火星の人
『火星の人』アンディ・ウィアー(ハヤカワ文庫SF)

有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を消した。ところが――。奇跡的にマークは生きていた!? 不毛の赤い惑星に一人残された彼は限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びていく。宇宙開発新時代の傑作ハードSF。(本書あらすじより)

傑作です。もしかして今まで読んだSFの中で一番面白かったかも。
火星に取り残された男がどう生き残るかというサバイバル&その救出劇という冒険小説感が素晴らしく面白いです。何より秀逸なのは、(後書きにもありますが)そういった骨格にノイズを一切入れなかったことにあるでしょう。非SF読みはよく分かんない用語を全部読み飛ばしても大丈夫。いやーたまにはSFも読まないとですね、ほんと。最後感動というか感慨のあまり泣きそうになってしまったよ。

火星の人・ワトニ―のユーモラス(すぎる)日記形式にしたところがまず良いです。火星にひとり取り残され、次の船が来るまで食料が全然足りない、という絶望的に孤独な状況なのに、彼は全く悲観的なところを見せません。どれだけやばい状況でもギャグを飛ばしながら生き残りに挑む彼の姿がかっこいいのです。日記ゆえに、読者に(ある意味隠されている)彼の不安・恐怖・そして歓喜が、時折挿入される三人称で示されるのが効果的。
この三人称も曲者で、たいていろくでもないアクシデント(ワトニ―が感知できない)が発生するときに挿入されるんですよ。ワトニ―の文体が基本的に調子乗りすぎな上に、まぁ主人公だしどうせ生き残るでしょと読者もある程度割り切っているだけに、三人称が出るだけでサスペンス感がぐっと演出されるのが上手いです。

一方、NASA側&ワトニーを置いてけぼりにしてしまった宇宙船側では、ワトニーの救出劇が描かれるのですが、ここに読者をひやひやさせたりうんざりさせるような不安要素が全くないのが本当に良かったです。陰謀もないし、邪魔する人も足を引っ張る人もいないし、嫌な人すらいません。ワトニーの家族すら出ないのです。感傷的な場面も極力省かれ、ただただプロフェッショナルな人たちが登場します。しいて言えばNASA長官が一回ごねるけど、それもすぐ終わるし。これぞ映画『アポロ13』のエド・ハリス側、という感じ。
人為的なトラブルを書かない、という作者の姿勢にはとても好感が持てます。自分、たいていチームメンバーの中にひとり紛れ込んでいるトラブルを起こす人が本当に嫌いなんですよ。読者としてはある意味安心して火星の過酷な環境と戦うワトニーに集中できるというわけ。

というわけで、とにかく面白かったのでした。アルファベット略称や計算式が結構出て来ますし、ワトニーの行う手順がいちいち書かれたりと、ハードSFらしい部分もしっかりしているんですが、そういうのめんどくさいぞという人はテケトーにスルーしていっても全然問題ないのでそうしましょう。変に考えて止まっちゃう方がもったいないです。それくらいストーリーが抜群。ミステリ読みにもぜひぜひオススメです。いまは上下巻バージョンが出ているはずです。
もうすぐマット・デイモン主演による映画版『オデッセイ』が公開されますが、あちらもシリアス&ユーモラス、と原作の雰囲気をしっかり残しているとのことなので(予告編見る感じだとあんまりそう思わないんだけど)、期待したいです。楽しみ楽しみ。

原 題:The Martian(2011)
書 名:火星の人
著 者:アンディ・ウィアー Andy Weir
訳 者:小野田和子
出版社:早川書房
     ハヤカワ文庫SF 1971
出版年:2014.08.25 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト