ドーヴァー⑥/逆襲
『ドーヴァー⑥/逆襲』ジョイス・ポーター(ハヤカワ・ミステリ)

岡の上の小さなサリー・マーチン村は相次ぐショックですっかり平和な眠りを破られてしまった。地震、殺人、そしてロンドン警視庁の悪評高いドーヴァー主任警部の出現である。 悪夢のような地震の夜が明けると、サリー・マーチン村は多くの家屋が倒壊し、道路が切断され、惨たんたる状態を呈していた。死者の数も少なくなかった。地滑りの土砂から発見された建築屋のチャントリーもそのひとりだった。ただ、チャントリーは絞殺されており、他殺だった。現場の混乱状態から難事件になることを予想した地元警察は早速ロンドン警視庁に応援を求め、かくてドーヴァーの出動となったのだ。
サリー・マーチン村に到着したドーヴァー警部は不満だった。まず、村でたった一軒の居酒屋は地震で潰れ、例の自分の嫌いな人間を犯人にするというドーヴァー式捜査法も面白くない人間が多すぎてたちまちいきづまってしまったためであった。ドーヴァーが滞在したホテルは、意地悪ばあさんやら占い気違いの老婦人などが居住者で老人ホームを思わせ、外では破廉恥なヒッピーに出会うのだ。すっかり気を悪くしたドーヴァーはマグレガー部長刑事に困難な捜査を押しつけ、自分は安楽椅子探偵をきどってベッドから動こうとはしなかったが……。好評ユーモア本格、ドーヴァー・シリーズ第6作!(本書あらすじより)

あーいいですいいです、こんな長いあらすじ読まなくって。というわけでドーヴァー6作目です。
ドーヴァー警部シリーズは大きく2系統に分かれます。比較的マトモな動機と真相とユーモアが売りのもの(2作目、3作目、5作目など)と、明らかにマトモではない動機と真相とユーモアが売りのもの(1作目、4作目など)。後者より前者の方がユーモア要素が強く感じられるのはなぜだ?
で、今回の6作目ですが……実にこの中間というか、あるいは両要素を兼ね備えている、まぎれもなくドーヴァーシリーズの中でも上位に入るであろう作品なのです。当然のごとくおすすめです。

大地震の結果、周囲から半ば閉ざされてしまった集落で、大地震の直後殺人事件が発生。ロンドン警視庁から呼ばれてやってきたドーヴァー主任警部とマグレガーは部長刑事は、いつものごとく捜査を開始します。

地震による事故死に見せかければいいのに、犯人はなぜ絞殺などという殺害方法を取ったのか……という謎が中心になるかと思いきや、そんなことはどうでもよかったんだぜ(白目)。そんなことより、地震直後で何もかも不便な環境で、耐えられずベッドに引きこもるドーヴァーが面白すぎます。何しろ酒がないからね! ドーヴァーには無理だね! いつも以上に捜査どころじゃないね!

アクの強い村人たちへの聴取を(マグレガーが)続ける中、まさかのドーヴァーの命を狙った(かもしれない)事件も発生し、証拠も何にもないぞ、けどこんなところから早く帰りたい、どうする……というところで、安楽椅子探偵を決め込んでいたドーヴァーによるまさかの推理が始まります。
いやてっきりね、例によって証拠も何にもない思い付き推理かと思ったんですよ。っていうか確かにそうなんですよ。おまけに犯人特定のロジックもクソもないし、絞殺の理由とかないも同然だったし、こりゃあひでえやみたいな推理なんですよ。
ところが、ある一点で、ドーヴァーの神業的推理が光るのです! きちんと示されていた伏線と手がかりを回収し、名推理がきらめくのです! そしてドーヴァーシリーズらしいえげつない真相が飛び出すのです! まさかこんなダメ本格にキレキレロジックが出るとは!!みたいな驚きもあり、はっきり言ってこれにはぶったまげました。ドーヴァーやるな……別にやる気だしたら名探偵とかそんなやつですらないくせに……。
っていうか仮にあの人にアリバイがなければかばっているパターンにしか見えないけど、これマジで提示されている通りの真相なんでしょうね……嘘だろ……フーダニットって何だったんだ……。あと救われない系真相がここまで心に響かないのもすごい。ドーヴァーだし。

というわけで、相変わらず面白すぎるドーヴァーシリーズだったのでした。このシリーズって、ステリにおけるほぼ全ての自白パターンが含まれているんじゃないかと思っているんですが、残る作品はどうなることやら。あと4作かぁ……年1冊ペースで4年しかもたない……。
なお、今回特に面白かった名分です。


「事件解決か、うん?」とドーヴァーは一瞬その考えの輝くばかりの新奇さに心奪われたが、その反応もすぐ消えてしまった。「いうのはやさしいが、やるのはなかなかだぞ」


マグレガーは危険信号を感じ取った。ドーヴァーはじぶんの生命が危険にさらされているような時でも、二分間以上同じことを集中して考えることができないのだ。



原 書:Dover Strikes Again(1970)
書 名:ドーヴァー⑥/逆襲
著 者:ジョイス・ポーター Joyce Porter
訳 者:乾信一郎
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1198
出版年:1973.04.30 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
奮闘
『奮闘』ジョイス・ポーター(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ウィブリー家が村に埋蔵されている陶土に目をつけ、寝室用便器の製造・販売に力を注いだおかげで、平凡な村ポットウィンクルは小さな町にまで発展した。だから、湿っぽい初秋のある日、ウィブリー氏の一人娘で21歳の主婦、シンシアが撲殺された事件は、町の警察を一種の恐慌状態に陥れた。こんな厄介な事件はスコットランド・ヤードに任せるにかぎる――かくて不機嫌そうな二人の男ドーヴァーとマグレガーはポットウィンクルの小さな駅に降り立つことになった。”妻殺しの下手人は亭主に決っておる”難事件に迷推理。ドーヴァー警部大活躍!(本書あらすじより)

はい、ドーヴァー警部シリーズ5作目です。もう5作も読んでるんですか自分。こないだ全部そろったのでいつでも全作読める体勢に入っています。
もともとホワイダニットが扱われることが多いシリーズですが、今作は特に動機探しがメインとなります。展開上ややだらけてはいますが、適度のユーモアで読ませてくれるし、最後にはいつもの英国ブラックユーモアらしいオチを見せつけてくれます。やっぱりドーヴァーはいいねぇ。

誰からも恨まれていなかった若い主婦が殺され、捜査を始めたドーヴァーは夫による妻殺しに違いないと最初から決めつけ、速攻で逮捕してしまいます。ところが夫婦はすこぶる仲が良く、妊娠が分かったばかりでした。なぜ彼女は殺されたのでしょうか?(そして一応誰に?)

『ドーヴァー1』は100キロ女性殺しだったし、『ドーヴァー2』は眠れる不美女殺しだったので、ポーター女史は5作目にしてようやく普通に女の人を殺した感があります。どうでもいいです。
速攻で逮捕しちゃうんですよ、初めてのパターン。今回は証拠固めというか動機探しが正面から扱われており、犯人探しは(夫で合っているかはともかく)うっちゃっておかれるので、いつも通りユーモアが冴えているとはいえ全体的に地味。ちなみに今回は大物にこびへつらうドーヴァーが見られるよ! 珍しいよ!(またもどうでもいい)
犯人は夫と決めつけるドーヴァーに対し、マグレガー部長刑事はいくらなんでも捜査が雑すぎると夫を弁護しようとするんですが、なんとここでドーヴァーが明晰な推理でもって一気に夫犯人説の証拠を固め、マグレガーを一刀両断しちゃうシーンがめちゃくちゃ面白かったですね。こ、こいつちゃんと推理とか出来たんだ……(まぁ誰でも気付く証拠だと後で地元警官が言ってますが)。これでマグレガーは有能”そう”でかっこつけてるだけで実は無能なんじゃね説がさらに濃厚になりました。

夫を犯人と指し示す証拠が意外と多く、読者としてもドーヴァーが合っているのか間違っているのかよく分からないまま話が進行します。意外な動機物としては、『ドーヴァー1』や『切断』みたいなキワモノと違い、普通にブラックというか、まぁ後味悪いやつですが、これを最後にドーヴァーさんがぶん投げちゃうところはもうさすがとしか。

安定の面白さではあるんですけど、ドーヴァー初読者には『ドーヴァー2』か『ドーヴァー3(誤算)』の方がおすすめです。強烈なのが読みたいなら普通に『ドーヴァー4/切断』かなと。いやしかし、やっぱりこのシリーズは結構好きかもしれないなぁ。

書 名:奮闘(1968)
著 者:ジョイス・ポーター
訳 者:乾信一郎
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 32-2
出版年:1977.01.31 1刷

評価★★★★☆
ドーヴァー1
『ドーヴァー 1』ジョイス・ポーター(ポケミス)

ジュリエット・ラッグ――まるまると太って、この世の患いごととはなんの関係もないような女が、とつぜん失踪した。ある朝姿を消してから、消息を断ってしまった。はじめ、若気のあやまちで駆け落ちしたとにらんでいたクリードン警察当局も、100キロ余もあるデブの女性が、そんなことをするはずはないと考え、ひょっとしたら誘拐されたのではないかと判断した。
そこで、はるばるやってきたのが、鬼警部と怖れられるロンドン警視庁主任警部ウィルフレッド・ドーヴァーと、その手足として働くマグレガー部長刑事だった。
ドーヴァーは巨漢だった。6フィート2インチの体格、110キロという脂肪の多い肉を出来あいの古びた服にくるみ、二重顎と猪首をその上にのっけていた。縮尺のちがったちんまりとした鼻、口、眼が、ばかでかい面積の顔のなかで消え入りそうだった。
かくて、ロンドン警視庁一の気むずかし屋のドーヴァー警部は、部下を徹底的にいじめながら、失敗を重ねつつ手がかりのなにもない捜査に乗り出していった!
探偵小説界に新たなキャラクター登場! 探偵小説の面白さを満喫させる、ロンドン警視庁の名物警部ドーヴァー・シリーズ第一作!(以上本書ながーいあらすじより)


い、いっかい書きあがった記事が消えちゃったもんで、必死に書き直しております。くそぉ……。
しかも、更新が10日振り近くというね……毎日来て下さる方、本当にありがとうございます。ちょっと採点のバイトが入ってまた時間がなくて(クドクドと言い訳)。

えー、で、今回はジョイス・ポーターですね。読んだのが既に一か月前です。むむむ。ちなみに、ポーターを読むのは二年振りですね。
ドーヴァーシリーズは『2』『3』『4』のみ読んでいたんですが、はっきり言って相当好きなんですよ。特に『2』『3』。『4』はまた面白いですけど、あれはキワモノとして評価されている向きが強く、普通にユーモアミステリを楽しみたいのなら『2』『3』でしょう。

というわけで、デビュー作の『1』であります。さすがドーヴァーを生んだポーター女史、デビュー作からして結末のエグさ・皮肉さは(珍しくはないものの)強烈です。
しかも、本格ミステリとして結構良い出来栄えなんですよ。おそらく、初期4作の中では最もマトモに本格っぽいのではないでしょうか。ドーヴァー警部がちゃんと捜査も推理もするのです。手掛かりや伏線が上手く、ある意味ドーヴァーっぽくないのです(デビュー作なのに「っぽくない」というのもなんですが)。「あー、なるほどねぇ」って思った瞬間めちゃくちゃ悔しくなりました……くっ、何だ、ドーヴァーのくせに。

じゃあこの作品、お勧めできるかと言えば……残念ながらノーです。というのは、ドーヴァーシリーズ最大の持ち味である、破天荒でむちゃくちゃなユーモア成分が圧倒的に少ないんですよ。もちろん、ユーモラスではあるんですが、あるんですがというか普通にドーヴァーユーモアなんですが、ただやはり物足りないというか。序盤~中盤の尋問シーンなどはちょっと退屈ですらあります。さっきも言いましたが、ドーヴァー警部がこの頃はまだマトモで、キテレツさがちょっと足りないんです(いやまぁ、下品で怠け者なのは確かですが)。


ですから、今さらこれを積極的に読む意味は見出せないんですよね。ドーヴァーシリーズが真に面白くなるのは『2』以降、ということです。ですから皆さん、『2』『3』は読まなきゃだめですよ。特に『3』。
ま、そんな感じですね。今後もシリーズを追いたいですが……その前に、『5』以降を集めなきゃいけないんですよね……。Amazonなら安く変えるんですが、あえて古本屋で、しかも400円以内という縛りのもと探しているので、未だ『8』しか持っていません(なぜか『8/誘拐』は、あらゆる古本屋さんに100円でばらまかれています……ホント何でだ)。もし安く売っている店があるなら、どなたか教えて頂けませんか……あ、『5』は文庫で欲しいなぁ(欲張り)。

書 名:ドーヴァー 1(1964)
著 者:ジョイス・ポーター
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 967
出版年:1967.1.31 初版
    1979.10.15 2版

評価★★★☆☆
案外まともな犯罪
『案外まともな犯罪』ジョイス・ポーター(ハヤカワポケミス)

町の鼻つまみ者ホン・コンおばさんが新設したコニー相談所に大方の予想に反し、一人の客が訪れた。その婦人は、警察が自殺とした息子の死が、他殺であることを証明してほしいと依頼したのだ。息子を天国に、という切なる親心にほだされたホン・コンはさっそく警察に赴き、部長を恐喝して調査記録をせしめた。だが、なんと少年は天国どころか、教会暴涜、銀行強盗など前科数犯のとんでもない悪だったのだ。加えて、歴然たる自殺の証拠。だが、けっしてひるむことないホン・コンは、傍若無人な探偵術を展開。ついに意外な事実をつかんだのだ!(本書あらすじより)


うぅむ。案外まともな犯罪でした。

ホン・コンおばさんのシリーズは初めてですが(このばあさんいくつなんだ?)、ドーヴァー警部シリーズと比べると大分異なる印象を受けます。なぜかと言うと、

1、そもそも主人公は(いくらはちゃめちゃとは言え)一介のおばさんですから、結局のところこれは普通の私立探偵物だということになります。

2、ドーヴァー警部が(とりあえずはまがりなりにも)公的であるのに対し、基本的にホン・コンの行動は好き放題です。

3、出くわす出来事が、よりありえない、というかコメディタッチである気がします。


一番大きいのが3のポイントでしょうか。全体的にドタバタギャグ調である気がします。これがいいか悪いかというのは別の話ですが、やっぱり「ジョイス・ポーター」という独自の文調が出し切れていないんじゃないかと思います。

まぁ事件の方は例によって唐突すぎる終わり方を迎えるわけですが、まっ、これは結構いいんじゃないでしょうか。登場人物で一番良かったのは、やっぱり毛糸屋のおかみでしょう、もちろん。そして、依頼人の登場シーンが少なすぎるのはなぜでしょう?


まぁ、可もなく不可もなく、というところでしょうかねぇ。


書 名:案外まともな犯罪(1970)
著 者:ジョイス・ポーター
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1167
出版年:1972.1.15 初版
    1997.6.30 3版

評価★★★☆☆
ドーヴァー3
『誤算』ジョイス・ポーター(ハヤカワ文庫)

猥褻きわまりない匿名の手紙が村じゅうの女に舞い込むという奇ッ怪な事件が、最近ロンドン郊外の寒村で起っていた。引き受け手のないこの怪事件に頭を痛めたロンドン警視庁はある男を派遣することにした。かくして厄介者ドーヴァー警部出馬となったが、村では女教師の自殺未遂、実力者夫人のガス中毒死事件が起こり、ついにはドーヴァーにも卑猥な手紙が……村を揺がす不可思議な犯罪の目的とは?巨体をゆすり珍しく捜査らしい捜査を始めたドーヴァーだったが……史上最低の迷警部を描くユーモア本格シリーズ第3弾!(本書あらすじより)


『ドーヴァー3』改題です。気が付きゃドーヴァーも1、2、4と読了。いやしかし、その中では一番良かったですね。笑わせっぱなしの文章と、適宜行われる捜査らしきものと、きちんとした真相がうまくマッチしています。ドーヴァーのキャラクターもしっかりしており、充実の一作です。数時間のウサ晴らしには本当にもってこい。

しかし結末はなかなかのもんでした。犯人予想にしたって、絶対コイツだと最初からずっと当たりを付けてた人がいたのに違ってたし。肝心の真相解明も例によってタナボタ(もっともこのタナボタ式は『2』の方がある意味強い……?)ではありますが、最後にこういう態度を警部が取るとは思っていませんでした。なんてマグレガー部長刑事は可愛そうなのかしら(笑)

ドーヴァーシリーズの見所は、何と言ってもユーモアです。40年前に書かれたとはいっても、全く古臭さは感じられません(たかだか40年、ともいえますが)。一番有名なのは『ドーヴァー4/切断』ですが、これはややあくが強すぎるため、本作はより万人受けするといえるでしょうね。ガチガチのミステリなわけでは当然ないので、ミステリを読まない方でも楽しめると思います。

惜しむらくは出版が早川書房のため、当分復刊の見込みはないことです。いやはや残念です、まったく。


書 名:誤算(ドーヴァー3)
著 者:ジョイス・ポーター
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 32-3
出版年:1980.9.30 初版

評価★★★★☆
『ドーヴァー 2』ジョイス・ポーター(ハヤカワポケミス)

ある土曜日の8時ごろ、イザベル・スラッチャーという女性が、カードリーの町の静かな通りで撃たれた。後頭部に2発。そばには犯行に使用された拳銃が落ちていた。指紋はきれいにぬぐいとられていた。歩道には血や脳みそが飛び散っていたが、奇跡的に一命はとりとめた。が、助かったとはいうものの、意識はまるっきり回復しなかった。こんこんと眠りつづけるイザベルを、地方の新聞は、眠れる美女と名づけ、紙上をにぎわしていた……が、病院側の必死の看護もむなしく8ヵ月後に、イザベルは本当に永遠の眠りについてしまった。マグレガー部長刑事を伴って、朝の6時にカードリーの中央駅に降りたったドーヴァーは、またまた持ち前の癇癪玉を爆発させた……ドーヴァーの受け持つ事件は、きまってロンドンを離れた片田舎。しかも、ほとんど動機も手がかりもない難事件を担当させられるからである。今度の眠れる美女殺人事件も、その例外ではなかったのだ……。
ミステリ史上かつてない特異なキャラクターをもったロンドン警視庁ドーヴァー主任警部、第2の事件!(本書あらすじより)

ジョイス・ポーターは、一番の傑作と言われる『ドーヴァー4/切断』だけ読んだことがあるんですが、正直4はイマイチだった覚えがあります。それに引き換え、この作品はかなり楽しめました。4は内容(とか結末)を評価されるんでしょうが、気軽なユーモアは2の方が断然上です。

とにかく読んでいてなんども吹き出しました。ドーヴァーとマグレガーの会話(さらに心の中のぼやき)は何度読んでも笑えます。この直感的推理をかざしては失敗するのは、ある種デクスターの前期のモース警部っぽいです。…んなこと言ったら怒られそうだけど。最後のドーヴァーと警察署長との会話なんか、読んでて楽しくってしょうがありませんね。

また、アクセントとしていちいち出てくる「超人パーシー」ことロドリック警視関連の話題がなかなか楽しいんです。小ネタがかっこよく随所に効いているのはうれしいもんです。

ミステリとしても、(意外に)しっかりとした構成です。犯人も動機もそれなりに上手く出来ているんです。書く人が書くから、こんなんになっちゃうんでしょうねぇ。

特に面白かった会話。

「ドアの錠が下りていることに二シリング六ペンス賭ける。行って調べてこい」
そのとおりだった。
「君は二シリング六ペンスの負けだ」とドーヴァー。「払え。ありがとう」

なぜかツボにはまった(笑)

書 名:ドーヴァー 2
著 者:ジョイス・ポーター
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 968
出版日:1967 初版
     1979.11.15 2版

評価★★★★☆