悪魔の星 上 悪魔の星 下
『悪魔の星』ジョー・ネスボ(集英社文庫)

一人暮らしの女性が銃で撃ち殺され死体で見つかった。左手の人差し指が切断されていた上に、遺体から珍しいダイヤモンドが見つかると、猟奇的な事件に、注目が集まる。ハリー・ホーレ警部は、3年前の同僚刑事の殉職事件を捜査し続けていたが、証拠を得られず捜査中止を命じられ、酒に溺れて免職処分が決定。正式な発令までの間、この猟奇的事件の捜査に加わるが、事態は混迷を深めていく……。(本書上巻あらすじより)

『その雪と血を』がかなり面白かったので、ジョー・ネスボのシリーズもの、ハリー・ホーレ刑事シリーズを手に取ってみました。とりあえず今年出た『悪魔の星』です。そしたらまぁ面白いもんで、びっくりしました。
もたれそうなオスロ描写、「悪魔の星」連続殺人、警察との知能戦を仕掛けるシリアルキラー、やたらとまき散らされるミスディレクション、やたらと本格ミステリな証拠、大ボスとのたっぷりバトルと、くどいっちゃくどい北欧警察小説なのですが、これがカッチリはまっていて完璧な構成だからすごいのです。

初ホーレなのでよく分からないのですが、どうやらハリー・ホーレは心に大きな傷を抱えて自暴自棄になり、警察クビ一歩手前の様子。さらには組織内に犯罪組織とつながるものがいると踏んでいるのですが、手が出せず余計に荒れまくっています。そんな中で猟奇的な連続殺人が発生してしまう、というお話。

読み始めてからずっと某古典本格ミステリっぽい(タイトル言うとネタバレになってしまう)な……と思っていましたが、そこに警察小説、北欧ミステリらしい社会問題、ノワールなどの味付けをほどこしており、見事に現代ミステリとして昇華できている点が素晴らしいですね。某古典本格ミステリというのは、あのーそのーあれです、4つくらい事件が起きるやつです(伝われ)。

ある意味普通の連続殺人警察小説なんですが、主人公のキャラクター、頻繁に挿入される視点の変更、ついでにべらぼうに上手い文章のせいで全く凡庸さが感じられません。文章の上手さに、そりゃ『その雪と血を』くらい書けますわ……みたいな気持ち。
アルコール中毒警部ハリー・ホーレを巡るあれこれに、一切雑さがないのです。あぁこういうキャラクターなんだなと思わせる人物描写の上手さに、ネスボすげぇとしか言えません。ハリーは人間的にはもう完全にダメですが、刑事としては超一流。組織のつまはじきもの、嫌われ者ではあっても、数少ない信頼してくれる仲間と共に、わずかな手掛かりから事件を追っていきます。捜査が軌道に乗り始めてからのホーレのかっこいいこと。ディーヴァーっぽいのかもしれませんが、より警察小説らしいというか、良い意味で泥臭いですね。

連続殺人犯の正体については、ある程度ミステリの王道パターンを知っていれば定石かもしれませんが、それでもきちんと驚けました。特に犯人特定の決め手が、もう笑っちゃうんですが、本当に見事ですよね。なかなかお目にかかれない、バカミスっぽさすら感じる独創的なものです。本格ミステリ・ベスト10で誰か投票するんじゃないか……?
しかし『悪魔の星』の、おそらく作者が一番書きたかったのはここから。犯人が分かった後がまたすさまじいのです。ノワールのようなエグみとか容赦のなさではないのですが、とにかくラストの念の入った構成に感心します。冒険小説も真っ青なバトルを見たぞ……。

ジョー・ネスボ、良い意味で健全な作家なのかなぁと思うのです。プロットの組み立ての上手さと、旺盛なサービス精神によって、正統派の作品を書きつつ、その中で本格ミステリ、ノワール、警察小説、冒険小説といった要素が手加減することなくマジで合体しちゃってるのがすごいですね。聞くところによればハリー・ホーレものは他もすごいという……いやーこれは楽しみなシリーズを見つけてしまったかもしれません。おすすめです。

原 題:Marekors(2003)
書 名:悪魔の星
著 者:ジョー・ネスボ Jo Nesbø
訳 者:戸田裕之
出版社:集英社
     集英社文庫 ネ-1-8, 9
出版年:2017.02.25 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
その雪と血を
『その雪と血を』ジョー・ネスボ(ハヤカワ・ミステリ)

オーラヴ・ヨハンセンは殺し屋だ。今回の仕事は、不貞を働いているらしいボスの妻を始末すること。いつものように引き金をひくつもりだった。だが彼女の姿を見た瞬間、信じられないことが起こる。オーラヴは恋に落ちてしまったのだ――。雪降りしきる70年代のノルウェーを舞台に、世界で著作累計2800万部を突破した北欧ミステリの重鎮が描く、血と愛の物語。(ハヤカワ・ミステリ)

ジョー・ネスボといえばハリー・ホーレ刑事シリーズで有名な北欧ミステリ作家の筆頭ですが、シリーズ外作品も多数紹介されています。そもそも北欧くくりにあまり興味ないのでネスボも読んだことなかったのですが、今回訳されたポケミスがわずか180ページ、しかもポケミスなのに1段組みという非常に短い長編だったため、とりあえず読んでみました。
……いや、これはすごいです。騙されたと思って読んでみてください。自分の中では、読了後、めきめきと評価が上がり続けているんですけど。

物語は大筋よくあるクライム・ノベルっぽいものです。ちょっと抜けていて、独特のユーモアを持ち、かつ無邪気な残忍さを見せる殺し屋の主人公(ジム・トンプスンっぽい)が、恋に落ち、ボスに追われるようになる、でとりあえず十分。
それもそのはず、この作品は「1950年代から70年代にかけて大量生産されたペイパーバックオリジナルの犯罪小説を模して書かれた」もの、なんだそうです。舞台となるのも1970年代のノルウェー。キレキレの文章は魅力的ですが、ボスやヒロインなど主人公以外のキャラクターは結構大人しめということもあり、基本的に定型っぽさがあります。というわけで前半は、正直なところ寒いトンプスン(気候的に)だなぁくらいの気持ちで良くある良くあると読んでいたのですが……。

終盤で全体の印象がメキメキと変化し始めて、しっかりとノワール・クリスマス・ストーリーとして着地したので衝撃を受けました。すごい、すごいよこれは。たった180ページしかない中で、緻密に構成を練ることで読者の全てを裏切り、かつ贖罪の物語を紡ぐことが出来るだなんて。
単なる血の話でもなければ、惚れた女がどうこうというセックスの話でもないんです。この主人公だからこそ成り立つ「一人称」としての傑作ノワールなのです。こ、これが現代のトップ作家による、ジム・トンプスンへのアンサーだってのか……やばい、やばすぎる……。

ネスボの作品って基本的に長めなのでなかなか読む気が起きないのですが、これは薄くてすぐ読めますし、何より読んでもらわないと凄さが伝わらないはず。現代ミステリの奇跡をぜひ味わってみてください、おすすめです。

原 題:Blod på snø(2015)
書 名:その雪と血を
著 者:ジョー・ネスボ Jo Nesbø
訳 者:鈴木恵
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1912
出版年:2016.10.15 1刷

評価★★★★★