窓から逃げた100歳老人
『窓から逃げた100歳老人』ヨナス・ヨナソン(西村書店)

お祝いなんてまっぴらごめん! 100歳の誕生日パーティの当日、アラン・カールソンは老人ホームの窓から逃走した。ひょんなことからギャング団の大金を奪ってしまい、アランの追っ手は増えていく。けれども、当の本人はなるようになるさとどこ吹く風。それもそのはず、アランは爆弾つくりの専門家として、フランコ将軍やトルーマン、スターリン、毛沢東ら各国要人と渡り合い、数々の修羅場をくぐり抜けてきた過去の持ち主だったのだ。20世紀の歴史的事件の陰にアランあり! 過去と現在が交錯するなか、次々展開するハチャメチャ老人の笑撃・爆弾コメディ、日本初上陸!(本書あらすじより)

この作品、なんかあちこちで売れてるみたいで、書店でもよく展開されていますよね。こないだベスト10を発表しましたが、これは惜しくも漏れた作品です。12位くらい。去年読んだユーモアで一番面白かったのがこれで、去年読んだブラックユーモアで一番おもしろかったのが『救いようがない』かなー。
とうわけで、2014年のベストユーモア&ほら話。パワフルな100歳老人の身に降りかかるごたごたとその壮絶な過去が、とびっきり軽快でユーモラスな口調で語られ続ける400ページ。おまけにちょっぴり世界を皮肉っても見せます。これは面白いぞー。

100歳記念パーティー(市長も来る)にうんざりしたアランは老人ホームから脱走。道中でギャングのスーツケースを出来心で盗んでしまったからさぁ大変。あちこちから追われる身になったアランは、しかし何ら悪びれもせず、出会った変人とともに逃避行に出るのでありました。

とにかくこのアランがパワフル過ぎます。どれくらいパワフルかと言うと、えーとネタバレかな、でも言っちゃうぞ、追っ手のギャングを平気で殺しちゃうくらいなのです。増えていく旅の仲間も変人揃い。なんですかこの危ない一行は。じじいが一番危険人物じゃないですか。
合間合間に(というかだんだんこっちがメインに)アランの過去100年が語られていきますが、これがさらにすごいのです。20世紀の歴史の陰にアランあり。天下一品の起爆の才能を持つアランはあっちゃこっちゃで重宝され、20世紀史の重要人物と片っ端から出会っていくのです。
何しろいきなりスペインではフランコ将軍の命を救い、アメリカではハリー大統領と飲み仲間になり、ってのが延々と死ぬまで続くんですよ。もうなんか一切リアリティがないというか、そんなわけないじゃないですか。もちろんほら話。でもこのほら話が途方もなく面白いのです。ノンポリ男は今日も政治に興味なし! ウオツカが命!
アランの周りの人間は政治的に重要人物であるからして右翼左翼西側東側と色々な政治的信条にお堅い人たちなんだけど、アランはガチで興味ないので、酒さえ飲めればどこにでもいっちゃいます。という感じで政治思想を皮肉ってもいるんだけど、そんなこと気にしなくても面白いですよ。あくまでこういう皮肉はおまけ。

ある意味この展開が400ページ何の山もなく続いていくのでダレないとは言えませんが、それでも読み終わると、あぁこれで終わっちゃうのかー、と名残惜しくなるくらいには楽しい読書体験ができます。翻訳も見事に笑わせてくれるし、相性ぴったり。ユーモア小説好きはぜひお読みくださいませ。

書 名:窓から逃げた100歳老人(2009)
著 者:ヨナス・ヨナソン
訳 者:柳瀬尚紀
出版社:西村書店
出版年:2014.07.06 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト