ブラック・ダリア
『ブラック・ダリア』ジェイムズ・エルロイ(文春文庫)

1947年1月15日、ロス市内の空地で若い女性の惨殺死体が発見された。スターの座に憧れて都会に引き寄せられた女性を待つ、ひとつの回答だった。漆黒の髪にいつも黒ずくめのドレス、だれもが知っていて、だれも知らない女。いつしか事件は〈ブラック・ダリア事件〉と呼ばれるようになった――。“ロス暗黒史”4部作の、その1。(本書あらすじより)

さてついに出ましたよノワールの大家エルロイが。当然未読作家。さぞやエグい話が来るだろうと大いに期待していたのですよ。
ざっくりと展開をまとめると、途中までは警官が主人公のハードボイルドで、主人公が(一瞬だけ)常軌を逸する終盤を経てボイルドに戻り妙にすっきりとした終わり方をする、という感じです。悪徳警官を描いた話としては面白いんですが、案外パンチが弱いです。何より長いです。いや長いのは構いませんけど、それに見合うだけのストーリーが欲しいのです。

ブラック・ダリアと呼ばれる娼婦が殺され(これは実在の事件)、ブライチャート刑事は大掛かりすぎる捜査やマスコミの騒ぎに疑問を感じつつ、真相を追う、というストーリー。
ノワールエルロイと聞いて構えていただけに、ブラック・ダリア殺人事件が終始、ある種非常にオーソドックスなハードボイルドっぽい物語だったことが意外っちゃあ意外です(真相とか特に)。まぁハードボイルドが正義の主人公なら、ノワールはその裏、なんてよく言いますが。でも主人公が結構まともで、どこかこう不安定さが物足りません。

殺人事件によって踊らされる人々を描く群像劇としての面白さは堪能しました。一娼婦の死が多くの人生を狂わすことになるわけですよ。事件によって引き起こされる人間の行動の数々が絶妙に絡み合って一つの大きな物語を作りあげます。こういうところがプロット力の見せ所なのかな。
ただ、長さを費やして多くの登場人物を動かしたわりに全員を上手く見せられなかったかなとも思います。1940年代のLA描写も、もっと強烈な方が話を引っ張れるんじゃないかなぁ。物語の渦に読者を引き込むには至らなかった、という感じ(あくまで個人的な感想)。あとなんとなくロスマクとか後期ディケンズっぽいなと思いました。

というわけでそんなに楽しめなかったかな……。この4部作は、4作目の『ホワイト・ジャズ』が圧倒的に評判が良いですが、これを読む前には2作目、3作目を読まないといけないらしいのです(1作目のこれはあんまり関係ないらしい)。うーん読むのかな……まぁいずれ読みます。

書 名:ブラック・ダリア(1987)
著 者:ジェイムズ・エルロイ
出版社:文藝春秋
    文春文庫 エ-4-1
出版年:1994.03.10 1刷
    2007.02.15 11刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト