FC2ブログ
シャーロット・アームストロング名言2

2020-08

『左ききの名画』ロジャー・オームロッド

 - 2020.08.03 Mon
オームロッド,ロジャー
左ききの名画
『左ききの名画』ロジャー・オームロッド(現代教養文庫)

事の始まりは、父が遺した「おばあちゃんの絵」をアンティーク巡回市にもっていったことだった。絵を見たデニス博士は「フレデリック・アッシュ。それも贋作」といったのだ。崩壊しかけた家庭で安らぎを与えてくれていた「あの絵」が有名画家の作品だなんて、どうして?本物なら数万ポンドもする絵をめぐってまき起こる殺人。写真家トニー・ハインが写真を武器に仕掛けるトリック。(本書あらすじより)

うーーーーーむ。いやつまらなくはないんだけど……いやつまらないかな……何もわからない……なんなんだこれは……。

祖母からもらった絵画が、6点しか作品がない伝説の画家の作品だとひょんなことから知った、うだつの上がらない写真家トニー・ハイン。突然目の色を変えた妻に嫌気がさし、息子ともども置いて家を出たトニーは、美術学者マーガレットのもとに転がり込む。しかし絵の作者についてはさらなる秘密があり……。

見分けのつかないほどそっくりの絵画を残した、伝説の画家とその恋人。自分の持っている絵は果たして価値のあるものなのか?という謎が最初打ち出されるも、なんと主人公が1ミリもそれに興味を示しません。彼に興味があるのは、自分の好きだった祖母がこの絵にどのような関わりがあったのか、ということだけ。とにかく彼は絵の書かれた背景を探り出そうとしていくので、まぁ序盤は絵画ミステリっぽい雰囲気ではあります。

ところが途中から絵を巡って殺人が起き、山のような作者不明の絵が出現し、絵を狙う怪しげな金持ちが登場し、と俄然サスペンスっぽくなってきます。そのあたりから、それまで無気力流され主人公だったトニーに突然自我が芽生え始め、最終的には絵と家族を救うためコン・ゲーム的なものを仕掛けるようになっていくのです。どうしてこうなった。
だからこの話は、うだつの上がらない男が、自分を見下していた周りの女たちを見返す話、という、なんだかイマイチ個人的には乗り切れない話に最終的にはなっていくわけですよ。その他、盛り上げ方とかハラハラ感とかが結構独特で、終始オフビートなサスペンスになっています。良い意味でも悪い意味でも緊張感はなく、そのへんにはまるかも難しいところ。

オフビート感が最後の方にはちょっとはまってくるし、コン・ゲーム要素も結構うまく出来ているしで、全然だめとも言い切れないんですよね。ただまぁ、主人公がバイクを乗りまわして妻を見返していぇーいみたいなシーンの、アメリカンなマッチョ信仰みたいの見ると頭が痛くはなるし……なんだかな……結局好きにはなれなかった本かなぁとは思います。

原 題:By Death Possessed (1988)
書 名:左ききの名画
著 者:ロジャー・オームロッド Roger Ormerod
訳 者:野中千恵子
出版社:社会思想社
     現代教養文庫 3037
出版年:1993.03.30 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト



『疑われざる者』シャーロット・アームストロング

 - 2020.07.13 Mon
アームストロング,シャーロット
疑われざる者
『疑われざる者』シャーロット・アームストロング(ハヤカワ・ミステリ文庫)

退役軍人フランシスは復讐を決意した。狙いはもと演出家グランディスン――この男こそ秘書であるフランシスの恋人を殺した殺人犯なのだ。フランシスは、憎むべき男の家に身を寄せる娘マティルダが事故で行方不明と聞き、彼女の婚約者と称して殺人の証拠集めを始めた。が、そのマティルダが生きて戻ってきた。しかも追い撃ちをかけるように、動転したフランシスの命を狙ってついに殺人鬼が本性を現わしたのだ! 絶体絶命の窮地に陥ったフランシスを救うものは? 緊迫した追跡劇と女の微妙な心理を繊細な筆致で綴るサスペンス傑作。改訳決定版(本書あらすじより)

去年から始めた年一シャーロット・アームストロング。めっちゃ好きな作家なんだから、大事に取っておかずにちゃんと読んでいきましょう、というわけで、今年は『毒薬の小壜』と同じくハヤカワ・ミステリ文庫に収録されている『疑われざる者』です。正直全然評判を聞かないんだけど、どうなんd……ああああああああああああああああああああああああああああああああすげぇぇぇぇぇ良かったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

傑作。シャーロット最高。アームストロング最高。シャーロット・アームストロング最高。年一シャーロット・アームストロングを続けられる限り、俺は生きていける気がするぞ。うぇいうぇい。

……ふう(一度落ち着くための深呼吸)。


演劇界の巨匠、劇作家のグランディスンが秘書のロザリーンを死に追いやったことを確信する婚約者のフランシスは、グランディスンの家に潜入する……という、敵がはっきりしたサスペンス。周りの全ての人を従わせ信用を得ている巨悪を相手にどう戦うのか?という、かなり王道のサスペンス的内容です。
大きく分けると、潜入捜査がいつバレるかとハラハラする前半と、マティルダというグランディスンの言いなりになっている娘が自立していく後半、に分かれます。「善意(と本人は思っている)にあふれた盲目性」の怖さ・危険性が描かれるあたり、方向性は違うけど『毒薬の小壜』に近い要素も感じられます。

読了後色々なネット上の感想を漁ったのですが、かなり評価が割れている作品なんですよね。前半後半の話のずれ方・つなげ方が歪だったりして、微妙にこの作品が合わない、という人が一定数いるというのもまぁ分かります。実際、殺人の証拠も割とすぐ見つかるので、ある意味ストーリー上の中身はあんまりないとも言えます。

けど、俺はやっぱりこの人の書くサスペンスがすごい好きなんですよ。

緊迫感・緊張感漂う前半、アームストロングが超得意としている怒涛の追跡劇の後半、そしてその中で、無気力だった人間の意志が立ち現れてくるキャラクターの力強さ。『毒薬の小壜』の後半、『魔女の館』の後半、そして本書の後半に共通する、何かを追い始めてからのアームストロングの異様な筆のノリっぷりったらないのです。読んでいて取り憑かれそうになります。
また、本書の敵役グランディスンの、最後までしぶとく勝とうとするラスボス感が実に魅力的。ここまで強いとぐうの音も出ないし、ここまで強いからこそ、最後こうしか勝てない、というのがよく分かります。「正義は勝つ」というシンプルなテーマが、アームストロングの手にかかると、これだけの力強さを持って読者にぶん投げられるわけです。


そして、この作者は本当に、人間の善意を信じているし、「人間讃歌」で物語を作れる、すごい人なんです。
作中のセリフを1つだけ紹介します。とにかく善意溢れる行動を取り続けるも、周りの人間を客観的に判断できていない人物に対して、とある登場人物が投げつける言葉です。
「あなたはこれまでの人生でご自分の考えというものを持ったことがないのよ。あなたの頭脳はあなたのために造られてるのにね。だれのことでも判断を誤ってるわ。まっすぐ見てないからだわ。でも、あなたのせいじゃないわね。生まれながらの不幸でしょうね。」
うぅ…………刺さる………………。


というわけで、うーんもう最高。これまで読んだ中では、『毒薬の小壜』『魔女の館』がずば抜けたド傑作で、『サムシング・ブルー』は良作、くらいでしたが、『疑われざる者』はドのつかない傑作、くらいの位置付けです。強くオススメ。自分がアームストロングの話作りが好きすぎるので、客観的に参考になる評価かどうかは分かりませんが……。

原 題:The Unsuspected (1946)
書 名:疑われざる者
著 者:シャーロット・アームストロング Charlotte Armstrong
訳 者:沢村灌
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 46-2
出版年:1982.05.31 1刷

評価★★★★★

『フライデー・ブラック』ナナ・クワメ・アジェイ=ブレニヤー

 - 2020.06.21 Sun
アジェイ=ブレニヤー,ナナ・クワメ
フライデー・ブラック
『フライデー・ブラック』ナナ・クワメ・アジェイ=ブレニヤー(駒草出版)

欧米有名紙で激賞された規格外の新人、ブレニヤーのデビュー短編集。トレイヴォン・マーティン射殺事件を直接のモデルとした「フィンケルスティーン5」など全12篇を収録する。(本書あらすじより)

「フィンケルスティーン5」
「母の言葉」
「旧時代<ジ・エラ>」
「ラーク・ストリート」
「病院にて」
「ジマー・ランド」
「フライデー・ブラック」
「ライオンと蜘蛛」
「ライト・スピッター──光を吐く者」
「アイスキングが伝授する『ジャケットの売り方』」
「小売業界で生きる秘訣」
「閃光を越えて」

話題になっていた短編集。黒人差別について色々と考えさせられる、まさに今、読むべき本だということで、手に取ってみたのですが……すげぇ。ただただすげぇ。
人間のむき出しの醜い本能が、圧巻の読みやすさで読者を襲ってきます。つらいけど、話が面白すぎてつらくない。きついけど、物語が圧巻過ぎてきつくない。けど読後の残り香がすごい。素晴らしい短編集です。ミステリ好きにも、ノワールの文脈でおすすめしやすいのではないでしょうか。

半分以上はSF的な設定の作品が多く、とにかく人間はクソである、という事実を読者は突きつけられます。人間讃歌でも何でもありません。黒人差別に限らず、買い物、無法地帯、競争心などに現れる、人類のどうしようもなさが破壊力高めで描かれていきます。

ただ、この『フライデー・ブラック』の魅力を、誤解のないように伝えるのが難しいんですよね。読む前に聞いていた感じやあらすじからだと、もっとこう、黒人差別ドロッドロのしんどい短編集だと思っていたのですが、全体としてはむしろグイグイ夢中で読ませるような内容ばかりではないかと思います。でも、「読みやすい」の一言で片付けられるような内容ではもちろんないわけです。作品ごとの小さなフックが強すぎて、読み終わっても心にちゃんと残るんですよ。
例えば冒頭の「フィンケルスティーン5」で何が一番残るって、ノワール的なエンディングより、お店を出る時レシート確認を求められる黒人の現状とか、そっちなんですよ(そこに「ブラックネス」という強烈な要素を入れ込むこの作者のセンスの高さ)。「ジマー・ランド」なら、微笑みに対しては微笑むようになっている、みたいなところとか。個々の引っかかりが上手いので、読者が生々しく想像しやすいんだと思います。

そして、差別や格差を扱ったしんどい内容であるにもかかわらず、めっちゃ読めちゃうんですよ。つらさより、面白さが勝っちゃうんです(少なくとも自分は)。なぜなら、誰もがこういう、人間のどうしようもない部分を抱えており、その様を見たくなってしまうから。それがきつい。これを「エンタメ性が高い」と思ってしまう自分がきつい……なんてことを色々と考えました。

ベストは……やっぱり「フィンケルスティーン5」かな。「閃光を越えて」も見事。むしろ表題作のシリーズが一番ピンと来なかったかもしれません。
読むならマジで今です。読みましょう。

原 題:Friday Black (2018)
書 名:フライデー・ブラック
著 者:ナナ・クワメ・アジェイ=ブレニヤー Nana Kwame Adjei-Brenyah
訳 者:押野素子
出版社:駒草出版
出版年:2020.02.10 初版

評価★★★★★

『陰謀の島』マイケル・イネス

 - 2020.03.31 Tue
イネス,マイクル
陰謀の島
『陰謀の島』マイケル・イネス(論創海外ミステリ)

ロンドン市内でルーシーという娘が行方不明になり、ハロゲイトの田舎町では馬車馬が盗まれ、ホーク・スクエアでは一軒家が丸ごと盗まれた。相次ぐ不可解な事件の捜査を担当する事になったアプルビイ警部は、事件の影に暗躍する魔女の存在を知り、盗まれた物が南米大陸に集められている事をつきとめた。秘密施設〈ハッピー・アイランド〉へ乗り込んだアプルビイは、そこで世界規模の陰謀が進行している事を知る……。(本書あらすじより)

最近せっせとブログを更新しているのはいいとして、あんまり褒めている本がないような……しかも今回もだから申し訳ないんですけど。
さてイネス。何やら『陰謀の島』は殊能将之が絶賛した変な話らしいと聞いてはいたのですが……えぇ、なんなんだこれは……ジョン・ブラックバーンとかピーター・ディキンスンっぽいというか……。
面白いか面白くないかで言えば、面白くなくはない、みたいな感じです(二択になっていない)。とりあえず、謎解きミステリではありません。強いて言うならジェイムズ・ボンドに近い……のか?(けどスパイ小説でもないし、戦時中とはいえ冒険小説風でもない) とにかくよく分からない、異色作です。

連続少女失踪事件、そして特に価値のない馬盗難事件の捜査が同時に進む序盤は、英国警察小説のルーツであるかのような渋めの展開でとても面白く読めます。ここには明確な解かれるべき謎がありますし、中間管理職らしいアプルビイの面倒な立場なんかも描かれます。読んでいて、デクスターとかヒルとかラウゼイに連なる雰囲気っぽいのをイネスから感じるのは初めてかも。
この二つの事件は、前者はロンドン警視庁のハドスピス、後者はアプルビイによって、それぞれ別々に調べが進んでいきます。この二つがどこかで結びつくんだろうと、読者は当然予測するわけですが、アプルビイのその気付き方があんまりにも強引で笑ってしまいました。王道のミステリを皮肉るかのようなやり方で、こういうのはめっちゃ好きです。

……とか考えていた自分が甘かったのです。以後の展開は、王道からずらしていく(登場人物すら自身でベタをネタにしていく)とか、そういう要素もあるにはありますが、そんなレベルではないのです。第二部以降の奇想としか言いようのない展開は、もう何でもあり。アプルビイがそもそも「警察官」という役回りですらありません。これ、一番近いのは、後のジェイムズ・ボンドの世界じゃないですか。

何が酷いって、世界中からオカルト的なものを集めて謎の島とか作っちゃってる黒幕的な人が出てくるんですが(どういうこと?)、最初の方はアプルビイが「こいつの目的は何だ、まさか〇〇で終わりってことはないだろう」とか考えていたのに、その〇〇で終わりってことですよ。落としどころが「こいつやべぇ」なんですよ。なのに、この『陰謀の島』という作品に漂う独特の空気感がとにかく異様で、客観的に淡々とヤバさが描かれるだけなんです。ツッコミ不在のボケだけのコントみたい。そんなぬるいもんじゃないけど。
悪役をやっつけるところすら、全く読者をはらはらさせません。なぜなら、作者が下手だからではなく、どうせこういう展開になるって読者も思っているでしょ、と作者とアプルビイが考えているし、そう考えていることを読者に隠そうともしないから。王道っぽさをネタにしすぎてメタになるとこうなるのかっていう。

とりあえず、読めます。面白くなくもないです。けど、つまらないと言えばつまらない。どう評価していいかもよく分かりません。個人的には、そういう作品でした。うーん、イネス、『ある詩人への挽歌』以外はそこまで合わないのかな……。

原 題:The Daffodil Affair (1942)
書 名:陰謀の島
著 者:マイケル・イネス Michael Innes
訳 者:福森典子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 244
出版年:2019.12.10 初版

評価★★★☆☆

『正義の四人/ロンドン大包囲網』エドガー・ウォーレス

 - 2020.03.28 Sat
ウォーレス,エドガー
正義の四人/ロンドン大包囲網
『正義の四人/ロンドン大包囲網』エドガー・ウォーレス(Gem Collection)

法では裁けぬ悪人に鉄槌を下す四人の男たち。狙いを定めたのは英国外務大臣だった。ロンドン警視庁の威信をかけた包囲網に果敢に挑むが……最初のベストセラーとなったウォーレスの記念すべき第一作。ミステリ史に残る愛すべき古典的名作。(本書あらすじより)

『正義の四人』、『海外ミステリー事典』で知ってからかれこれ13年ずっと気になっていた本だったのですが、結局スリラーとしてしょぼすぎる作品で、読み終わってめちゃめちゃ悲しい気持ちになりました。1905年発表であることをどれだけ差っ引いても、微妙は微妙。この分だと、『真紅の輪』とかも面白くないのかな……。

正義の名のもとに、悪徳な政治家、事業家、権力者など、世界中の要人を次々と暗殺してきた四人組「正義の四人」。彼らの次なる標的は、英国外務大臣だった。「正義の四人」の予告を受けて、ロンドン警視庁はこの計画を阻止しようとするのだが……。

タイプとしては同時期(よりやや遅め)のルパンに近く、悪人が主人公、警察は敵という、鼠小僧的な義賊ものなわけですが(新聞が煽りまくりで「正義の四人」寄りなのもルパンっぽい)、まずこの「義賊もの」としての構図がぜんぜん上手く見せられていません。四人の掲げる正義がいまいちピンと来ませんし、「悪人」であるはずの外務大臣もそんなに悪人に見えないっていう(今でいう逃亡犯条例的なものを、社会主義者の引き渡しのために制定しようとしているのですが、それくらいで殺しても……感はあります)。むしろ暗殺を防ぐため警察がすごく頑張ってるなぁ、としか思えません。
大胆不敵(笑)な四人の作戦も本当に大したことがなく、暗殺のアイデアも(引っ張った割に)しょぼめ、それを阻止できない警察も超ザコい、という、何とも低レベルな暗殺劇。四人組が暗殺の邪魔になる一般人を普通に殺しちゃうのもマイナス点です。これやっちゃうと、ただのテロリストじゃねぇか……。

ところで、タイトルは「正義の四人」ですが、シリーズ1作目であるこの作品の冒頭で何が説明されるかと言うと、直近の事件で一人死んでしまって実は三人組になってしまったというのです。そのため、この作品はテリー(サイモン)なるスペイン人を暗殺に必要な知識を持っているからということでスカウトするところから始まるわけです。このテリーが、暗殺そのものに最初から最後まで全然乗り気じゃないですし、何なら他の三人ともケンカする始末。脅されて参加させられてる、という方が近いのです。英語も分からず、何にも事情を知らされていないテリーはただただ哀れ。
aga-searchによると、「『正義の四人』と言われるようにメンバーは四人ですが、その構成員については三人は全編を通じていつも同じですが、後の一人は各編違った人物を補足してその人物がどんな人間かを最後まで明かさないやり方を貫いてい」るんだそうです。おそらく2作目以降は、誰が四人目のメンバーなのか?という謎があるのかなぁと予想していますが、確かにそういう要素があった方が面白かろうとは思います。

でもまぁ、オチも酷いし、スリラーとしても盛り上がらないまま終わるし、マジで加点ポイントがありません。ルパン的に四人組をめっちゃ読者に寄せようとも、たぶんしていないし。ある意味シリーズがこの後どうなるかだけは気になるので、うん、ウィキペディアで読みます。

原 題:The Four Just Men (1905)
書 名:正義の四人/ロンドン大包囲網
著 者:エドガー・ウォーレス Edgar Wallace
訳 者:宮﨑ひとみ
出版社:長崎出版
     Gem Collection 7
出版年:2007.06.10 初版

評価★★☆☆☆

『南十字星』ジュール・ヴェルヌ

 - 2020.02.14 Fri
ヴェルヌ,ジュール
南十字星
『南十字星』ジュール・ヴェルヌ(中公文庫)

斜長方形十二面体の黒い結晶、七彩の光を放つ432カラットの「南十字星」の行方を追って、猛獣の咆哮する中央アフリカの原野へ踏み入る青年科学者とその恋人、そして荒くれ男たち――イギリスの植民地主義的収奪の時代の南阿を舞台に、ヴェルヌ一流の奔放な構想、巧妙な語り口で展開される冒険サスペンス・ミステリーの本邦初訳版(本書あらすじより)

『神秘の島』を好きすぎるせいでヴェルヌに異常な好感情を抱いているのですが、別にヴェルヌなら何でも好きなわけでもないのです。実際、『海底二万里』『必死の逃亡者』は微妙だったなぁと思っているわけですし。ですが、今回のヴェルヌは久々にちゃんと面白い作品でした。しっかりミステリ、しっかりサスペンス、しっかりロマンス。

フランス人鉱山技師メレは、南アフリカのダイヤモンド鉱山にたどり着いた。ダイヤモンドで財を成した大地主ジョン・ワトキンズの娘アリスと相思相愛の仲になったメレは、金に目がないワトキンズに結婚を認めてもらうため、採掘と人工ダイヤモンド製造の実験にあけくれる。
やがて実験の中で世界最大級となる人工ダイヤモンドを生み出したメレだが、そのダイヤモンドがワトキンズ家のパーティの最中に突如紛失してしまう。行方をくらました黒人を怪しいと見たワトキンズが宝石奪還を命じ、メレは犯人に疑問をいだきつつも競争相手と共にアフリカ横断を敢行するが……。

1884年の作品です(ヴェルヌの作品発表時期は1860s〜1900s)。訳者解説に詳しいのですが、きちんと活躍する女性が登場する、しかも話の主軸にロマンスがある、というのがヴェルヌ作品の中では非常に珍しい異色作とのこと。いつものヴェルヌは男しか出てきませんからね。
ヒロインのアリスは、化学に造形が深くメレと対等に科学話で盛り上がり、「宝石」としてのダイヤモンドには興味がないけど、「炭素の塊」としてのダイヤモンドには興味がある、というキャラクター。彼女がメレの実験を後押しする様なんかが、読んでいてとても良いのです。

さらに盗まれた宝石「南十字星」を巡るミステリとしても、犯人の正体という謎、そして宝石に関するもう一つの謎が、それぞれ伏線をきちんと入れつつきれいに描かれており、こちらも満足度が高い仕上がりです(ヴェルヌは『神秘の島』もそうですが、謎解きの見せ方が地味に上手いんですよね)。某英国ミステリの古典のトリックの先取りである点も要注目かもしれません。

お得意の個性的なキャラクターも今回はハマっています。多種多様の国籍・人種を登場させるとなると19世紀にヴェルヌの右に出る者はいません。南アフリカの鉱山という移民・労働者の集団なんかは、ピッタリの題材だったのではないでしょうか。黒人、オランダ人(ボーア人)、中国人、フランス人、イギリス人の対立なんかが、読んでいてとても楽しいのです。主人公のメレが黒人やアジア人をバカにするヨーロッパ人に反抗し、そのせいでどんどん優秀な味方を増やしていくところなんか、王道っぽくて好き。

アフリカ横断の際の象狩り、主人公の命を狙う陰謀、現地の人の神秘・秘密、そして最初に宝石を取り戻した人がアリスと結婚できるという競争の中で厳しい自然に直面し次々と競争相手が死んでいくサバイバル……と、冒険小説としても隙のない面白さ。裏切りにあって着の身着のままでアフリカの草原に放り出された主人公たちが、キリンを捕まえて馬代わりにして、ダチョウに乗る黒人を追いかけるデッドヒートとかすごいですよ。一番極悪だった敵が鳥のせいで衝撃的な最期を遂げるシーンも、なかなかの斬新さと壮絶さ。

あくまで19世紀としては……という留保付きかなとは思いますが、でも比較的短めの長さもあって、すごく無難に面白いヴェルヌなのではないかと思います。地味だけど、おすすめ。ちなみに訳者は、東京創元社の編集長もつとめられた方だったようです。

原 題:L'Étoile du sud (1884)
書 名:南十字星
著 者:ジュール・ヴェルヌ Jules Verne
訳 者:曽根元吉
出版社:中央公論社
     中公文庫 C6
出版年:1973.10.10 初版

評価★★★★☆

『ネプチューンの影』フレッド・ヴァルガス

 - 2019.12.17 Tue
ヴァルガス,フレッド
ネプチューンの影
『ネプチューンの影』フレッド・ヴァルガス(創元推理文庫)

ネプチューンの三叉槍(トリダン)で刺されたような傷がある死体。30年前アダムスベルグの弟が恋人殺しの嫌疑で追われた事件も同じ手口だった。それ以前に五件、その後に二件同様の殺人があった。謎の多いこの事件で弟を失ったアダムスベルグは、彼の無実を証明すべく自らが犯人と確信する男を追い続けていた。アダムスベルグの人生を大きく変えた不可解な事件の驚愕の真相。CWA賞受賞作。(本書あらすじより)

本作が出るまでの過程については、前の記事に詳しく書いたので省略。
さて、この『ネプチューンの影』、やっと読めたぜ!というだけでも嬉しいのに、内容も超楽しい作品でした。これだよ! アダムスベルグ署長シリーズが楽しいのは、これなんだよ!

三叉の槍で殺し、近くに記憶をなくした人物を置くことで罪を着せる……ということを何度も繰り返してきた男。アダムスベルグ署長は、弟がこの事件に巻き込まれた過去を持つため執拗に連続殺人犯を追い続けていたが、犯人と目される判事が既に死亡していることもあり、この連続殺人の存在自体を周囲からは信じてもらえていない。
ある日、12年ぶりに連続殺人犯が活動を再開したことにアダムスベルグは気付いたが、やはり犯人の尻尾をつかめない。ところがカナダへの科学捜査研修に行った後に、ついにアダムスベルグ自身がこの連続殺人に巻き込まれてしまうことに……。

アダムスベルグのぶっ飛んだ空想と天才的直感型推理が、連続殺人鬼を相手にすることで抜群の輝きを見せます。また、今回は署長自身が追い込まれてしまう中で、署長を手伝うサポートメンバーがとにかく楽しいのです。部下ダングラールの博学さ、初登場の部下ルタンクールの有能感、そして最強の老嬢たちの神がかった活躍……キャラクターの面白さで言えば、今までで一番なのではないでしょうか。
序盤、アダムスベルグ一行がカナダに科学捜査の研修で行くのですが、カナダ警察のメンバーもとにかく個性的。めっちゃ個性的なキャラクターたちがエグいぐらい個性的な事件を追う、というヴァルガスの持ち味が存分に生かされていて、読んていて多幸感しかありません。ちなみにカナダ人の訛りの訳も、色々な意味ですんごいのでぜひ読んでもらいたい……。

このシリーズは、事件自体はシリアスなのに描き方がファンタジックなので、オフビートというか、現実離れしたふわふわ感を伴うというなかなか特異な読み心地。しかも今回はこのふわふわ感に、アダムスベルグ自身がピンチに陥るという点が上手く合わさっており、リーダビリティの面でも万全の体制。ミステリのストーリーとしても500ページとにかく楽しいのです。
亡霊のような犯人が最初からある程度分かっている中で、中盤まで防戦一方だったアダムスベルグが攻撃に転じ、ひたすら手がかりを追いまくる後半は、意外性こそないものの圧倒的に面白いです。『裏返しの男』は、ややうーんな感じでしたが、今回は『青チョークの男』レベルの(もしかしたら超える)面白さなのではないでしょうか。

世間的には三聖人シリーズの方が人気ですが、自分は断然こちらの方がフランス・ミステリに求めるものが詰まっている気がして好きなんですよね。あと6作はシリーズ未訳作があるはずなので、頼むから東京創元社さん、引き続き頑張っていただきたい……いくらでも買うので……。

原 題:Sous les vents de Neptune (2004)
書 名:ネプチューンの影
書 名:フレッド・ヴァルガス Fred Vargas
訳 者:田中千春
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mウ-12-6
出版年:2019.10.31 初版

評価★★★★★

『ネプチューンの影』フレッド・ヴァルガス……が出るまで

 - 2019.12.14 Sat
ヴァルガス,フレッド
ネプチューンの影
『ネプチューンの影』フレッド・ヴァルガス(創元推理文庫)

ネプチューンの三叉槍(トリダン)で刺されたような傷がある死体。30年前アダムスベルグの弟が恋人殺しの嫌疑で追われた事件も同じ手口だった。それ以前に五件、その後に二件同様の殺人があった。謎の多いこの事件で弟を失ったアダムスベルグは、彼の無実を証明すべく自らが犯人と確信する男を追い続けていた。アダムスベルグの人生を大きく変えた不可解な事件の驚愕の真相。CWA賞受賞作。(本書あらすじより)

今日の記事は長いです。皆さん、諦めてください。なぜなら、
喜べ! ついにフレッド・ヴァルガスが出たぞ!


思い返せばほぼ7年前、2013年1月1日、元日の東京創元社の新刊予告で、フレッド・ヴァルガスの次なる翻訳作品が『汚れた手』であることが発表されました。タイトル的に、これはインターナショナル・ダガー賞を受賞した、アダムスベルグ警視シリーズの作品に違いない!(仏題とは違うけど英題がこんな感じだし!) 2012年1月にはアダムスベルグ警視シリーズ第2作『裏返しの男』、2012年8月には〈三聖人〉シリーズ第3作にして最終作『彼の個人的な運命』が出たばかり。2013年にもヴァルガスが読める!と我々(ヴァルガスファンは)期待に胸を膨らませたわけです。

ところが2013年、ヴァルガスは刊行されませんでした。まぁまぁ、東京創元社の元日ラインナップに載った作品が、その年に出ないことなんてざら。おそらく2014年には出るだろうと思っていると、案の定2014年1月1日の予告で『Sous les vents de Neptune』というタイトルが出ました。ふむふむ、まだ邦題は未定ということね。分かる分かる。頑張ってくれ。

しかしながら2014年も音沙汰なし。ここから我々ヴァルガスファンにはつらい、つらい、予告暗黒時代が始まります。すなわち、

2015年1月1日:『ポセイドンの爪痕』
2016年1月1日:『ポセイドンの爪痕』
2017年1月1日:『ポセイドンの爪痕』

何も変わっていないじゃないか!!!!!


停滞する一方のヴァルガス予告に悶え苦しんでいた我々に、ようやく感知できる動きが現れたのが2018年元日。この年の予告では、

2018年1月1日:『ネプチューンの爪痕』

となっていました。
なるほど、邦題がついに決まってきた感があります。これは間違いなく今年出る! 待ったぞ何年も! 2018年だったんだな! いいんだ出るなら! ちょっと(5年)くらい待たされても!!



2019年1月1日:『ネプチューンの爪痕』


……出ないじゃないか!
なんなんだこの予告タイトルマイナーチェンジは!! こちらをやきもきさせようと微妙に動きを見せたりしないでくれ!



しかし!!! 2019年は違ったのです!
時は2019年2月13日。東京創元社の新刊ラインナップ説明会で、ついにフレッド・ヴァルガスが今年出るということが告げられました。やったぜ! いぇい! ついに出る! いつも元日予告だけだけど、今年は違う!
すわ、わたくし、あえて6年間未読のままにしていた『論理は右手に』を読み、いつでも来いや!とばかりに待ち構えます。ひと月が経ち、ふた月が経ち……あれ、全然出ないな、どうなってるんだ……。




2019年8月16日(東京創元社のメールマガジン「2019年10月の近刊案内」):『ネプチューンの影』(仮)



いぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!!!!!!!!!!!!!!!!!
(脳内のサンシャイン池崎)



かくして、2019年10月31日、ついに我々は、フレッド・ヴァルガス『ネプチューンの影』を手にすることとなったわけです!

(長すぎるので続く。感想は次の記事で。『ネプチューンの影』はね、すごく面白かったんですよ!!!!)

『厳寒の町』アーナルデュル・インドリダソン

 - 2019.11.04 Mon
インドリダソン,アーナルデュル
厳寒の町
『厳寒の町』アーナルデュル・インドリダソン(東京創元社)

男の子の年齢は十歳前後。地面にうつ伏せになり、体の下の血溜まりは凍り始めていた。アイスランド人の父とタイ人の母の間に生まれた男の子は、両親の離婚後、母親と兄と一緒にレイキャヴィクの住宅街に越してきた。人種差別的な動機による殺人が疑われ、エーレンデュルら捜査陣は、男の子が住んでいたアパートや通っていた学校を中心に捜査を始める。CWAインターナショナルダガー賞最終候補作、世界のミステリ界をリードする著者が現代社会の問題にメスを入れた、シリーズ第5弾。(本書あらすじより)

6年前に読んで以来、実はインドリダソンから完全に遠ざかっていました。『湿地』は結構好きだったんですが、『緑衣の女』が微妙で、その後の『声』『湖の男』を一切読もうとしていなかったのです。
というわけで今回、実に久々に手に取ってみたのですが……え、アーナルデュル・インドリダソンって、こんなに面白かったんだっけ???

タイからの移民の子である10歳の少年が、ナイフで刺された死体となって見つかる……という冒頭で、つまり移民問題を扱った社会派ミステリなのね、と分かります。それはまぁ、そう。ただ、その捜査の描き方、移民問題のあぶりだし方、そして真相を急に提示することであらわれる虚しさが、すっごく良いのです。

真ん中くらいまで、いやなんならほぼ終わりの方まで、「捜査」という点では全然進みません。手がかりもほぼなく、明確な動機を持つ者も出てこない……凶器が発見されるまでは、犯人逮捕につながる手がかりはゼロと言って良いと思います。
ところがその間の、主人公ら警察官3人の捜査が実に読ませるんです。アイスランドという狭い社会の中で、移民たちはどう暮らしているのか、人々は移民をどう捉えているのか、子供たちはどういう世界に生きているのか、がじわぁぁぁっと描かれるのですが、ここがやたらと面白いんだよなぁ。
合間合間にエーレンデュル、エリンボルク、シグルドゥル=オーリら3人の私生活が描かれます。警察官のプライベートを出すのって近年の警察小説のもはや王道みたいなところはありますが、その挿し込み方のさりげなさがすごく上手いんですよ。メインの移民の子殺しに動きがないだけに、良いアクセントになっているんです。

そして真相の提示がね……。この唐突さって、本格ミステリには絶対出来ないタイプの、良い意味での「唐突さ」じゃないですか。それがこの400ページのミステリの虚しさを煽っているのが、めちゃくちゃ良いんです。すっごい変化球のフリオチみたいな話。
インドリダソンって実は一発ネタみたいなのが好きなのかもしれませんが、今回はその見せ方が上手いので、これが物語としてきちんと生かされているのだと思います。下手にやったら、ただの雑なオチになっちゃうよ、こんなもん。

というわけで、くそぉ、やっぱり面白いじゃないかインドリダソン。ちゃんと読み飛ばしている2作品も追おうかなぁ。

原 題:Vetrarborgin (2005)
書 名:厳寒の町
著 者:アーナルデュル・インドリダソン Arnaldur Indriðason
訳 者:柳沢由美子
出版社:東京創元社
出版年:2019.08.23 初版

評価★★★★☆

『水底の骨』アーロン・エルキンズ

 - 2019.10.02 Wed
エルキンズ,アーロン
水底の骨
『水底の骨』アーロン・エルキンズ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

十年前、ハワイで大牧場を経営するマグナスが失踪を遂げた。その遺骨が海の中から発見され、遺族の証言では当時のマグナスは殺し屋に命を狙われていたという。彼は逃亡の末にかわりはてた姿になったのか? 現地を訪れていた人類学教授ギデオンは調査を開始。当初、それはごく普通の骨に思えた。だが、やがてその骨の異常さが明らかになり、遺族の隠されていた秘密が露わに……スケルトン探偵をも惑わせる遺骨の正体は。(本書あらすじより)

いつものスケルトン探偵シリーズとは異なり、過去の事件のみを対象に、ひたすら推論を積み重ね、家族たちの嘘を暴く、というなかなか地味な作品。殺人が起きるのも、言っていいと思いますが、残り50ページくらいのところとかなり終盤。そのせいでむしろ黄金時代の本格味が増していて、シリーズ中でも比較的出来が良い方なのではないでしょうか。

シリーズキャラクーであるFBI捜査官ジョン・ロウの友人一家トーケルソン家に誘われ、ハワイにやってきた人類学教授ギデオン・オリヴァー。十年前に失踪した一家の主の骨が、海底に沈んだ飛行機から発見されたため、ギデオンがその骨を鑑定することに。しかしこの失踪事件に関して、トーケルソン一家全員が明らかに隠し事をしているようなのだが……。

いつもなら、骨が見つかり実は殺人でしたさて犯人は?という展開ですが、今回は十年前に一家の叔父が相次いで死んだ状況を読み解く、犯人探しというよりはホワットダニットが中心になっています。トーケルソン一家が隠し事をしていることが、最初から読者には明示されているのがポイント。家族の秘密を暴きつつ、徐々に事件の矛盾を見つけ出していく、というストーリーはなかなか楽しめます。
結局手がかりが後出しにも程があるので謎解きミステリとしてはかなり弱いのですが、400ページ安定して読めるんですよね。最後のおまけどんでん返しで、骨の鑑定をするギデオン・オリヴァーに対するあてつけのような真相が急に出てくるというのも逆に面白いです。

シリーズにもっと良い作品はありますが、比較的最近の作品の中では当たりなのではないでしょうか。たまにはスケルトン探偵が頭を殴られない or ピンチにならない話を読みたいと思っていたら(だってほぼ毎回だし……)、今回はそんなサスペンスすらなかったのが逆に好ましく感じられました。
ところでこのシリーズ、気付けば『暗い森』『断崖の骨』『古い骨』『呪い!』『洞窟の骨』『水底の骨』『葡萄園の骨』と7作も読んでいたんですね……。『氷の眠り』〜『楽園の骨』の1990年代の作品を全く読んでいないので、今後、また気が向いたら読んでみようかなぁ。

原 題:Where There's a Will (2005)
書 名:水底の骨
著 者:アーロン・エルキンズ Aaron Elkins
訳 者:嵯峨静江
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 299-7
出版年:2007.04.25 1刷

評価★★★★☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
クリスティ、デクスター、グライムズ、ディヴァインが好きな、ヨッシーことTYこと吉井富房を名乗る遅読の社会人5年目が、日々読み散らかした海外ミステリ(古典と現代が半々くらい)を紹介する趣味のブログです。ブログ開始から11年になりました。ちなみにブログ名は、某テンドーのカラフル怪獣とは全く関係ありません。
来て下さった方々が、コメントを残して下さると、管理人が大変喜びます。広告のコメントは、削除することがあります。
このサイトはリンクフリーですが、一言声かけてくれると嬉しいです。
Twitter(@yossi3110)

リンク

このブログをリンクに追加する

読書メーター

ヨッシーさんの読書メーター ヨッシーの最近読んだ本

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
日記 (526)
今年のベスト10 (12)
ア行 (146)
アヴリーヌ,クロード (1)
アジェイ=ブレニヤー,ナナ・クワメ (1)
アシモフ,アイザック (4)
アシャット,フェデリコ (1)
アダム,ポール (1)
アーチャー,ジェフリー (1)
アッシュ,ロザリンド (1)
アップデール,エレナー (2)
アップフィールド,アーサー (2)
アデア,ギルバート (1)
A・D・G (2)
アトキンソン,ケイト (1)
アフォード,マックス (1)
アームストロング,シャーロット (4)
アリンガム,マージェリー (6)
アルレー,カトリーヌ (1)
アンズワース,キャシー (1)
アンダースン,ウィリアム・C (1)
アンダースン,ジェームズ (1)
アントニイ,ピーター (1)
アンプエロ,ロベルト (1)
アンブラー,エリック (1)
イェルハルドセン,カーリン (1)
イジー,ユージン (1)
イシグロ,カズオ (2)
イデ,ジョー (2)
イネス,マイクル (5)
イーリイ,デイヴィッド (1)
インゲルマン=スンドベリ,カタリーナ (1)
インドリダソン,アーナルデュル (3)
ヴァルガス,フレッド (7)
ヴァン・ダイン,S・S (3)
ヴァンス,ジャック (1)
ウィアー,アンディ (2)
ヴィカーズ,ロイ (3)
ウイバーリー,レナード (3)
ウィリアムズ,ナイジェル (1)
ウィルフォード,チャールズ (1)
ウィングフィールド,R・D (6)
ウィンズロウ,ドン (1)
ウィンタース,ベン・H (3)
ウェイン,エリザベス (1)
ウェストレイク,ドナルド・E(コウ,タッカー、スターク,リチャード) (7)
ヴェリー,ピエール (1)
ヴェルヌ,ジュール (2)
ウォーカー,マーティン (3)
ウォーターズ,サラ (4)
ヴォートラン,ジャン (2)
ウォルターズ,ミネット (1)
ウォーレス,エドガー (2)
ウッドハウス,P・G (1)
ウールリッチ,コーネル(アイリッシュ,ウィリアム) (9)
エアード,キャサリン (2)
エクストレム,ヤーン (1)
エクスブライヤ,シャルル (4)
エーコ,ウンベルト (1)
エナフ,ソフィー (1)
エフィンジャー,ジョージ・アレック (1)
エリザーロフ,ミハイル (1)
エリン,スタンリイ (3)
エール,ジャン=マルセル (1)
エルキンズ,アーロン (7)
エルロイ,ジェイムズ (1)
オコンネル,キャロル (1)
オーツ,ジョイス・キャロル (1)
オベール,ブリジット (1)
オームロッド,ロジャー (1)
オリオール,ローレンス (1)
オルツィ,バロネス (2)
カ行 (203)
カー,グリン (1)
カー,ジョン・ディクスン(ディクスン,カーター) (16)
ガーヴ,アンドリュウ (1)
カサック,フレッド (2)
カーター,M・J (1)
カットナー,ヘンリー (0)
カッリージ,ドナート (2)
ガードナー,E・S(フェア,A・A) (5)
ガードナー,ジョン (1)
カーマイケル,ハリー (3)
カミ (4)
カミング,チャールズ (1)
カリー・ジュニア,ロン (1)
カーリイ,ジャック (4)
カリンフォード,ガイ (1)
キアナン,オリヴィア (1)
キース,エリック (1)
キーティング,H・R・F (1)
キャヴァナー,スティーヴ (1)
キャリスン,ブライアン (1)
ギャレット,ランドル (1)
キーラー,ハリー・スティーヴン (1)
ギルバース,ハラルト (2)
ギルバート,マイケル (2)
キング,スティーヴン (1)
キング,ルーファス (1)
クイーン,エラリー (16)
クェンティン,パトリック (7)
クック,トマス・H (4)
クッチャー,フォルカー (3)
グライムズ,マーサ (28)
クラウチ,ブレイク (4)
クラトフヴィル,イジー (1)
グランジェ,ジャン=クリストフ (1)
クリーヴス,アン (7)
グリシャム,ジョン (1)
クリスティ,アガサ (2)
クリスピン,エドマンド (4)
グリーニー,マーク (2)
グリーン,アラン (1)
クルーガー,ウィリアム・ケント (1)
グルーバー,アンドレアス (4)
グルーバー,フランク (5)
クレイス,ロバート (4)
クロフツ,F・W (6)
グロラー,バルドゥイン (1)
クーン,シェイン (2)
クーンツ,ディーン・R (1)
ケアリー,エドワード (4)
ケストナー,エーリヒ (1)
ケメルマン,ハリイ (3)
ケリー,ジム (4)
ケンリック,トニー (3)
胡傑 (1)
ゴズリング,ポーラ (5)
コッタリル,コリン (1)
コッブ,ベルトン (1)
コードウェル,サラ (4)
ゴードン,デイヴィッド (2)
コニイ、マイクル (2)
コーベン,ハーラン (1)
コマストリ=モンタナーリ,ダニーラ (1)
コメール,エルヴェ (2)
コリータ,マイクル (1)
コリンズ,ウィルキー (2)
コリンズ,マックス・アラン (1)
コール,G・D・H・&M (2)
コレット,サンドリーヌ (1)
サ行 (86)
サフォン,カルロス・ルイス (3)
サマター,ソフィア (1)
サール,ニコラス (1)
ザングウィル,イズレイル (1)
ジェイミスン,ハンナ (1)
シェパード,ロイド (1)
シエラ,ハビエル (1)
シニアック,ピエール (1)
シムノン,ジョルジュ (20)
シモンズ,ジュリアン (1)
ジャクスン,シャーリイ (2)
ジャックマール&セネカル (2)
ジャップ,アンドレア・H (1)
ジャプリゾ,セバスチアン (1)
シャプレ,アンネ (1)
シューヴァル,マイ&ヴァールー,ペール (1)
ショウ,ボブ (1)
シール,M・P (1)
水天一色 (1)
スカーレット,ロジャー (1)
スコット,ジャック・S (1)
スコット,J・M (1)
スタウト,レックス (7)
スタージョン,シオドア (1)
スチュアート,メアリー (2)
スティーヴンス,ロビン (1)
ステーマン,S=A (4)
スパーク,ミュリエル (1)
スペンサー,ロス・H (3)
スミス,シェイマス (1)
スミス,チャールズ・メリル (1)
スラデック,ジョン (1)
スルペツキ,シュテファン (1)
スレッサー,ヘンリイ (1)
スローン,ロビン (1)
スワンソン,ピーター (2)
セイヤーズ,ドロシー・L (9)
セシル,ヘンリイ (2)
セミョーノフ,ユリアン (1)
ソアレス,J (1)
ソウヤー,ロバート・J (1)
タ行 (104)
タイボ二世,パコ・イグナシオ (1)
ダグラス,キャロル・ネルソン (1)
タシュラー,ユーディト・W (1)
タートン,スチュアート (1)
ダニング,ジョン (1)
ダール,フレデリック (2)
チェイズ,エリオット (1)
チェスタトン,G・K (1)
チャータリス,レスリイ (1)
チャーチル,ジル (4)
チャンドラー,レイモンド (1)
陳浩基 (3)
デ・サンティス,パブロ (1)
デ・ハートック,ヤン (1)
デ・ミュリエル,オスカル (1)
デアンドリア,ウィリアム・L (1)
テイ,ジョセフィン (3)
ディーヴァー,ジェフリー (2)
ディヴァイン,D・M (10)
デイヴィス,L・P (1)
ディキンスン,ピーター (2)
ディケール,ジョエル (1)
ディケンズ,チャールズ (11)
ディックス,マシュー (2)
ディッシュ,トーマス・M (1)
ディドロ,フランシス (1)
デイリー,エリザベス (1)
テオリン,ヨハン (3)
デクスター,コリン (12)
デュレンマット,フリードリヒ (1)
テラン,ボストン (4)
デリオン,ジャナ (1)
ドイッチ,リチャード (1)
トゥロー,スコット (2)
ドッヂ,デヴィッド (1)
トーマス,ロス (2)
トムスン,ジューン (1)
ドラモンド,ローリー・リン (1)
トレヴェニアン (4)
トンプスン,ジム (11)
トンプソン,ジェイムズ (3)
ナ行 (13)
ナイト,アランナ (2)
ナット・オ・ダーグ,ニクラス (1)
ニューマン,キム (1)
ニーリィ,リチャード (1)
ネイハム,ルシアン (1)
ネスボ,ジョー (4)
ネッセル,ホーカン (1)
ノックス,ロナルド・A (2)
ハ行 (227)
バー=ゾウハー,マイケル (1)
ハイスミス,パトリシア (1)
ハイランド,スタンリー (1)
ハインズ,ジョアンナ (1)
パーカー,ロバート・B (1)
ハーカウェイ,ニック (1)
バークリー,アントニイ(アイルズ,フランシス) (6)
バグリイ,デズモンド (1)
バークレイ,リンウッド (1)
バージェス,アントニイ (1)
ハース,ヴォルフ (1)
バゼル,ジョシュ (1)
ハチソン,ドット (1)
ハーディング,フランシス (2)
バトラー,エリス・パーカー (1)
ハナ,ソフィー (2)
バーナード,ロバート (3)
バーニー,ルー (2)
バニスター,ジョー (1)
ハーパー,ジェイン (2)
ハーパー,ジョーダン (1)
ハーパー,ブラッドリー (1)
パーマー,ウィリアム・J (0)
パーマー,スチュアート (1)
ハミルトン,エドモンド (1)
ハミルトン,スティーヴ (1)
ハメット,ダシール (2)
パラニューク,チャック (1)
バランタイン,リサ (1)
ハリス,トマス (1)
ハリデイ,ブレット (1)
バリンジャー,ビル・S (3)
ハル,リチャード (1)
パレツキー,サラ (1)
ハンター,スティーヴン (2)
ビガーズ,E・D (5)
ピカード,ナンシー (1)
ヒギンズ,ジャック (1)
ピース,デイヴィッド (2)
ピータース,スティーヴン (1)
ピーターズ,エリス (3)
ビッスン,テリー (2)
ビネ,ローラン (1)
ビバリー,ビル (1)
ビュッシ,ミシェル (1)
ヒラーマン,トニイ (3)
ピリンチ,アキフ (1)
ヒル,トニ (3)
ヒル,レジナルド (4)
ヒルディック,ウォラス (1)
フィツェック,セバスチャン (3)
フィックリング,G・G (3)
フィッシュ,ロバート・L (4)
フィッチュー,ビル (1)
フィニイ,ジャック (5)
フィルポッツ,イーデン (2)
フェーア,アンドレアス (1)
フェイ,リンジー (1)
フェスパーマン,ダン (1)
フェラーズ,エリザベス (7)
フェルナンデス,ドミニク (1)
フォーサイス,フレデリック (1)
フォン・シーラッハ,フェルディナント (7)
プライヤー,マーク (1)
ブラウン,カーター (8)
ブラウン,フレドリック (2)
ブラックバーン,ジョン (1)
ブラッティ,ウィリアム・ピーター (1)
ブラッドリー,アラン (1)
ブラッドン,ラッセル (1)
フラナガン,トマス (1)
フランシス,ディック (2)
ブランド,クリスチアナ (6)
プリースト,クリストファー (1)
フリードマン,ダニエル (2)
フリーマン,オースチン (1)
フリーマントル,ブライアン (1)
ブリュソロ,セルジュ (1)
フリーリング,ニコラス (1)
フリン,ギリアン (1)
ブルース,レオ (4)
ブルックマイア,クリストファー (1)
ブレイク,ニコラス (3)
ブレット,サイモン (1)
フレミング,イアン (3)
ブロック,ローレンス (4)
プロンジーニ,ビル (1)
文善 (1)
ヘアー,シリル (2)
ヘイズ,サマンサ (1)
ヘイダー,モー (1)
ベイヤー,ウィリアム (1)
ヘイヤー,ジョージェット (3)
ベイヤード,ルイス (1)
ベイリー,バリントン・J (1)
ベイリー,H・C (1)
ペーション,レイフ・GW (2)
ペニー,ルイーズ (1)
ベリー,ジュリー (1)
ペリー、トマス (1)
ペリッシノット,アレッサンドロ (1)
ペルッツ,レオ (1)
ヘロン,ミック (3)
ペンティコースト,ヒュウ (1)
ベントリー,E・C (1)
ポー,エドガー・アラン (2)
ホーガン,ジェイムズ・P (1)
ポースト,M・D (2)
ポーター,ジョイス (9)
ホック,エドワード・D (4)
ホッケンスミス,スティーヴ (2)
ポツナンスキ,ウルズラ (1)
ホッブズ,ロジャー (2)
ホーリー,ノア (1)
ホルスト,ヨルン・リーエル (1)
ホロヴィッツ,アンソニー (2)
ホワイト,ハル (1)
ホワイト,ライオネル (1)
ボワロ&ナルスジャック (6)
ボンド,マイケル (2)
ボンフィリオリ,キリル (1)
マ行 (84)
マイヤーズ,イザベル・B (1)
マガー,パット (2)
マーカム,ヴァージル (1)
マカルパイン,ゴードン (1)
マーカンド,ジョン・P (1)
マクジョージ,クリス (1)
マクダニエル,デイヴィッド (1)
マクドナルド,ジョン・D (4)
マクドナルド,フィリップ (2)
マクドナルド,ロス (3)
マグナソン,アンドリ・S (1)
マクベイン,エド (2)
マクラフリン,ジェイムズ・A (1)
マクラム,シャーリン (1)
マクリーン,アリステア (3)
マクロイ,ヘレン (5)
マグワイア,イアン (1)
マコーマック,エリック (2)
マゴーン,ジル (1)
マシスン,リチャード (1)
マシューズ,ハリー (1)
マスロフスキー,B (1)
マーソンズ,アンジェラ (1)
マッギヴァーン,ウィリアム・P (1)
マッキネス,ヘレン (1)
マッキンティ,エイドリアン (1)
マリック,J・J (2)
マルティネス,ギジェルモ (2)
マルポ,エルザ (1)
マン,アントニー (1)
マンケル,ヘニング (1)
マンシェット,J・P (1)
ミエヴィル,チャイナ (1)
寵物先生(ミスター・ペッツ) (1)
ミッチェル,グラディス (1)
ミュッソ,ギヨーム (2)
ミラー,デレク・B (2)
ミラー,マーガレット (3)
ミルフォード,ケイト (1)
ミルン,A・A (1)
ムーア,グレアム (1)
ムカジー,アビール (1)
メイン,アンドリュー (2)
メースン,A・E・W (1)
メルヴィル,ジェイムズ (1)
メルドラム,クリスティーナ (1)
メロ,パトリーシア (1)
メンドサ,エドゥアルド (1)
モイーズ,パトリシア (5)
モートン,ケイト (4)
モール,ウィリアム (1)
モロー,ブラッドフォード (1)
モンテイエ,ユベール (3)
ヤ行 (4)
ヤッフェ,ジェイムズ (1)
ヤング,デイヴィッド (1)
ユジョン,チョン (1)
ヨナソン,ヨナス (1)
ラ行 (85)
ライアル,ギャビン (1)
雷鈞 (1)
ライス,クレイグ (3)
ライト,リリー (1)
ライバー,フリッツ (1)
ラインハート,M・R (1)
ラヴェット,チャーリー (1)
ラヴゼイ,ピーター (3)
ラックマン,トム (1)
ラッセル,アラン (1)
ランキン,イアン (1)
陸秋槎 (2)
リック,フランシス (1)
リッチー,ジャック (5)
リーミイ,トム (1)
リューイン,マイクル・Z (5)
リュウ,ケン (2)
劉震雲 (1)
リール,エーネ (1)
ル・カレ,ジョン (3)
ルヴェル,モーリス (1)
ルブラン,ミッシェル (3)
ルブラン,モーリス (2)
ルヘイン,デニス (4)
ルーボー,ジャック (2)
ルメートル,ピエール (3)
ルルー,ガストン (2)
ルーレ,ドミニック (1)
レーダー,ベン (1)
レーダー=デイ,ローリー (1)
レドモンド,パトリック (2)
レドンド,ドロレス (1)
レピラ,イバン (1)
レム,スタニスワフ (1)
レルネット=ホレーニア,アレクサンダー (1)
レンデル,ルース (3)
ロウ,ジェニファー (1)
ローガン,シャーロット (1)
ローザン,S・J (6)
ロジャーズ,ジョエル・タウンズリー (1)
ロスコー,セオドア (1)
ロースン,クレイトン (1)
ロック,アッティカ (1)
ロード,ジョン (1)
ロバーツ,アダム (1)
ロプレスティ,ロバート (2)
ロボサム,マイケル (1)
ロラック,E・C・R (1)
ロング,アメリア・レイノルズ (2)
ワ行 (3)
ワイルド,パーシヴァル (1)
ワトスン,コリン (2)
海外合作他 (6)
リレー小説 (1)
雑誌など (0)
アンソロジー (11)
その他海外 (8)
国内ミステリ (75)
その他国内 (18)
ファンタジー (1)
その他 (6)
社会1○○○○ (4)

ピープルカウンター