バーナビー・ラッジ
『バーナビー・ラッジ』チャールズ・ディケンズ(世界文学全集)

殺人事件を起こした父親が逃亡中に、バーナビーは生まれた。成長して青年になったとき、宗教一揆が勃発。バーナビーは逮捕され、獄中である人物と対面する――。暴動におびえるロンドン市民、迫害を受けるバーナビー! 一七八〇年の反カトリック暴動事件に材を取り、推理小説的手法を駆使した歴史小説。(本書あらすじ一部改編)

年越しディケンズ企画3回目。ついにハードカバー来ちゃったよこれ。『バーナビー・ラッジ』はあまり知名度がありませんが、『荒涼館』より前に書いた、ディケンズ最初のミステリ長編として一部で有名な作品です。ちなみに『荒涼館』は、文庫4巻と長いけど、100人近い登場人物の隠れた関係が次第に明かされ、名探偵である警部も登場し、殺人事件の謎が解決される傑作ミステリだよ! みんな読もうね!
で、『バーナビー・ラッジ』なんですが、うーんちょっと微妙かなぁ。今まで読んだディケンズの中では初めてハズレかも。

『バーナビー・ラッジ』について簡単にまとめると、
・ディケンズの比較的初期の長編
・『荒涼館』より前に書かれたミステリ要素のある作品(1841年連載なので「モルグ街の殺人」と同年)
・第1章を読んだポーが犯人が分かったと豪語したことで有名
・『二都物語』と並ぶ歴史小説
といったところでしょうか。

物語の始まる22年前、ある屋敷の主とその使用人が殺されるという殺人事件が起きます。この事件に関係していると思われるある不審人物が随所に登場するも、作者によってその正体が意図的に隠されています。そして終盤にトリックと真相が一気に明らかにされるという……なるほど、確かにこれはミステリだ。トリックも初歩的なものですが、確実にミステリであると言えるようなトリックなのです。
ただその殺人事件だけがメインではなく、むしろ主軸は副題にある「一七八〇年の騒乱の物語」、すなわちジョージ・ゴードン卿の率いるプロテスタントによる反カトリック騒動にあります。歴史上の人物であるゴードン卿よりも、その騒乱に巻き込まれる人々の運命や、恋愛が見どころなのでしょう。

ちなみにタイトルであり主人公であるバーナビー・ラッジは、作中の言葉を借りるなら「白痴」の若者で、主人公らしい活躍はしないのですが物語を動かす要素となるキャラクターです(22年前の事件で殺された使用人の息子でもあります)。ディケンズらしく登場人物は多彩で楽しく、特に死刑執行吏デニスが良いですね。
ただやはり、今まで読んだ作品の中では構成やプロットがそこまで凝っていなく(これまで読んだのが全て後期ディケンズだからかも)、上下二段500ページにしては話も平坦。ロミジュリ的要素もおざなりだし、何よりメインとなる反カトリック騒動がそこまで面白くないのです。これはイギリスの人だと、大塩平八郎の乱みたいな感じで興味深く読めるのかなー。全体的に長かった、という印象が強いです。

というわけで、まぁこの世界文学全集でしか読めない長編ですし、そんなにオススメすることもないかなぁ。来年は後期作品を読みたいです。『荒涼館』以降の作品の方が暗くて凝ってるともっぱらの噂です(解説の受け売り)。
ちなみにこの世界文学全集ですが、500ページほどの『バーナビー・ラッジ』に加え、100ページほどの『クリスマス・キャロル』も収録されています。有名だからね。

原 題:Barnaby Rudge(1841)
書 名:バーナビー・ラッジ
著 者:チャールズ・ディケンズ Charles Dickens
訳 者:小池滋
出版社:集英社
     愛蔵版 世界文学全集 15
出版年:1975.10.25 1刷
     1986.07.20 4刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
二都物語 上 二都物語 下
『二都物語』チャールズ・ディケンズ(新潮文庫)

フランス貴族の子でありながらその暴政を嫌い、家名を棄てて渡英したチャールズ・ダーニー、人生に絶望した放蕩無類の弁護士シドニー・カートンの二人は、罪なくしてバスティーユに18年の幽閉生活を送ったマネット老人の娘ルーシーに思いを寄せる。折しもフランスでは、大革命の日が間近に迫っていた……。パリ、ロンドンの二都を舞台に展開する華麗な歴史小説。(本書あらすじより)

毎年年越しにはディケンズを読もうと決めていまして、今年がその年越しディケンズ企画第2回だったんですが、いきなり年越しに読めませんでした。忙しくて。でも1月上旬に読んだのでセーフです。いいんです。
さて、今年はディケンズの後期代表作の1つ『二都物語』です。ディケンズの長編4天王(知名度的に)と言えば『デイヴィッド・コパフィールド』『オリヴァー・トゥイスト』『大いなる遺産』『二都物語』じゃないかと思いますが、その中でも一番分量的には少ない作品です。ディケンズさんと言えば大長編に大量の登場人物を配置し謎の伏線回収とどんでん返しを連発させるほぼ(行きあったりばったりだけど)ミステリじゃんみたいなところが自分は大好きなのですが、『二都物語』は(ディケンズにしては)短い上に登場人物も少なめ。おまけに孤児ものでも貧乏ものでもなく、なんとフランス革命を扱った歴史もので、どちらかというと異色作なのではないでしょうか。
ただ、フランス革命という歴史小説要素を取り入れてはいるものの、完全に舞台背景としてしか使っていないので、基本的にはロマンス&サスペンスのぐちゃぐちゃストーリーでした。十分面白かったけど、ディケンズお前はもっとやれるはずだという気がするのも確か。

フランスの牢獄に18年間幽閉されていたマネット医師とその娘ルーシー、フランスの亡命貴族チャールズ・ダーニー、そしてチャールズそっくりの弁護士シドニー・カートンを中心に物語は進行します。三角関係っぽく紹介されていますが、シドニーは狂言回しに近いと思います。
フランス革命は舞台装置として機能していて、革命前の庶民を不条理に支配する国家(マネット医師の長期幽閉とか)と、革命後の貴族殺し(チャールズはパリ民衆に追われる立場となる)がともに語られます。ただしあんまり詳述されないので、歴史小説というほどではないのかなー。

こうした舞台の中で、ディケンズお得意の登場人物の正体を明らかにしていく形でのどんでん返しが連発されます。なんてことない名前だけの端役までが後々重要になりうるので油断がなりません。緻密な伏線というより突然のひっくり返しに近いけど、やっぱりこういう急展開は上手いと思います。
またストーリー上で上手いのが、マネット医師の役割。この幽閉パートが微妙に浮いていて、フランスの酒場のドファルジュ夫妻絡みだけかと思いきや、終盤になって(すごい無理やりだけど)本筋である三角関係?に結び付けられます。行き会ったりばったりっぽいこういう強引さが魅力的。

全体的には三角関係というより実質ルーシーとチャールズの恋物語が基本で、これを核に進んでいくのですが、最後を除けばやや物語力不足な印象を受けました。二つの都市を舞台にするからにはもっと登場人物を増やしてもよかったのかも。ディケンズはもっとやれる子です、俺は知っているのです(長編3冊しか読んでいないけど)。初ディケンズ長編には『大いなる遺産』の方が向いているのではないかな、と思います。

原 題:A Tale of Two Cities(1859)
書 名:二都物語
著 者:チャールズ・ディケンズ Charles Dickens
訳 者:中野好夫
出版社:新潮社
     新潮文庫 テ-3-3、4
出版年:上巻 1967.01.30 初版
         2012.08.30 66刷改版
     下巻 1967.01.30 初版
         2012.08.30 62刷改版

評価★★★★☆
大いなる遺産 上 大いなる遺産 下
『大いなる遺産』チャールズ・ディケン(新潮文庫)

貧しい鍛冶屋のジョーに養われて育った少年ピップは、クリスマス・イヴの晩、寂しい墓地で脱獄囚の男と出会う。脅されて足枷を切るヤスリと食物を家から盗んで与えるピップ。その恐ろしい記憶は彼の脳裏からいつまでも消えなかった。ある日彼は、謎の人物から莫大な遺産を相続することになりロンドンへ赴く。優しかったジョーの記憶も、いつか過去のものとなっていくが……。(本書あらすじより)

今年から、年越しは毎年ディケンズで過ごすと決めたのです。クリスマスが似合うしね、ディケンズは。10年後には全長編を読み終わっているはずです。だからちくま文庫版のディケンズを誰かください。
ちなみに既読は『クリスマス・キャロル』と『荒涼館』のみ。全然代表作とか読んでないじゃないですか。

というわけで、初年は『大いなる遺産』です。後期の代表作ですね。
鍛冶屋で育った貧しい少年ピップは、ある日莫大な遺産を相続しロンドンに行くことになる……というあらすじから大方想像できる通りの展開で、謎の遺産者も想像通りで予定調和なんですが、何でしょうねこの傑作は。素晴らしい。

幼いころは、脱走した囚人に会ったり、偏屈な老婦人の話し相手のバイトをしたり、そこで超絶かわいい孫娘に惚れるもひたすらこの田舎者がと罵られたりと、ド田舎鍛冶屋で育った割に波乱万丈な前半生を送るピップ。ある日匿名の大金持ちから、遺産相続人に指定されたことを知らされます。
なるほど、匿名だけどあの老婦人に違いない、と考えるピップ。あの孫娘との仲が公認になったのかと調子づくピップ(まだ全く仲良くないのに)。 よし、紳士になれるよう頑張って、そんでもって見返してやるぜ!とピップは親切に育ててくれた鍛冶屋のジョーやら地元の女の子をあっさり見捨ててロンドンへ。
そこで知り合った友人と意気投合、金遣いの荒い日々を送り、成人に達するピップ。そんなある日匿名の大金持ちが姿を現すが……ここらへんからは突然サスペンスになるのですよ。地元の友情を見捨てて貧乏人見下してプーな人生を送ってきた罰ですね。はっは。

……という具合に、このピップ、悪い子じゃないんだけどいちいち悪い方のフラグを立てるというか、端的に言って全くカッコイイ主人公キャラではないんですが、そこがよいのです(嫌いだけど)。その他わきを固める全登場人物がみんなアクの強い個性的なキャラ盛りだくさん。

ミステリ的には、まずこの大金持ちの正体に関する(分かるけど)ミスディレクション、ピップのうざい姉が殺されかけるという殺人未遂事件の真相という真っ当な謎(いずれも綺麗に謎解きが!)に加え、登場人物の意外なつながりによるどんでん返し(2回)と十分すぎるほどあります。ディケンズは大量の伏線に基づく多すぎる登場人物の隠された人間関係を書かせると天下一品ですね……並のミステリ作家じゃとうてい勝てねぇな……。

こうした意外性と驚きを散りばめながら孤児出世という王道ストーリーで読者を殴ってくるので、面白くないわけがないのです。やっぱり傑作。うーん、年イチと言わずがんがん読んでいこうかしら。

書 名:大いなる遺産(1860~1861)
著 者:チャールズ・ディケンズ
訳 者:山西英一
出版社:新潮社
     新潮文庫 テ-3-1、テ-3-2
出版年:上巻 1951.10.30 初版
         2013.10.25 82刷改版
     下巻 1951.10.31 初版
         2013.10.25 71刷改版

評価★★★★★
『荒涼館』を読み終えたので、せっかくですから、去年作った暫定的登場人物一覧の改訂版を作りました。数人ほど、ほとんど登場しなかった人が入っています。逆に、結構大事なのにうっかり漏れてしまった人がいるかもしれません。まぁこれだけ人数がいると大変です。

読めば、キャラ付けがはっきりしているので一覧表は必要ないと思いますが、もしよろしければお使い下さいませ。
ブログの仕様上、あまり縦にそろっていない感じになっていますが、wordなりメモ帳なりにコピーしてくれればきれいに収まっている……はずです。

なお、『荒涼館』の読書感想文はこちらに。

エスタ・サマソン……………語り手
エイダ・クレア………………ジャーンディス事件の被後見人
リチャード・カーストン……同じく被後見人、エイダのいとこ
ジョン・ジャーンディス……現当主
ロレンス・ボイソーン………その友人
ハロルド・スキムポール……居候
トム・ジャーンディス………自殺した前当主

レスタ・デッドロック………准男爵、デッドロック家現当主
ホノリア・デッドロック……その妻
オルタンス……………………フランス人の侍女
ローザ…………………………女中
ミセス・ラウンスウェル……女中頭
ウォット・タイラー…………その孫
マーキュリー…………………レスタ卿のロンドンの邸宅の執事

ミセス・ジェリビー……………慈善事業家
キャディ…………………………長女
プリンス・ターヴィドロップ…その婚約者
ターヴィドロップ………………その父親
クウェイル………………………慈善事業家
ミセス・パーディグル…………慈善事業家

クルック………………………よろず家、家主
フライト………………………狂った老女
グリドリー……………………シュロップシア州の男
ネーモー………………………代書人
チャーリー……………………債務者勾留所使用人の娘
ジョージ………………………元騎兵、射撃練習場主
フィル・スクウォッド………射撃場の銃工
マシュー・バグネット………元砲兵
ホードン………………………大尉
ベイアム・バジャー…………医者
アラン・ウッドコート………医者

スナグズビー………………法律用文具商
ミセス・スナグズビー……その妻
ガスタ………………………下働き
チャドバンド………………宗教家
ジョー………………………浮浪児
ジェニー……………………レンガ職人の妻
リズ…………………………その友人

タルキングホーン…………………弁護士
ケンジ………………………………ケンジ&カーボイ事務所所長
ウィリアム・ガッピー……………その事務員
トニー・ジョブリング
     (ウィーヴル)………その友人
バート・スモールウィード………同じく事務員
ジューディ…………………………バートの双子の妹
ジョシュア・スモールウィード…バートの祖父、証券取引業者
ヴォールズ…………………………弁護士
バケット……………………………警部
ミス・バーバリ……………………エスタの養母
ミセス・レイチェル………………召使
荒涼館1 荒涼館2 荒涼館3 荒涼館4
『荒涼館』チャールズ・ディケンズ(ちくま文庫)

エスタ。この、出生の謎をもつ美少女の語りを軸として展開する多彩な物語。その背景となる「ジャーンディス対ジャーンディス事件」とは何か?上流夫人の秘密とは?野心的な弁護士の策動、奇妙な慈善事業家、アヘン中毒の代書人、相次ぐ事件……。イギリス19世紀を代表する作家ディケンズが、小説の面白さのすべてを盛り込み、読者に息もつかせぬ興奮の世界をくりひろげる。(本書1巻あらすじより)

ななな、長かったーー!去年12月に、センター試験を前にして2巻でとめてしまったわけだから、えーと、1年近くかかってしまったことになります。おぉぉ……すごい達成感。褒めて褒めて。

さて、ディケンズの作品群の中で、『荒涼館』は後期の作品群に当たるようで、一般的にそこまで知名度が高い作品ではありません。が、どうやらディケンズファンの中にはこれが大好きだという人がぞろぞろいるようで、いわゆる隠れた傑作というやつにあたるようです。なお、ディケンズの完結した作品の中では推理小説的要素がかなり強い方の作品だという、ディケンズを読むにしてはかなり不純な動機から自分は手に取りました。ちなみにディケンズはベタに『クリスマス・キャロル』しか読んでいません。

そして『クリスマス・キャロル』しか読んでいないくせにこんなことを言うのはアレですが、おそらく『荒涼館』は、ディケンズの最高傑作の1つであることは間違いないと思います。これは面白い。とにかく面白いです。というか、面白いという褒め言葉以外、高尚な褒め言葉が似合わないのも確かですけど、とにかく「小説」としての魅力が存分に注ぎ込まれた、これぞ小説!という作品であると断言して良いと思います。


物語は大きく分けて、エスタという、ディケンズが大好きな孤児の語りによる章と、神の視点たる三人称、かつ現在形(これが何ともユーモラス)で描かれる章の2つに分かれます。舞台となるのは、「ジャーンディス対ジャーンディス事件」なる、いつまで経っても終わらず、そのせいで身を持ち崩した人が数限りなくいるという遺産相続の裁判、チェスニー・ウォールドのお屋敷に住むレスタ・デッドロック卿とその周辺の人物たちの様子、エスタとそのいとこたち、その保護者のジャーンディス氏たちの様子、の3つに(たぶん)分かれており、それらが関係しあったりしなかったりしながら結末に向けて突き進んでいきます。登場人物は50人以上おり、どいつもこいつも重要人物です(笑)一見何の関係もなさそうなこの人々ですが、物語の進行に伴い、実は親戚だった!実は友人だった!みたいな繋がりが次々に明らかになり、読む側としては、コイツかぁぁぁぁぁ!みたいなカタルシスを味わうのですが、これがもう楽しくてしょうがないんです。
しかも語り口がユーモラスなのでとっても読みやすい。特に三人称の方ですが、大真面目にばかばかしい様を描くもんだから、クスクス笑いが止まりません。ディケンズってこんなに楽しかったんですね。今までのイメージは、貧しい人々に焦点を当てた辛気臭いやつ、って感じでしたが、いやもうごめんなさい。

ただまぁ、話の規模が何しろでかいうえ、あらすじごときで収拾のつくようなもんでもないので、上手く説明出来ません。ディケンズの作品って、全部こういうとんでもないプロットを持っているんでしょうか。

ディケンズの物語はある意味深みがなく、登場人物はどいつもこいつもデフォルメされていてリアルさに欠け、彼らは登場してから退場するまで1つのキャラクターを演じるのみであり、物語は必ずご都合主義的な大団円に終わり、なんていうことらしいです。ま、確かにそうでしょうけど、やっぱり小説って、ストーリーありきじゃないですか。ぐだぐだ心理を語ったりするのもいいですが、基本はワクワクなストーリーが大事です。この精神を継いだジョン・アーヴィングは偉い。


さて、気になる探偵小説的要素についてですが。プロットの重層性などにミステリ要素を見出すことも可能ですが、主にその点がはっきりしてくるのは3巻後半からです。なるほど、これはまごうことなきミステリです。ちゃんと事件が起き、読者にミスリーディング(しかも二重)を与えつつ、探偵役が人々の前で謎を解く。うぅん、完璧じゃないですか。
探偵役はバケット警部で、彼は史上初人間味を持って描かれた警官だとも言われます。人づきあいが良く、誰とでも打ち解ける一方、油断なく周囲に目を配り、集められたデータから謎を解き、時には探偵の才能を持つ奥さんの協力もあり、推理の時は指を激しく動かす癖がある……どこからどう見ても名探偵キャラですね。というか、彼は事実名探偵ですよ。4巻の活躍とか、確かにこの人にはかなりの推理力があると思わされます。少なくともドーヴァー警部の100倍は名探偵です(笑)


と、いうわけで、ちょっと長いですが、文句なしに楽しめる1冊でした。これを機にディケンズを読んでいくべきでしょうかねぇ。

書 名:荒涼館(1852~1853)
著 者:チャールズ・ディケンズ
出版社:筑摩書房
    ちくま文庫 て-2-1、て-2-2、て-2-3、て-2-4
出版年:
 1巻 1989.2.28 1刷
 2巻 1989.3.28 1刷
 3巻 1989.4.25 1刷
 4巻 1989.5.30 1刷

評価★★★★★
クリスマス・カロル
『クリスマス・カロル』チャールズ・ディケンズ(新潮文庫)

ケチで冷酷で人間嫌いのがりがり亡者スクルージ老人は、クリスマス・イブの夜、相棒だった老マーレイの亡霊と対面し、翌日からは彼の予言どおりに第一、第二、第三の幽霊に伴われて知人の家を訪問する。炉辺でクリスマスを祝う、貧しいけれど心暖かい人々や、自分の将来の姿を見せられて、さすがのスクルージも心を入れかえた……。文豪が贈る愛と感動のクリスマス・プレゼント。

これを読むのは……10年ぶり以上になるのかな、小学校低学年以来です。季節外れですが、最終章の楽しさを読みたくて読み直してみました。ずっと再読したかったんです。

しかし何て言うのかなぁ、こんな短い話なのに、読む人の心をこんなに温かくさせることが出来るなんて、ディケンズは本当にすごい作家さんだったんですね。さっき最終章を読みたくて、なんて書きましたが、いえもちろん最終章のあのハッピーな感じは大好きなんですが、そこに至までの話、つまり三人の幽霊の話がこんなに人間味のあるものだったなんて、ちょっと忘れていました。いやむしろ、他人への優しさ、みたいなものは、冒頭から常に描かれているんです。

スクルージが嫌なやつだという描写からこの物語は始まりますが、そこの部分があまり不快感を誘わないのは、ディケンズの文章の上手さによるんでしょうね。いやほんと、ディケンズの文体って、ユーモアにあふれ、どこか人を食ったような感じを持ち、そしてあらゆる人に対して優しい目線を投げかけているんですよね。このいかにもなキリスト教話が世界中で受け入れられているのも、彼が書いたからなんでしょう。

何だかまとまりませんが、とにかく読み終わると、なんだか分からないけど素敵な気分に浸れるお話です。短いので、読んだことのない人はぜひ、クリスマスに読んでみてくださいな。表紙もとっても良いですね。あとクリスマスに読んでほしいのは、『34丁目の奇跡』かな、あれは傑作。

ちなみに自分は「カロル」より「キャロル」の方がやっぱりしっくりきます。

書 名:クリスマス・カロル(1843)
著 者:チャールズ・ディケンズ
出版社:新潮社
    新潮文庫 テ-3-5
出版年:1952.11.5 初版
    1988.7.10 65刷改版
    2008.11.30 104刷

評価★★★★★
※以下の記事は、2010年12月23日のものです。その後、『荒涼館』は無事読み終え、登場人物一覧の決定版を新しく作りましたので、出来ればそちらをご覧ください。カテゴリ「ディケンズ,チャールズ」の記事としてあります。→こちらをご覧ください。
というわけでこの記事を消してもいいんですが、ま、記念にとっておきましょう。



『荒涼館』2巻をようやく読了です。いやもう、むっちゃ面白いですね。今後どう展開するのか予測出来ません。2巻の後半は、ストーリー上、大きな転換点に位置するのではないかと思われます。

感想は4巻終了時までとっておきます。とりあえず、ここまでで登場した人達を以下にまとめてみました。なんとまぁ、全員重要です(笑)しかしまぁ、これから読む人は、一覧なんか見ない方が逆に覚えられると思います。人物の描き分けが本当に上手。読んでて誰だかわからなくなることはないはずです。あくまで以下の一覧は趣味です。

分かった限りはフルネームにしてありますが、もちろんその必要性はどこにもありません。




エスタ・サマソン…………語り手
エイダ・クレア……………ジャーンディス事件の被後見人
リチャード・カーストン……同じく被後見人、エイダのいとこ
ジョン・ジャーンディス……現当主
ロレンス・ボイソーン………その友人
ハロルド・スキムポール……居候
トム・ジャーンディス………自殺した前当主

レスタ・デッドロック………デッドロック家現当主
ホノリア・デッドロック……その妻
オルタンス………………フランス人の侍女
ローザ……………………女中
ミセス・ラウンスウェル……女中頭
ウォット・タイラー…………その孫
マーキュリー………………レスタ卿のロンドンの邸宅の執事

ミセス・ジェリビー…………慈善事業家
キャディ……………………長女
プリンス・ターヴィドロップ…その婚約者
ターヴィドロップ……………その父親
クウェイル…………………慈善事業家
ミセス・パーディグル………慈善事業家

クルック…………………よろず家、家主
フライト…………………狂った老女
グリドリー………………シュロップシア州の男
ネーモー…………………代書人
チャーリー………………債務者勾留所使用人の娘
ジョージ…………………元騎兵、射撃練習場主
フィル・スクウォッド………射撃場の銃工
マシュー・バグネット……元砲兵
ホードン…………………大尉
ベイアム・バジャー………医者
アラン・ウッドコート………医者

スナグズビー……………法律用文具商
ミセス・スナグズビー……その妻
ガスタ……………………下働き
チャドバンド………………宗教家
ジョー……………………浮浪児
ジェニー…………………レンガ職人の妻
リズ………………………その友人

タルキングホーン…………………弁護士
ケンジ………………………………ケンジ&カーボイ事務所所長
ウィリアム・ガッピー………………その事務員
トニー・ジョブリング(ウィーヴル)…その友人
バート・スモールウィード…………同じく事務員
ジューディ…………………………バートの双子の妹
スモールウィード老人……………バートの祖父、金貸し
バケット……………………………警部
ミス・バーバリ………………………エスタの養母
ミセス・レイチェル…………………召使