二流小説家
『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン(ハヤカワポケミス)

ハリーは冴えない中年作家。シリーズもののミステリ、SF、ヴァンパイア小説の執筆で食いつないできたが、ガールフレンドには愛想を尽かされ、家庭教師をしている女子高生からも小馬鹿にされる始末だった。だがそんなハリーに大逆転のチャンスが。かつてニューヨークを震撼させた連続殺人鬼より告白本の執筆を依頼されたのだ。ベストセラー作家になり周囲を見返すために、殺人鬼が服役中の刑務所に面会に向かうのだが…。ポケミスの新時代を担う技巧派作家の登場!アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補作。(本書あらすじより)

なーるほど、これは面白く、またとっても読みやすいお話。読んでいて楽しかったですね。

あらすじを読むと、オイオイこりゃ一体どんな話なんだ、となるため、つかみは十分。主人公のハリーは、まぁ確かに二流のしょぼい小説家ですが、いくぶん自虐的で斜に構えつつもユーモアたっぷりなところが良いですね(そのくせ妙にモテるのはなぜなんだ、おい)。そして、まぁ死刑囚に会ったり死刑囚の命じるままあっちこっちの女に会ったりすることになるわけですが、しかしこれがミステリである以上、このまま進むわけがありません。と言いつつも、正直この部分がかなり面白いですね。別にこのまま事件が起きなくても自分は満足出来ます(笑)

というのどかな空気で進むかと思いきや、事件発生です。正直ねぇ、これがちと残虐すぎる気がします。わたしゃこういうのは苦手。告白部分も、ちょっと読んでいてキツかったです。自分としてはほのぼのムードで最後まで突っ走って欲しかったという気もしますが。それに、この事件の犯人が分かるとこまでの展開は、まぁ結構ありふれているかなという気がします。終盤のくどいほどの展開は結構好きですが。

しかぁし!こういっちゃなんですが、この小説は作者の遊び心を楽しむべきじゃないんでしょうか。も、正直ね、殺人事件とかどうでもよろしいわけで(いやそんなことないけど)。例えば、ある程度主人公ハリーの心情と関係があるとはいえ、ぶっちゃけた話何にも意味のない作中小説とか、こういった部分こそが『二流小説家』の最大の魅力。B級臭くて自分が一生読むことのないであろうハードボイルドとややエロSFとヴァンパイア小説とポルノ(冒頭のみ)がちょいちょい挿入されてくるわけですが、この辺が妙に楽しいんですね。また、作者自身で作家という存在を皮肉ったり、あるいはそれでも持ち上げたりと、ややメタ的な要素までちらほら。
まぁ全体的に、ユーモラスな雰囲気が満載です。とりあえず面白がりながら読めれば、この小説は勝ちです。

ちなみにクレア(正ヒロインはダニエラなんかじゃない、断じてだ)が可愛すぎます。後半はあんまり出てこなくなったのが残念至極。最後の彼女からの手紙は、何だか余韻が素晴らしいですね。作者がまた彼女の登場する話を書いてくれると良いんですが。ホントに。お願いします。


まぁとにかく、これは一流のエンタメ小説です。ガッと読めるはずです。かなり楽しめると思いますし、今年の話題作だそうなので、興味のある方はぜひ。

書 名:二流小説家(2010)
著 者:デイヴィッド・ゴードン
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1845
出版年:2011.3.15 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト