天皇の密偵
『天皇の密偵 ミスター・モトの冒険』ジョン・P・マーカンド(角川文庫)

カルビン・ゲーツがその日本人と初めて会ったのは、釜山へ向かう連絡船の上だった。常に微笑を浮かべ、やたらに”アイム・ソーリー”を連発する、慇懃無礼な男だった。男の名前はⅠ・A・モト。柔和な外見の下にカミソリのような頭脳を隠し、小柄な体に恐るべき柔術の業を秘めた、日本No.1の秘密情報部員である。
時代は、日本が中国侵略に乗りだした昭和10年代。ゲーツがひそかに目指すのは、今まさにキナ臭さを増し始めた中国奥地であった。そして同じ車中には、これまた秘密の匂いのするアメリカ娘と、同行のロシア人、その3人から監視の眼を離さないミスター・モト。旅の進展とともに明らかになる、大がかりな国際謀略とは?(本書あらすじより)

『青鉛筆の女』に第二次世界大戦中の日系人が出てきたので、この本を読むタイミングは今しかない!と思い読んでみました。結構面白いんです、これが。

時は1937年。とある目的からモンゴルへ旅に出たアメリカ人男性ゲーツは、道中で謎の日本人男性ミスター・モトに出会う。気付けばゲーツはシガレット・ケースをめぐる日本、ロシア、中国、モンゴルの駆け引きに巻き込まれてしまうのだが……というお話。

とにかくべらぼうに書き込み・時代背景描写が上手いです。日本の天皇と軍部の対立、ロシアの動向、1937年の日本の支配下にある中国・朝鮮の様子などがしっかりと描かれていて、普通に勉強になります。欧米人の描く「日本人物」としての違和感もほぼ感じませんでした。1938年にこれを書けるって相当すごいと思います。
ミスター・モトが読む前に予想していたほどデフォルメ日本人っぽくないのが興味深いですね。笑みを絶やすことなく、ただし圧力は十分かけるめちゃくちゃ立ち回りの上手い政府高官、という感じ。あらすじにあるような武術面は特に披露されませんでしたね。全て主人公の白人ゲーツ視点で描かれるのはチャーリー・チャンと同様です。そういえば本書に登場する白人は、日本人や中国人などをきちんと見分けているんですが、これも結構珍しい気がします。
ゲーツがモンゴルを目指す動機や、各国の策略の入り乱れる終盤など、古き良きスパイ物としてのストーリー性も十分。ミスター・モトの、一見日本に不利なことを目論んでいるかと思われる行動に対するホワイはやや腰砕けでしたが、これだけ複雑な諜報戦を描けているんだから仕方ないかなと。

期待をはるかに上回る内容で、なるほどこれはチャーリー・チャンとセットで語られるなぁと。似ているんですよね、雰囲気とか、ちょっとした男女の駆け引きなんかを添えている点とかが。『サンキュー、ミスター・モト』も評判良いので読んでみます。
それと『青鉛筆の女』で言及されていた1942年発表のシリーズ第5作も気になるところですが……論創海外ミステリさん、頑張ってくれないかな……。第二次世界大戦中に発表されたミスター・モトシリーズだそうで、どうモトを扱っているかが気になります。

原 題:Mr.Moto Is So Sorry(1938)
書 名:天皇の密偵 ミスター・モトの冒険
著 者:ジョン・P・マーカンド John P. Marquand
訳 者:新庄哲夫
出版社:角川書店
     角川文庫 赤545-1
出版年:1981.02.28 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト