智勝寺殺人事件
『智勝寺殺人事件 大谷本部長捜査シリーズ①』ジェイムズ・メルヴィル(C★NOVELS)

智勝寺で禅の修行をしている外国人の一人ディロンから、誰かが自分のスーツケースに麻薬を入れたという通報が兵庫県警に入った。自ら調査しようと大谷本部長が乗り出すが、麻薬は偽物だった。ところが、当のディロンは殺害されてしまう。関係者を尋問中に、見張りをまいて住職の岡本が逃亡する。岡本は神戸の暴力団と接触し、またその事実を警察に密告する者まで現れる。一方、赤軍派が寺の外国人の同志を奪還しようと、寺を襲撃し炎上させてしまう。事件はますます複雑になり、CIAがからんでいたり、外務省がかかわってきたりする……(本書あらすじより)

『青鉛筆の女』以降、外国人が書いた日本人(日系人)、というテーマで本を読んでいるのですが、次はこちら、もう表紙も名前もやばそうな雰囲気が漂うこちらです。あらすじの「かかわってきたりする……」の部分が好きです。ちなみにこのシリーズ、地味に邦訳は3作出ています。
ちょっと面白い(ネタ的にも)、くらいの気持ちで最初は読んでいたのですが、勘違いでした。これはひどい……ひどすぎた……今年ワーストなのでは……。

外国人が禅修行のために宿泊している智勝寺で、麻薬絡みの事件と殺人が発生した。大谷本部長自ら捜査に赴くが、ヤクザ、赤軍、外務省など様々な団体の介入により事件は複雑化し……。
読み心地は完全に昭和ノベルス。日本描写が親切丁寧超濃厚(正確)だったり、いきなりのベッドシーンがあったりで、ペーパーバックの大衆小説感もすごいです。

欧米人が楽しめるよう、やたらとふんだんに日本描写が挿入される(大谷本部長がお昼ごはんのお弁当で味付けのりを袋から出すとかまで書いてある)のが中盤以降まだるっこしい、とかは、あくまで欧米人読者を意識してのことなので仕方がないと思います。それはわかります。ひどいのはそういうところではありません。
作者のジェイムズ・メルヴィルは日本に長く住んでいたこともあるようで、その点の怪しさというか、変な日本描写などはありません。読んでいて日本人が書いたかと勘違いするレベル。翻訳ミステリについて大谷本部長が考えたりするシーンとか、いかにも海外ミステリ好きが書いた日本人の書いた小説みたい。おかしな日本描写も違和感もないので、そういう点ではむしろ全然ネタにならないとすら言えます。

あと濡れ場が多いのですが、本筋とほぼ関係のなかったレズビアンカップルだとか、大谷本部長ですら奥さんと作中で2回もいたしていることだとか、そのへんも大衆小説ということで許します。なぜか随所にアメリカ人女性(白人、32歳)とアメリカ人女性(黒人、27歳)の百合シーンが挿入されて、いったい作者が何をしたいのかただただ困惑しますが、まぁそれも良しとします。とはいえ、とりあえずエロいシーンを入れれば読者は喜ぶだろうという作者の浅はかな考えが感じられます。作者はカーター・ブラウンを見習ってください。

そういうこの本のネタっぽいところとか全部抜きにして、なぜダメかというと、単純に話がダメすぎなのです。禅寺をめぐる陰謀を大風呂敷を広げすぎたあげく散らかしたまま終わってしまうという完全な放置プレイ。複雑なようでただ散らかっているだけなので、陰謀が何だったのかすらピンときません。どんでん返し下手か。
禅寺とかヤクザとか日本要素っぽいのでごまかしているけど、これは単純に小説として酷いでしょ……雑かよ……犯人これでいいのかよ……あいつの意外な正体とかめちゃどうでもいいよ……お前の意外な正体と目的も無理矢理すぎるよ……。

というわけで、各位におかれましては、ぜひとも読んでいただき感想を共有したく存じます。自分はもうこのシリーズに何の期待も抱いていないのですが、ひとまず頑張ってシリーズ2作目を古本屋で探します。光文社文庫から出ているロンドン警視庁特派捜査官シリーズも地雷臭がすごいのでいずれチャレンジ……するか……。

原 題:The Wages of Zen(1979)
書 名:智勝寺殺人事件 大谷本部長捜査シリーズ①
著 者:ジェイムズ・メルヴィル James Melville
訳 者:田中昌太郎
出版社:中央公論社
     C★NOVELS f-6
訳 者:1983.08.25 初版

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト