狂った殺人
『狂った殺人』フィリップ・マクドナルド(論創海外ミステリ)

イングランドの新興田園都市で殺人事件が起こり、ザ・ブッチャーと名乗る者から捜査陣をあざ笑うかのような手紙が届く。その後も次々と殺人が起こり……。五里霧中の連続殺人事件に挑む警察当局の奇策とは? ミステリ長編。(本書あらすじ?より)

フィリップ・マクドナルドは『ライノクス殺人事件』とか『エイドリアン・メッセンジャーのリスト』とかは読みたいなぁと思いつつ、数年以上手を出していなくて、なんでかと言えば唯一読んだ『鑢』が非常に微妙だった、という印象があるからなのですね。こんなん『トレント最後の事件』の二番煎じじゃねぇかよ!と思ったんだったような。しかし今年新刊で出てしまったので、これは読まにゃならんだろうと。
ちなみに海外ミステリ界では、フィリップ・マクドナルド、ロス・マクドナルド、ジョン・D・マクドナルド、グレゴリー・マクドナルド、がマクドナルド四天王と呼ばれています。というか自分が勝手にそう呼んでいます。ロス・マクドナルドはロスマクなので、フィリップ・マクドナルドはもちろんPマクです。

狂った殺人者による狂った無差別連続殺人を扱ったスリラー風なんちゃら。前半は30ページに1人の割合で殺人が起きることもあり、とにかく読みやすく、警察の必死の捜査を追っていくだけで十分楽しい作品です。ただ、読みやすい分、書き込みが物足りないというか、まぁ薄っぺらい感は否めず、もろ手をあげて褒めちぎりたくなるような作品かというと……うん……。


物語のテンポが抜群に良く、それに踊らされる町の様子が描かれるパニックものとして楽しめます。黄金時代のミステリで、こういう風に群集の動揺を描いた作品って案外少ないんじゃないでしょうか。また、パイク警視がいかにして容疑者を絞り策を講じて証拠をあげるかという捜査小説としてもよく出来ています。早い話がつおいエンタメ力を持っているわけですね。何しろ一日で読み終えたし。そりゃあ面白いですよ。これで十分っちゃあ十分なんですが。

ただ、住人があくまで抽象的すぎて、スリラーとしては少々弱いんです(1931年という発表年を考えても、もうちょっと頑張れたんじゃないかなぁ)。群像ものとしてもちょっと書き込みが足りないし、かといって特定の住人を集中して描いているわけでもなく、全体的に書き方が表面的な感じがします。それがテンポの良さにもつながっているので、難しいんですけどね。
というのも、謎解きに関してはほとんどPマクさんがやる気がないんです。あくまで捜査小説・警察小説として見るべき作品で、読者としてもそっちを期待したいだけに、もうちょっとスリラーとして頑張ってくれないとやはり深みがないという気がするんですよ。
ちなみに後書きによると、この翻訳のベースとなったのは、最初の版ではなく、加筆(というか減筆)してよりスマートになった改稿版らしいです。読んでいないので比較できないんですけど、どっちがいいのかは微妙なところじゃないですかね……。ちょっとくらい長くても大して変わんなそうだし、やっぱ改稿版で良かったんだろうという気もします。

というわけで、面白かったのですが、65点くらいの微妙なあたりですね、これは。でもこういう、純謎解きではない作品を出してくるのは、論創海外ミステリのチャレンジングな感じが伝わってきて良いんじゃないかなって思いますよ(何様だ)。

書 名:狂った殺人(1931)
著 者:フィリップ・マクドナルド
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 119
出版年:2014.04.25 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
2009.06.06 『鑢』
『鑢』フィリップ・マクドナルド(創元推理文庫)

大蔵大臣ジョン・フード殺害さる─特報をいち早く掴んだ〈梟(アウル)〉紙は、第一次大戦の英雄にして明晰な頭脳の主、アントニイ・ゲスリン大佐を現地へ送り込む。顔の広さと炯眼をもって事に当たるゲスリンの推理の過程は、終盤に至って特派員の原稿として示される。客観データと論理的考察が導く真犯人とは?マザーグースの調べに彩られた、名探偵ゲスリンの記念すべき初登場作品。 (本書あらすじより)

何やら創元推理文庫で復刊フェア2006なるものがあったらしく、1983年に日本で出版されて以来絶版だったやつです。作家さんも「幻の作家」とか日本で呼ばれちゃうくらいあんまり訳されていない人です。

この本、1924出版とだけあって、黄金期らしさがにじみまくってます。特に前半は探偵以外(よーするにケーサツ)があまりにもアホだと思ってしまった自分(だって、時計が倒れて止まってさしてる時刻っつーもんは、何かあるとおもうじゃないですか)ですが、全体的によく出来てます。主人公ゲスリン大佐は初登場で、副題に「名探偵ゲスリン登場」なんて書いてあります。この人は、ある種ものすごい経歴の持ち主で、だれしも一目置くような人。しかも頭脳明晰なもんだから、まさに素人探偵にピッタリな、感じのいいやつです。

そして、珍しいのが警察の方々。普通、警察は素人探偵不審ですが(特に黄金期)、何か警部は借りがあるとかないとかで、ミョーに積極的です。警察が犯人を捕まえた後も、ゲスリン大佐が違うと思って捜査しているのを見て、「あなたがなぜまだ捜査するのか、我々凡人にはさっぱりわからないんですよ」とまで言っちゃう始末(皮肉でなしに)。

しかし、読み終わったときは非常によかったと思ったのですが、今考えると、あまりいいミステリとは思えません。その理由は、11年前に出ているE・C・ベントリーの『トレント最後の事件』にあまりに本書が似ているからでしょう。つまり、新聞社から特派員として素人探偵が出てくることとか、探偵のロマンスが入っていることとか、というか雰囲気全体が似ています。そして、個人的意見ですが『トレント最後の事件』の方が圧倒的に出来がいいように思えます。

まぁ、読んで損はないミステリです。少なくとも、僕的にはヴァン・ダインよりはかなりいいです。作中の会話に出てくるルコックとかわかる人はよっぽどミステリ好きだと思うんですが、作者の、いままでのミステリ作家観なんかも結構面白かったですね。ぶっそうな題名な割に、かなり淡白で、落ち着いています。

うちの近所の図書館には、マクドナルドの『迷路』『エイドリアン・メッセンジャーのリスト(ゲスリン最後の事件)』と結構そろっています(そして『鑢』はない、と)ので、これからも手にとって見たいところです(特にエイドリアンを)。

書 名:鑢
著 者:フィリップ・マクドナルド
出 版:東京創元社
   創元推理文庫 Mマ-8-2
発 行:1983. 初版
     2006.10.13 2版

評価★★★★☆