輝く断片
『輝く断片』シオドア・スタージョン(奇想コレクション)

雨降る夜に瀕死の女をひろった男。友達もできず顔も醜い孤独な男は決意する。おれやる、全部やる……。「自分がいままで書いた短篇の中でも最も力強い作品」と著者自ら語る表題作「輝く断片」をはじめ、スタージョン・ミステリの最高傑作「マエストロを殺せ」ほか、切ない感動に満ちた名作8編を収録。独特の発想と驚くべき語り口。シオドア・スタージョンのミステリ名作選。(奇想コレクション)

例によって初スタージョンです。全然関係ないですが、実は最近、『影よ、影よ、影の国』をブックオフで、『奇妙な触合い』を近所の古本屋で見つけちゃったんですよ、すごいでしょう、ぐふふふふふ。

……ごほん。

「取り替え子」(1941)
「ミドリザルとの情事」(1957)
「旅する巌」(1951)
「君微笑めば」(1955)
「ニュースの時間です」(1956)
「マエストロを殺せ」(1949)
「ルウェリンの犯罪」(1957)
「輝く断片」(1955)

前半はネタ系おもしろSFで、後半はスタージョン流犯罪小説。この短編集のメインは後半で、確かに傑作目白押しぃ!って感じなんですが、正直なところ、全部似ているせいで、読み終わった瞬間のテンションは低かったです。似たような話を集めた短編集・アンソロジーってだから苦手なんですよね……。

最初の「取り替え子」はテンションの高いユーモアファンタジーで、超笑わせられるわ最後はちょっと良い話風で終わるわで最高でした。続く「ミドリザルとの情事」は壮絶下ネタオチがこれまた面白すぎて笑いが止まりません。「旅する巌」は強引にSFしている作品で……こ、これは収録しなくても良かったんじゃないのかな。

さて後半、「君微笑めば」は奇怪な連続殺人物で、先駆性は認めたいけど今となってはありきたりだしやや冗長です。「ニュースの時間です」は男の異常性の描きっぷりが秀逸で、ニュースに絡めるのが最後ムリヤリだった気がしなくもないですが、これは良く出来ていて楽しめました。
「マエストロを殺せ」はかなりミステリ味が強く、男の異様な執着心とその顛末が大いに読ませてグッド。「ルウェリンの犯罪」は他の犯罪小説と比べてやや滑稽見と皮肉っぷりが強くて割合読みやすく、妙な軽快さが楽しい一品です。「輝く断片」は……う、うん、こういう話嫌いなんですね……。

と今こうしてそれぞれ思い返すとやっぱり良く出来ている秀逸な作品が多いんですが、犯罪小説はどれも社会に適応できないある男の異様な執着性を扱っており、続けて読まされるとまたこのパターンかよってなるので、やはり短編集としては苦手な部類に入ります。あくまで個人的にはこういう組み方は好きではないかなと。総じて悪くはないのですが、あと一歩、決め手に欠ける印象です。
今回も、追記としてサークル用に書いた『輝く断片』のレビューを貼っつけておきます。

書 名:輝く断片(1941~1957)
著 者:シオドア・スタージョン
出版社:河出書房新社
    奇想コレクション 6
出版年:2005.6.30 初版

評価★★★★☆
... 続きを読む
スポンサーサイト