FC2ブログ
シャーロット・アームストロング名言2

2020-08

『疑われざる者』シャーロット・アームストロング

 - 2020.07.13 Mon
アームストロング,シャーロット
疑われざる者
『疑われざる者』シャーロット・アームストロング(ハヤカワ・ミステリ文庫)

退役軍人フランシスは復讐を決意した。狙いはもと演出家グランディスン――この男こそ秘書であるフランシスの恋人を殺した殺人犯なのだ。フランシスは、憎むべき男の家に身を寄せる娘マティルダが事故で行方不明と聞き、彼女の婚約者と称して殺人の証拠集めを始めた。が、そのマティルダが生きて戻ってきた。しかも追い撃ちをかけるように、動転したフランシスの命を狙ってついに殺人鬼が本性を現わしたのだ! 絶体絶命の窮地に陥ったフランシスを救うものは? 緊迫した追跡劇と女の微妙な心理を繊細な筆致で綴るサスペンス傑作。改訳決定版(本書あらすじより)

去年から始めた年一シャーロット・アームストロング。めっちゃ好きな作家なんだから、大事に取っておかずにちゃんと読んでいきましょう、というわけで、今年は『毒薬の小壜』と同じくハヤカワ・ミステリ文庫に収録されている『疑われざる者』です。正直全然評判を聞かないんだけど、どうなんd……ああああああああああああああああああああああああああああああああすげぇぇぇぇぇ良かったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

傑作。シャーロット最高。アームストロング最高。シャーロット・アームストロング最高。年一シャーロット・アームストロングを続けられる限り、俺は生きていける気がするぞ。うぇいうぇい。

……ふう(一度落ち着くための深呼吸)。


演劇界の巨匠、劇作家のグランディスンが秘書のロザリーンを死に追いやったことを確信する婚約者のフランシスは、グランディスンの家に潜入する……という、敵がはっきりしたサスペンス。周りの全ての人を従わせ信用を得ている巨悪を相手にどう戦うのか?という、かなり王道のサスペンス的内容です。
大きく分けると、潜入捜査がいつバレるかとハラハラする前半と、マティルダというグランディスンの言いなりになっている娘が自立していく後半、に分かれます。「善意(と本人は思っている)にあふれた盲目性」の怖さ・危険性が描かれるあたり、方向性は違うけど『毒薬の小壜』に近い要素も感じられます。

読了後色々なネット上の感想を漁ったのですが、かなり評価が割れている作品なんですよね。前半後半の話のずれ方・つなげ方が歪だったりして、微妙にこの作品が合わない、という人が一定数いるというのもまぁ分かります。実際、殺人の証拠も割とすぐ見つかるので、ある意味ストーリー上の中身はあんまりないとも言えます。

けど、俺はやっぱりこの人の書くサスペンスがすごい好きなんですよ。

緊迫感・緊張感漂う前半、アームストロングが超得意としている怒涛の追跡劇の後半、そしてその中で、無気力だった人間の意志が立ち現れてくるキャラクターの力強さ。『毒薬の小壜』の後半、『魔女の館』の後半、そして本書の後半に共通する、何かを追い始めてからのアームストロングの異様な筆のノリっぷりったらないのです。読んでいて取り憑かれそうになります。
また、本書の敵役グランディスンの、最後までしぶとく勝とうとするラスボス感が実に魅力的。ここまで強いとぐうの音も出ないし、ここまで強いからこそ、最後こうしか勝てない、というのがよく分かります。「正義は勝つ」というシンプルなテーマが、アームストロングの手にかかると、これだけの力強さを持って読者にぶん投げられるわけです。


そして、この作者は本当に、人間の善意を信じているし、「人間讃歌」で物語を作れる、すごい人なんです。
作中のセリフを1つだけ紹介します。とにかく善意溢れる行動を取り続けるも、周りの人間を客観的に判断できていない人物に対して、とある登場人物が投げつける言葉です。
「あなたはこれまでの人生でご自分の考えというものを持ったことがないのよ。あなたの頭脳はあなたのために造られてるのにね。だれのことでも判断を誤ってるわ。まっすぐ見てないからだわ。でも、あなたのせいじゃないわね。生まれながらの不幸でしょうね。」
うぅ…………刺さる………………。


というわけで、うーんもう最高。これまで読んだ中では、『毒薬の小壜』『魔女の館』がずば抜けたド傑作で、『サムシング・ブルー』は良作、くらいでしたが、『疑われざる者』はドのつかない傑作、くらいの位置付けです。強くオススメ。自分がアームストロングの話作りが好きすぎるので、客観的に参考になる評価かどうかは分かりませんが……。

原 題:The Unsuspected (1946)
書 名:疑われざる者
著 者:シャーロット・アームストロング Charlotte Armstrong
訳 者:沢村灌
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 46-2
出版年:1982.05.31 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト



『サムシング・ブルー』シャーロット・アームストロング

 - 2019.07.25 Thu
アームストロング,シャーロット
サムシング・ブルー
『サムシング・ブルー』シャーロット・アームストロング(創元推理文庫)

娘は、自分に巨額の財産があることも、両親は事故死したのではないということも知らなかった。ましてや、婚約者の狙いがその財産であることも、彼が自分の母親を殺害し、父にその罪をなすりつけた真犯人だということもまたわかってはいなかった。真相を知った青年は、彼女を救うため十七年前の殺人事件の証拠をつかもうとするのだが……。(本書あらすじより)

シャーロット・アームストロングの『毒薬の小壜』があまりに好きすぎて(好きなミステリトップ10に入るレベル)、以来シャーロット・アームストロングの作品は超大事に取っておいたのでした……読まずに。ところが2年前にようやく『魔女の館』を読んだらこちらもどえらい傑作で、もうこれどんどん読みてぇな、となりまして。というわけで、今年から年に1冊、シャーロット・アームストロングを読んでいくことにしました。よっしゃ、傑作どんどん来い。
今年は『サムシング・ブルー』を手に取ってみたのですが、サスペンスと言うよりは、まさかの王道謎解きミステリ的展開で、正直意外でした。というか、何なのこのシャーロット・アームストロングとかいう作家は……傑作を生み出す化け物なの……?

3作読みましたが、シャーロット・アームストロングの作品はあらすじを説明しても本当に面白さが伝わらないなぁと思います。今作の主人公ジョニーは、生物学の講師をしている好青年。幼馴染であるナンは、過去に男性に恋したことすらない初心な女性。ところがそんなナンに突然結婚話が舞い降り、ジョニーはショックを受けつつもそれを受け入れます。しかしナンの叔母が、相手の男の名前を聞いた途端、ショックを受けて倒してしまったのです。どうやらナンの相手の男は、過去に殺人を犯したと思われるのですが……。

結婚を防ぐため、結婚式までに犯罪を証明しよう、という話。ウールリッチっぽい、男女のタイムリミット謎解き&サスペンスです。事件を暴き、証拠を見つけ、殺人を証明する、というしっかりした捜査物であり、かつ舞台が親族関係が複雑なお屋敷ということもあり、かなり黄金時代のミステリらしい雰囲気を持った作品だと思います。
とはいえ、これはいわゆる王道の謎解きミステリではありません。というのも、序盤である人物がある犯罪をしでかすところをはっきり描写しているため、どんでん返しや意外性はなく、ただただ悪人を追い詰めるだけの話となっているのです。こういったストーリーの中できちんとトリックを仕込んでいるあたりが、サスペンス作家としてのアームストロングのすごいところなんですけども。

このある種ベタなサスペンスに、アームストロングの描く生き生きとした登場人物が放り込まれるだけで、こんなにも心が締め付けられ、そして予想していない動き方をする物語になるんですよね。この作者の描く登場人物には、希望が見えるんです。なんとかなってほしい、間に合ってほしい、と読者が思わされるような。そういったキャラクターたちの最後が……うわぁ、これ、すごく良い終わり方なんだよなぁ。
そのキャラクターの中でも特に秀逸なのが、主人公の幼馴染であり、結婚を夢見て、ただただ純真無垢なナンです。たぶん、『毒薬の小壜』のギブソン氏の妻ローズマリーと同系統のキャラクターではないでしょうか(似てないけど似ています)。こういう、無垢な人間の無垢故の無自覚な罪深さを描かせたら、シャーロット・アームストロングは断トツで上手いですね……めっちゃつらいけど……。

というわけで、やっぱり年1アームストロングはやらなくてはいけません。やりましょう。超楽しみ。そして、時代をこえて読めるサスペンス作家だと思うので、頼むから東京創元社さんあたりで頑張ってシャーロット・アームストロングの未訳作品出してもらえませんかね……マジで。
ちなみに、ド傑作『毒薬の小壜』は善と悪の対立構図が苦手(特に悪を悪として断じすぎ)みたいな意見があるのですが、正直うなずける意見だと思います。というわけで、もしかしたら『サムシング・ブルー』の紛れもない悪の方がおすすめしやすいかもしれません(最後の追いつめがむしろぬるいあたりが、この作者らしいというか)。個人的には『毒薬の小壜』『魔女の館』のような突き抜けた傑作っぷりではないものの、広く読んでもらいたい良作だと思います。

原 題:Something Blue (1962)
書 名:サムシング・ブルー
著 者:シャーロット・アームストロング Charlotte Armstrong
訳 者:森茂里
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mア-6-3
出版年:1998.03.27 初版

評価★★★★☆

『魔女の館』シャーロット・アームストロング

 - 2017.08.15 Tue
アームストロング,シャーロット
魔女の館
『魔女の館』シャーロット・アームストロング(シリーズ百年の物語)

ふとした偶然から同僚の大学教授の不正を知ったパットは、追跡劇を演じるうちに瀕死の重傷を追って魔女の館に閉じこめられてしまう。サスペンスの女王がくりひろげる白昼夢のような世界。(本書あらすじより)

かれこれ7年前、母親に渡されたシャーロット・アームストロング『毒薬の小壜』を読んだわたくしは、そのあまりの傑作っぷりにノックアウトされました。それ以来、『毒薬の小壜』は我がATB10に燦然と君臨しているのです。
しかしながらそれから7年、なぜか他のアームストロング作品には手を出すことなく現在に至ります。いやそろそろ読もうよ、というわけでついに手に取ったのが、シリーズ百年の物語から『魔女の館』(創元推理文庫版あり)、久々のアームストロングに期待がかかります。

えぇ……なんだこの傑作は……シャーロット・アームストロングは天才なのか……。現時点で断言しますが、おそらく今年のベスト1位内定です。

大怪我を負った男が頭のおかしい魔女こと老婆に捕まり、息子が戻ってきたぞひゃっほいみたいなノリで監禁されます。普通、ここからホラーが始まるじゃないですか。ホラーじゃなくてもつらい何かが始まるわけじゃないですか。でも監禁云々は結局どうでもよくて、救出劇というドラマが中心になります。
ひたすら行方不明になった夫の身を案じる行動派の妻、胡散臭さが炸裂している感情面において欠陥を抱える双子、未熟な若造警官と人間を知り尽くした退職直前の老警官、体面を気にする大学長などが織りなす、行方不明者捜索と、その過程で浮かび上がる事件とは。後半に入ってからのスピード感が素晴らしくてもうため息しか出ません。

確かに冒頭だけ見ると、狂人系監禁物でめっちゃつらそうなんです。それ以降も明らかな悪人はいないのですが、相手のことを勝手にこういう人だと決めつけることの恐ろしさが、もうめっちゃいやらしすぎて地獄のようにつらいのです。
しかしながらこれはイヤミスではありません。「善意のサスペンス」の書き手と言われる作者の本領発揮は、そんなところではないのです。シャーロット・アームストロングは、人間の善意から生まれる悪を知り尽くしているにもかかわらず、最終的に人間は変われると信じているので、こういう勧善懲悪の人間賛歌をさらっと書けてしまうのですよ。こんなの読んだら「なんだこの傑作は」としか言えないわけですよ分かりますか。

人間を語らせると世界一かっこいい作家、シャーロット・アームストロングは、作中人物にこう語らせます。
「他人はあなたを不幸にすることはできるかもしれないけど、無意味な存在にすることはできないの」
くぅぅぅ、素晴らしい。あとはもう、読んでください。

『毒薬の小壜』は後半の構成がそれこそ少年漫画の最終バトルみたいな激アツさを持つ震えるレベルの傑作なわけですが、そこに至るまでの仕込みの前半をもっとあっさり目に、かつストーリーに自然に組み込ませ無駄なく作り上げたのが『魔女の館』なのかなぁと思いました。とにかくまごうことなき傑作ですので、未読の方はぜひぜひお読みください。そもそも『毒薬の小壜』が未読だという方は、もう、あれですよ、いいから図書館で借りるなりして絶対に読んでください。約束です。

原 題:The Witch's House(1963)
書 名:魔女の館
著 者:シャーロット・アームストロング Charlotte Armstrong
訳 者:近藤麻里子
出版社:トパーズプレス
     シリーズ百年の物語 6
出版年:1996.11.25 1刷

評価★★★★★

『毒薬の小壜』シャーロット・アームストロング

 - 2010.09.13 Mon
アームストロング,シャーロット
毒薬の小壜
『毒薬の小壜』シャーロット・アームストロング(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ギプソン氏は初老の学校教師として生活は安定し、礼儀正しく、上品だった。親子ほども年の離れたローズマリーも、小柄でおとなしく、気だてのいい女だった。しかし、突然の自動車事故が、彼の世界を粉々にした。妻の不倫が足の不自由な彼の心に重くのしかかってきたのだ。彼は自殺を決意し、ひそかに毒薬の小壜を入手したが……。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞の、心暖まるサスペンス。(本書あらすじより)


傑作です!!!!!!


いやー、自分が本読みで良かったと思いました。だってこんな作品が読めるんですから。ちまたで言う名作だというのは本当です。もうこれからは運命論者にはならないし、他人を決め付けたりもしませんとも。


まず言っておきますと、自分はサスペンスが大いに苦手です。あのとめどない緊張感に耐えられないんですよ。ですから、上のようなあらすじの話は、ぶっちゃけ嫌いの部類に入ります。

が、ですよ、この話は「サスペンス」なんていうジャンルにくくれるものではありません。どちらかというとヒューマンドラマです(そんなジャンルあるのか?)。あらすじにあるような、そんなドロドロした話ではないのです。主人公ギブソン氏が前半で「気付いていった」新たな世界が、後半数々の素敵な登場人物により、いい意味でぶっこわされていくのです。私は自分の物の見方は、この登場人物たちと比べるとなんて浅はかなんだろうと思いましたよ。バス運転手のリー・コフェイが個人的には好きです。

とにかく一人として無駄な人物がいません。後半はコメディだという人もいるようですが、ユーモアミステリとは言えないと思いますし、コメディかというとそうとは言い切れない面があるし。ジャンル分けしにくいですねぇ。そもそもジャンル分けすべきじゃないんでしょうが。


とにかく前半の「静」のストーリーをふまえての後半の「動」という展開が非常に効果をあげていますね。主人公の心の動きだけを延々と述べる前半は全く飽きさせることがありません。後半はそれこそ一気読みで、一人、一人と車に乗る人が増えていくのがまたなんともいえない面白さがありますね。そのメンバーも多種多様でありながらみんな素敵な心の持ち主であり、いたって普通なポールと対比させることで、その印象を一層強めています。結末に関しては自分で確かめて下さいな。最後の場面の「小さなグラスから、何かの液体が~」っていうフレーズは、とってもいい表現だと思います。


なんかまとまりがないですが、読み終わって一日気分がずっと良かった本です、とまとめておきます。


書 名:毒薬の小壜(1956)
著 者:シャーロット・アームストロング
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 46-1
出版年:1977.10.31 初版
    1998.12.15 4刷

評価★★★★★

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
クリスティ、デクスター、グライムズ、ディヴァインが好きな、ヨッシーことTYこと吉井富房を名乗る遅読の社会人5年目が、日々読み散らかした海外ミステリ(古典と現代が半々くらい)を紹介する趣味のブログです。ブログ開始から11年になりました。ちなみにブログ名は、某テンドーのカラフル怪獣とは全く関係ありません。
来て下さった方々が、コメントを残して下さると、管理人が大変喜びます。広告のコメントは、削除することがあります。
このサイトはリンクフリーですが、一言声かけてくれると嬉しいです。
Twitter(@yossi3110)

リンク

このブログをリンクに追加する

読書メーター

ヨッシーさんの読書メーター ヨッシーの最近読んだ本

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
日記 (526)
今年のベスト10 (12)
ア行 (146)
アヴリーヌ,クロード (1)
アジェイ=ブレニヤー,ナナ・クワメ (1)
アシモフ,アイザック (4)
アシャット,フェデリコ (1)
アダム,ポール (1)
アーチャー,ジェフリー (1)
アッシュ,ロザリンド (1)
アップデール,エレナー (2)
アップフィールド,アーサー (2)
アデア,ギルバート (1)
A・D・G (2)
アトキンソン,ケイト (1)
アフォード,マックス (1)
アームストロング,シャーロット (4)
アリンガム,マージェリー (6)
アルレー,カトリーヌ (1)
アンズワース,キャシー (1)
アンダースン,ウィリアム・C (1)
アンダースン,ジェームズ (1)
アントニイ,ピーター (1)
アンプエロ,ロベルト (1)
アンブラー,エリック (1)
イェルハルドセン,カーリン (1)
イジー,ユージン (1)
イシグロ,カズオ (2)
イデ,ジョー (2)
イネス,マイクル (5)
イーリイ,デイヴィッド (1)
インゲルマン=スンドベリ,カタリーナ (1)
インドリダソン,アーナルデュル (3)
ヴァルガス,フレッド (7)
ヴァン・ダイン,S・S (3)
ヴァンス,ジャック (1)
ウィアー,アンディ (2)
ヴィカーズ,ロイ (3)
ウイバーリー,レナード (3)
ウィリアムズ,ナイジェル (1)
ウィルフォード,チャールズ (1)
ウィングフィールド,R・D (6)
ウィンズロウ,ドン (1)
ウィンタース,ベン・H (3)
ウェイン,エリザベス (1)
ウェストレイク,ドナルド・E(コウ,タッカー、スターク,リチャード) (7)
ヴェリー,ピエール (1)
ヴェルヌ,ジュール (2)
ウォーカー,マーティン (3)
ウォーターズ,サラ (4)
ヴォートラン,ジャン (2)
ウォルターズ,ミネット (1)
ウォーレス,エドガー (2)
ウッドハウス,P・G (1)
ウールリッチ,コーネル(アイリッシュ,ウィリアム) (9)
エアード,キャサリン (2)
エクストレム,ヤーン (1)
エクスブライヤ,シャルル (4)
エーコ,ウンベルト (1)
エナフ,ソフィー (1)
エフィンジャー,ジョージ・アレック (1)
エリザーロフ,ミハイル (1)
エリン,スタンリイ (3)
エール,ジャン=マルセル (1)
エルキンズ,アーロン (7)
エルロイ,ジェイムズ (1)
オコンネル,キャロル (1)
オーツ,ジョイス・キャロル (1)
オベール,ブリジット (1)
オームロッド,ロジャー (1)
オリオール,ローレンス (1)
オルツィ,バロネス (2)
カ行 (203)
カー,グリン (1)
カー,ジョン・ディクスン(ディクスン,カーター) (16)
ガーヴ,アンドリュウ (1)
カサック,フレッド (2)
カーター,M・J (1)
カットナー,ヘンリー (0)
カッリージ,ドナート (2)
ガードナー,E・S(フェア,A・A) (5)
ガードナー,ジョン (1)
カーマイケル,ハリー (3)
カミ (4)
カミング,チャールズ (1)
カリー・ジュニア,ロン (1)
カーリイ,ジャック (4)
カリンフォード,ガイ (1)
キアナン,オリヴィア (1)
キース,エリック (1)
キーティング,H・R・F (1)
キャヴァナー,スティーヴ (1)
キャリスン,ブライアン (1)
ギャレット,ランドル (1)
キーラー,ハリー・スティーヴン (1)
ギルバース,ハラルト (2)
ギルバート,マイケル (2)
キング,スティーヴン (1)
キング,ルーファス (1)
クイーン,エラリー (16)
クェンティン,パトリック (7)
クック,トマス・H (4)
クッチャー,フォルカー (3)
グライムズ,マーサ (28)
クラウチ,ブレイク (4)
クラトフヴィル,イジー (1)
グランジェ,ジャン=クリストフ (1)
クリーヴス,アン (7)
グリシャム,ジョン (1)
クリスティ,アガサ (2)
クリスピン,エドマンド (4)
グリーニー,マーク (2)
グリーン,アラン (1)
クルーガー,ウィリアム・ケント (1)
グルーバー,アンドレアス (4)
グルーバー,フランク (5)
クレイス,ロバート (4)
クロフツ,F・W (6)
グロラー,バルドゥイン (1)
クーン,シェイン (2)
クーンツ,ディーン・R (1)
ケアリー,エドワード (4)
ケストナー,エーリヒ (1)
ケメルマン,ハリイ (3)
ケリー,ジム (4)
ケンリック,トニー (3)
胡傑 (1)
ゴズリング,ポーラ (5)
コッタリル,コリン (1)
コッブ,ベルトン (1)
コードウェル,サラ (4)
ゴードン,デイヴィッド (2)
コニイ、マイクル (2)
コーベン,ハーラン (1)
コマストリ=モンタナーリ,ダニーラ (1)
コメール,エルヴェ (2)
コリータ,マイクル (1)
コリンズ,ウィルキー (2)
コリンズ,マックス・アラン (1)
コール,G・D・H・&M (2)
コレット,サンドリーヌ (1)
サ行 (86)
サフォン,カルロス・ルイス (3)
サマター,ソフィア (1)
サール,ニコラス (1)
ザングウィル,イズレイル (1)
ジェイミスン,ハンナ (1)
シェパード,ロイド (1)
シエラ,ハビエル (1)
シニアック,ピエール (1)
シムノン,ジョルジュ (20)
シモンズ,ジュリアン (1)
ジャクスン,シャーリイ (2)
ジャックマール&セネカル (2)
ジャップ,アンドレア・H (1)
ジャプリゾ,セバスチアン (1)
シャプレ,アンネ (1)
シューヴァル,マイ&ヴァールー,ペール (1)
ショウ,ボブ (1)
シール,M・P (1)
水天一色 (1)
スカーレット,ロジャー (1)
スコット,ジャック・S (1)
スコット,J・M (1)
スタウト,レックス (7)
スタージョン,シオドア (1)
スチュアート,メアリー (2)
スティーヴンス,ロビン (1)
ステーマン,S=A (4)
スパーク,ミュリエル (1)
スペンサー,ロス・H (3)
スミス,シェイマス (1)
スミス,チャールズ・メリル (1)
スラデック,ジョン (1)
スルペツキ,シュテファン (1)
スレッサー,ヘンリイ (1)
スローン,ロビン (1)
スワンソン,ピーター (2)
セイヤーズ,ドロシー・L (9)
セシル,ヘンリイ (2)
セミョーノフ,ユリアン (1)
ソアレス,J (1)
ソウヤー,ロバート・J (1)
タ行 (104)
タイボ二世,パコ・イグナシオ (1)
ダグラス,キャロル・ネルソン (1)
タシュラー,ユーディト・W (1)
タートン,スチュアート (1)
ダニング,ジョン (1)
ダール,フレデリック (2)
チェイズ,エリオット (1)
チェスタトン,G・K (1)
チャータリス,レスリイ (1)
チャーチル,ジル (4)
チャンドラー,レイモンド (1)
陳浩基 (3)
デ・サンティス,パブロ (1)
デ・ハートック,ヤン (1)
デ・ミュリエル,オスカル (1)
デアンドリア,ウィリアム・L (1)
テイ,ジョセフィン (3)
ディーヴァー,ジェフリー (2)
ディヴァイン,D・M (10)
デイヴィス,L・P (1)
ディキンスン,ピーター (2)
ディケール,ジョエル (1)
ディケンズ,チャールズ (11)
ディックス,マシュー (2)
ディッシュ,トーマス・M (1)
ディドロ,フランシス (1)
デイリー,エリザベス (1)
テオリン,ヨハン (3)
デクスター,コリン (12)
デュレンマット,フリードリヒ (1)
テラン,ボストン (4)
デリオン,ジャナ (1)
ドイッチ,リチャード (1)
トゥロー,スコット (2)
ドッヂ,デヴィッド (1)
トーマス,ロス (2)
トムスン,ジューン (1)
ドラモンド,ローリー・リン (1)
トレヴェニアン (4)
トンプスン,ジム (11)
トンプソン,ジェイムズ (3)
ナ行 (13)
ナイト,アランナ (2)
ナット・オ・ダーグ,ニクラス (1)
ニューマン,キム (1)
ニーリィ,リチャード (1)
ネイハム,ルシアン (1)
ネスボ,ジョー (4)
ネッセル,ホーカン (1)
ノックス,ロナルド・A (2)
ハ行 (227)
バー=ゾウハー,マイケル (1)
ハイスミス,パトリシア (1)
ハイランド,スタンリー (1)
ハインズ,ジョアンナ (1)
パーカー,ロバート・B (1)
ハーカウェイ,ニック (1)
バークリー,アントニイ(アイルズ,フランシス) (6)
バグリイ,デズモンド (1)
バークレイ,リンウッド (1)
バージェス,アントニイ (1)
ハース,ヴォルフ (1)
バゼル,ジョシュ (1)
ハチソン,ドット (1)
ハーディング,フランシス (2)
バトラー,エリス・パーカー (1)
ハナ,ソフィー (2)
バーナード,ロバート (3)
バーニー,ルー (2)
バニスター,ジョー (1)
ハーパー,ジェイン (2)
ハーパー,ジョーダン (1)
ハーパー,ブラッドリー (1)
パーマー,ウィリアム・J (0)
パーマー,スチュアート (1)
ハミルトン,エドモンド (1)
ハミルトン,スティーヴ (1)
ハメット,ダシール (2)
パラニューク,チャック (1)
バランタイン,リサ (1)
ハリス,トマス (1)
ハリデイ,ブレット (1)
バリンジャー,ビル・S (3)
ハル,リチャード (1)
パレツキー,サラ (1)
ハンター,スティーヴン (2)
ビガーズ,E・D (5)
ピカード,ナンシー (1)
ヒギンズ,ジャック (1)
ピース,デイヴィッド (2)
ピータース,スティーヴン (1)
ピーターズ,エリス (3)
ビッスン,テリー (2)
ビネ,ローラン (1)
ビバリー,ビル (1)
ビュッシ,ミシェル (1)
ヒラーマン,トニイ (3)
ピリンチ,アキフ (1)
ヒル,トニ (3)
ヒル,レジナルド (4)
ヒルディック,ウォラス (1)
フィツェック,セバスチャン (3)
フィックリング,G・G (3)
フィッシュ,ロバート・L (4)
フィッチュー,ビル (1)
フィニイ,ジャック (5)
フィルポッツ,イーデン (2)
フェーア,アンドレアス (1)
フェイ,リンジー (1)
フェスパーマン,ダン (1)
フェラーズ,エリザベス (7)
フェルナンデス,ドミニク (1)
フォーサイス,フレデリック (1)
フォン・シーラッハ,フェルディナント (7)
プライヤー,マーク (1)
ブラウン,カーター (8)
ブラウン,フレドリック (2)
ブラックバーン,ジョン (1)
ブラッティ,ウィリアム・ピーター (1)
ブラッドリー,アラン (1)
ブラッドン,ラッセル (1)
フラナガン,トマス (1)
フランシス,ディック (2)
ブランド,クリスチアナ (6)
プリースト,クリストファー (1)
フリードマン,ダニエル (2)
フリーマン,オースチン (1)
フリーマントル,ブライアン (1)
ブリュソロ,セルジュ (1)
フリーリング,ニコラス (1)
フリン,ギリアン (1)
ブルース,レオ (4)
ブルックマイア,クリストファー (1)
ブレイク,ニコラス (3)
ブレット,サイモン (1)
フレミング,イアン (3)
ブロック,ローレンス (4)
プロンジーニ,ビル (1)
文善 (1)
ヘアー,シリル (2)
ヘイズ,サマンサ (1)
ヘイダー,モー (1)
ベイヤー,ウィリアム (1)
ヘイヤー,ジョージェット (3)
ベイヤード,ルイス (1)
ベイリー,バリントン・J (1)
ベイリー,H・C (1)
ペーション,レイフ・GW (2)
ペニー,ルイーズ (1)
ベリー,ジュリー (1)
ペリー、トマス (1)
ペリッシノット,アレッサンドロ (1)
ペルッツ,レオ (1)
ヘロン,ミック (3)
ペンティコースト,ヒュウ (1)
ベントリー,E・C (1)
ポー,エドガー・アラン (2)
ホーガン,ジェイムズ・P (1)
ポースト,M・D (2)
ポーター,ジョイス (9)
ホック,エドワード・D (4)
ホッケンスミス,スティーヴ (2)
ポツナンスキ,ウルズラ (1)
ホッブズ,ロジャー (2)
ホーリー,ノア (1)
ホルスト,ヨルン・リーエル (1)
ホロヴィッツ,アンソニー (2)
ホワイト,ハル (1)
ホワイト,ライオネル (1)
ボワロ&ナルスジャック (6)
ボンド,マイケル (2)
ボンフィリオリ,キリル (1)
マ行 (84)
マイヤーズ,イザベル・B (1)
マガー,パット (2)
マーカム,ヴァージル (1)
マカルパイン,ゴードン (1)
マーカンド,ジョン・P (1)
マクジョージ,クリス (1)
マクダニエル,デイヴィッド (1)
マクドナルド,ジョン・D (4)
マクドナルド,フィリップ (2)
マクドナルド,ロス (3)
マグナソン,アンドリ・S (1)
マクベイン,エド (2)
マクラフリン,ジェイムズ・A (1)
マクラム,シャーリン (1)
マクリーン,アリステア (3)
マクロイ,ヘレン (5)
マグワイア,イアン (1)
マコーマック,エリック (2)
マゴーン,ジル (1)
マシスン,リチャード (1)
マシューズ,ハリー (1)
マスロフスキー,B (1)
マーソンズ,アンジェラ (1)
マッギヴァーン,ウィリアム・P (1)
マッキネス,ヘレン (1)
マッキンティ,エイドリアン (1)
マリック,J・J (2)
マルティネス,ギジェルモ (2)
マルポ,エルザ (1)
マン,アントニー (1)
マンケル,ヘニング (1)
マンシェット,J・P (1)
ミエヴィル,チャイナ (1)
寵物先生(ミスター・ペッツ) (1)
ミッチェル,グラディス (1)
ミュッソ,ギヨーム (2)
ミラー,デレク・B (2)
ミラー,マーガレット (3)
ミルフォード,ケイト (1)
ミルン,A・A (1)
ムーア,グレアム (1)
ムカジー,アビール (1)
メイン,アンドリュー (2)
メースン,A・E・W (1)
メルヴィル,ジェイムズ (1)
メルドラム,クリスティーナ (1)
メロ,パトリーシア (1)
メンドサ,エドゥアルド (1)
モイーズ,パトリシア (5)
モートン,ケイト (4)
モール,ウィリアム (1)
モロー,ブラッドフォード (1)
モンテイエ,ユベール (3)
ヤ行 (4)
ヤッフェ,ジェイムズ (1)
ヤング,デイヴィッド (1)
ユジョン,チョン (1)
ヨナソン,ヨナス (1)
ラ行 (85)
ライアル,ギャビン (1)
雷鈞 (1)
ライス,クレイグ (3)
ライト,リリー (1)
ライバー,フリッツ (1)
ラインハート,M・R (1)
ラヴェット,チャーリー (1)
ラヴゼイ,ピーター (3)
ラックマン,トム (1)
ラッセル,アラン (1)
ランキン,イアン (1)
陸秋槎 (2)
リック,フランシス (1)
リッチー,ジャック (5)
リーミイ,トム (1)
リューイン,マイクル・Z (5)
リュウ,ケン (2)
劉震雲 (1)
リール,エーネ (1)
ル・カレ,ジョン (3)
ルヴェル,モーリス (1)
ルブラン,ミッシェル (3)
ルブラン,モーリス (2)
ルヘイン,デニス (4)
ルーボー,ジャック (2)
ルメートル,ピエール (3)
ルルー,ガストン (2)
ルーレ,ドミニック (1)
レーダー,ベン (1)
レーダー=デイ,ローリー (1)
レドモンド,パトリック (2)
レドンド,ドロレス (1)
レピラ,イバン (1)
レム,スタニスワフ (1)
レルネット=ホレーニア,アレクサンダー (1)
レンデル,ルース (3)
ロウ,ジェニファー (1)
ローガン,シャーロット (1)
ローザン,S・J (6)
ロジャーズ,ジョエル・タウンズリー (1)
ロスコー,セオドア (1)
ロースン,クレイトン (1)
ロック,アッティカ (1)
ロード,ジョン (1)
ロバーツ,アダム (1)
ロプレスティ,ロバート (2)
ロボサム,マイケル (1)
ロラック,E・C・R (1)
ロング,アメリア・レイノルズ (2)
ワ行 (3)
ワイルド,パーシヴァル (1)
ワトスン,コリン (2)
海外合作他 (6)
リレー小説 (1)
雑誌など (0)
アンソロジー (11)
その他海外 (8)
国内ミステリ (75)
その他国内 (18)
ファンタジー (1)
その他 (6)
社会1○○○○ (4)

ピープルカウンター