フィデリティ・ダヴの大仕事
『フィデリティ・ダヴの大仕事』ロイ・ヴィカーズ(国書刊行会)

妖精のようにキュートな女怪盗のフィデリティが、大勢の手下を使って大胆な犯罪を実行!!悪徳商人やスコットランド・ヤードを手玉にとっての大活躍。「ハウダニット」を楽しめる短篇集。倒叙ものの名作『迷宮課事件簿』(ハヤカワ文庫)で知られるイギリスの作家、ロイ・ヴィカーズが〈迷宮課〉執筆前に刊行した『フィデリティ・ダヴの大仕事』。ミステリ・ファンに人気が高い1冊を初邦訳。(本書あらすじより)

ちなみに表紙は、海外ミステリ史上トップクラスのカッコいいものではないでしょうか。たぶん。

ヴィカーズと言えば「迷宮課」ですが、まぁ「迷宮課」シリーズって、趣向としては面白いけど、退屈なものも多いんですよね。2つ短編集は読みましたが、単体で読むならともかく、一気に読む向きではないかなぁ、と。ちなみに短編「百万に一つの偶然」は超絶傑作ですが。

ところが打って変わって、この『フィデリティ・ダヴの大仕事』の抜群の面白さです。何なんだヴィカーズ、あんた退屈な話しか書けないんじゃなかったんか。ってか迷宮課より前の作品ってどういうことだよ。
このシリーズは今回初めて知ったんですが、その魅力は何と言っても「楽しい」という単語に集約されるように思います。もうただただ愉快な物語。しかも、訳のおかげもあるかもしれませんが、1924年刊とは思えない新鮮さがあります。全く古臭くないんですよね(内容自体は昔のコメディっぽいとはいえ)。コミック化・アニメ化しても売れるんじゃないでしょうか。ってかアニメ化して。

話としては、美少女(決して美女ではない)フィデリティ様が、自分を崇拝している大勢の手下を駆使して、悪どく金を稼いでいる金持ち達から大金を巻き上げる、というものです。美術品を盗むときもありますが、詐欺・ペテンで騙し取るような話の方が多いかもしれません。毎話趣向を凝らしており、さらっと読める良短編集でしょうね。
フィデリティが大悪党だというのを、スコットランド・ヤードはちゃんと知っているということになっています。ってか住所まで知っています。レーソン警部補とはもはや顔見知りで、彼は何とか彼女を捕まえようとはするんですが、結局証拠がなくてダメ、というわけ。この二人の関係が何とも面白く、逮捕したいと同時にその天才っぷりに尊敬しているレーソン警部補が、どこかフィデリティを応援しているように思える話があるというのが、こう、何ですか、いかにも読者好みな感じ。この警部補さん、やっぱり後々迷宮課に飛ばされるんでしょうか。迷宮課ではジョージ・レイスン(George Rason)警部となっていますから、昇進したのかな。迷宮課に行くこと自体はめちゃくちゃ左遷くさいですけど。ちなみに警部補時代の方がキャラが立ってる気がします。

肝心のフィデリティですが、常に灰色の地味な服装を身にまとう超絶美少女で、21歳前後、純真無垢な態度を装う様はまさに天使のよう、しかし実は全て演技で,実はちょっと小悪魔……ってか悪魔入ってるんじゃなかろうかという曖昧さ、崇拝する信者多数、女の子達にはお姉様と呼ばせるという、なんというか、めちゃくちゃ魅力的で、完全に二次元キャラとなっています。帯の「何でも盗んでさしあげますわ」ってのは……なんかキャラ違くないですか?うぅん、やっぱりアニメ化して欲しいなぁ。
彼女の部下で、何度も登場する人は結構いるんですが、一番面白いなと思ったのがサー・フランク・ロートン。彼自身は部下でもなんでもなく、彼女に心酔してもおらず、ただフィデリティの顧問弁護士というだけですが、薄々(いや絶対)正体に気付いています。そして彼は法に反することは大っ嫌いだと思うんですが、法的には問題の無いフィデリティの手法をどことなく面白がっており、いっつもチョイ役で登場するんですね。何とも上手いキャラ設定。

というわけで、結構楽しめる短編集でした。12しかないというのが本当に残念です。

以下個別に簡単な感想を。

「顔が命」
フィデリティ初登場。まずは宝石を盗みますが……。
この話でいきなりフィデリティは警察に顔を知られてしまいます。入れ替えトリックが意外に良く出来ていますね。相手の知られたくない部分を上手く使っているのがグッド。ってか逆に、どうやってその弱点を知ったんですか。

「宙吊り」
フィデリティの次なる宝石強奪を防ごうと、レースン警部補は奮闘するが……。
でた、いきなりアニメ目前ぶっとび手段です(笑)レースン警部補がただただ哀れ。
最初読み終わって、アレどうやって盗んだんだ、と頭に入らなくてあせりました。そんなに複雑じゃないんですけどねぇ。あまりにもサラッと読めてしまうせいかな……いえ、単に理解力不足です。

「本物の名作」
フィデリティに騙されかけていることに気付いたサー・ルーファスは、彼女を捕まえようと一計を案じるが……。
何とも小気味良い盗み方。ジャック・リッチーの傑作「誰が貴婦人を手に入れたか」に何となく似ているような。

「偽造の定番」
フィデリティは、愛する地元を守ろうと、その風景を盗むことに……。
かなり荒っぽい手段ですが、相手を陥れようと複数の罠を仕掛ける様がなかなか上手いです。別に風景を盗むわけじゃないんですけどね。土地全体を守ろうと、容赦なく屋敷をぶっこわすフィデリティ様、さすがです。

「ガルヴァーリー侯爵のダイヤモンド」
ガルヴァーリー侯爵に同情したフィデリティは、彼のものであった宝石を取り返そうと……。
こういうストーリーは好きですねぇ。最後が何とも美しいじゃないですか。盗む方法は案外ムリヤリですが。

「貴顕淑商」
ある大手の食品会社の給料があまりに安いことに憤慨したフィデリティは……。
何とも手痛い仕打ち。しかし、目的といいその方法といい、フィデリティの手段の多彩さが伺われます。

「一四〇〇パーセント」
高い利子をつけて金を巻き上げる金貸しに対して……。
いかにもな詐欺、って感じですね。この男もかわいそうだな……。やたらとパーセントを連呼していましたが、いまいち何でそれにこだわるのかがよく分かってなかったり。

「評判第一」
名声を重んじ女を捨てた男に対しフィデリティは……。
相手を陥れようとするフィデリティの方法が面白すぎます。ヴィカーズの発想はなかなか独創的ですね。ちゃっかりお金も巻き上げてるし。

「笑う妖精」
自分の持っている美術品が偽物だと裁判で争うも、当然のように敗訴してしまうフィデリティ。その目的とは?
見え見えの展開ではありますが、これがまた何とも気持ちのいい展開です。今回は義賊というより単なる詐欺ですね。

「ことわざと利潤」
ある薬品の効果を知ったフィデリティは、それを用いてタペストリーを盗もうとするが……。
前提として、フィデリティの一味は余裕で何度でも盗みに入れる、となっている点がいかにもこのシリーズらしいですね。彼女の手段は、いかに正攻法で騙すか、ということですから。

「ヨーロッパで一番ケチな男」
そのケチな男に強制的に慈善をさせるべくフィデリティは……。
この短編集の中では地味目かなぁ。

「グレート・カブール・ダイヤモンド」
あるダイヤモンドを盗もうとしたフィデリティは、誰もが見る中そのダイヤモンドを正攻法で自分のものにしようとしたが……。
いくら何でも被害者が現金すぎる(笑)この結末は、つまり、作者はフィデリティシリーズをこれで終わりにするつもりだった、ということなのでしょうね。盗み出す方法は……ま、これはレーソン警部補さん、お気の毒様、というところ。アメリカ人のおばちゃんがやたらと無神経に描かれている気がしてなりません。

書 名:フィデリティ・ダヴの大仕事(1924)
著 者:ロイ・ヴィカーズ
出版社:国書刊行会
出版年:2011.12.21

評価★★★★☆
スポンサーサイト
『迷宮課事件簿[1]』ロイ・ヴィカーズ(ハヤカワ文庫)

全体的に、小粒な良作ぞろいです。ストーリーにかなり渾身のネタを投入してるんじゃないでしょうか。第二短編集のように、中だるみがきつくもありません。

「ゴムのラッパ」
迷宮課ものの代表作みたいですが、個人的にはイマイチだったように思います。ラッパがいくらなんでも無理矢理使われている気がします。

「笑った夫人」
事件そのものが面白いので、けっこう読めます。決め手の証拠はいい加減でしょう。

「ボートの青髭」
他の迷宮課ものとはやや性質が違います。やや単単調でしょうか。決め手がやはりイマイチです。それにしても、日本なら、この犯人は即有罪でしょうね。

「失われた二個のダイヤ」
なかなか緻密でしたね。よく出来た作品じゃないでしょうか。最後金庫を閉めるというのは、構好みの流れです。

「オックスフォード街のカウボーイ」
人は自分より思いものを引っ張り上げることは出来なくても、抱え上げることはできるんでしょうか?決め手がなかなか秀逸です。

「赤いカーネーション」
なかなか面白い話でした。裁判の結果も良心的ですね。ヴィカーズって、女嫌いなんでしょうか。

「黄色いジャンパー」
面白かったです。なかなかかっこいい女じゃないですか、この犯人は。証拠はやや抽象的過ぎる気がします。

「社交界の野心家」
かなり面白かったです。イギリス紳士のプライドがよく分かる話ですね。証拠も、偶然要素もあったとは言え、めずらしく決定的です。

「恐妻家の殺人」
うぅむ、恐妻家の殺人ですね。なんて弱っちい犯人なんだ。

「盲人の妄執」
タイトルが秀逸ですねぇ。ちなみに原題は「Blind Man's Bluff」です。
訳してる人があまり上手くないのか、代名詞多過ぎで分かりにくいです。が、この短編集の中では一番出来がいい作品だと思いますね。証拠が分かりにくくって、何回も読み返すハメになりました。しかし、この証拠も、よく出来ていることこの上ないですね。

書 名:迷宮課事件簿[1]
著 者:ロイ・ヴィカーズ
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 48-1
出版日:1977.5.31 初版

評価★★★☆☆
『百万に一つの偶然』ロイ・ヴィカーズ(ハヤカワ文庫)

男は恋人を奪った友人を殺した。目撃者は友人の飼い犬だけ。犬を始末すれば完全犯罪成立のはずだった。死んだ犬が警察に通報さえしなければ……信じられないほど些細な手がかりが完璧な犯罪計画を覆す表題作他、幸運な偶然と刑事たちの冴えた推理が謎を解き明かす9つの名篇。スコットランド・ヤードのあらゆる課が持て余した事件を引き受ける世に名高い迷宮課の事件簿を一挙公開!クイーン大絶賛の倒叙ミステリ短篇集

ヴィカーズ初読です。なぜかブックオフで百円で売ってました(笑)

非常に楽しみにしていたシリーズなんですが、やっぱり僕は短編はそうでもないみたいです。当たりハズレがおっきいですね。一番出来がいいのは表題作でしょうか。面白いのでも、一気に読みにくいという印象です。全体的には、第一短編集の方が間違いなく出来がいいと思います。

「なかったはずのタイプライター」
一話目にしてはお粗末だったかも。タイプライターの代わりをあの品物がはたせるかは微妙ですし、そもそも証拠としては弱すぎるんじゃないでしょうか?

「絹糸編みのスカーフ」
スカーフの出てきかたは迷宮課ならではですが、そこからの流れは無理矢理感があります。ちょっと単調だし。

「百万に一つの偶然」
これは傑作です。
犯人の性格もいいですし、レイスン警部が解決するための手掛かり、構成もきちんと出来ています。果たして犯人はどう捕まんのかと思いきや、こいつは一本取られました。

「ワニ革の化粧ケース」
そりゃまあ惚れるのは勝手だけど、こんなアホな共犯者じゃ犯人がかわいそうです。

「けちんぼの殺人」
ケチなことがどれだけしっかりとした証拠になるかは疑問ですが、犯人のトリックもなかなかですし、犯人像も好感がもてます。

「相場に賭ける男」
つまり、娘への母親の愛は、父親を超えるってことです。非常に共感の持てる犯人だと思いますし、アンスティもいいキャラ出してます。ところで、実際当時に排気ガスの事件はあったんでしょうか?

「つぎはぎ細工の殺人」
まあ自業自得です。
しかし、解決方法はかなりよく出来ています。てっきり落ちた粉がなんか絡むんだと思っていたのに、ここまできちんとした証明が出来るとは思いませんでしたね。

「九ポンドの殺人」
うーん、どうなんでしょう。やや簡単すぎる出来だと思います。被害者には同情は感じませんけどネ。

「手のうちにある殺人」
ヴィカーズはこの話を考えた時、大いに調子のったでしょうが、読者としては、なんとなくもやもやとした不満の残る作品です。

書 名:百万に一つの偶然
著 者:ロイ・ヴィカーズ
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 48-2
出版日:2003.7.15 初版

評価★★★☆☆