懐かしい殺人
『懐かしい殺人』ロバート・L・フィッシュ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

英国ミステリ界作家クラブの創立者である三人の老作家の経済状態は、まさに逼迫していた。原稿の依頼もなく、ただ世に容れられぬ不遇を嘆くだけ……そこで協議の結果考え出されたのが殺人請負業《殺人同盟》の結成だった。彼らの本領である伝統的な殺しのテクニックを駆使し、商売はそれこそ順風満帆だった。しかし、遂に彼らは失敗を犯してしまった! 困り果てた老紳士たちは、英国法曹界きっての弁護士パーシヴァル卿に相談を持ちかけたのだが……。多才な著者が、その名人芸を遺憾なく発揮した、ウィットとユーモアに溢れる傑作。(本書あらすじより)

フィッシュ、これまでシュロック・ホームズシリーズや密輸人ケックシリーズを読んできましたが、今回読んだ〈殺人同盟〉シリーズが一番おすすめしやすいと思います。もー超面白かったです。ミステリ好きが読めば間違いなく最初から最後まで笑えるでしょう。
老ミステリ作家3人衆が〈殺人同盟〉を結成する、という導入部分が既にめちゃ楽しい上に、法廷ミステリとしても満足の出来栄えで、オチまでしっかりしていて実に気持ちがいいです。シュロック・ホームズ読んでみたけどなんか英語のダジャレとかわけわかんないし……なんて方、そんなものいいからこっちを読むのです。

英国ミステリ作家クラブを立ち上げた老ミステリ作家3人は、いまやすっかり時代遅れで、何年も作品を発表していない。しかし彼らが求めるのは奇抜ではない伝統的なミステリなのだ。でもお金は欲しい。そこで彼らは〈殺人同盟〉を結成し、依頼に基づき自ら考えたトリックで完全殺人を成し遂げることで、荒稼ぎを目指すのだが……。

という発端からしてもう楽しいじゃないですか。英国ミステリ作家クラブとかいう危険なネーミングとか、黄金時代を支えたであろう老いぼれミステリ作家とか誰を想定しているのやら。そして主として金のために彼らはどかどか人を殺していくわけですよ、かなりのハイペースで。ざっくり言うと10人くらい。良心の呵責もなく。
そのうちとある問題が発生したせいで、彼らは英国一の敏腕弁護士パーシヴァル卿(このシリーズの第4のレギュラーキャラクター)に依頼し、苦境から脱しようとするのですが……。ここらへんの皮肉でブラックな展開はバークリーっぽいかもしれません。ギリギリな状態から見事逆転させる法廷劇がかなりしっかりしていて、見応え十分、素晴らしい。

最後はまさかの大団円で、いや実に良く出来ていたなぁと感心してしまいました(コン・ゲーム的な話も、フィッシュは上手いですよね)。適度なユーモアと、ミステリ通にはたまらないであろう展開、殺る気満々のジジイ達のキャラクター、とどれを取っても楽しい一作。これはぜひおすすめです。

原 題:The Murder League(1968)
書 名:懐かしい殺人
著 者:ロバート・L・フィッシュ Robert L. Fish
訳 者:菊池光
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 42-2
出版年:1977.10.15 1刷
     1981.09.15 2刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
シュロック・ホームズの回想
『シュロック・ホームズの回想』ロバート・L・フィッシュ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

前作『冒険』中の事件を知る読者諸賢にはすでにご存知のことであろう。シュロック・ホームズはもういない! あの恐るべき絶壁から宿敵マーティ教授の後を追うかのように転落していったホームズに、どんな奇跡が残されていたというのか。だが、それは起ったのだ。悲嘆にくれるワトニイ博士の前に、バイオリンを奏でるホームズが立っていたのである! 颯爽と甦った叡知の人が名豚失踪にからむ不可思議な謎を解き明かす上記「シュロック・ホームズの復活」をはじめ、滑稽かつ機知に富む冒険の数々を収めた、シャーロキアン垂涎のパロディ短篇集。(本書あらすじより)

この間『シュロック・ホームズの冒険』がなんと復刊されるという驚きの事態になりました。自分もおすすめしておきます。特に前半の短編はアイデアのばかばかしさが素晴らしいです。ホームズのパロディの最高峰と言われるのもけだし当然でありましょう。
というわけで、せっかくなので積んでいた『シュロック・ホームズの回想』も読んでみることにしました。シュロック・ホームズ物は基本的に、まず事件らしきものが起き、ホームズがそれに乗り出し、とんでも論理で真相を導き出し解決するんですが、実は本当の真相には全くホームズは気付いていなく……というのがテンプレとなっています。加えてしょうもないギャグが挿入されたり。英語の掛詞なんかもふんだんに用いられているので、そこらへんは日本人にはかなり厳しいのですが、それでも十分に楽しめます。
で、この第二短編集ですが、第一短編集以上にくだらない、本当にただのおバカなパロディになってますね。全体的なクオリティは圧倒的に劣っちゃったなぁ。真相の読みづらさも今回はほとんどなし。全体的に暗号物に頼りすぎです。ただ、ホームズ周りのレギュラー人物が多彩になっているのは良いですね。レストレード警部もどきとかアイリーン・アドラーもどきとか。
ベストは「大トレイン盗難事件」、次点が「ホイッスラーの母蒸発事件」。いずれもホームズの旧友なるフランス人探偵デュパンが登場する話です。
以下、個別に感想を簡単に。

「シュロック・ホームズの復活」(1964)
モナコの崖の上でマーティ教授と死闘を繰り広げ、うっかり落っこちたホームズが復活!(棒読み)
……しかしこれ、あの人も死んでないですね? 事件は「空き家の冒険」……ではなく、消えた豚を探すというもので、まぁ安定の展開です。豚探しは「名馬シルバー・ブレイズ号」を、地所の中にジプシーが住んでいるというのは「まだらの紐」を思い起こさせます。

「むこうみずな相場師」(1965)
金融業者の飛び降り事件をクリスクロフトが依頼しにきます。
1929年の事件……というわけでした。暗号のこじつけ的な解決がすごくシュロック・ホームズっぽいです。

「寡婦のタバコ」(1966)
煙草屋を営む中国人女性が、最近若い店員を雇ったら、彼の作る煙草はバカ売れなのだが素行の悪い若者が店で暴れるようになった、と依頼してきます。
「赤毛連盟」っぽい要素も。窓から依頼人を見つけたホームズの推理が面白いですね。『回想』は真相を最初から読者に明かしてしまうパターンが多いのでしょうか。

「アルスター切手の謎」(1967)
兄クリスクロフトが、英国のクラブに対して外国から仕掛けられている陰謀の解決を依頼してきます。
例によって暗号をホームズが複雑に解き、真相はどこへやら……と思いきや、今回は暗号が二段構えで面白いですね。偶然なのか、ホームズが当たっていたのか……。

「スリークォーターズ紛失事件」(1967)
え、またクリスクロフトの依頼なの?
ついにクリスクロフトだけでなくワトニイもいい加減な性格であることが判明。患者ほったらかして事件に向かいます。服飾がテーマで、ホームズが時代を変えるくだりが楽しいです。今回も表の真相は見えやすいかなー。

「ホイッスラーの母蒸発事件」(1968)
ホームズの旧知の間柄であるフランス人デュパンがホームズに依頼をしに来ました。ルーヴルからホイッスラーの「母」が盗まれたというのです。しかしホームズはその説明からとんでもない説明を引き出し……。
全く美術館とは関係ない推理から(そもそも絵の話だとホームズ分かってない)事件を紐解き、しかもちゃんと絵の盗難事件を解決してしまうホームズさんやばいです。おまけにシュロックさん、デュパンの41年(ただし1941年)の煙突の事件の解決にも協力していたんですか……。

「すごいぞ、ホームズ!」私は叫んで、彼の義侠心と鉄壁の論理の両方にたいし、拍手せずにはいられなかった。あいにくだったのは、このとき私が両手にグラスと酒壜とを持っていたことだ。私が面目なげに急いで残骸をかたづけにかかっているうちに、ホームズは適当な衣服に着替えるために自室にひっこんだ。

相変わらずシュロックの相棒ワトニイは知性レベルが低い……。

「領主館のホットドッグ」(1970)
ホームズに敵対的なバラストレイド警部登場。
ホームズ含めこの世界のイギリス人は1968年になってもアメリカを植民地だと考えているらしいですね。毒殺事件の真相をかなり論理的に暴いているのに感心。裏の真相が今回は上手く出来ています。

「ブライアリ・スクールの怪事件」(1973)
修学旅行中の学生の間で飛び交っていた「LSD」云々なる暗号の意味とは。
安定の暗号物。ホームズの与えた解決策がある意味功を奏したと言えるような。ただ、ちょっとワンパターンに過ぎるかなー。暗号物が多過ぎますね、この短編集。

「二輪馬車の身代金事件」(1973)
二輪馬車が盗まれ、またしてもマーティ教授の影を嗅ぎ取ったホームズは、マーティ教授に忠告をします。
誤字だらけの暗号に取り組む片手間に、事件を鮮やかに解決。マーティ教授はさぞやホームズに感謝していることでしょうが、まぁ内容的には普通。

「大トレイン盗難事件」(1974)
トレイン卿が襲われたという目撃情報。屋敷に向かったホームズはミス・アイリーン・アドルネと出会います。
本書ベスト、これはかなり面白いです。雪の中の足跡2人組を2人が追いかけるとか(なんてベタなんだ)、アドルネの登場とか、デュパンからの小包とか、あちこちに小技が効いています。

「ブラック、ピーター事件」(1974)
ピーター・ブラックが持っていた暗号で書かれた電報の意味とは。
久々に、最後まで電報の真の意味が分からないタイプ。とはいえ、真相の面白味に欠けます。バラストレイド警部の名前が今度はレストライド警部になってるんだけど何ででしょう。そういやこの短編集、ハドソン夫人の名前も安定していないような……。

書 名:シュロック・ホームズの回想(1974)
著 者:ロバート・L・フィッシュ
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 42-4
出版年:1979.05.31 1刷
     1981.05.15 2刷

評価★★★☆☆
密輸人ケックの華麗な手口
『密輸人ケックの華麗な手口』ロバート・L・フィッシュ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ムシュー・ハウゲンス!――焼けつくような九月のパリ、名高い密輸人ケックを認めた税関吏の眼はつり上っている。今日のケックはいたって軽装だ。今度こそシッポをつかまえようと、税関吏の慣れた指が持ちものをばらし、身体検査を始めた。数時間後、失望と怒りで顔を朱に染めた税関吏を尻目に、ケックは足取りも軽くさっそく一万ドルの報酬を受け取りに……厳重な取締りを逃れた彼はいかにして密輸したのか?――上記の「バッハを盗め」はじめ、見事に心理の盲点を突いた、密輸人ケックの巧妙華麗な手口をユーモラスに描く傑作短篇集!(本書あらすじより)

何かユーモアタッチの軽めの短編集を読みたいな、と思ったのでした。すわ、フィッシュの出番であります。
ちなみにこの本は、ブログ『探偵小説三昧』さんで紹介されていたので気になっていたもの。祐天寺かどっかで買ったんですけどね、たしか。

フィッシュと言えばシュロック・ホームズでしょうが、こちらは税関をすり抜けるために華麗な手口を用いるケックの活躍を集めた短編集。どうやって税関を騙すのか、というホワイダニットだけでなく、さらにもう一ひねりが加えられているため、読んでいて予想外の角度から足をすくわれ非常に面白かったです。
言うなればあれです、怪盗ニックの上位互換です(おいこらホックさんに謝れ)。大量生産型のホックと比べるのもかわいそうかな、とは思いますが。良短編集だと思うし、もっと読まれてもいいんじゃないかと思う……のですけど、早川さんは復刊しないので残りにくそうですね、うぅっ、残念だぜ。
ベストは「名誉の問題」、次点が「一万対一の賭け」ということで。

ところで、献辞がフィッシュらしくホームズネタなのですが、これがまた上手いから、ちょっと引用してみますね。
『アーノルド・カッツ博士――「辛抱づよい医学実習生(ペイシェント・レジデント)」
フィリス、妻ほか――「ギリシャ語通訳」
そして ポール、サラ、エイミイ、ローラ――「三人の学生」 に愛をこめて本書を捧げる』

ちなみに本書は、1964年から1974年にかけて雑誌掲載された6編に、単行本として出版する際書き下ろされた2編を加えたもの……だと思うのですが、間違っているような気もします。
以下個別の感想を。


「ふりだしに戻る(Merry Go Round)」(1964?)
100万ドルの仕事を引き受けたのに、なぜか落ちぶれた様子のケック。その真相は……。
ラストでいきなり斜め上から引っ掛けてくるのが上手いです。まだ読者がパターンを掴めていないというのもあるかな。タイトル「Merry Go Round」ってこれ「Marry」とかけてる?

「一万対一の賭け(The Wager)」(1973)
ケック、彫刻を密輸する。
これは笑えます。落とし所の絶妙さがすごい。ハウダニットの手法自体もなかなか上手く出来ていて、自分でもやれそうと思わされるんだけど、そのあとこうくるからなぁ。フィッシュらしい洒落た短編。

「名誉の問題(A Matter of Honor)」
ケック、絵を密輸する。
プロの密輸人としてのケックの仕事ぶりが堪能出来る一編。ハウダニット面が心理的な駆け引きを利用した非常に凝って優れたものであり、なおかつ業界の中でうまく立ち回るケックの魅力が描かれます。畳み掛けるどんでん返しがお見事。傑作かな。

「カウンターの知恵(Counter Intelligence)」(1965)
ケック、万引きを解決する。
こうやってバリエーション豊かなところも本書の魅力の一つ。なかなか盲点をついたフェアなミステリ短編。というかこれ、日常の謎っぽいですね(万引きだけど)。探偵っぽさを発揮しつつ何だかんだ金をせしめていくケックは、ジム・バーネットことルパンを思わせます。

「コレクター(The Collector)」
突然慈善事業を始めたケック、その真意は?
ケックの手法自体は鮮やかだけど、そのやり方がいまいち馴染みがなかったせいでややピンと来なかったかも。こんなの続けてたらバレないんですかね。

「バッハを盗め(Sweet Music)」
見るからに胡散臭いチョコレート菓子を持って税関を抜けようとするケックだが……。
盗む物がラストに示されるため、途中で形状が分からず、ハウ面での意外性演出に失敗しています。型を崩してみたもののやや上手くいかなかったかな、という感じ。

「ホフマンの細密画(The Hochmann Miniatures)」(1966)
空港でやや窮地に陥っているらしいケックだが……。
最終話にふさわしい一編。ケックが宿敵(?)を相手にこれでもかと立ち回る話で、それ自体はまぁどうということのない話なのですが、伏線とダブルハウダニットと含みのある終わり方でなかなか味のある作品。良作。

書 名:密輸人ケックの華麗な手口(1976)
著 者:ロバート・L・フィッシュ
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 42-5
出版年:1980.10.31 1刷

評価★★★★☆
シュロック・ホームズの冒険
『シュロック・ホームズの冒険』ロバート・L・フィッシュ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

シャーロック・ホームズのパロディは数あれど、その中でも屈指の評判を誇るのがこの「シュロック・ホームズ」シリーズです。長年読みたかったんですよ。いやはや面白かったです。傑作小ネタ集ですね。

毎作ホームズは独自の解釈でキッチリ謎を解きます。そして誰もそれに突っ込まない(なんか幸せそうな主人公だよね)くせに、実は毎回水面下で犯罪事件が進行しており、読者だけがそれに気付くわけです。文字通り話を読んじゃダメなのよ。毎回自分でオチをちゃんと考えることです。

なかなか英語ネタが難しいのもあるため、一話読むごとに解説を読むのがオススメです。他の短編集もいつか読んでみたいねぇ。ちなみにこれ、クイーンの定員なんだそうです。信じられん……(褒めてます)。

以下感想。いくらかネタバレ込みの補足説明を加えています。


「アスコット・タイ事件」

叔父宛ての電報の謎の文章を解いてもらいに若い娘が訪れる事件。
一話目から絶好調。「アスコット・タイ」の裏の意味は、もちろん「ネクタイ」、電報が見付かった場所のことでしょうか。馬車の御者の使い方が絶妙すぎ(笑)
叔父さんの正体は……電報にある通りです。解説に単語の意味があります。


「赤毛の巨人」

ホームズの元を訪れた競馬の賭け屋は、あるビラのせいで迷惑を被っていた。ホームズはこの事件で、宿敵(?)マーティ教授と対峙することに……。

あまりに脳天気な依頼人かバカすぎます(ホームズもだけどさ)。消火器の下りは、原典のホームズ最初の短編を知っているなら必ず笑えます。マーティ教授は、実際かなりの犯罪人なんですよねぇ……。
「裏」が割合分かりやすいため、読みやすい話となっています。良く出来てますね。


「アダム爆弾の怪」

ホームズが死んだという電報が、ロンドンを離れていたワトニイのもとに。実は、フレデリック・アダムという爆弾犯を捕まえるための計画だったのだが……。

兄のクリスクロフト登場。この作品から、舞台設定が1950年代だというのがキーになってきます。馬車ってホントにこの頃も走ってたんだろうか……。かなりジョークのきつい一話。わたしゃこの話以降、ホームズが悪い奴にしか見えなくなりました(笑)
Adam Bombとは、例の方程式から分かるとおり、ある爆弾をかけています。dじゃなくてtなんですよ。


「黒眼鏡の楽団」

依頼人曰く、貸した倉庫で、爆音を出す怪しげな楽器を演奏する、黒眼鏡にオーバーオールの連中がいるらしい。ホームズ、マーティ教授と二度目の対立をする。

誰がどう読んでも教授たちの演奏する楽器は一目瞭然。やっていることは……まぁホームズの推理したことほどすごくなかったわけですな。麻薬の禁断症状の一つが、瞳孔の縮小です。お分かり?
しかし、死者が出なくてよかったです(笑)
ちなみに以下は、この本の中で一番笑えた小ネタ。
....................
(依頼人の話を聞いた)ホームズは立ちあがり、ほっそりした力強い手をこすりあわせながら、大股にそこらを歩きまわりはじめた。うっかりして火が消えたままになってしまったので、部屋がひどく寒くなってきたためである。
......................

ワトニイ……こんなこと真面目に書いてどーするんだ。


「奇妙な手紙」

妙な手紙を携えて、休暇中のホームズをある金持ちが訪れた。差出人不明のその手紙の行方をホームズが追う。

とうとう依頼人までがかわいそうなことに。謎の手紙は、極めて直球だったんですね。健忘症の使い方のなんと使いやすいこと。


「消えたチェイン=ストローク」

行方不明になった競艇の花形選手を探してほしいと依頼人は言った。ホームズはたった二枚の紙片からそれを解いてみせるというのだが……。

タイプ科の学生で、散らかし屋で、飲ん兵衛なのは分かりますが……。
正直な所、「裏」の真相が何か分かりませんでした。うぅむ、何で部屋からいなくなったんだろか。普通に遊んでただけ?分かる方お願いします。


「画家の斑紋」

無意味に線や点が名画の上に。犯人の目的は一体?

ネタ自体が面白すぎです。そして、ホームズは単なるパクリじゃないかと(笑)
この作品あたりから、ネタが1つになったきがします。裏の事件考えるのが大変になったのかしらん。


「ダブルおばけの秘密」

失踪したケネバンク将軍はどこへ?残されたメモ書きから後を追うホームズだが……。

冒頭の、ホームズとクリスクロフトの会話のオチが楽しすぎます。イギリスでそんなにこのスポーツがマイナーなんでしょうか。


「罠におちたドラマー」

今度はドラマーが行方不明。彼が残した新聞記事には、謎の暗号が書かれていた……。

俗語をそのまんま読み、普通文を暗号と見るホームズがひたすら勘違いする話です。頭文字には……うーむ、作者センスがいいねぇ。


「贋物の君主」

ベルグラヴィア国王直々の依頼とは、正体不明の建物の捜査以来。ホームズ、ロンドン第二の犯罪者と対峙する。

この犯罪者、モロン大佐ですか、めちゃくちゃ聞き覚えあるんですが(笑)
ちょっと昔ですね。今はこういう感じの場所ではないと思います。


「誘拐された王子」

英国王室の王子が誘拐された!ホームズは宮殿に潜入するため、とんでもない変装をすることに……。

後半6つの中では一番好きかな。結局「プリンス」は誰なんだよというところまで良く出来ていると思います。つーか誰か気付けよ。


「シュロック・ホームズ最後の事件」

引退したホームズが引き受けたのは、カジノの調査。たった1つのベッドからめくるめく推理、そして宿敵マーティ教授との決着やいかに?

結局、物欲の強いホームズでした(笑)えぇえぇ、なんかいかにも復活しそうですね。
セキュリティ甘くない?


書 名:シュロック・ホームズの冒険(1966)
著 書:ロバート・L・フィッシュ
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 42-1
出版年:1975.3.31 初版
    1980.2.15 3刷

評価★★★★☆