じて、世界に対する悲しみとともに、「人間性」そのものが問われていく。(本書あらすじより)
おそらくこの作品の中で最も面白いであろう一編。素晴らしいです。何と言うか「神ユーモア」的なるものと普通に面白いストーリーと人間批判が結び付いたような話。こういうユーモアは大好きなんですよ、自分。「神」になった犬があくまで犬であるのもかわいいです。

「救済のヘルメットと精霊の剣」
さらに年月が経った世界では、「ポストモダン人類学軍」と「進化心理学軍」の熾烈な戦いが続いていた。そんな時代に若者は……?
「偽りの偶像」と連関性を持った作品です。このことに意味があるのかなぁと思いながら読んでいましたが、最後まで読んだら分かりました……こ、これは泣ける……。あとこの斬新過ぎる恋愛方法をネット社会にどっぷり浸かった現代の若者に読ませてみるとどうなるのか気になりますね。

「僕の兄、殺人犯」
神が”いない”世界でこそ起きる罪を描いた物語。
んんんん……これはなんかちょっと良く分からないです。

「退却」
「ポストモダン人類学軍」と「進化心理学軍」の熾烈な戦いは、いよいよ終局へ。世界の崩壊が始まる……。
読んでいて思わず身体が震えてしまいそうなほどに強烈、かつはかない物語。何て壮絶で、かつ美しいお話なんでしょう。この連作短編集の最後を飾る物語として、これ以上のものは望めないでしょう。

書 名:神は死んだ(2007)
著 者:ロン・カリー・ジュニア
出版社:白水社
    エクス・リブリス
出版年:2013.4.25 初版

評価★★★★★

人形パズル
『人形パズル』パトリック・クェンティン(創元推理文庫)

時勢ゆえ戦争に駆り出され、海の男になったピーター・ダルース。久方ぶりの休暇を愛妻アイリスと水入らずで、と思いきや好事魔多し。宿の手配に右往左往、大事な軍服を盗まれ、あげく殺人の容疑者に仕立てられる始末。軍務復帰まで三十時間、警察に引っ張られるなんて冗談じゃない。私立探偵コンビの助力を得て逃避行と真相究明が始まり……。謎が謎を呼ぶ、パズルシリーズ第三作。(本書あらすじより)

新訳パズルシリーズもついに3つ目。そして次はいよいよ『女郎ぐも』が翻訳されるらしいですよ、これは期待。
さて『人形パズル』ですが、真っ当なフーダニットらしいパズルシリーズ1、2作目とは異なり、ドタバタサスペンス劇となっています。死体を見つけちゃって逃げたり、謎の暗号めいた言葉を解明しようとしたり、犯人に閉じ込められたり、とまぁそういう感じ。ぶっちゃけドタバタサスペンス以上の何物でもなく、これといって引っかかる要素がない気もするんですが、まぁ読んでいて楽しい作品ではあるのかな。

本格ミステリとしては、結末がかなり見え見えだということもあり、意外性はほとんど期待出来ません。「謎の言葉」の解明もこれといってなく、謎解き要素はかなりあっさり目。ただ、殺人の容疑を晴らそうと第二次世界大戦下の夜のサンフランシスコを駆け回るピーターの動きを追うのはなかなか面白いです。「追われる男」でありながらそこまで緊張感を出さずにわちゃわちゃしている感じを楽しめということでしょう。
なお、終盤のとある文書については流れ悪いだの長いだのと文句が結構出ているようですが、所詮30ページだし自分は普通にあのパートも楽しめました。むしろどんでん返し後の説明が長ったらしかったような。

とにかく270ページという短さで作者がやりたいことをやりきった作品ではあると思います。まぁしかし、パズルシリーズを全て完訳で読みたいという日本のクラシックファンの熱い思いに答えてくれたというだけで東京創元社様グッジョブという感じだし、もはや面白かろうが面白くなかろうがどうでもいいというか……。
というわけで、これでパズルシリーズは第6作まで全て翻訳されました。自分は1、2、3、6だけ読んでますが、好きな順だと『俳優パズル』『巡礼者パズル』『迷走パズル』『人形パズル』かな……『人形パズル』はどうしても他と比べて一段落ちるかなぁと。

書 名:人形パズル(1944)
著 者:パトリック・クェンティン
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mク-4-9
出版年:2013.3.22 初版

評価★★★☆☆
コリーニ事件
『コリーニ事件』フェルディナント・フォン・シーラッハ(東京創元社)

2001年5月、ベルリン。67歳のイタリア人、コリーニが殺人容疑で逮捕された。被害者は大金持ちの実業家で、新米弁護士のライネンは気軽に国選弁護人を買ってでてしまう。だが、コリーニはどうしても殺害動機を話そうとしない。さらにライネンは被害者が少年時代の親友の祖父であることを知り……。公職と私情の狭間で苦悩するライネンと、被害者遺族の依頼で公訴参加代理人になり裁判に臨む辣腕弁護士マッティンガーが、法廷で繰り広げる緊迫の攻防戦。コリーニを凶行に駆りたてた秘めた想い。そして、ドイツで本当にあった驚くべき“法律の落とし穴”とは。刑事事件専門の著名な弁護士が研ぎ澄まされた筆で描く、圧巻の法廷劇。(本書あらすじより)

シーラッハの初長編です。ちなみに7月の千葉読書会の課題本でもあります。というわけで来月にはまた再読するはず。
何がすごいって、シーラッハの短編がそのまんま長編(中編)になっていることだと思うのですよ。淡々と過去が、暴力が、裁判が、シーラッハ文体によって描かれていきます。ドイツ的社会小説ではあるんだけど、日本人が読んでも何の問題もない作品でしょう。佳作、という感じ。

一応法廷サスペンスっぽい体裁ですが、はっきり言って法廷物とは言い難いです。法曹界の内情と、ドイツの過去こそがこの話のメイン。シーラッハが問いかけるテーマは重く、ラストに作者は1つの大きな疑問を投げかけます。
……と、ついついストーリーやメッセージ性を語ってしまうんですが、ぶっちゃけこの作品が読ませるのは話がどうこうってより「シーラッハ文体」だからなんですよね。淡々とした、非常に静かな筆致で紡ぎだされる文章を堪能できれば、それで自分は十分満足。『犯罪』『罪悪』ファンが読めばそれで良いんじゃないかと。
というのも、『コリーニ事件』は必ずしも完璧な作品ではないんですよ。コリーニが黙秘した理由はよく分からないし、主人公の生い立ちが後半イマイチ物語に絡みきれていないし、さらにはこの中編ぐらいの分量は実にコスパがわr……じゃなくて、何とも中途半端な長さに思えてしまうし。
言ってみれば、50ページくらいでも充分な話ではあるんです。別にダラダラしているわけではなく、一気読みさせはするんですが、シーラッハの「長編」とは何なのか、という疑問をちょっとだけ感じます。これは、いくつか彼の作品を読まないと分からないんでしょうねぇ。

というわけで、良い作品ではあるんですが、大いに褒めちぎりたい、というのとはちょっと違うかな、という印象です。『犯罪』『罪悪』と比べると、『コリーニ事件』はテーマこそ重いのにどうしても地味すぎる印象を受けるのは何とも不思議。本質的に長編作家ではないのかもしれませんね。

書 名:コリーニ事件(2011)
著 者:フェルディナント・フォン・シーラッハ
出版社:東京創元社
出版年:2013.4.15 初版

評価★★★★☆
スワロウテイル人工少女販売処
『スワロウテイル人工少女販売処』籘真千歳(ハヤカワ文庫JA)

〈種のアポトーシス〉の蔓延により、関東湾の男女別自治区に隔離された感染者は、人を模して造られた人工妖精(フィギュア)と生活している。その一体である揚羽は、死んだ人工妖精の心を読む力を使い、自警団(イエロー)の曽田陽介と共に連続殺人犯"傘持ち(アンブレラ)"を追っていた。被害者の全員が子宮を持つ男性という不可解な事件は、自治区の存亡を左右する謀略へと進展し、その渦中で揚羽は身に余る決断を迫られる――苛烈なるヒューマノイド共生SF。(本書あらすじより)

ミステリじゃなくてSFミステリですね、どっちかというと。素晴らしかったです。これは傑作かなー。
かなり面倒な設定(要は男の国と女の国に分かれていて、男女間の性交は禁止されており、それを防ぐためにそれぞれ全く人間と区別のつかない女型人口妖精と男型人口妖精も暮らしている)で起こる連続殺人事件、都市に隠された過去と陰謀……いやぁ、めちゃくちゃ面白いんですよ、これ。隅から隅まで構成されたプロットも良いし、きれいに円環上に戻ってくるとこもさすがだし、設定を生かしたどんでん返しも上手く決まっているし、バトルシーンも激アツだし、ラストとか超泣かせるしで、文句なし。どことなく『鋼鉄都市』っぽい(作者も意識しているみたいですね)し、あと『都市と都市』っぽくもありますね。

とにかく設定の使い方の上手さが際立っています。登場人物の過去と都市の過去が綺麗に結びついています。設定の裏をかいたような真相なども、まさにSFミステリという感じですよね。登場人物が縦横無尽に街中を駆け巡りながら、1つ1つと事実が明らかになっていく様もきちんと計算されています。
加えて魅力的なキャラクターたち。おのおの良く動くんですよ。作者さんが一人一人に愛着があるんでしょうね。主役の揚羽ちゃんとか、まー作者さんずいぶん入れこんだなという感じです(笑) ちょっと苦めの恋愛小説要素もストーリーにうまく絡み合い、ラストに向けて絶妙な余韻を残します。自分、こういう恋愛物に弱いんですよね……。

というわけで、これは大当たりでした。新歓読書会のために読んだのですが、こうなると続編も読みたくなってきますねぇ。ぜひ手に取りたいと思います。

書 名:スワロウテイル人口処女販売処(2010)
著 者:籘真千歳
出版社:早川書房
    ハヤカワ文庫JA 1001
出版年:2010.6.25 1刷

評価★★★★★
とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢
『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』ジョイス・キャロル・オーツ(河出書房新社)

美しい金髪の下級生を誘拐する、有名私立中学校の女子三人組(「とうもろこしの乙女」)、屈強で悪魔的な性格の兄にいたぶられる、善良な芸術家肌の弟(「化石の兄弟」)、好色でハンサムな兄に悩まされる、奥手で繊細な弟(「タマゴテングタケ」)、退役傷病軍人の若者に思いを寄せる、裕福な未亡人(「ヘルピング・ハンズ」)、悪夢のような現実に落ちこんでいく、腕利きの美容整形外科医(「頭の穴」)。1995年から2010年にかけて発表された多くの短篇から、著者自らが選んだ悪夢的作品の傑作集。ブラム・ストーカー賞(短篇小説集部門)、世界幻想文学大賞(短篇部門「化石の兄弟」)受賞。(本書あらすじより)

えー、今週バタバタしていて更新が滞っておりました。しかし久しぶりの感想文ですが、あんまりミステリじゃないっていう(笑)

全体的に合わない、としか言いようがないのかなぁ……つらすぎるし、しんどい。
ミステリ、ホラー、ファンタジー、幻想が合わさったかのような描き方は非常に美しく良いのですが、ストーリーがキツすぎました。作者が書きたい話を自分が全く求めていないんでしょうね……。唯一「化石の兄弟」だけは大好きだけど、これは、まぁ、イヤな話じゃないからですし。こういうの好きな人って多いんですよね……うぅ辛い。
以下、パパッと感想です。

「とうもろこしの乙女 ある愛の物語」
中編です。妙に読みやすかったのでさらさらっと読めましたが、はっきり言ってこの手の話は苦手。内面が十分に描かれていないジェードが気持ち悪くて読むのがつらいです(オーツさんの狙い通りってことですかうぅぅぅ)。案外あっけない終わり方。

「ベールシェバ」
ブラッド(何て名前だ)が本当はどうだったのかが割合はっきりと感じられるのはもったいないかもしれません。もうちょっとぼやかした方がいいかな、と。このラストの危ない雰囲気は結構好きです。

「私の名を知る者はいない」
つまりは『吾輩は猫である』ってことですね(大嘘)。最後のページで一気に恐ろしさが増します。でもまぁよく分かりません、正直言って。

「化石の兄弟」
この短編集を読んでいてようやく超好きな話が登場。これは良い! この上なく安易な結末と循環性が美しいのです。「E・W」から感じられる弟の切なさがもうね、ジーンと来ますよね。

「タマゴテングダケ」
「化石の兄弟」と同じく、「結局は双子」という感想が残ります(その扱いは正反対なのですが)。オチも「化石の兄弟」的で、オーツがどのような意図を持ってこの2編を連続して並べたのか考えるとなかなか興味深いですね。

「ヘルピング・ハンズ」
うぐぁぁぁぁぁつらい(つらい)。既読作だとジョンマク『濃紺のさよなら』とQパト「少年の意志」を思い出させるストーリー。嫌な部分だけ抜き出した的なやつ。ストーリー展開がばっちり予測出来てしまうよう書くオーツさん、明らかに確信犯で、これはちょっと自分には耐えられない……(つらい)。

書 名:とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢(2011)
著 者:ジョイス・キャロル・オーツ
出版社:河出書房新社
出版年:2013.2.28 初版

評価★★☆☆☆
黄金の蜘蛛
『黄金の蜘蛛』レックス・スタウト(ポケミス)

その夜も、ピートは35番街と9番通りの交叉点で車の窓拭きに精を出していた。赤信号で止まった車に駆け寄り、ぼろ布で窓をひと拭き─運がよければ、10セントのチップをはずむ運転手もいる。だが、そのキャディラックは様子が変だった。運転席に坐った女は声を立てず、口をしきりに動かしてピートに訴えかけた─「助けて。警官を呼んで……」ピートが呆然としているうちに、異変に気づいた同乗の二人の男はピストルらしきもので女をこづき、車はそのまま走り出してしまった。女の頬にあったかすり傷と、耳につけた大きな金の蜘蛛のイヤリングの強烈な印象だけを残して……。
12歳の少年ピートが訪ねてきた夜は、たまたまネロ・ウルフの虫の居所がよくなかった。フリッツのつくったつぐみ料理が珍しく気に入らなかったのだ。ウルフとアーチーは、ピートの話をまともに聞きもせず少年を帰してしまった。そして翌日、ピートが車にはねられて死んだというニュースが伝えられた。しかも、少年をはねて逃走した車のナンバーは、昨夜少年がひかえておいたキャディラックのナンバーと完全に一致していた!貯金箱の4ドル30セントをネロ・ウルフへの依頼料に、と言い残して死んだ少年。蜘蛛のイヤリングをつけた謎の女をめぐる連続殺人に、美食と蘭を愛する名探偵ウルフと、その助手アーチー・グッドウィンが挑む!(本書あらすじより)

久々のネロ・ウルフです。この本、何度か版を重ねているのにそこそこいいお値段することが多いので、安く見つけられた方は買った方がいいかもしれませんね。自分は浜松の時代舎古書店にて300円で購入しました(という微妙な自慢)。
ちなみに『黄金の蜘蛛』は、日本で最初に紹介されたネロ・ウルフ物のようです。まぁ確かに、ポケミス177番ですし。2年前にアメリカで出た話題作を、ってところでしょうか。

良くも悪くもネロ・ウルフ物は非常に安定した面白さを供給してくれるなということを実感させられた一冊でした。ユーモアありアクションあり一同会しての謎解きあり。ただしネロ・ウルフはいくらアーチーの一人称私立探偵小説であってもハードボイルド的ではない、ということがまた分かる一冊でもあるのかな、と。
基本的にウルフの依頼料は法外な値段なのですが、今作のウルフは今までで最も安い依頼料で事件に取り組むことになります。相談に来た少年の死に突き動かされて独自に捜査を始め……という冒頭はめちゃくちゃカッコイイ。少年の死を聞く場面、母親が訪れる場面なんかもう超泣かせますよ。

……という冒頭なら、普通、少年の依頼に対して適当な態度を取ってしまったことを悔やみ、復讐のため捜査するネロ・ウルフ、ってなりそうじゃないですか。なりそうなんですよ、確かに、途中までは。ところが最終的には、その熱い動機がどっかに行ってしまうのです。これが実にもったいないんだなぁ。
結局のところウルフはなんかかんやでガッツリお金をせしめ、アーチーは軽口を叩き、本格ミステリとしても水準以上の出来栄え……という、いつものウルフ物なのです。せしめた金を母親にやるみたいな感動エピソードなんて当然ありません。終盤、少年のことがほとんど言及されないことがどうしても引っかかってしまうんです。冒頭の展開はあくまで魅力的な導入に過ぎない、ということなのでしょうねぇ。

面白いし、十分に楽しめたのですが、どうしても何か足りないなぁと思わずにはいられない一冊でした。ちなみに、思い出補正をかけまくっていますが、『編集者を殺せ』が今のところ一番好きです……という記憶はあるんですが。話はほとんど覚えてないけど。ってそもそもまだ5冊しか読んでませんでした。

書 名:黄金の蜘蛛(1953)
著 者:レックス・スタウト
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 177
出版年:1955.6.15 初版
    1985.6.15 3版

評価★★★★☆