『悔恨の日』発売

2017-10

『細工は流々』エリザベス・フェラーズ - 2017.09.24 Sun

細工は流々
『細工は流々』エリザベス・フェラーズ(創元推理文庫)

「時々、殺したくなる」くらい無邪気なお人好しだったルー。トビーは匿名の電話で、彼女が殺されたことを知り、ジョージと共に現場となった屋敷へ向かった。そこで見つかったのは、糸を使った奇妙な仕掛け。どうやら推理小説のトリックを、いろいろ熱心に練習している奴がいるらしい。はたして、その正体は? そして、事件との関係は?(本書あらすじより)

名作『猿来たりなば』が復刊されたので、それに合わせて久々にエリザベス・フェラーズのトビー&ジョージもの。やっぱフェラーズは最高だぜ!な1冊です。ジョージがひたすらにかわいい(本質的な感想)。

助けを求めてきた友人が殺されてしまったことを知り、殺人現場である屋敷に乗り込んだトビーとジョージ。いつも以上に奇人変人が跳梁跋扈し、殺人の仕掛けがあちこちで見つかる屋敷の中で、連続殺人事件が発生します。

動機も、(仕掛けなだけに)機会もふわふわとしており、誰が何のためにやったのか非常に見えにくいところを、キャラクターと頻発する些細な事件で繋げているのがうまいですね。最初から飛ばしていてずっと面白いのです。いやはや、よくもまぁこれだけ頭のおかしい登場人物を書けるもんです。クリスティーとは明確に人物描写の方向性が違いますよね。同時期で言うなら、どちらかと言うとジョージェット・ヘイヤーと同じグループ。

登場人物の関係が複雑で、実際にどういう関係かだけでなく「誰がどう思い込んでいたか」を含めて謎が解き明かされるので、事件の全体像はなかなか一筋縄では行きません。とはいえ贅肉の事件を外していくと真相自体は意外とシンプルで、このすかし方はいかにもクリスティーっぽいかも。伏線やトリックだけ見ると他のフェラーズ作品には劣るので、本格ミステリ的な驚きはやや少ないのですが、読んでいて全く不満に感じませんでした(ただ、アホなので、第二の殺人が起きた理由がちょっとよく分からんかったのは内緒だ)。

しかし一番感心するのは、探偵役が仕掛けるあの罠なのであります。罠を仕掛けたこと自体はすぐ分かるのですが、あの行為にあんな深い意味があったとは……めっちゃ笑ってしまいました。
ところで本作では相変わらず助手ジョージがひたすらにかわいいわけですが、ジョージのプロフィールが、冒頭の「正面と横からとった顔写真と指紋の記録がスコットランドヤードに保管されていた。もちろん、大勢の優れた人物が写真と指紋をとられている。」という部分にほのめかされていて興味深いです(いろいろ納得)。元ネタイメージとしては、ブラウン神父とフランボウなんでしょうか……全然役回りは違うけど。

というわけで、期せずして『猿来たりなば』『自殺の殺人』『細工は流々』と、シリーズ順ではなく邦訳順で読んでしまいました。論創の2冊も面白かったし、今後もノンシリーズ含めてどんどん読んでいきたい作家です(他のシリーズ作品もどこかが出してくれてもいいんですよ出版社さん)。未読の方はまず9月に復刊される『猿来たりなば』をぜひぜひどうぞ。論創の『カクテルパーティー』も面白いですよ。

原 題:Remove the Bodies(1940)
書 名:細工は流々
著 者:エリザベス・フェラーズ Elizabeth Ferrars
訳 者:中村有希
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mフ-13-3
出版年:1999.12.24 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト

『灯火が消える前に』エリザベス・フェラーズ - 2016.08.06 Sat

灯火が消える前に
『灯火が消える前に』エリザベス・フェラーズ(論創海外ミステリ)

劇作家の死を巡る灯火管制の秘密とは……H・R・F・キーティング編「海外ミステリ名作100選」採択作品! 殺意と友情の殺人組曲が静かに奏でられる、大戦下の一夜に消えた命の灯火。(本書あらすじより)

今年は論創からフェラーズが2冊も出るんですよ! やったね! 論創さんいい仕事するぅ!
『カクテルパーティー』は狭いコミュニティー内での殺人、および疑心暗鬼に陥った容疑者同士の推理披露大会、みたいな話でした。比較的正統派の黄金時代本格ミステリです。一方今回の『灯火が消える前に』は、回想の殺人でこそないのですが、これはもしかしてフェラーズによる『五匹の子豚』なんじゃないか、と思わせられた作品でした。探偵役による容疑者巡礼に加えて、殺人者と被害者の人格を5人の容疑者の視点から描き出していくところなんか特に。今回もフェラーズらしい良作です。

物語は、第二次世界大戦中の灯火管制の夜、屋敷内で人気劇作家リッターが殺害される、という発端です。すぐさま犯人と目される人物ジャネットが逮捕され、事件自体は決着したかのように見えたのですが、状況に不信感を抱いた平凡な女性セシリーはその晩館にいた人たちを訪ねて回ることで、被害者リッターとジャネットの人柄を調べていきます。セシリーがリッターおよびジャネットと親しくなかった、というのがポイントでしょう。

ジャネットしか犯人になりえなそうな状況を成立させたトリック自体は、まぁそういうことだろうなと予測はつくものですし、犯人も同じく想像通りではあります。本格ミステリとしては及第点かな、という感じ。
それよりも、ひたすら登場人物による回想トークでのみ読ませているという点でなかなか強烈な作品でした。事件当時の状況を調べるのではなく、ジャネットとはどういう人物か、リッターとはどういう人物だったのか、ということのみに焦点を当てて話が進んでいくのです。正直フェラーズがこういうものを書けるとは思いませんでした。推理合戦とかユーモアがなくてもいいじゃないか。
まぁこの人物調査パートが一通り終われば、あとはひゅっと出てきた探偵役がぱぱっと謎解きをして、終わっちゃうんですけどね。この2つがもっと結び付いていたら、すごい傑作になったかも。

というわけで、今年のフェラーズ2冊目でした。全くタイプが違うので、読み比べてみるといいと思います。個人的には重厚な読み口の『灯火が消える前に』より、変態的な構成の『カクテルパーティー』の方が好きですが、どちらもオススメですよ。ノンシリーズフェラーズ、もっと紹介されるといいなぁ。

原 題:Murder Among Friends(1946)
書 名:灯火が消える前に
著 者:エリザベス・フェラーズ Elizabeth Ferrars
訳 者:清水裕子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 170
出版年:2016.04.30 初版

評価★★★★☆

『カクテルパーティー』エリザベス・フェラーズ - 2016.05.19 Thu

カクテルパーティー
『カクテルパーティー』エリザベス・フェラーズ(論創海外ミステリ)

イギリス、ロンドン郊外の小さな村。平穏な日常に忍び込む殺人事件。元女優、大学講師、医師、作家。犯人は誰だ。ミステリ本格黄金時代イギリス女流作家の巨匠、本邦初訳の代表作が今!(本書あらすじより)

フェラーズは、トビー・ダイク&ジョージのシリーズを2冊読んだだけなのですが、かなり好きな作家(『猿来たりなば』はめちゃくちゃ楽しい本格ミステリで、海外ミステリを読みなれていない人には最適の作品なので、読んだことない人はなるべく事前情報なしでさっさと読もう)。今回論創でノンシリーズが出たのでさっそく読んでみました。なお、今月もまた1冊出ましたね、すごいペース。
シリーズ作品とは違い、ユーモアが抑えめの、どろどろしそうな人間関係で読ませるタイプの作品です。誰が殺されるか(または殺されるはずだったのか)読者にしぼらせないところから始まって、登場人物全員に好感が持てない自己中を配し、あいつが犯人に違いないとどいつもこいつも告発しまくったあげく、最終的に探偵役すら曖昧なままラストに突入するというすごい作品。えらい、フェラーズがんばった。
事件自体は会食で全員が同じものを食べ殺人事件が起きる、という数あるミステリのパターンですが、この種の殺害状況は初めて読んだかもしれません。非常に魅力的な毒殺なので、これだけでも一読に値します。終盤少々やり過ぎな嫌いはありますが、これはこれで面白いのでおすすめかな。

小さな村で骨董品屋を営むファニー。ある日彼女の年の離れた義理の弟が婚約したことで、狭いコミュニティに動揺が走る。緊張感漂う中、婚約者の紹介を兼ねたカクテルパーティーで隣人や友人が一堂に会した。そしてパーティーの後で、一人の人物がヒ素により死亡してしまう。

自分はまずこの殺された人物すら意外でした。パーティーの参加者全員がロブスターパイを一口食べ、味がおかしいと言ってそれ以上食べなかったのですが、唯一おいしいと言って食べ過ぎた人物が死ぬ、という状況。その人物はなぜ味に疑問を持たずにパイを食べたのか、というのがまず発端となります。
この理由は、まぁそれしかないなという当然の答えなのですが、別のある人物の発言により事件の複雑さが一気に増してから面白くなるのです。自己中心的な登場人物たちの間を視点が頻繁に行き来し、お互いの思惑が次々と明かされる(ただし地の分ではなく、発言で、というのが上手い)ことで、複数の動機が提示されていきます。個人的にはファニーのイヤ~なキャラ造形が何とも……女性作家はこのへん強い……。

そして登場人物たちが好き勝手に(というかヒステリックに思い込んで)誰かを殺人犯だと名指しし、それを聞いた別の人物がいやきっとあいつが犯人だと名指しし、と次々と思いつき推理を示していく推理リレーが非常に個性的ですし、また巧みです。これによって最終的に探偵役すら曖昧になり、真犯人の意外性にもつながっています。
もうこれ全員怪しいじゃん、となったあげく、ある人物がようやく真相を提示するのですが、そこまでの過程がまた作りこみまくっているんですとね。ちょっとくどいというかしつこいのですが、それがまたとっても楽しく読めました。動機の引っ張り出し方なんかは古典本格らしくて好み。

『自殺の殺人』もそうですが、フェラーズは事件や過程や終盤をめちゃくちゃこねくり回しても、それを最終的にストレートに上手く解き明かし、説明できる作家なんでしょうね。綺麗にはまるとすごく面白いんです。トビー&ジョージシリーズのユーモラスなフェラーズしか知らない人には、最適のノンシリーズ作品ではないでしょうか。
なお、横井司氏による解説がフェラーズの作風についてめっちゃ詳しいので勉強になります。『私が見たと蠅は言う』の翻訳にまつわる話とか。


原 題:Enough to Kill a Horse(1955)
書 名:カクテルパーティー
著 者:エリザベス・フェラーズ Elizabeth Ferrars
訳 者:友田葉子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 165
出版年:2016.02.29 初版

評価★★★★☆

『自殺の殺人』エリザベス・フェラーズ - 2012.05.07 Mon

自殺の殺人
『自殺の殺人』エリザベス・フェラーズ(創元推理文庫)

嵐の夜、ジョアンナの父が身投げを図った。偶然通りかかった青年たちに取り押さえられ、その場は事なきを得たものの、彼は一切動機を語らぬまま、翌朝、秘蔵の拳銃によってこの世を去った。突然の父の死に思い悩む娘に対し、警察は他殺の可能性があることを告げる。彼女は妄想のように脳裏を離れぬ疑惑に苦しみ、前夜父を助けてくれた青年、トビー・ダイクに助けを求めた。はたして、これは自殺に見せかけた他殺なのか、それとも、その反対なのか?真相を巡って推理は二転三転する。英国の巨匠エリザベス・フェラーズの傑作本格ミステリ第二弾。(本書あらすじより)

第二弾というのは紹介順で、シリーズとしては第三作にあたります。
いやしかし、『猿来たりなば』も面白かったですが、これはそれ以上ですね。非常に出来のいい本格ミステリだと思います。ちなみにユーモア度合いはそんなに高くありません。

終始、果たして自殺か、それとも他殺か、ということが問題となります。これ自体は割とあるネタなんですが、前日の自殺未遂(この状況もうさんくさい)、被害者(?)の当日の曖昧な行動、関係者の偽証に次ぐ偽証、などの要素を極めてバランス良く配置することで、真相がとてもつかみにくいものとなっています。これが実に上手いんですよ。あくまで問題はシンプルでありながら、ひねくり回して長編に出来るくらいの手掛かりを置くことに成功しています。

そして最後の真相の提示の仕方がまた上手いんですよねぇ。この手のミステリって結構型が決まっていて、「実は殺人でした」→「実は自殺でした」→……の無限ループによって二転三転させていくため、だんだんひっくり返しに驚けなくなってしまう、という問題があります。ところが作者は、まぁ何と言うか、調度良いところにクッションを置いたわけですよ。そのおかげか、素直にラスト驚くことが出来ました。というか、このシリーズを読んだことあるんだから、どんでん返しに気付けても良さそうなものなのに(笑)

というわけで、オススメです。古き良き英国本格ミステリの一品。ちなみに英国新本格世代ということもあり、黄金時代の作家とはやはり明らかに何か違いを感じるのですが、上手く言語化出来ません。今後の課題と言うことで。

書 名:自殺の殺人(1941)
著 者:エリザベス・フェラーズ
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mフ-13-2
出版年:1998.12.25 初版
    2000.9.8 3版

評価★★★★☆

『猿来たりなば』エリザベス・フェラーズ - 2010.08.20 Fri

『猿来たりなば』エリザベス・フェラーズ(創元推理文庫)
猿来たりなば

ゆるやかな丘の広がるダウンズ地方の片田舎、イースト・リート。異邦人からの助けを求める手紙に応え、連続誘拐未遂事件を解決するため、トビーとジョージはロンドンから遠く離れたこの地まで遠路はるばるやってきたのだ。だが、想像以上の寒村で彼らが出くわしたのは、前代未聞の誘拐殺害事件であった。たしかに、嫉妬に遺産に保険金と、動機にも容疑者にも困らない状況なのだが、誘拐されて死体となって見つかったのは、なんと、チンパンジーだったのだ!英国ミステリを代表する作家の一人、エリザべス・フェラーズ初期の傑作本格ミステリ。(本書あらすじより)


レビュー書くの一ヶ月ぶりやな……。
初フェラーズです。こういう本を紹介してくれる創元推理文庫はやっぱり素晴らしいですね。訳(中村有希さん)とタイトルがまたおしゃれでいいんだよね。

一応紹介しておくと、エリザベス・フェラーズはイギリス黄金時代末期(1940年)に登場したイギリスミステリ界ボス級キャラの一人。であるにも関わらず紹介がありえないほど遅れている、というのが定番のご説明。
1998年に本書が訳されるまではポケミスから2冊のみであり、現在はもう少し紹介が進んでいます(創元から6冊と別の所から1冊)。


本書のメインは「チンパンジー殺人事件」なわけですが、かなーりきっちりした本格物です。なぜチンパンジーが殺されたのか?というバカバカしいネタではありますが、別にユーモアミステリなわけではありません。いたってちゃんとした、いかにもイギリス的な、かなりの水準の本格物です。

登場人物というのがまためんどくさい人ばっかりなんですが、くどすぎない味付けで、いやなやつばっかりなのに好感が持てます。キャラ配置的に特に良かったのは牧師さんでしょうか。


最後のトビーの解決シーンは、非常に分かりやすく的確で良かったですね。チンパンジーがなぜ殺されたのか……うぅむ、散々ヒントがあったのに気付かなかった自分が悲しすぎる。ある人物の行動を犯人である理由の一つとしていまして、個人的にはここに一番うならされました。伏線は十分過ぎるほどありますが、その隠し方がなかなかのもんです。最後の罠、まさにコロンボですが、これもまた良いですね。だからといって殺したのが誰かはまだ決まらない気がしないでもないですが。

なんにも気付かなかった自分ですが、ある人物の行動は分かってしまいました。○○が○○されていなかった理由とか、ということは○○の○○○が実はあの人なんじゃないかな、とか。じゃあなぜ真相が分からなかったんだろう(笑)


このトビー&ジョージのシリーズは本格時代への一種のパスティーシュの面があるといいます。語り手のトビーはいわゆる"迷"探偵の部類であり、散々外した推理をしますが、表立って調査をしたり真相を語ったりするのはもっぱら彼の役目です。一方、裏主役とも言える目立ちたがらないジョージが実はかなりの切れ者で、実質的に謎を解くのは彼の仕事です。この両者の関係がなかなか面白いですね。語り手がワトソンだと考えると、ある意味原点にかえっているとも言えるわけですが。ジョージみたいなキャラは大好きです。


というわけで、高水準の傑作でした。本格好きには結構オススメです。


書 名:猿来たりなば(1942)
著 者:エリザベス・フェラーズ
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mフ-13 1
出版年:1998.9.25 初版

評価★★★★☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
クリスティ、デクスター、グライムズ、ディヴァインが好きな、ヨッシーことTYこと吉井富房を名乗る遅読の新社会人が、日々読み散らかした海外ミステリ(古典と現代が半々くらい)を紹介する趣味のブログです。ブログ開始から7年になりました。ちなみにブログ名は、某テンドーのカラフル怪獣とは全く関係ありません。
来て下さった方々が、コメントを残して下さると、管理人が大変喜びます。広告のコメントは、削除することがあります。
このサイトはリンクフリーですが、一言声かけてくれると嬉しいです。
Twitter(@yossi3110)

リンク

このブログをリンクに追加する

読書メーター

ヨッシーさんの読書メーター ヨッシーの最近読んだ本

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (521)
ア行 (110)
アヴリーヌ,クロード (1)
アシモフ,アイザック (4)
アシャット,フェデリコ (1)
アダム,ポール (1)
アーチャー,ジェフリー (1)
アップデール,エレナー (2)
アップフィールド,アーサー (2)
アデア,ギルバート (1)
A・D・G (1)
アトキンソン,ケイト (1)
アフォード,マックス (1)
アームストロング,シャーロット (2)
アリンガム,マージェリー (4)
アルレー,カトリーヌ (1)
アンズワース,キャシー (1)
アンダースン,ウィリアム・C (1)
アンダースン,ジェームズ (1)
アントニイ,ピーター (1)
アンプエロ,ロベルト (1)
イェルハルドセン,カーリン (1)
イジー,ユージン (1)
イネス,マイクル (2)
インゲルマン=スンドベリ,カタリーナ (1)
インドリダソン,アーナルデュル (2)
ヴァルガス,フレッド (4)
ヴァン・ダイン,S・S (2)
ヴァンス,ジャック (1)
ウィアー,アンディ (1)
ヴィカーズ,ロイ (3)
ウイバーリー,レナード (3)
ウィルフォード,チャールズ (1)
ウィングフィールド,R・D (6)
ウィンズロウ,ドン (1)
ウィンタース,ベン・H (3)
ウェイン,エリザベス (1)
ウェストレイク,ドナルド・E(コウ,タッカー、スターク,リチャード) (5)
ウォーカー,マーティン (3)
ウォーターズ,サラ (2)
ヴォートラン,ジャン (2)
ウォルターズ,ミネット (1)
ウォーレス,エドガー (1)
ウッドハウス,P・G (1)
ウールリッチ,コーネル(アイリッシュ,ウィリアム) (7)
エアード,キャサリン (2)
エクストレム,ヤーン (1)
エクスブライヤ,シャルル (4)
エーコ,ウンベルト (1)
エリザーロフ,ミハイル (1)
エリン,スタンリイ (3)
エール,ジャン=マルセル (1)
エルキンズ,アーロン (6)
エルロイ,ジェイムズ (1)
オコンネル,キャロル (1)
オーツ,ジョイス・キャロル (1)
オベール,ブリジット (1)
オリオール,ローレンス (1)
オルツィ,バロネス (3)
カ行 (153)
カー,ジョン・ディクスン(ディクスン,カーター) (14)
カサック,フレッド (2)
カーター,M・J (1)
カッリージ,ドナート (2)
ガードナー,E・S(フェア,A・A) (5)
カーマイケル,ハリー (2)
カミ (4)
カミング,チャールズ (1)
カリー・ジュニア,ロン (1)
カーリイ,ジャック (3)
キース,エリック (1)
キーティング,H・R・F (1)
キャヴァナー,スティーヴ (1)
ギャレット,ランドル (1)
キーラー,ハリー・スティーヴン (1)
ギルバース,ハラルト (2)
キング,スティーヴン (1)
キング,ルーファス (1)
クイーン,エラリー (14)
クェンティン,パトリック (7)
クック,トマス・H (3)
クッチャー,フォルカー (3)
グライムズ,マーサ (15)
クラウチ,ブレイク (3)
クラトフヴィル,イジー (1)
クリーヴス,アン (6)
グリシャム,ジョン (1)
クリスティ,アガサ (2)
クリスピン,エドマンド (3)
グリーニー,マーク (2)
グリーン,アラン (1)
クルーガー,ウィリアム・ケント (1)
グルーバー,アンドレアス (4)
グルーバー,フランク (1)
クレイス,ロバート (3)
クロフツ,F・W (4)
グロラー,バルドゥイン (1)
クーンツ,ディーン・R (1)
ケアリー,エドワード (2)
ケストナー,エーリヒ (1)
ケメルマン,ハリイ (3)
ケリー,ジム (4)
ケンリック,トニー (2)
胡傑 (1)
ゴズリング,ポーラ (5)
コッタリル,コリン (1)
コードウェル,サラ (4)
ゴードン,デイヴィッド (1)
コニイ、マイクル (2)
コマストリ=モンタナーリ,ダニーラ (1)
コメール,エルヴェ (2)
コリータ,マイクル (1)
コリンズ,ウイルキー (1)
コール,G・D・H・&M (1)
コレット,サンドリーヌ (1)
サ行 (56)
サフォン,カルロス・ルイス (3)
ザングウィル,イズレイル (1)
ジェイミスン,ハンナ (1)
シェパード,ロイド (1)
シエラ,ハビエル (1)
シニアック,ピエール (1)
シムノン,ジョルジュ (14)
ジャックマール&セネカル (1)
ジャプリゾ,セバスチアン (1)
シューヴァル,マイ&ヴァールー,ペール (1)
シール,M・P (1)
水天一色 (1)
スコット,J・M (1)
スタウト,レックス (5)
スタージョン,シオドア (1)
スチュアート,メアリー (0)
スティーヴンス,ロビン (1)
ステーマン,S=A (3)
スパーク,ミュリエル (1)
スペンサー,ロス・H (2)
スミス,シェイマス (1)
スミス,チャールズ・メリル (1)
スラデック,ジョン (1)
スローン,ロビン (1)
セイヤーズ,ドロシー・L (8)
セシル,ヘンリイ (1)
ソアレス,J (1)
ソウヤー,ロバート・J (1)
タ行 (72)
タイボ二世,パコ・イグナシオ (1)
ダグラス,キャロル・ネルソン (1)
ダール,フレデリック (1)
チェスタトン,G・K (1)
チャンドラー,レイモンド (1)
陳浩基 (1)
デ・ハートック,ヤン (1)
デ・ミュリエル,オスカル (1)
デアンドリア,ウィリアム・L (1)
テイ,ジョセフィン (3)
ディーヴァー,ジェフリー (2)
ディヴァイン,D・M (10)
デイヴィス,L・P (1)
ディキンスン,ピーター (2)
ディケール,ジョエル (1)
ディケンズ,チャールズ (7)
ディッシュ,トーマス・M (1)
ディドロ,フランシス (1)
デイリー,エリザベス (1)
テオリン,ヨハン (3)
デクスター,コリン (12)
デュレンマット,フリードリヒ (1)
テラン,ボストン (2)
ドイッチ,リチャード (1)
トゥロー,スコット (2)
ドッヂ,デヴィッド (1)
トーマス,ロス (1)
トムスン,ジューン (1)
ドラモンド,ローリー・リン (1)
トレヴェニアン (3)
トンプスン,ジム (3)
トンプソン,ジェイムズ (3)
ナ行 (8)
ナイト,アランナ (2)
ニーリィ,リチャード (1)
ネイハム,ルシアン (1)
ネスボ,ジョー (2)
ノックス,ロナルド・A (2)
ハ行 (167)
ハイスミス,パトリシア (1)
ハインズ,ジョアンナ (1)
ハーカウェイ,ニック (1)
バークリー,アントニイ(アイルズ,フランシス) (6)
バグリイ,デズモンド (1)
バークレイ,リンウッド (1)
バージェス,アントニイ (1)
バゼル,ジョシュ (1)
バー=ゾウハー,マイケル (1)
バトラー,エリス・パーカー (1)
ハナ,ソフィー (2)
バーナード,ロバート (3)
バーニー,ルー (1)
バニスター,ジョー (1)
ハーパー,ジェイン (1)
パーマー,スチュアート (1)
ハミルトン,エドモンド (1)
ハミルトン,スティーヴ (1)
ハメット,ダシール (2)
パラニューク,チャック (1)
バランタイン,リサ (1)
ハリス,トマス (1)
バリンジャー,ビル・S (3)
パレツキー,サラ (1)
ハンター,スティーヴン (2)
ビガーズ,E・D (4)
ピカード,ナンシー (1)
ピース,デイヴィッド (1)
ピーターズ,エリス (2)
ビッスン,テリー (2)
ビネ,ローラン (1)
ビバリー,ビル (1)
ヒラーマン,トニイ (2)
ピリンチ,アキフ (1)
ヒル,トニ (2)
ヒル,レジナルド (3)
フィツェック,セバスチャン (1)
フィックリング,G・G (2)
フィッシュ,ロバート・L (4)
フィッチュー,ビル (1)
フィニイ,ジャック (4)
フィルポッツ,イーデン (2)
フェイ,リンジー (1)
フェラーズ,エリザベス (5)
フェルナンデス,ドミニク (1)
フォーサイス,フレデリック (1)
フォン・シーラッハ,フェルディナント (6)
プライヤー,マーク (1)
ブラウン,カーター (6)
ブラウン,フレドリック (1)
ブラックバーン,ジョン (1)
ブラッティ,ウィリアム・ピーター (1)
ブラッドリー,アラン (1)
ブラッドン,ラッセル (1)
フラナガン,トマス (1)
フランシス,ディック (1)
ブランド,クリスチアナ (5)
プリースト,クリストファー (1)
フリードマン,ダニエル (2)
フリーマントル,ブライアン (1)
フリーリング,ニコラス (1)
フリン,ギリアン (1)
ブルース,レオ (4)
ブルックマイア,クリストファー (1)
ブレイク,ニコラス (2)
ブレット,サイモン (1)
フレミング,イアン (2)
ブロック,ローレンス (2)
ヘアー,シリル (2)
ヘイズ,サマンサ (1)
ヘイダー,モー (1)
ベイヤー,ウィリアム (1)
ヘイヤー,ジョージェット (3)
ベイリー,バリントン・J (1)
ベイリー,H・C (1)
ペニー,ルイーズ (1)
ベリー,ジュリー (1)
ペリッシノット,アレッサンドロ (1)
ペルッツ,レオ (1)
ヘロン,ミック (2)
ベントリー,E・C (1)
ポー,エドガー・アラン (2)
ホーガン,ジェイムズ・P (1)
ポースト,M・D (1)
ポーター,ジョイス (6)
ホック,エドワード・D (4)
ホッケンスミス,スティーヴ (2)
ポツナンスキ,ウルズラ (1)
ホッブズ,ロジャー (1)
ホーリー,ノア (1)
ホワイト,ハル (1)
ボワロ&ナルスジャック (5)
ボンド,マイケル (2)
ボンフィリオリ,キリル (1)
マ行 (53)
マガー,パット (1)
マーカム,ヴァージル (1)
マカルパイン,ゴードン (1)
マーカンド,ジョン・P (1)
マクダニエル,デイヴィッド (1)
マクドナルド,ジョン・D (2)
マクドナルド,フィリップ (2)
マクドナルド,ロス (2)
マグナソン,アンドリ・S (1)
マクベイン,エド (2)
マクリーン,アリステア (3)
マクロイ,ヘレン (5)
マコーマック,エリック (1)
マゴーン,ジル (1)
マシスン,リチャード (1)
マシューズ,ハリー (1)
マッギヴァーン,ウィリアム・P (1)
マリック,J・J (1)
マルティネス,ギジェルモ (2)
マン,アントニー (1)
マンシェット,J・P (1)
ミエヴィル,チャイナ (1)
寵物先生(ミスター・ペッツ) (1)
ミラー,デレク・B (1)
ミラー,マーガレット (2)
ミルン,A・A (1)
ムーア,グレアム (1)
メースン,A・E・W (1)
メルヴィル,ジェイムズ (1)
メルドラム,クリスティーナ (1)
メロ,パトリーシア (1)
モイーズ,パトリシア (3)
モートン,ケイト (3)
モール,ウィリアム (1)
モロー,ブラッドフォード (1)
モンテイエ,ユベール (2)
ヤ行 (2)
ヤッフェ,ジェイムズ (1)
ヨナソン,ヨナス (1)
ラ行 (67)
ライアル,ギャビン (1)
ライス,クレイグ (3)
ライバー,フリッツ (1)
ラヴェット,チャーリー (1)
ラヴゼイ,ピーター (3)
ラックマン,トム (1)
ランキン,イアン (1)
リック,フランシス (1)
リッチー,ジャック (5)
リーミイ,トム (1)
リューイン,マイクル・Z (5)
リュウ,ケン (2)
劉震雲 (1)
リール,エーネ (0)
ル・カレ,ジョン (1)
ルヴェル,モーリス (1)
ルブラン,ミッシェル (2)
ルブラン,モーリス (2)
ルヘイン,デニス (4)
ルーボー,ジャック (2)
ルメートル,ピエール (3)
ルルー,ガストン (2)
ルーレ,ドミニック (1)
レーダー,ベン (1)
レドモンド,パトリック (2)
レドンド,ドロレス (1)
レピラ,イバン (1)
レム,スタニスワフ (1)
レルネット=ホレーニア,アレクサンダー (1)
レンデル,ルース (2)
ロウ,ジェニファー (1)
ローガン,シャーロット (1)
ローザン,S・J (6)
ロジャーズ,ジョエル・タウンズリー (1)
ロスコー,セオドア (1)
ロースン,クレイトン (1)
ロード,ジョン (0)
ロボサム,マイケル (1)
ロラック,E・C・R (1)
ロング,アメリア・レイノルズ (1)
ワ行 (3)
ワイルド,パーシヴァル (1)
ワトスン,コリン (2)
海外合作他 (3)
その他海外 (9)
国内ミステリ (69)
その他国内 (15)
アンソロジー (6)
ファンタジー (1)
今年のベスト10 (9)
その他 (6)
社会1○○○○ (4)

ピープルカウンター