『悔恨の日』発売

2017-09

『ゼルダ』カーター・ブラウン - 2017.08.20 Sun

ゼルダ
『ゼルダ』カーター・ブラウン(ハヤカワ・ミステリ)

(長いので読まなくていいあらすじ)
ハリウッド郊外の豪勢な館で、突然女の悲鳴があがった。私立探偵リック・ホルマンが駆けつけると、ブラジャーとパンティ姿のゼルダが硬直したようにつっ立っていた。眼は大きく見開いたまま寝室を見つめている。リックは寝室へ飛び込んだ。ベッドでは男の死体がシーツを真紅に染めあげ、頭からは脳ミソがはみだし、髪にからみついて床に流れ落ちていた……。
その夜のパーティの主宰者は、セックス・シンボルと騒がれているグラマー女優ゼルダ・ロクサンヌ。招待されたのは奇妙な人間ばかりだった。彼女との結婚生活が半年ともたなかった三人の前夫。彼女と一夜の契りを結んだ南米の大統領。ゼルダの人気をねたんでいるおちぶらた中年女優。そして、私立探偵リック・ホルマン。楽しかるべきパーティは、ゼルダの意外な告白によって一変していた─彼女が是が非でも自分の伝記映画をつくりたいというのだ! もしその映画ができれば、招待客たちのスキャンダルは全世界に広がり、彼らの命とりになりかねない。彼らは戦々恐々となり、パーティは不吉な沈黙におおわれた。そして、はたして無残な殺人事件が起ってしまったのだ! 肉体女優ゼルダをめぐる血なまぐさい戦いに敢然と飛び込むタフ・ガイ探偵! 洒落た会話とお色気に溢れる、リック・ホルマンの記念すべき初登場作!(本書あらすじより)

『カナリヤ殺人事件』というしんどい本を読んだので、次は何かさくっと一日で読み切れるものを……ということで、カーター・ブラウン『ゼルダ』を読みました。アル・ウィーラーでもなくダニー・ボイドでもなく、少し毛色が違うというリック・ホルマンもの。なんだかんだでカーター・ブラウンも6冊目です。というか、何か軽いものを読みたい、という時にカーター・ブラウンを手に取ることついに5年目ですよ。完全に「読書に疲れたらカーター・ブラウン」が定着しつつあります。
上記の長ったらしいあらすじは別に読まずとも良いのですが、この『ゼルダ』、はっきり言ってスゴイのです。いったいどんな才能があれば、たった140ページの中で、個性的な容疑者を屋敷に集め殺人を起こしタイムリミットサスペンスを設定しアクションを交え非情な復讐譚にどんでん返しをミックスしついでにお色気をこれでもかとまぶしたお話が作れるんだ……?

有名女優であるゼルダ宅で殺人事件が発生。ハリウッドのトラブルシュータ―、リック・ホルマンがこの捜査に乗り出すことになる。容疑者はゼルダ、およびゼルダ宅に滞在していたゼルダと因縁ありまくる人々。何しろゼルダはあちこちに脅しをかけることで金を巻き上げようと計画していたのだ。動機が無数に転がる中で、ホルマンは犯人を見つけることが出来るのか……?

何はともあれ、探偵が8時間以内に犯人を見つけ、それを余すところなく証明しないと探偵が殺されるというシチュエーションを、この上なく見事に提示しているのが素晴らしいです。タイムリミット本格ミステリを軽ハードボイルドでやるならこうだぜ!というお手本のような作品(他の例知らないけど)。「よう名探偵、そろそろ犯人は捕まえたのかい」的な名探偵ちゃかしがふんだんに挿入されるので、本格ミステリパロディみたいになってます。しかも出来も悪くないっていう。
また、『猿来たりなば』ばりの伏線が炸裂するリック・ホルマンの狙い(作者は超さらっと流しているんですが、こんなネタをついででやっちゃうんかい!というのがまたすごい)とか、ホルマンの2年前からの恨みを炸裂させるケリの付け方だとかも、めちゃうまいのです。私立探偵らしい騙しですよね、これは。ホルマンは軽口タフな点で基本的にウィーラーやボイドと変わりませんが、ある種の強引さを持っているため、こういうオチを自然に出せるのかなと思います。
ついでに、見る者が息を飲まずにはいられないらしい見事な胸を持った秘書が合間合間に登場するので、エロい方面でも安定のカーター・ブラウンです。まぁカーター・ブラウンってプロット構成力とちょっとした伏線とちょっとじゃないお色気のバランスが常に取れている作家なので……天才職業作家だから……。

というわけで『ゼルダ』、これまたおすすめです。アル・ウィーラーがちょっとした非情さを見せる『死体置場は花ざかり』なんかとセットでどうぞ。ちなみに英語版Wikipediaを見ていたら、カーター・ブラウンの生み出した主人公たちの一人としてハリウッド女優ゼルダ・ロクサンヌ Zelda Rxanne があげられていて、言うまでもなく『ゼルダ』のヒロインなわけですが、ゼルダ登場作って他にもあるんですか……? 教えて詳しい人。

なおこの本、熱心なカーター・ブラウン読者だったらしいサークルの後輩のご親族のもので、巻末の作品リストを見ても既読作品にチェックを入れる上にポケミス番号の誤植まで指定するという気合いの入りっぷりに感動します。分かる、分かるぞ元の持ち主さん、カーター・ブラウンいいよね。毎年一冊はカーター・ブラウン充したい(雑誌掲載長編なんかも含めれば死ぬまで読み続けられそう)。

原 題:Zelda(1961)
書 名:ゼルダ
著 者:カーター・ブラウン Carter Brown
訳 者:田中小実昌
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 771
出版年:1963.06.15 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト

『殺人は競売で』カーター・ブラウン - 2016.08.21 Sun

殺人は競売で
『殺人は競売で』カーター・ブラウン(ハヤカワ・ミステリ)

全世界の収集家の見果てぬ夢、鳳風の頭飾りのついた唐代の壺が何者かの手で北京博物館から盗み出され、行方不明のまますでに2年近くたっていた。ところが最近、ニューヨークはマンハッタン、オバーン美術品店の美人店主ミス・オバーンはその壺に関して3通の手紙を受け取った。
1通はロンドンのドナヴァンという男からのもので、数人の世界的コレクターによる内輸の競売に問題の壺を出すからお越し願いたいという案内状。もう1通はロンドンに来たら生命の保証はないという謎の脅迫状。そして第3のは、表現は穏やかだが最も凄みのある中国情報部かららしい脅迫状だった。が、問題の壺はコレクターの垂涎の的、命を賭けても欲しいものだ。そこでミス・オバーンは頼りになるプレイボーイ探偵ダニー・ボイドに議衛を依頼した。一方、ダニーはこんな妖精みたいなブロンド美人に同行できるならと即座に引き受け、急拠イギリスに向かった。が、ロンドンに到着し、息つくひまもあらばこそ早くもチンピラギャングや謎の中国女が出没し、おまけにグラマ一美人の死体まで飛び出して、ダニー・ボイドは否応な〈、競売をめぐる色と欲の世界へ足を踏み込んでいった!
スリルとサスペンスとエロテイズムをふんだんに盛り込んだダニー・ボイド・シリーズ最新作!(本書あらすじより)


あらすじ、記録上書きましたが、読み飛ばして結構です。長いからね。
ヘビーなものを読んで疲れたので、ちょっと合間に軽いものを読みたくなり、カーター・ブラウンのダニー・ボイド物を初めて手に取ってみました。この作品、どこかで面白いと聞いたはずなんですが、どこだったかな……全然思い出せない……。
ダニー・ボイド、私立探偵であるということ以外は、アル・ウィーラー警部と大差ないキャラクターなのですが、要するに安定のカーター・ブラウンを楽しめました。いやね、本当に楽しいんですよ、カーター・ブラウンって。一見しょうもなさそうなのに、ちゃんと騙して伏線張って、一切引き伸ばさずに130ページでまとめているんだから偉いじゃないですか。

話は、ダニー・ボイドが美術品店の店長ミス・オバーンに頼まれ、数年前に中国から持ち出されたまま行方不明だった唐代の壺をオークションで競り落とすまでミス・オバーンの護衛を行う、というものです。というわけで、物語の主要舞台は、オークションが行われるイギリスです。
オークションを仕切るドナヴァン兄妹、壺を競り落とそうとするミス・オバーンとその競合相手のミスター・レンツ、影で壺を取り戻そうとしている中国共産党の回し者らしいミス・スミス一味、などなど、実に入り乱れた状況です。そのような中、護衛というより女を口説くことに懸命なダニー・ボイド。お前なにやってるんだ。
ただこのダニー・ボイド、本能で行動してるくせにめちゃくちゃ優秀できれいに全部解決してくれるので、読んでいて安心感しかないのです。今回も、最終的に殺人へと発展した壺をめぐるゴタゴタの謎全てに見事カタをつけてくれます。この真相に、ちゃんと2つ伏線が仕込まれているんですよ……カーター・ブラウンすごいな……。というかよく考えたらダニー・ボイドも基本的にちゃんと仕事してるよね。今回ベッドシーンも2回しか出てこないし。

というわけで、今回も安定して楽しめる作品でした。今度はリック・ホルマン物かなぁ。カーター・ブラウンは、年2冊くらいのペースで読めると最高な気がします。

原 題:Catch Me a Phoenix!(1965)
書 名:殺人は競売で
著 者:カーター・ブラウン Carter Brown
訳 者:尾坂力
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1068
出版年:1969.03.15 1刷

評価★★★☆☆

『乾杯、女探偵!』カーター・ブラウン - 2015.09.06 Sun

乾杯、女探偵!
『乾杯、女探偵!』カーター・ブラウン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ハリウッドの女探偵メイヴィスをメキシコで危地から救ってくれたのはメキシコ秘密警察のベガだった。そのベガが今度は逆に彼女に助けを求めてきた。車のトランクに詰めてきた男の死体を始末してくれというのだ。余りにも唐突だし、おふざけも度がすぎる! しかし、いざ死体を目の前にするとメイヴィスは引込みがつかなくなってしまった。二人は奇想天外な知恵を捻出し、死体の処理に奔走するのだが……。 突如とびこんできた名も知らぬ男の死体に翻弄される、超グラマーな女探偵メイヴィスの活躍を軽快な筆致で描く痛快作。(本書あらすじより)

カーター・ブラウンの創造した探偵のうち、グラマラスかつ頭はカラッポ、特技のカラテは空回り、という女探偵メイヴィス・セドリッツ物の代表作。メイヴィス物は以前アル・ウィーラー警部と共演の『とんでもない恋人』だけ読んだことがあります。
外国の友人ラファエルからうっかり殺した死体の処分を依頼されたメイヴィス・セドリッツが駆け回るうちに色々な策謀・思惑が明らかになっていく、というお話。メイヴィスがバカ過ぎで何にもやってないし、お色気としても物足りなくて、全体的に微妙でした。なんかメイヴィス・セドリッツは合わない気がするんだよなぁ。

話の肝はスラップスティック的な面白さ、ハードボイルドのパロディ、というところにあるのだと思います。死体をあっちこっちに動かし、あっちこっちから死体が出て来る、という喜劇的な要素は確かに面白いです(エクスブライヤ『死体をどうぞ』のもっとバカっぽい感じ)。面白いんですが、行きあったりばったりがすぎて、あまりにまとまりがないように感じました。死体を持っていく先々で敵というか色々な事実が明らかになってはいくんですが、敵もこちらもちゃんと行動しているわけではなくご都合主義的なところが鼻につきます。もう少し何か欲しいかなー。
なんやかんやあって偶然に助けられつつ事件は解決。それはいいんです、ドーヴァー警部だって似たようなものだし。それはいいんだけど、もうちょっとメイヴィスに活躍してほしくないですか。メイヴィスは振り回され……というか振り回す役割のみで、実質的な謎解き・解決・決着は彼女の相棒と友人ラファエルに任されてしまうのではちょっと。結局訳者の稲葉さんが褒めるハードボイルドのパロディ、ファルスとしての楽しみ方しかないのかなぁ。それだけではちょっと自分には物足りないです。

ところで思ったのが、カーター・ブラウンは非情さを描かせるとかなり読ませますね、やっぱり。『死体置場は花ざかり』のラストとかかっこいいじゃないですか。というわけで、次に読むカーター・ブラウンは非情なハードボイルド探偵とウワサのダニー・ボイド物にしようかと思います。
さらに関係ないことですけど、この本の最終ページに「1978年3月22日 古本屋にて」という書き込みを発見。どうやらこの書いた人は、発売3ヶ月後に、定価280円のこの本を200円で購入した模様です。定価280円か……昔は本が安かったんだなぁ……。
乾杯書き込み


書 名:乾杯、女探偵!(1959)
著 者:カーター・ブラウン
訳 者:稲葉明雄
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 43-2
出版年:1977.12.15 1刷

評価★★★☆☆

『素肌』カーター・ブラウン - 2014.12.27 Sat

素肌
『素肌』カーター・ブラウン(ハヤカワ・ミステリ)

ある朝、パイン・シティの安モテル<トラヴェラーズ・レスト>の一室で男の死体が発見された。金づちで頭蓋骨をたたきつぶされた、見るも無残な死体だった。所有していた名刺によると、男はアルバート・H・マーヴィンというニューヨークの私立探偵であった。どうやらなにかの事件に深入りしすぎ、人の恨みをかったらしい……。
同じ時刻、パイン・シティ保安官事務所へ依頼人が訪れた。ニューヨークに住む億万長者の未亡人リン・サマーズとその義弟、それにサマーズ家の女弁護士イロナ・ブレントの三人。その依頼はリンのひとり娘アンジェラのことだった――一週間前、彼女はナイト・クラブの歌手リッキー・ウィリスと駈落ちしてしまった。私立探偵に行方を探させたところ、この街のあるモテルにいることがわかった。アンジェラはまだ17才である。至急、娘をかどわかしたリッキーを強姦罪で逮捕してもらいたいというのだった……。
ところが、サマーズが雇った私立探偵というのは、モテルで殺されたマーヴィンだったのだ! しかも、ウィーラー警部がモテルを調べてみると、今朝がた早く若い男女の二人づれが部屋を引き払っている─アンジェラとリッキーの二人らしかった……。生白い素肌を男の前に惜しげもなくさらす夜の女たち! 売春組織にからむ殺人事件をサスペンスとセックスで描く超モダン・ハードボイルド!(本書あらすじより)

問:『素肌』には5人の美人が登場します。では、アル・ウィーラー警部は、このうち何人と関係を持つことに成功するでしょうか。
という話です(大嘘)。

えー改めまして、久々に軽ハードボイルドの大家、カーター・ブラウンです。どうってことない話しか書かないんですが、さくっと読めてほどほどに面白いので重宝しています。いっくらでもポケミスに作品ありますしね。『死体置場は花ざかり』は傑作でした、そういえば。
さて『素肌』、もう自分が求めるカーター・ブラウンが全部入っているのでまったく文句ありません。モーテルで殺された私立探偵は家出少女を連れ帰ろうとしていたらしいことから、少女とその関係者一同に疑いがかかる、という展開。結構ちゃんと謎解きしているし、エロい女の子がぞろぞろ出て来るので大変良いですね(品位を疑われる発言)。

関係者の利害関係を調べていくうちに連続殺人へと発展し、ウィーラー警部はそこから綺麗に犯人を見つけ出していきます。この犯人を暴くための対決シーンの絵になる感じがたまりません。軽口を叩き事件関係者と寝ながらヘラヘラと謎を解くウィーラー警部はかっこいいと思うんですが、どうでしょう。かっこよくないか。
10代から30代まで相手するウィーラー警部はそれはそれですごいと思うのよね……うらやましい……。

以上感想終わり。5版もされるだけあって、安定した面白さでした。

書 名:素肌(1960)
著 者:カーター・ブラウン
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 676
出版年:1961.12.31 初版
     1996.02.29 5版

評価★★★★☆

『死体置場は花ざかり』カーター・ブラウン - 2013.12.18 Wed

死体置場は花ざかり
『死体置場は花ざかり』カーター・ブラウン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

身元不明の金髪美人の死体が死体置場から盗まれたのは、生あったかい、うんざりするほど悩ましい夜だった。盗まれた死体がTVスタジオにあるという匿名の電話が警察にかかる。半信半疑、アル・ウィラー警部はTVスタジオへ出かけた。すると、ドラマ用の棺の中からは金髪とは似ても似つかぬ四十男の血まみれの死体が飛び出してきたのだ。事件はさらに発展し、今度は死体置場に安置されたその四十男の体から、心臓のみがえぐり取られて盗まれた。死体置場は大混乱!洒落た感覚にユーモアを混えて軽快に描くハードボイルドの超快作。(本書あらすじより)

基本的には謎解き要素ちょっぴりの軽いお色気ハードボイルドで、主人公のウィーラー警部がぶうたれながら捜査していくのみ。ただ、ウィーラー警部がラストでは一転予想外の非情さを見せつけ、強烈な読後感を与えます。このギャップが素晴らしいのですよ。大満足でした。

まず警部に匿名の電話、指示通り向かったモルグでは死体が1つ盗まれ、その後テレビ局でその死体+1つが見つかります。警部は事件関係者の叶姉妹みたいなセクシーおっぱい姉妹とイチャコラしつつこのドタバタ事件を捜査していく……というのが大雑把な筋書き。
軽口ばかり叩くウィーラー警部のひねくれた目線で物語が進行するため、読み心地は極めて軽いです。まぁ捜査って言ってもそこかしこで酒を飲んでいるだけだし。犯人は意外も何もそもそも容疑者が少ないし、行きあったりばったり以上のものではないので、取り立てて真相に注目するところはないかなと思います。

ウィーラー警部はお調子者でおっぱいおっぱい言いながらソーダ入りスコッチを飲んでばかりのキャラクターですが、やたらと女にモテるようで、おまけにこう見えて頭の回転は早いのです。脅しつけまがいの行為で証言を引き出したりとやることも強引。イマイチどういう人間か分かりにくいというのはあるかもしれません。
でもそういうキャラクターなだけに、ラストのこの結末には驚かされます。安易かもしれませんが、この後ウィーラー警部が街に戻ることを考えると、やっぱり一面ではかっこいいなと思っちゃうんですよね。ほとんどギャップ萌えに近いんですが。女って怖いねぇ(そこ?)。

『死体置場は花ざかり』は、『海外ミステリー事典』のカーター・ブラウンの項目で代表作にあげられていて、ラストが非情で云々と書かれていたのがずっと気になっていたのでした。6年越しでやっと読みましたが、いやぁ大いに楽しんでしまいました。訳者の田中さんも言っていますが、軽い文体って良いもんですねー。ブラウンはちょこちょこ読んでいかないといけない作家かなと思います。

書 名:死体置場は花ざかり(1959)
著 者:カーター・ブラウン
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 43-1
出版年:1977.6.30 1刷

評価★★★★★

『とんでもない恋人』カーター・ブラウン - 2010.04.11 Sun

とんでもない恋人
『とんでもない恋人』カーター・ブラウン(ハヤカワポケミス)

おつむは弱いがプロポーション抜群の女探偵メイヴィスに、TVプロデューサーのブリスから声がかかった。仕事は人気番組のゲスト女優アンバーのお目付役。アンバーは業界屈指の男殺し、主役の二枚目俳優を彼女の毒牙から守るのだ。張りきってロケ現場のパイン・シティへ乗り込んだメイヴィスだが、肝心の二枚目男優が撮影中に撃たれちまったから大騒ぎ。ただちに現場へ出動してきたのは、腕利きのアル・ウィーラー警部だった!史上最大の多作家カーター・ブラウンの二大キャラクターが激突。殺人犯探しで勝ち名乗りをあげるのは、どっちだ?(本書あらすじより)

初ブラウン。ちなみに、「抜群のプロポーション」とは、96・58・94のことだそーだ(笑)

カーター・ブラウンは、あらすじにあるような「史上最大の多作家」ではないと思いますが。ミステリ界での一番は、J・J・マリックじゃない?まぁ、ブラウンは相当売れたらしく、批評家からの反応は最悪でも、全世界5000万部売れたと見込まれています。日本でも一時期ポケミスから次々と刊行され、莫大な人気を誇りました。

で、どうだったかというと……2時間くらいで読み終わってしまったかなぁ。まあ、なんも中身がない作品です(笑)内容すぐ忘れちゃいそう。ミステリとしての出来も、悪くはないけど、そんなに凝ったもんじゃないですし(というか分かっちゃったし)。いや、やっぱり微妙だったかな。

つまりは、エロチックな描写をいかに楽しめるかにかかっているわけです。共演する二人の探偵はみなセックスにはなはだ開放的で、その様をどれだけ好きになれるか。……絶対女性にはおすすめ出来ないよね。

しかし、批評家がぶーたれようと、一世を風靡したというエンターテイメント性は確かに評価されるべきとも思えます。巻末あらすじが非常に的確なことを言っているので、引用します。

「……ブラウンは、ハヤカワ・ミステリの中で最も人気のある探偵である。カーター・ブラウンしか読まないというミステリ・ファンもいるそうだ。
ミステリ・ファンの中には、カーター・ブラウンの流行を嘆かれる人もいる。そういう人は、エラリイ・クイーンとかディクスン・カー、アガサ・クリスティーといった伝統的な本格探偵小説の愛好家の中に多い。だが、ミステリがエンタテインメントだとすれば、ブラウンを攻撃するのは、あまりに偏狭な趣味と言わなければなるまい。
彼の登場によって、ミステリ・ファンは確かにふるえているのである。ミステリには、いろいろなタイプがあるので、それを楽しむ寛大な心が欲しい。……」

なるほどねー。
……しかし早川書房さん、158ページで1000円は高すぎやしません?

書 名:とんでもない恋人(1960)
著 者:カーター・ブラウン
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 717
出版年:1962.8.15 初版
    1999.10.31 3版

評価★★★☆☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
クリスティ、デクスター、グライムズ、ディヴァインが好きな、ヨッシーことTYこと吉井富房を名乗る遅読の新社会人が、日々読み散らかした海外ミステリ(古典と現代が半々くらい)を紹介する趣味のブログです。ブログ開始から7年になりました。ちなみにブログ名は、某テンドーのカラフル怪獣とは全く関係ありません。
来て下さった方々が、コメントを残して下さると、管理人が大変喜びます。広告のコメントは、削除することがあります。
このサイトはリンクフリーですが、一言声かけてくれると嬉しいです。
Twitter(@yossi3110)

リンク

このブログをリンクに追加する

読書メーター

ヨッシーさんの読書メーター ヨッシーの最近読んだ本

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (521)
ア行 (110)
アヴリーヌ,クロード (1)
アシモフ,アイザック (4)
アシャット,フェデリコ (1)
アダム,ポール (1)
アーチャー,ジェフリー (1)
アップデール,エレナー (2)
アップフィールド,アーサー (2)
アデア,ギルバート (1)
A・D・G (1)
アトキンソン,ケイト (1)
アフォード,マックス (1)
アームストロング,シャーロット (2)
アリンガム,マージェリー (4)
アルレー,カトリーヌ (1)
アンズワース,キャシー (1)
アンダースン,ウィリアム・C (1)
アンダースン,ジェームズ (1)
アントニイ,ピーター (1)
アンプエロ,ロベルト (1)
イェルハルドセン,カーリン (1)
イジー,ユージン (1)
イネス,マイクル (2)
インゲルマン=スンドベリ,カタリーナ (1)
インドリダソン,アーナルデュル (2)
ヴァルガス,フレッド (4)
ヴァン・ダイン,S・S (2)
ヴァンス,ジャック (1)
ウィアー,アンディ (1)
ヴィカーズ,ロイ (3)
ウイバーリー,レナード (3)
ウィルフォード,チャールズ (1)
ウィングフィールド,R・D (6)
ウィンズロウ,ドン (1)
ウィンタース,ベン・H (3)
ウェイン,エリザベス (1)
ウェストレイク,ドナルド・E(コウ,タッカー、スターク,リチャード) (5)
ウォーカー,マーティン (3)
ウォーターズ,サラ (2)
ヴォートラン,ジャン (2)
ウォルターズ,ミネット (1)
ウォーレス,エドガー (1)
ウッドハウス,P・G (1)
ウールリッチ,コーネル(アイリッシュ,ウィリアム) (7)
エアード,キャサリン (2)
エクストレム,ヤーン (1)
エクスブライヤ,シャルル (4)
エーコ,ウンベルト (1)
エリザーロフ,ミハイル (1)
エリン,スタンリイ (3)
エール,ジャン=マルセル (1)
エルキンズ,アーロン (6)
エルロイ,ジェイムズ (1)
オコンネル,キャロル (1)
オーツ,ジョイス・キャロル (1)
オベール,ブリジット (1)
オリオール,ローレンス (1)
オルツィ,バロネス (3)
カ行 (151)
カー,ジョン・ディクスン(ディクスン,カーター) (14)
カサック,フレッド (2)
カーター,M・J (1)
カッリージ,ドナート (2)
ガードナー,E・S(フェア,A・A) (5)
カーマイケル,ハリー (2)
カミ (4)
カミング,チャールズ (1)
カリー・ジュニア,ロン (1)
カーリイ,ジャック (3)
キース,エリック (1)
キーティング,H・R・F (1)
キャヴァナー,スティーヴ (1)
ギャレット,ランドル (1)
キーラー,ハリー・スティーヴン (1)
ギルバース,ハラルト (2)
キング,スティーヴン (1)
キング,ルーファス (1)
クイーン,エラリー (14)
クェンティン,パトリック (7)
クック,トマス・H (3)
クッチャー,フォルカー (3)
グライムズ,マーサ (15)
クラウチ,ブレイク (3)
クラトフヴィル,イジー (1)
クリーヴス,アン (6)
グリシャム,ジョン (1)
クリスティ,アガサ (2)
クリスピン,エドマンド (3)
グリーニー,マーク (2)
グリーン,アラン (1)
クルーガー,ウィリアム・ケント (1)
グルーバー,アンドレアス (4)
グルーバー,フランク (1)
クレイス,ロバート (2)
クロフツ,F・W (4)
グロラー,バルドゥイン (1)
クーンツ,ディーン・R (1)
ケアリー,エドワード (2)
ケストナー,エーリヒ (1)
ケメルマン,ハリイ (3)
ケリー,ジム (4)
ケンリック,トニー (1)
胡傑 (1)
ゴズリング,ポーラ (5)
コッタリル,コリン (1)
コードウェル,サラ (4)
ゴードン,デイヴィッド (1)
コニイ、マイクル (2)
コマストリ=モンタナーリ,ダニーラ (1)
コメール,エルヴェ (2)
コリータ,マイクル (1)
コリンズ,ウイルキー (1)
コール,G・D・H・&M (1)
コレット,サンドリーヌ (1)
サ行 (56)
サフォン,カルロス・ルイス (3)
ザングウィル,イズレイル (1)
ジェイミスン,ハンナ (1)
シェパード,ロイド (1)
シエラ,ハビエル (1)
シニアック,ピエール (1)
シムノン,ジョルジュ (14)
ジャックマール&セネカル (1)
ジャプリゾ,セバスチアン (1)
シューヴァル,マイ&ヴァールー,ペール (1)
シール,M・P (1)
水天一色 (1)
スコット,J・M (1)
スタウト,レックス (5)
スタージョン,シオドア (1)
スティーヴンス,ロビン (1)
ステーマン,S=A (3)
スパーク,ミュリエル (1)
スペンサー,ロス・H (2)
スミス,シェイマス (1)
スミス,チャールズ・メリル (1)
スラデック,ジョン (1)
スローン,ロビン (1)
セイヤーズ,ドロシー・L (8)
セシル,ヘンリイ (1)
ソアレス,J (1)
ソウヤー,ロバート・J (1)
タ行 (72)
タイボ二世,パコ・イグナシオ (1)
ダグラス,キャロル・ネルソン (1)
ダール,フレデリック (1)
チェスタトン,G・K (1)
チャンドラー,レイモンド (1)
陳浩基 (1)
デ・ハートック,ヤン (1)
デ・ミュリエル,オスカル (1)
デアンドリア,ウィリアム・L (1)
テイ,ジョセフィン (3)
ディーヴァー,ジェフリー (2)
ディヴァイン,D・M (10)
デイヴィス,L・P (1)
ディキンスン,ピーター (2)
ディケール,ジョエル (1)
ディケンズ,チャールズ (7)
ディッシュ,トーマス・M (1)
ディドロ,フランシス (1)
デイリー,エリザベス (1)
テオリン,ヨハン (3)
デクスター,コリン (12)
デュレンマット,フリードリヒ (1)
テラン,ボストン (2)
ドイッチ,リチャード (1)
トゥロー,スコット (2)
ドッヂ,デヴィッド (1)
トーマス,ロス (1)
トムスン,ジューン (1)
ドラモンド,ローリー・リン (1)
トレヴェニアン (3)
トンプスン,ジム (3)
トンプソン,ジェイムズ (3)
ナ行 (8)
ナイト,アランナ (2)
ニーリィ,リチャード (1)
ネイハム,ルシアン (1)
ネスボ,ジョー (2)
ノックス,ロナルド・A (2)
ハ行 (165)
ハイスミス,パトリシア (1)
ハインズ,ジョアンナ (1)
ハーカウェイ,ニック (1)
バークリー,アントニイ(アイルズ,フランシス) (6)
バグリイ,デズモンド (1)
バークレイ,リンウッド (1)
バージェス,アントニイ (1)
バゼル,ジョシュ (1)
バー=ゾウハー,マイケル (1)
バトラー,エリス・パーカー (1)
ハナ,ソフィー (2)
バーナード,ロバート (3)
バーニー,ルー (1)
バニスター,ジョー (1)
ハーパー,ジェイン (0)
パーマー,スチュアート (1)
ハミルトン,エドモンド (1)
ハミルトン,スティーヴ (1)
ハメット,ダシール (2)
パラニューク,チャック (1)
バランタイン,リサ (1)
ハリス,トマス (1)
バリンジャー,ビル・S (3)
パレツキー,サラ (1)
ハンター,スティーヴン (2)
ビガーズ,E・D (4)
ピカード,ナンシー (1)
ピース,デイヴィッド (1)
ピーターズ,エリス (2)
ビッスン,テリー (2)
ビネ,ローラン (1)
ヒラーマン,トニイ (2)
ピリンチ,アキフ (1)
ヒル,トニ (2)
ヒル,レジナルド (3)
フィツェック,セバスチャン (1)
フィックリング,G・G (2)
フィッシュ,ロバート・L (4)
フィッチュー,ビル (1)
フィニイ,ジャック (4)
フィルポッツ,イーデン (2)
フェイ,リンジー (1)
フェラーズ,エリザベス (5)
フェルナンデス,ドミニク (1)
フォーサイス,フレデリック (1)
フォン・シーラッハ,フェルディナント (6)
プライヤー,マーク (1)
ブラウン,カーター (6)
ブラウン,フレドリック (1)
ブラックバーン,ジョン (1)
ブラッティ,ウィリアム・ピーター (1)
ブラッドリー,アラン (1)
ブラッドン,ラッセル (1)
フラナガン,トマス (1)
フランシス,ディック (1)
ブランド,クリスチアナ (5)
プリースト,クリストファー (1)
フリードマン,ダニエル (2)
フリーマントル,ブライアン (1)
フリーリング,ニコラス (1)
フリン,ギリアン (1)
ブルース,レオ (4)
ブルックマイア,クリストファー (1)
ブレイク,ニコラス (2)
ブレット,サイモン (1)
フレミング,イアン (2)
ブロック,ローレンス (2)
ヘアー,シリル (2)
ヘイズ,サマンサ (1)
ヘイダー,モー (1)
ベイヤー,ウィリアム (1)
ヘイヤー,ジョージェット (3)
ベイリー,バリントン・J (1)
ベイリー,H・C (1)
ペニー,ルイーズ (1)
ベリー,ジュリー (1)
ペリッシノット,アレッサンドロ (1)
ペルッツ,レオ (1)
ヘロン,ミック (2)
ベントリー,E・C (1)
ポー,エドガー・アラン (2)
ホーガン,ジェイムズ・P (1)
ポースト,M・D (1)
ポーター,ジョイス (6)
ホック,エドワード・D (4)
ホッケンスミス,スティーヴ (2)
ポツナンスキ,ウルズラ (1)
ホッブズ,ロジャー (1)
ホーリー,ノア (1)
ホワイト,ハル (1)
ボワロ&ナルスジャック (5)
ボンド,マイケル (2)
ボンフィリオリ,キリル (1)
マ行 (51)
マガー,パット (1)
マーカム,ヴァージル (1)
マカルパイン,ゴードン (1)
マーカンド,ジョン・P (1)
マクダニエル,デイヴィッド (1)
マクドナルド,ジョン・D (2)
マクドナルド,フィリップ (2)
マクドナルド,ロス (2)
マグナソン,アンドリ・S (1)
マクベイン,エド (2)
マクリーン,アリステア (2)
マクロイ,ヘレン (5)
マコーマック,エリック (1)
マゴーン,ジル (1)
マシスン,リチャード (1)
マシューズ,ハリー (1)
マッギヴァーン,ウィリアム・P (1)
マリック,J・J (1)
マルティネス,ギジェルモ (2)
マン,アントニー (1)
マンシェット,J・P (1)
ミエヴィル,チャイナ (1)
寵物先生(ミスター・ペッツ) (1)
ミラー,デレク・B (1)
ミラー,マーガレット (2)
ミルン,A・A (1)
ムーア,グレアム (0)
メースン,A・E・W (1)
メルヴィル,ジェイムズ (1)
メルドラム,クリスティーナ (1)
メロ,パトリーシア (1)
モイーズ,パトリシア (3)
モートン,ケイト (3)
モール,ウィリアム (1)
モロー,ブラッドフォード (1)
モンテイエ,ユベール (2)
ヤ行 (2)
ヤッフェ,ジェイムズ (1)
ヨナソン,ヨナス (1)
ラ行 (65)
ライアル,ギャビン (1)
ライス,クレイグ (3)
ライバー,フリッツ (1)
ラヴェット,チャーリー (1)
ラヴゼイ,ピーター (3)
ラックマン,トム (1)
ランキン,イアン (1)
リック,フランシス (1)
リッチー,ジャック (5)
リーミイ,トム (1)
リューイン,マイクル・Z (5)
リュウ,ケン (1)
劉震雲 (1)
ル・カレ,ジョン (1)
ルヴェル,モーリス (1)
ルブラン,ミッシェル (2)
ルブラン,モーリス (2)
ルヘイン,デニス (4)
ルーボー,ジャック (2)
ルメートル,ピエール (3)
ルルー,ガストン (2)
ルーレ,ドミニック (1)
レーダー,ベン (1)
レドモンド,パトリック (2)
レドンド,ドロレス (1)
レム,スタニスワフ (1)
レルネット=ホレーニア,アレクサンダー (1)
レンデル,ルース (2)
ロウ,ジェニファー (1)
ローガン,シャーロット (1)
ローザン,S・J (6)
ロジャーズ,ジョエル・タウンズリー (1)
ロスコー,セオドア (1)
ロースン,クレイトン (1)
ロボサム,マイケル (1)
ロラック,E・C・R (1)
ロング,アメリア・レイノルズ (1)
ワ行 (3)
ワイルド,パーシヴァル (1)
ワトスン,コリン (2)
海外合作他 (3)
その他海外 (9)
国内ミステリ (69)
その他国内 (15)
アンソロジー (6)
ファンタジー (1)
今年のベスト10 (9)
その他 (6)
社会1○○○○ (4)

ピープルカウンター