修道士の頭巾
『修道士の頭巾』エリス・ピーターズ(現代教養文庫)

シュルーズベリにおだやかな冬の日が戻ってきたある日、修道院の客人になった荘園主が毒殺された。料理に仕込まれたのは猛毒トリカブト――俗に言う“修道士の頭巾”を成分とする油薬でカドフェルが調合したものだった。男には実子がなく、しかも連れ子を持つ男の妻は若き日のカドフェルが愛したリチルディスだった。彼女の子にかかった疑いを晴らすためカドフェルは奔走する。(本書あらすじより)

『死体が多すぎる』を飛ばして第3作です。飛ばして読んだのに、大して理由はありません……借りられてたからです。
それはともかく、第1作『聖女の遺骨求む』と比べると、格段に面白くなっています。読んでて飽きさせることがないんですね。また、12世紀という空間に全く違和感なく溶け込める気がします。

ミステリとしての出来もまあまあなんですが、それよりむしろキリスト教的慈愛にあふれた探偵物、として読みたいですよね。単に犯人を捕まえるだけではなく、カドフェルがいかに犯人を扱うか?犯人は根っからの悪人なんかでは全然なく、それにいかなる罰を与えるか、が見所です。最終的に、誰もが笑顔でいられるような解決法を、カドフェルは見事に考え出すわけです。

また、個性的なキャラクターの面々が非常にいい。ヒュー・ベリンガー州執行副長官なんか、典型的ないい人ですが、こういう人こそいてほしいわけです。アイヴァ・アプ・モルガン長老もいい味出してます。ヘリバート院長、最後はやってくれました(笑)道徳的に素晴らしくも、最後修道士としての道に後悔を感じていなくもない、カドフェルの人間臭い様子にも惹かれます。

今回一番うまいと思った設定が、ヘリバート院長が不在になる歴史的背景です。前作の4ヶ月後に、よくもまあうまい条件があること。この不在が、最終的に犯人の動向の決め手となるわけですから、プロットをうまく使ったな、という感じです。

まあ派手さはなく、そんなに名作だとも思いませんし、そもそも昨今の強烈なミステリの中ではたいしたことないかもしれませんが、興味を持った方は手にとってみて損はないと思いますよ。

書 名:修道士の頭巾(1980)
著 者:エリス・ピーターズ
出版社:社会思想社
    現代教養文庫 3003
出版年:1991.5.30 1刷
    1993.5.15 2刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
聖女の遺骨求む
『聖女の遺骨求む』エリス・ピーターズ(現代教養文庫)

12世紀、イングランドのシュールズベリ修道院の修道士達は、副院長・ロバートを先頭にウェールズに向かった。教会の権威を高めるために、寒村の教会に残された聖女の遺骨を引き取るためだった。ところが拙速に進めようとする修道士達と、村人達は一触即発の状態。そんななか、反対派の急先鋒で地主のリシャートが殺害された!かつて十字軍に参加し、今は薬草園の世話をしている修道士カドフェルは、無罪の男を救うべく奔走するが……。

以前から読みたいと思っていた修道士カドフェルシリーズ第一作です。この作品はまだ歴史ミステリ風味が薄いですが、次作からはより時代背景が描かれるようですね。非常に期待出来るシリーズです。

何がいいかってね、この平和さときれいすぎるハッピーエンドですよ。もろもろのゴタゴタが安定感を持って着地するのは一興です。カドフェルを始め、修道士たちは皆何とも世俗的な様相で、生き生きとしています。村人たちは気持ちのいい人間ばかりです。

……とまあなんだかヌルそうな感じですが、そんなことはないんですよ。ミステリ部分もなかなかです。使われているトリックは、何ともまあ基本的な心理トリックなんですが、これが非常にいい位置に入っているんです。ああ、そりゃ犯人はあんたでしょ、と分かる人は分かるでしょうが。

というわけで、まあまあオススメの一冊です。シリーズ的には、一作目は特に重要ではないんで、そっちから読むんでもいい気はしますが。

書 名:聖女の遺骨求む
著 者:エリス・ピーターズ
出版社:社会思想社
    現代教養文庫 3001
出版年:1990.11.30 初版
    1994.11.30 6刷

評価★★★★☆