虚構の男
『虚構の男』L・P・デイヴィス(ドーキー・アーカイヴ)

時は1966年、イングランドの閑静な小村で小説家アラン・フレイザーが50年後(2016年!)を舞台にしたSF小説の執筆にいそしんでいるところから物語は始まる。気さくな隣人、人懐っこい村の人々はみな彼の友だちだ。やがて一人の謎の女と出会い、アランの人生は次第に混沌と謎の渦巻く虚構の世界に入り込んでいく――国際サスペンスノベルか、SFか? 知る人ぞ知る英国ミステリ作家L・P・デイヴィスが放つ、どんでん返しに次ぐどんでん返しのエンターテインメントにして、すれっからしの読者をも驚かせる正真正銘の問題作!(本書あらすじより)

まずはこちらを読んでほしいのです。「L・P・デイヴィス『虚構の男』(執筆者・矢口誠) - 翻訳ミステリー大賞シンジケート
いやー超面白そうじゃないですか。矢口誠さんが訳して紹介しているだけでもう面白そう。
実際のところ、前半は確かに大好きなタイプの話でめっちゃ盛り上がって読んでいたのですが、後半がちょっと……何でこうなるのみたいな、いやそういうぶっ飛びを求めて読んではいたんだけど、それにしてもこれはシオシオのパーに入るのではないかみたいな。いずれにせよ、これは読む人を選ぶ作品ですし、読む人によって大きく感想の異なる作品ではないかと思います。

で、これまたあらすじを書くのが難しい作品なんですよ。何しろ全部ネタバレになりかねないし。とりあえず最初の最初だけ「この町、何かおかしいぞ」ミステリなのです。平凡な田舎の村で作家として暮らす主人公が、隣人たちの奇妙な振る舞いに気付く、という。ところが途中からおかしいというか、いや何でそんなまだるっこしいことをするの、という感じになり、最終的にこの町じゃなくてみんなおかしいぞ、になります。結構な割合で自分の大好きな某作品にそっくりなのですが、これ言ったらネタバレか。
いわゆるジャンル混合作品なんです。ジョン・ブラックバーンに似ていると解説にありますが、まさにあのくくり。ミステリとSFが絶妙なバランスでまじりあい、読者の予想する展開をひたすら裏切っていきます。こういうジャンル混合型を、10冊に1冊くらいしか楽しめない自分が悲しい……なんて心が狭いんだ……。

というわけで、ある意味ハリー・スティーヴン・キーラーとか『悪夢はめぐる』のヴァージル・マーカム(以上2作は純粋なミステリだけど展開がむちゃくちゃ)がハマる人にはハマる可能性が高いのかもしれませんが、こればっかりは読んでみてねとしか言いようがないもんなぁ。

原 題:The Artificial Man1(1965)
書 名:虚構の男
著 者:L・P・デイヴィス L. P. Davies
訳 者:矢口誠
出版社:国書刊行会
     ドーキー・アーカイヴ
出版年:2016.05.25 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト