『悔恨の日』発売

2018-02

『ロウフィールド館の惨劇』ルース・レンデル - 2018.01.03 Wed

レンデル,ルース
ロウフィールド館の惨劇
『ロウフィールド館の惨劇』ルース・レンデル(角川文庫)

ユーニス・パーチマンがカヴァデイル家の一家四人を惨殺したのは、たしかに彼女が“文字が読めなかった”からである。ユーニスは有能な召使だった。家事万端完璧にこなし、広壮なロウフィールド館をチリひとつなく磨きあげた。ただ、何事にも彼女は無感動だったが……。その沈黙の裏でユーニスは死ぬほど怯えていたのだ、自分の秘密が暴露されることを。一家の”善意”が、ついにその秘密をあばいた時、すべての歯車が惨劇に向けて回転をはじめた……。(本書あらすじより)

今年初読書ではなく、去年の12月8日に読んだ本です。感想書いていないやつがあと4冊あるんです……すみません……。
さて、泣く子も黙る名作、『ロウフィールド館の惨劇』をついに読んだわけです。英国二大現代本格女流作家の一人であるレンデル(もう一人はP・D・ジェイムズ)は、一応2作ほど読んだことがあり、最近ポケミスから出た『街への鍵』などはめっちゃ楽しめたのですが……。
結論から言うと、『ロウフィールド館』、間違いなく名作ですが、容赦のなさと読者もろとも殴り倒すかのような英国味あふれる皮肉がもうぐぇぇって感じでつらかった……これは苦手な方の英国ミステリじゃ……。

文盲(本文中の言葉)であり、かつ人間に対する温かみのある感情が一切ない女性ユーニス・パーチマンが、ロウフィールド館で働き、一家全員を惨殺するまでの物語を描く……という、ありそうでなかなかない趣向の作品です。ガチでやった『ゼロ時間へ』とも言えますが、ガチでやるとまぁつらいのなんのって。

犯人と結末が明かされているだけに、倒叙のようでもあります。また、HIBK(もし知ってさえいれば)派っぽく頻繁に挿入される、「この時○○していなかったら、彼らが死ぬことはなかっただろう」とか、「これが最後になるとは、思いもしなかったのである」とかが、またこう、つらいっていう。
何が恐ろしいって、一家惨殺の共犯である狂信者ジョーンは確実に狂人だけど、主人公ユーニス・パーチマンは最初から最後まで一切変わっていない、というところなんです。些細なところから人間が壊れていく様を描く、とかそんな生っちょろい話ではなく、そもそも犯人はそういう人間である、というどうしようもなさ。
おまけに、作者は(ユーニスに対する)読者の共感を得ようとはしておらず、むしろ読者に居心地の悪さと不快感をメキメキ押し付けてくるんですよね。文盲であるユーニスはかわいそう、とか全然そういう気持ちになりません。根本的にユーニスがやばい人間だ、としか思えないのです。だから、めちゃくちゃ読みやすいし、短いし、あっさり目の書き方なのにもかかわらず、破壊力がすごいのです。
例えば、殺されるカヴァデイル一家が、スノッブ極まりない不快さがあるとか、善意の押し売りが腹立たしいひとりよがりな上流階級だとか、そういう書き方の作品ならまだありそうですけど、そうでもないんですよね。ちょっとはそういう面もありますが、カヴァデイル家の面々はただの善良な人々でしかないんです。そこにユーニス・パーチマンが来てしまったせいで、全員死ぬことになってしまった……というあたり、もはや不条理小説に近い気さえします。

ということで、これはさすがに好きにはなれないなぁ……。以前読んだレンデル(ヴァイン)だと、『引き攣る肉』なんかもめちゃつらい方のサスペンスで、あんまり合わなかったんですが、もっと『街への鍵』みたいな健康的な(?)サスペンスのレンデルを読みたいです。

原 題:A Judgement In Stone(1977)
書 名:ロウフィールド館の惨劇
著 者:ルース・レンデル Ruth Rendell
訳 者:小尾芙佐
出版社:角川書店
     角川文庫 赤541-5
出版年:1984.06.25 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト

『ジャック・グラス伝-宇宙的殺人者-』アダム・ロバーツ - 2017.12.02 Sat

ロバーツ,アダム
ジャック・グラス伝-宇宙的殺人者-
『ジャック・グラス伝-宇宙的殺人者-』アダム・ロバーツ(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

遥か未来の太陽系、人類はウラノフ一族を頂点とする厳しい“階層”制度に組み込まれた。貧困と圧政にあえぐ市民の前に登場したのが、無法の父にして革命的扇動者――宇宙的殺人者、ジャック・グラスだった。彼の行くところには、つねに解決不可能な謎があった。脱出することができない宇宙の片隅にある監獄惑星、地球の重力下では持ち上げることができない凶器、どこにも弾丸が見当たらない凄まじい威力の銃撃……。哀れな囚人やミステリマニアの令嬢、太陽系一の警察官を巻き込みながら展開する、解けない謎の先にあるものとは? 注目の英SF作家が贈る、謎と冒険に満ちたSFミステリ。英国SF協会賞/ジョン・W・キャンベル記念賞受賞作。(本書あらすじより)

なかなか評判が良かったので気にはなっていたのですが、千葉読書会の課題本、ということで手に取りました。銀背を新刊で買うの初めてだな……。
読了直後は、正直そこまでもないかな、と思っていたのです。なにかもっと、どでかいサプライズが最後にあればいいのにとか、SFミステリって説明されて理解も納得もするんだけど、どうやって驚けばいいのか分からないだとか、要するに自分の中であまりはじけなかったのです。が、よくよく考えると、ここまで真っ向から「黄金時代風本格ミステリ」を意識して「SFミステリ」をやっているということが、そもそもすごいよなぁと。SFミステリ史に名を残す作品ではないでしょうか。

ジャック・グラスは宇宙中で名の知られた革命家・テロリスト。彼の関わった3つの事件では、それぞれ不可能状況としか言いようのないものが登場します。脱獄ミステリ、密室殺人……果たして各事件の真相とは、そしてジャック・グラスの目的とは?

冒頭に読者への挑戦がある通り、フェアな本格ミステリが大いに意識された、SFミステリ連作短編集です。第1話は犯罪小説風で、脱出方法のない刑務所惑星からの脱走の謎。第2話は出入りのない建物内での殺人。第3話は犯人のいない状況での射殺事件です。
いずれもSF的な方法での解決が提示されますが、きちんと伏線が提示されているのが見事。まぁ1話なんかは、伏線張ってあるのはすごいけど、いくらなんでも……みたいな真相ですが、2話なんて叙述トリック風(言っても大丈夫なはず)で面白いですよね。2話後半の論文の結びつきなんかも良いですし、3話は、まぁ苦笑しかないのですが、やっぱりフェアなのがまた律儀。

ところで、最近、ようやくSFの読み方が分かってきたような気がします。つまり、あれですよ、なんかよく分からない機関だとか道具だとか用語だとかは、背景と雰囲気づくりのために直接関係なくても大量投下されてくるので、いちいち引っかからないで無視して読めってことなんですよね!(たぶん) 自分の中のセンス・オブ・ワンダーの感覚器が根本的に機能していないので、そういう要素は無視しちゃった方が話を楽しめるような気がします。
で、そのSF的なストーリー面なのですが、2話後半から急展開、いつの間にやら少女探偵とジャック・グラスの物語に発展します。この少女探偵が、しっかりと成長する話として2~3話が描かれていたのが好印象。宇宙全体を崩壊させかねないアイテムを登場させるという、サスペンス的な意味でもSF的な意味でも大ネタを入れている割に、結構あっさりめに終わってしまうのは、作者が少女探偵とジャック・グラスの物語の方に関心があったからではないでしょうか……特に、ラストの例の急展開なんか考えると(笑)

ここまで描くなら、ウラノフとか、その手の大きな組織を「書かずに済ませる」のではなく、色々と見せて欲しかったと思ってしまうのですが、訳者の内田さんによると、まぁそういう作者のようですし、シリーズも書かない人のようなので、「好きな要素をぶち込みまくって好きに終わらせる」タイプなんでしょう。これでもか!とエンタメに振り切った良作だと思いますので、SFミステリ好きはぜひぜひ。

原 題:Jack Glass: A Golden Age Story(2012)
書 名:ジャック・グラス伝-宇宙的殺人者-
著 者:アダム・ロバーツ Adam Roberts
訳 者:内田昌之
出版社:早川書房
     新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5034
出版年:2017.08.25 1刷

評価★★★★☆

『死者はふたたび』アメリア・レイノルズ・ロング - 2017.11.24 Fri

ロング,アメリア・レイノルズ
死者はふたたび
『死者はふたたび』アメリア・レイノルズ・ロング(論争海外ミステリ)

未亡人のリンダから「溺死した夫、ブルースの名前を名乗る男が現れたので調査してほしい」と依頼された私立探偵のダウェンボートは、ブルースを名乗る人物が宿泊する〈クレイモア・ホテル〉を訪れるが、突如、リンダは依頼の取り消しを申し出た。釈然としないダウェンボートだが、リンダの主治医キンケイドは彼に調査の続行を依頼する。ホテルに滞在しながら調査を進めるダウェンボートは、ブルースがウェイトレスに浮気し、財産の半分を彼女に譲るという遺書も遺していた事を突き止めた。本格的な調査を始めようとした矢先、ダウェンボートは何者かに殴られて気を失い、その間に重要人物であるウェイトレスは殺されてしまう。(本書あらすじより)

アメリカB級ペーパーバック作家であり、『誰もがポオを読んでいた』という衝撃的な邦題作で先頃日本デビューしたアメリア・レイノルズ・ロングですが、早くも2作目が登場しました。『誰ポオ』も良かったけど、『誰ポオ』をぜひ超えてほしいなぁ……と思って読んでいたら、全然雰囲気が違うじゃないですか。それにしても、うーむ、いろいろな意味でこの作者の限界も見えてしまった感があります。

主人公は私立探偵ダウェンポート。彼の一人称により、話が進行します。というわけで、文字通りのハードボイルドであり、全然ユーモアっ気がありません。B級作家のくせに、作風が案外広いぞ。
事故で水死したと思われていた俳優が、2ヶ月ぶりに街に舞い戻ります。彼は本物か、それともそっくりの代役か?……という謎から始まるハードボイルド風謎解きミステリ。発端の謎自体は面白いし、テンポよく人も死ぬので、結構読ませます。

ただ、頑張ってはいるけど、作者の狙いがやや見えすぎるのが難点。一番もったいないのは、核となるトリックがまず思いつきそうなものなのに、読んでいて作中人物の誰も思いつかない……つまり真相じゃん、って読者が気付いてしまうところかなぁ。それと、この作者は『誰ポオ』もそうでしたが、電話の謎が好きすぎですね(全部簡単ってのもどうかと思うけど)。解説も何だか褒め切れてないぞ。

というわけで、たぶんそこそこスマートに仕上がっている作品だとは思うのですが、このくらいの完成度なのであれば、見立てゴリゴリ、出来は微妙、だけど安っぽさが前面に出ていてわちゃわちゃが楽しい、な『誰もがポオを読んでいた』の方が総合点は上でしょう(邦題で40点くらい加点しているとは言え)。今後はどの系統の作品が紹介されるのか、気になるところです。


原 題:The Corpse Came Back(1949)
書 名:死者はふたたび
著 者:アメリア・レイノルズ・ロング Amelia Reynolds Long
訳 者:友田葉子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 194
出版年:2017.09.30 初版

評価★★★☆☆

『樹脂』エーネ・リール - 2017.11.02 Thu

リール,エーネ
樹脂
『樹脂』エーネ・リール(ハヤカワ・ミステリ)

デンマークの僻地に住む一家。ほぼ自給自足の幸せな暮らしは、クリスマスに起きた事件を境に一変する。変わり者の父は偏屈さを増し、物静かな母は次第に動けなくなり、少女リウはゴミ屋敷と化した家で、隔絶された世界しか知らずに育っていく。やがて赤ん坊が生まれることになったが、そのときリウは父の意外な姿を目にし……。一家はなぜこうなってしまったのか? 心を打たれる切なさで北欧ミステリ界に新風を吹きこみ、北欧最高のミステリ賞「ガラスの鍵」賞、デンマーク推理作家アカデミー賞の二冠に輝いた傑作長篇。(本書あらすじより)

新刊ベスト5が更新されたことをお知らせします。
いやもうマジで素晴らしかったです。エッセンスだけ抜き出せば「監禁系この家やばい」ミステリに近いんでしょうが、少女の視点や母親の手記の挿入によって、独特な仕上がりになっています。非常にクセのある書き方のせいで、むちゃくちゃ読みづらいですが、ぜひぜひ最後まで読み通してほしい作品です。薄いし。

まず、いきなり開始3ページで分かるクレイジーさ。なにやらクレイジーな家族のクレイジーな少女の語りから始まるのですが、どう考えてもこの家おかしいぜ、普通におばあちゃんを殺してるぜ、ってな幕開きなのです。しかもそれを、純真な少女が書き綴っているので余計にやばさがあります。
ゴミ屋敷の少女視点、ゴミ屋敷の主の視点、ゴミ屋敷の過去視点によって、読者がこの家に対して主観的な視点しか持てないのが上手いですよね。そのせいで、問題を抱えてはいるものの、問題ありまくりな登場人物全てに好感を持ってしまうのがズルい。巨大化して身動きの取れないというファンタジーみたいな設定の母親、息子の嫁に対して執拗なまでに悪意をぶつける姑、と登場人物どれもがクレイジーで、かつ心からは嫌いになれない人たちなのです。
その核となる家の主であるおとうさんは、ほぼ狂気に囚われているとはいえ、やはり悪人とは言い切れないところがあります。さっき「ゴミ屋敷」という言葉を使いましたし、解説にもゴミ屋敷という言葉が使われていますが、正直言って「ゴミ」であふれてはいても「ゴミ」とは言いたくなくなるあたり、作中人物にめっちゃ共感してしまっているんだろうなぁ、なんて思うわけです。

しかし終盤、この家の外の人物による、客観的な視点が登場することで、はっとさせられてしまうのです。なるほど、この家はこんなにやばかったのかと。けど嫌いになれない、という、その塩梅が絶妙です。
こういったことが、現在過去がばらばら、視点もバラバラの、まとまりのない分かりにくい叙述で語られていくので、真ん中あたりまで読みにくいことこの上ないのですが、その過程でしっかりと読者が状況を把握できるんだから不思議。意図的な分かりにくさが実に効果的です。
そしてラストのカタストロフィがねー、いやもう、こういうの好きだって前から言ってますが、やっぱり良さしかありません。ラスト1ページの余韻も見事で、ここで傑作認定をしました。

というわけで、今年の新刊の中ではかなりの変わり種変化球ですが、ぜひぜひ試していただきたい一作。いよいよ北欧ミステリも、正統派じゃないのがたくさん紹介されるようになり、面白くなってきた感がありますね。

原 題:Harpiks(2015)
書 名:樹脂
著 者:エーネ・リール Ane Riel
訳 者:枇谷玲子
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1923
出版年:2017.09.15 1刷

評価★★★★★

『代診医の死』ジョン・ロード - 2017.10.29 Sun

ロード,ジョン
代診医の死
『代診医の死』ジョン・ロード(論創海外ミステリ)

資産家の最期を看取った代診医の不可解な死。プリーストリーの鋭い推理が暴き出す真相とは……。筋金入りの本格ミステリファン必読。あなたは作者が仕掛ける巧妙なプロットを読み解けるか?(本書あらすじより)

初ジョン・ロード。退屈派の一人と呼ばれるようですが、意外と面白いじゃん……と思っていたのは序盤まで。トリックなど大いに評価はしますが、よくて70点かなぁという感じ。結局のところ、ジョン・ロードは「退屈派」だったのでした。

田舎町の医者が休暇中に代わりを務める代診医が殺された。事件当時、周辺の村では不審人物の目撃が相次いていたが、時間や場所の説明がつけられず捜査は難航。ワグホーン警視とプリーストリー博士が導き出した結論は?

捜査手順を逐一書いてしまうどうしようもなく小説が下手なところ(黄金時代風)や、はっきりしない微妙な事件を牛歩レベルで解き明かしていく過程など、最初はとにかく好ましさしかありませんでした。これですよ、こういう地味な本格ミステリを読みたかったんですよわたしゃ。
序盤で提示される謎の複雑さ、先の見えなさ、説明のつけられなさは、これぞ本格ミステリ!という楽しさ。読んでいる途中で、こういうことでは……?という50点くらいの予想は立てられるものの、(ある意味アンフェアと指摘される部分のおかげで)完答は難しいですし、何より意外性も強けりゃラストの腑に落ちるっぷりもすごいのです。代診医の死という、事件そのもののホワイとハウがかなり強めなのも嬉しいポイント。何よりタイトルがこれなのに、最初に代診医が死なないところが良いじゃないですか。

と、本格ミステリとしては大いに評価したいのですが、中盤のアホみたいにダルい(そして大して役にも立たない)試行錯誤推理談議がさすがに退屈すぎました。ジミー・ワグホーン警視が調査した内容をプリーストリー博士らに報告し、推理する、という構成なのですが、ここで何にも意外なことが出てこないからなぁ……。警視は頑張って全部調べていて偉いね、という感想しかありません。

とりあえず論創海外ミステリらしい良本格ミステリだと思います。レオ・ブルースあたりならもっとスマートに書けそうだけど。あと、これがジョン・ロードのベスト級なのだとすれば、とりあえずこの1作で十分と思ってしまう自分がいるな……。

原 題:Dr. Goodwood's Locum(1951)
書 名:代診医の死
著 者:ジョン・ロード John Rhode
訳 者:渕上痩平
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 191
出版年:2017.07.30 初版

評価★★★☆☆

『深い穴に落ちてしまった』イバン・レピラ - 2017.10.13 Fri

レピラ,イバン
深い穴に落ちてしまった
『深い穴に落ちてしまった』イバン・レピラ(東京創元社)

ある日、兄弟が森で穴に落ちてしまった。深さ7メートルの穴からどうしても出られず、木の根や虫を食べて何か月も極限の環境を生き延びようとする。外界から遮断された小さな世界で、弟は現実と怪奇と幻想が渾然一体となった、めくるめく幻覚を見はじめる……。名も年もわからない兄弟は、なぜ穴に落ちたのか? なぜ章番号が素数のみなのか? 幻覚に織り交ぜられた暗号とは? 寓意と象徴に彩られた不思議な物語は、読後、驚愕とともに力強い感動をもたらす。スペイン版『星の王子さま』であり、暗黒時代を生きる大人のための寓話。(本書あらすじより)

あらすじ読んで、面白そうと思うじゃないですか。素数の章番号とかめっちゃ興奮するじゃないですか。で、読んでみるわけじゃないですか。
……なんじゃこりゃ。
とりあえず『星の王子さま』のタイトルを出して、「大人のための寓話」なんて言うのはやめた方がいいと思うぞ。そんな生易しいもんじゃないぞ。虫食って生き延びるんだぞ。

名前も明かされない、なぜ森にいたのかも明かされない兄弟が、深い穴に落ちてしまいます。どうあがいても出られず、食料もない中、だんだんと狂気に蝕まれていく二人ですが……。

わずか120ページほどの小説であり、確かにこれは寓話なのでしょう。解説にもある通り、スペインの政権批判やら、読者に向けられた暗号やら(解説読んでも分からなかったのでググってしまった)、まぁ、そういう比喩とかメッセージに満ち満ちた作品なのだと思います。
思いますが、ぶっちゃけ読んでいて比喩とかメッセージとか何も分からないので、そうなると単純に「サバイバル虫食い気持ちわる小説」としてでしか評価できません。穴の中に落ちてきた鳥を、すぐ食べてしまうのではなく、吊り下げておいて、湧いてきた虫を食べようとか言うんですよこのお兄ちゃんは(賢明な判断かもしれないけど)。弟がどんどん狂気に苛まれ、衰弱していく様を読むしかないわけですよ読者としては。何これきっつ。

うーん……感想を書きようがないので、このへんで切り上げるか……。読んでいて謎が多いのは確かなので(母親へ届ける食料、とかあれは何だったのか)、もやっとする文学がお好みの方向けかなぁ。

原 題:El niño que robó el caballo de Atila(2013)
書 名:深い穴に落ちてしまった
著 者:イバン・レピラ Iván Repila
訳 者:白川貴子
出版社:東京創元社
出版年:2017.01.20 初版

評価★★☆☆☆

『母の記憶に』ケン・リュウ - 2017.10.10 Tue

リュウ,ケン
母の記憶に
『母の記憶に』ケン・リュウ(ハヤカワ・ミステリ)

不治の病を宣告された母が愛する娘のために選び取った行動をつづる表題作、明治時代の満州にやってきた熊狩り探検隊一行の思いがけない運命を描いた「烏蘇里羆(ウスリーひぐま)」など、あたたかな幻想と鋭い知性の交錯を透徹した眼差しで描いた16篇を収録した、待望の第二短篇集。(本書あらすじより)

「烏蘇里羆(ウスリ―ひぐま)」The Ussuri Bear(2014)
「草を結びて環(たま)を銜(くわ)えん」Knotting Grass, Holding Ring(2014)
「重荷は常に汝とともに」You’ll Always Have the Burden with You(2012)
「母の記憶に」Memories of My Mther(2012)
「存在(プレゼンス)」Presence(2014)
「シミュラクラ」Simulacrum(2011)
「レギュラー」The Regular(2014)
「ループのなかで」In the Loop(2014)
「状態変化」State Change(2004)
「パーフェクト・マッチ」The Perfect Match(2012)
「カサンドラ」Cassaandra(2015)
「残されし者」Staying Behind(2011)
「上級読者のための比較認知科学絵本」An Advanced Readers’ Picture Book of Comparative Cognition(2016)
「訴訟師と猿の王」The Litigation Master and the Monkey King(2013)
「万味調和――軍神関羽のアメリカでの物語」All the Flavors(2012)
「『輸送年報』より「長距離貨物輸送飛行船」(〈パシフィック・マンスリー〉誌二〇〇九年五月号掲載)」The Long Haul: From the ANNALS OF TRANSPORTATION, The Pacific Monthly, May 2009(2014)

間違いなく面白かったんですが、なんだか後半は疲れてしまいました。『紙の動物園』は413ページだけど、『母の記憶に』は526ページもあるんですよねー。
さて、ひと頃話題をさらったケン・リュウの、日本オリジナル短編集第二弾です。バラエティの面では、同じテーマの繰り返し感の強かった(それもいいんだけど)『紙の動物園』よりはるかに増しており、作者の成長を感じられます。また、間違いなく完成度も高いんですよね。今回も、SFファンに限らず、広くおすすめしたい作品集です。だいたい自分もSFファンじゃないし。しかし、あまりガジェットっぽくもSFっぽくもない作品が好きなので、やっぱ自分はSF読みにはなれないなぁ。

3作あげるなら「母の記憶に」「レギュラー」「訴訟師と猿の王」でしょうか。表題作はかなり短い掌編なのですが、当然のように良いです。こんなん泣くわずるい。
「レギュラー」は、SFハードボイルドなんです。攻殻機動隊的な。私立探偵が、SF的な要素の絡む犯罪を追う、という話。本短編集のベストです。こういうのもっと書いてくれればいいのに。
「訴訟師と猿の王」は、ケン・リュウが最近はまっているらしい歴史もの。清代初期が舞台の中編で、史実の混ぜ方が上手いですね(もはやSFでもない気もする)。

ぶっちゃけ『紙の動物園』の方がより方向性が分かりやすいだけに、とりあえずケン・リュウを手に取ってみよう、という人は『紙の動物園』からどうぞ。ちなみに例の長編三部作は……読む予定はないかな……。

原 題:Memories of My Mother and Other Stories(2004~2016)
書 名:母の記憶に
著 者:ケン・リュウ Ken Liu
訳 者:古沢嘉通
出版社:早川書房
     新ハヤカワ・SF・シリーズ 5032
出版年:2017.04.25 1刷

評価★★★★☆

『寝た犬を起こすな』イアン・ランキン - 2017.09.21 Thu

ランキン,イアン
寝た犬を起こすな
『寝た犬を起こすな』イアン・ランキン(ハヤカワ・ミステリ)

女子学生が運転する車が起こした衝突事故。不自然な状況に気づいたリーバスは、車に同乗者がいたことを突き止めるが、彼女は頑として口を開かない。事故の影には、何かが潜んでいるようだが……いっぽう、組織改編で犯罪捜査部に送られることになったフォックスは、内部調査の最後の仕事としてリーバスが若き日に所属した署に、隠蔽された事件の痕跡を発見する。彼の捜査はリーバスの身におよぶのか? 独立の是非に揺れるスコットランドで展開する、人気シリーズ最新刊!(本書あらすじより)

『寝た犬を起こすな』が面白すぎたので、今までイアン・ランキンを読まず嫌いにしていた自分にだんだん腹が立ってきました。そりゃそうだよ、イギリス警察小説だもん……好きに決まってらぁ……。

不可解な点の残る些細な交通事故、スコットランドの独立をめぐるごたごた、30年前の若かりし頃のリーバスをめぐる警察の不正、といった事件の捜査が同時並行的に進められる警察小説らしい内容。登場人物が相互に絡み合うので非常に複雑ですが、非常に読みやすいです。

過去と現在がゆる~く交差し、あんまり少なくもない登場人物たちが関連し合うだけで読ませます。不可解な交通事故から始まるホワットダニットが、次第にスコットランドの独立という政治的な面の絡む大事(おおごと)に発展していくのが面白いのですが、最後のたたみ方はちょっと期待しすぎたというか、やや安易だったかなという気がしなくもありません。
とはいえ書き方が極上なので、普通に捜査の過程が面白いんですよね。リーバス、フォックス、シボーンという三者三様の刑事たちを主人公に据えることで、刑事とは何か?という問に迫っているのも良いです。30年前、若造であったリーバスには知らされていなかった、通称「裏バイブルの聖人たち」の刑事たちが隠していたことは何なのか?という疑問に、リーバス自らぶつかり、かつての仲間を追い込んでいくのです。ぶっちゃけ拷問まがいのことをしてでも自白を引き出した方が良い刑事なのか、それとも例えどんなに容疑者が疑わしくとも証拠不十分であればきちんとした捜査にのっとり釈放すべきなのか、という問いが老刑事リーバスに突き付けられます。ラストにリーバスが辿り着く「刑事像」が、警察小説とノワールのギリギリのラインを攻めているようで興奮します。

とりあえずこれからはリーバス警部シリーズを読もうという気持ちになれたので、それだけで読めて良かったなぁと。普通に『紐と十字架』から読んでみます。ちなみに原題は素直に『裏バイブルの聖人たち』にした方が、意味不明だけどかっこいい、かも。

原 題:Saints of the Shadow Bible(2013)
書 名:寝た犬を起こすな
著 者:イアン・ランキン Ian Rankin
訳 者:延原泰子
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1919
出版年:2017.05.15 1刷

評価★★★★☆

『棺のない死体』クレイトン・ロースン - 2017.06.12 Mon

ロースン,クレイトン
棺のない死体
『棺のない死体』クレイトン・ロースン(創元推理文庫)

強大な権力を有する実業家ウルフには、死を異常に恐れる一面があった。怪しい男の来訪をきっかけに彼の周囲では怪異現象が続発し、ついにはウルフ自身が不可能状況下で殺害される! 何度死んでも生き返る“死なない男”の存在が不気味な影を投げかける、奇術師探偵マーリニが手がけた最大の難事件。カーと並ぶ密室本格派の名手が、二重三重の仕掛けを駆使した謎解き推理長編!(本書あらすじより)

積みっぱなしにしていたら復刊してしまい、何とかようやく読めました。初長編ロースンです。短編は『37の短篇』で読みましたね。
ぶっちゃけロースンは微妙だぞと、あまり期待するなと聞いていたので、覚悟して読み始めましたが……なんだろう、この……劣化版カーっていうか……密室とラブコメと怪奇(笑)みたいな……。

実業家ウルフの屋敷を舞台に、不可能殺人事件が起こります。ただこれは中盤以降で、それまでに死体を隠したり、その死体が消えたり、はたまた生きているのが目撃されたりと、死体もののコメディっぽい不可能状況も生じています。

基本的に物理(迫真)トリックの極致みたいな密室トリックが連発されます。ひとつだけ悪くないトリックもあるのですが、全体的に謎解きを最後に持ってこないというか、ちょこちょこネタをバラしながら話が進行するので、何の意外性も驚きもないまま終盤がもったりと進んでいきます。
マーリニのキャラクターも「奇術師」であること以外何にもないし(うんちくがつらい)、読みにくいわけではないですが、不可能興味だけで読み進めるのも(そのシチュエーションがそれほど魅力的でもないせいで)しんどいのです。何度も死ぬ男、というメインアイデア自体は悪くないんですが、いちいち後出しかつ驚かせ方が不十分で、提示の仕方がなぁ、微妙なんだよなぁ。

ふと思ったのですが、カーって不可能状況からトリックを考えていたのでしょうか。ロースンはマジックのネタからミステリを書いてるような気がするのです(だからシチュエーション自体はいまいち盛り上がらないのかなと)。事件自体は『三つの棺』レベルでめちゃくちゃ複雑なんですが、ワチャワチャしている印象しかないんですよね。鮮やかさには大いに欠けます。

というわけで、まだまだロースンの長編は未読があるのですが、確かにこの作家はトリックをバーンと示せば終われる短編型かなと思います。そう考えるとカーってすげぇな……。

原 題:No Coffin for the Corpse(1942)
書 名:棺のない死体
著 者:クレイトン・ロースン Clayton Rawson
訳 者:田中西二郎
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mロ-2-1
出版年:1961.05.19 初版
     1994.10.21 2版

評価★★★☆☆

『復讐の子』パトリック・レドモンド - 2017.06.06 Tue

レドモンド,パトリック
復讐の子
『復讐の子』パトリック・レドモンド(新潮文庫)

“私生児”と蔑まれながらも才能に恵まれ、美しい少年に成長したロニー。豊かな幼少期を過ごしたものの、母親の再婚とともに不穏な世界へと突き落とされたスーザン。多感な年頃に出会ったふたりは、待ちに待っていたかのように惹かれあう。だが、ロニーがスーザンに打ち明けた秘密は恐るべきものだった……。愛情を憎悪に変え、悲劇の連鎖を引き起こす戦慄の少年少女を冷徹に描く力作。(本書あらすじより)

パトリック・レドモンド。そう、あの大傑作『霊応ゲーム』の作者です。その作者によるもうひとつの邦訳作品が、この『復讐の子』なのです。これだけダサいタイトルであっても、傑作オブ傑作『霊応ゲーム』の作者であることを考えると、面白くないわけがないのです。期待せざるを得ないのです。

読みました。

くそーー! おもしれーなーーー!! パトリック・レドモンドめっちゃおもしれーなーーー!! なんで2作しか訳されていないのかなーーー!!! もっと読まれてほしいんだけどなーーーーーーーー!!!!
というわけで、今回もおすすめです。

あらすじは超普通。私生児であり、過酷な親戚のもとで少年時代を過ごした美しく賢いロニー。彼はやがて、表面的には優等生を演じつつ、影で自らと母親に害をなすものに対して容赦ない罰を与えるようになってしまいます。
これだけならどこかで見たことある話なのですが、作者が上手いのはこの先。ロニーの話と並行して、別の町に暮らす美少女スーザンの物語が描かれるのです。スーザンはこれまた複雑な過程に育ち、過酷な少女時代を過ごすはめになります。ひたすらエグいです。ロニーの比ではないどん底の生活なのです。
この2人が後半に出会い、ついに、物語は大きく動き出すのです。

『霊応ゲーム』ほどの衝撃やカタストロフィはありませんが、それでも非常に読ませる作品。少年少女のつらい幼年時代(ベタ)からの復讐(ベタ)というテンプレートで殴る面白さがたまりません。終盤に明かされる過去のインパクトも良いですね。670ページもあるのにとんでもなく読みやすいので、厚さが苦になりません。
心に闇を抱えた復讐の子、ロニー・サンシャインの狂気譚……というだけなら、ありきたりかなとは思うのです(それでも十分面白いと思うけど)。ところが同じく復讐の子であるスーザン・ラムジーの話も並行させているあたりが上手いんだなぁ。成長したふたりがついに出会い、大人たちへの反逆を企てるんですよ、めっちゃお話として強くないですか。
救いのあるラストが光りますが、これはスーザンの強さあってこそのものですね。

というわけで期待にたがわぬ面白さでした。レドモンド、あと3作未訳の作品があるようなのですが、頼むからどうにかして紹介されてくれませんか……。
というわけでまずは『霊応ゲーム』がもっと売れなければ困ります。とりあえず未読の人は『霊応ゲーム』を読むのです、話はそれからです。分厚いと思うかもしれないけど気にしてはいけません(めっちゃ読みやすいし)。寄宿舎BL興味ないとか言っていないで読むのです。登場人物も多いけど気にしてはいけません(どうせみんな死ぬ)。そしてハマった方は、『復讐の子』もぜひ。

原 題:Apple of My Eye(2003)
書 名:復讐の子
著 者:パトリック・レドモンド Patrick Redmond
訳 者:高山祥子
出版社:新潮社
     新潮文庫 レ-9-1
出版年:2005.03.01 1刷

評価★★★★☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
クリスティ、デクスター、グライムズ、ディヴァインが好きな、ヨッシーことTYこと吉井富房を名乗る遅読の新社会人が、日々読み散らかした海外ミステリ(古典と現代が半々くらい)を紹介する趣味のブログです。ブログ開始から7年になりました。ちなみにブログ名は、某テンドーのカラフル怪獣とは全く関係ありません。
来て下さった方々が、コメントを残して下さると、管理人が大変喜びます。広告のコメントは、削除することがあります。
このサイトはリンクフリーですが、一言声かけてくれると嬉しいです。
Twitter(@yossi3110)

リンク

このブログをリンクに追加する

読書メーター

ヨッシーさんの読書メーター ヨッシーの最近読んだ本

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (522)
ア行 (113)
アヴリーヌ,クロード (1)
アシモフ,アイザック (4)
アシャット,フェデリコ (1)
アダム,ポール (1)
アーチャー,ジェフリー (1)
アップデール,エレナー (2)
アップフィールド,アーサー (2)
アデア,ギルバート (1)
A・D・G (1)
アトキンソン,ケイト (1)
アフォード,マックス (1)
アームストロング,シャーロット (2)
アリンガム,マージェリー (4)
アルレー,カトリーヌ (1)
アンズワース,キャシー (1)
アンダースン,ウィリアム・C (1)
アンダースン,ジェームズ (1)
アントニイ,ピーター (1)
アンプエロ,ロベルト (1)
アンブラー,エリック (1)
イェルハルドセン,カーリン (1)
イジー,ユージン (1)
イネス,マイクル (2)
インゲルマン=スンドベリ,カタリーナ (1)
インドリダソン,アーナルデュル (2)
ヴァルガス,フレッド (4)
ヴァン・ダイン,S・S (2)
ヴァンス,ジャック (1)
ウィアー,アンディ (1)
ヴィカーズ,ロイ (3)
ウイバーリー,レナード (3)
ウィルフォード,チャールズ (1)
ウィングフィールド,R・D (6)
ウィンズロウ,ドン (1)
ウィンタース,ベン・H (3)
ウェイン,エリザベス (1)
ウェストレイク,ドナルド・E(コウ,タッカー、スターク,リチャード) (6)
ウォーカー,マーティン (3)
ウォーターズ,サラ (2)
ヴォートラン,ジャン (2)
ウォルターズ,ミネット (1)
ウォーレス,エドガー (1)
ウッドハウス,P・G (1)
ウールリッチ,コーネル(アイリッシュ,ウィリアム) (7)
エアード,キャサリン (2)
エクストレム,ヤーン (1)
エクスブライヤ,シャルル (4)
エーコ,ウンベルト (1)
エフィンジャー,ジョージ・アレック (1)
エリザーロフ,ミハイル (1)
エリン,スタンリイ (3)
エール,ジャン=マルセル (1)
エルキンズ,アーロン (6)
エルロイ,ジェイムズ (1)
オコンネル,キャロル (1)
オーツ,ジョイス・キャロル (1)
オベール,ブリジット (1)
オリオール,ローレンス (1)
オルツィ,バロネス (3)
カ行 (161)
カー,ジョン・ディクスン(ディクスン,カーター) (15)
ガーヴ,アンドリュウ (0)
カサック,フレッド (2)
カーター,M・J (1)
カッリージ,ドナート (2)
ガードナー,E・S(フェア,A・A) (5)
カーマイケル,ハリー (2)
カミ (4)
カミング,チャールズ (1)
カリー・ジュニア,ロン (1)
カーリイ,ジャック (4)
キース,エリック (1)
キーティング,H・R・F (1)
キャヴァナー,スティーヴ (1)
キャリスン,ブライアン (2)
ギャレット,ランドル (1)
キーラー,ハリー・スティーヴン (1)
ギルバース,ハラルト (2)
ギルバート,マイケル (1)
キング,スティーヴン (1)
キング,ルーファス (1)
クイーン,エラリー (14)
クェンティン,パトリック (7)
クック,トマス・H (3)
クッチャー,フォルカー (3)
グライムズ,マーサ (15)
クラウチ,ブレイク (4)
クラトフヴィル,イジー (1)
クリーヴス,アン (6)
グリシャム,ジョン (1)
クリスティ,アガサ (2)
クリスピン,エドマンド (3)
グリーニー,マーク (2)
グリーン,アラン (1)
クルーガー,ウィリアム・ケント (1)
グルーバー,アンドレアス (4)
グルーバー,フランク (1)
クレイス,ロバート (3)
クロフツ,F・W (4)
グロラー,バルドゥイン (1)
クーンツ,ディーン・R (1)
ケアリー,エドワード (3)
ケストナー,エーリヒ (1)
ケメルマン,ハリイ (3)
ケリー,ジム (4)
ケンリック,トニー (2)
胡傑 (1)
ゴズリング,ポーラ (5)
コッタリル,コリン (1)
コードウェル,サラ (4)
ゴードン,デイヴィッド (1)
コニイ、マイクル (2)
コマストリ=モンタナーリ,ダニーラ (1)
コメール,エルヴェ (2)
コリータ,マイクル (1)
コリンズ,ウイルキー (1)
コリンズ,マックス・アラン (1)
コール,G・D・H・&M (1)
コレット,サンドリーヌ (1)
サ行 (60)
サフォン,カルロス・ルイス (3)
サマター,ソフィア (1)
サール,ニコラス (0)
ザングウィル,イズレイル (1)
ジェイミスン,ハンナ (1)
シェパード,ロイド (1)
シエラ,ハビエル (1)
シニアック,ピエール (1)
シムノン,ジョルジュ (14)
ジャックマール&セネカル (1)
ジャプリゾ,セバスチアン (1)
シューヴァル,マイ&ヴァールー,ペール (1)
シール,M・P (1)
水天一色 (1)
スカーレット,ロジャー (1)
スコット,J・M (1)
スタウト,レックス (5)
スタージョン,シオドア (1)
スチュアート,メアリー (1)
スティーヴンス,ロビン (1)
ステーマン,S=A (3)
スパーク,ミュリエル (1)
スペンサー,ロス・H (2)
スミス,シェイマス (1)
スミス,チャールズ・メリル (1)
スラデック,ジョン (1)
スローン,ロビン (1)
セイヤーズ,ドロシー・L (8)
セシル,ヘンリイ (2)
ソアレス,J (1)
ソウヤー,ロバート・J (1)
タ行 (76)
タイボ二世,パコ・イグナシオ (1)
ダグラス,キャロル・ネルソン (1)
ダール,フレデリック (1)
チェスタトン,G・K (1)
チャンドラー,レイモンド (1)
陳浩基 (2)
デ・ハートック,ヤン (1)
デ・ミュリエル,オスカル (1)
デアンドリア,ウィリアム・L (1)
テイ,ジョセフィン (3)
ディーヴァー,ジェフリー (2)
ディヴァイン,D・M (10)
デイヴィス,L・P (1)
ディキンスン,ピーター (2)
ディケール,ジョエル (1)
ディケンズ,チャールズ (8)
ディッシュ,トーマス・M (1)
ディドロ,フランシス (1)
デイリー,エリザベス (1)
テオリン,ヨハン (3)
デクスター,コリン (12)
デュレンマット,フリードリヒ (1)
テラン,ボストン (2)
ドイッチ,リチャード (1)
トゥロー,スコット (2)
ドッヂ,デヴィッド (1)
トーマス,ロス (1)
トムスン,ジューン (1)
ドラモンド,ローリー・リン (1)
トレヴェニアン (3)
トンプスン,ジム (5)
トンプソン,ジェイムズ (3)
ナ行 (8)
ナイト,アランナ (2)
ニーリィ,リチャード (1)
ネイハム,ルシアン (1)
ネスボ,ジョー (2)
ノックス,ロナルド・A (2)
ハ行 (177)
ハイスミス,パトリシア (1)
ハインズ,ジョアンナ (1)
ハーカウェイ,ニック (1)
バークリー,アントニイ(アイルズ,フランシス) (6)
バグリイ,デズモンド (1)
バークレイ,リンウッド (1)
バージェス,アントニイ (1)
バゼル,ジョシュ (1)
バー=ゾウハー,マイケル (1)
ハーディング,フランシス (1)
バトラー,エリス・パーカー (1)
ハナ,ソフィー (2)
バーナード,ロバート (3)
バーニー,ルー (1)
バニスター,ジョー (1)
ハーパー,ジェイン (1)
パーマー,スチュアート (1)
ハミルトン,エドモンド (1)
ハミルトン,スティーヴ (1)
ハメット,ダシール (2)
パラニューク,チャック (1)
バランタイン,リサ (1)
ハリス,トマス (1)
バリンジャー,ビル・S (3)
ハル,リチャード (1)
パレツキー,サラ (1)
ハンター,スティーヴン (2)
ビガーズ,E・D (4)
ピカード,ナンシー (1)
ヒギンズ,ジャック (1)
ピース,デイヴィッド (1)
ピーターズ,エリス (3)
ビッスン,テリー (2)
ビネ,ローラン (1)
ビバリー,ビル (1)
ビュッシ,ミシェル (1)
ヒラーマン,トニイ (2)
ピリンチ,アキフ (1)
ヒル,トニ (2)
ヒル,レジナルド (3)
フィツェック,セバスチャン (1)
フィックリング,G・G (3)
フィッシュ,ロバート・L (4)
フィッチュー,ビル (1)
フィニイ,ジャック (4)
フィルポッツ,イーデン (2)
フェイ,リンジー (1)
フェラーズ,エリザベス (5)
フェルナンデス,ドミニク (1)
フォーサイス,フレデリック (1)
フォン・シーラッハ,フェルディナント (6)
プライヤー,マーク (1)
ブラウン,カーター (6)
ブラウン,フレドリック (1)
ブラックバーン,ジョン (1)
ブラッティ,ウィリアム・ピーター (1)
ブラッドリー,アラン (1)
ブラッドン,ラッセル (1)
フラナガン,トマス (1)
フランシス,ディック (2)
ブランド,クリスチアナ (5)
プリースト,クリストファー (1)
フリードマン,ダニエル (2)
フリーマントル,ブライアン (1)
ブリュソロ,セルジュ (1)
フリーリング,ニコラス (1)
フリン,ギリアン (1)
ブルース,レオ (4)
ブルックマイア,クリストファー (1)
ブレイク,ニコラス (2)
ブレット,サイモン (1)
フレミング,イアン (2)
ブロック,ローレンス (2)
ヘアー,シリル (2)
ヘイズ,サマンサ (1)
ヘイダー,モー (1)
ベイヤー,ウィリアム (1)
ヘイヤー,ジョージェット (3)
ベイリー,バリントン・J (1)
ベイリー,H・C (1)
ペニー,ルイーズ (1)
ベリー,ジュリー (1)
ペリッシノット,アレッサンドロ (1)
ペルッツ,レオ (1)
ヘロン,ミック (3)
ベントリー,E・C (1)
ポー,エドガー・アラン (2)
ホーガン,ジェイムズ・P (1)
ポースト,M・D (1)
ポーター,ジョイス (6)
ホック,エドワード・D (4)
ホッケンスミス,スティーヴ (2)
ポツナンスキ,ウルズラ (1)
ホッブズ,ロジャー (2)
ホーリー,ノア (1)
ホワイト,ハル (1)
ボワロ&ナルスジャック (5)
ボンド,マイケル (2)
ボンフィリオリ,キリル (1)
マ行 (56)
マガー,パット (1)
マーカム,ヴァージル (1)
マカルパイン,ゴードン (1)
マーカンド,ジョン・P (1)
マクダニエル,デイヴィッド (1)
マクドナルド,ジョン・D (3)
マクドナルド,フィリップ (2)
マクドナルド,ロス (2)
マグナソン,アンドリ・S (1)
マクベイン,エド (2)
マクリーン,アリステア (3)
マクロイ,ヘレン (5)
マコーマック,エリック (1)
マゴーン,ジル (1)
マシスン,リチャード (1)
マシューズ,ハリー (1)
マッギヴァーン,ウィリアム・P (1)
マリック,J・J (1)
マルティネス,ギジェルモ (2)
マン,アントニー (1)
マンシェット,J・P (1)
ミエヴィル,チャイナ (1)
寵物先生(ミスター・ペッツ) (1)
ミラー,デレク・B (1)
ミラー,マーガレット (2)
ミルン,A・A (1)
ムーア,グレアム (1)
メースン,A・E・W (1)
メルヴィル,ジェイムズ (1)
メルドラム,クリスティーナ (1)
メロ,パトリーシア (1)
モイーズ,パトリシア (4)
モートン,ケイト (4)
モール,ウィリアム (1)
モロー,ブラッドフォード (1)
モンテイエ,ユベール (2)
ヤ行 (2)
ヤッフェ,ジェイムズ (1)
ヨナソン,ヨナス (1)
ラ行 (72)
ライアル,ギャビン (1)
ライス,クレイグ (3)
ライバー,フリッツ (1)
ラヴェット,チャーリー (1)
ラヴゼイ,ピーター (3)
ラックマン,トム (1)
ランキン,イアン (1)
リック,フランシス (1)
リッチー,ジャック (5)
リーミイ,トム (1)
リューイン,マイクル・Z (5)
リュウ,ケン (2)
劉震雲 (1)
リール,エーネ (1)
ル・カレ,ジョン (1)
ルヴェル,モーリス (1)
ルブラン,ミッシェル (2)
ルブラン,モーリス (2)
ルヘイン,デニス (4)
ルーボー,ジャック (2)
ルメートル,ピエール (3)
ルルー,ガストン (2)
ルーレ,ドミニック (1)
レーダー,ベン (1)
レドモンド,パトリック (2)
レドンド,ドロレス (1)
レピラ,イバン (1)
レム,スタニスワフ (1)
レルネット=ホレーニア,アレクサンダー (1)
レンデル,ルース (3)
ロウ,ジェニファー (1)
ローガン,シャーロット (1)
ローザン,S・J (6)
ロジャーズ,ジョエル・タウンズリー (1)
ロスコー,セオドア (1)
ロースン,クレイトン (1)
ロード,ジョン (1)
ロバーツ,アダム (1)
ロボサム,マイケル (1)
ロラック,E・C・R (1)
ロング,アメリア・レイノルズ (2)
ワ行 (3)
ワイルド,パーシヴァル (1)
ワトスン,コリン (2)
海外合作他 (3)
その他海外 (9)
国内ミステリ (70)
その他国内 (15)
アンソロジー (7)
ファンタジー (1)
今年のベスト10 (10)
その他 (6)
社会1○○○○ (4)

ピープルカウンター