モルグ街の殺人事件
『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』ポオ(岩波文庫)

サークルの企画用で読みました。ちょっと感想文載せるのが遅れましたが。
ポーの短編の中で、犯罪を扱った物を集めた短編集……なんだと思います。デュパン物3つを同時収録というのは良いですね。しかし、なぜポーの推理小説を5つ同時収録した短編集がどこにもないんでしょうか。うぅむ。(※)

(※)と思っていたら、こないだ手に入れた中公文庫に全部入ってました。素晴らしい組み合わせ。


自分は、まぁ何と言うか、ホラーっぽい話は好きじゃないんですが、ポーに限っては大丈夫のようです。
後書きに、ポーの生涯・彼が何を書こうとしていたのか、が書かれています。大変面白いですね。ポーがいかにダメな人物か、アンド美的感覚に優れた天才だったかが分かります。
特に良かったのは「黒猫」と「盗まれた手紙」でしょうか。以下、ちょっと長くなりすぎましたが、各短編の感想です。

「黒猫」(1843)
「私」が、自分が犯したある犯罪が、なぜ暴かれたかを説明する……。

読み直すのは小学1年生の時以来ですかねぇ。あの時は泣くほどびびって、それ以来ある意味トラウマになってた、大変思い出深い作品です。ちなみに同じ巻(『世界なんとか全集第○巻』みたいゆつ)に入ってたドイル「まだらの紐」も同様の扱いでした(笑)
これはやはり傑作でしょうね。ポーの持ち味が最大限に生かされていると思います。合理的なホラーを描いた犯罪小説……とでも言ったらいいのか。

「ウィリアム・ウィルソン」(1839)
「私」ウィリアム・ウィルソン(仮名)の身に起きた、ある恐ろしい体験の話。

後半以降の盛り上がり・高まる不安が素晴らしい。いわゆるド○○○○○○○(別に伏せ字にするほどのもんでもないか?)を扱った作品ですが、非常に冷静に描かれているのが特徴。Wikipediaの考察が面白いですね(特に主人公の名前のくだり)。

「裏切る心臓」(1843)
私を気が狂ってるとお考えのあなた、そんなことはありません。私がいかにある犯罪を冷静にやり遂げたかをお話ししましょう……。

自分は狂人じゃないとやたらに主張する、どう考えても狂人の男の話。これ、今年の前期の英語の授業で、原文を読んだばっかりなんですよね……。原題は「Tell-Tale Heart」です。オチの付け方とかが、全然違うんですが「黒猫」と似てますね。というかこの短編集は似たような話ばっかりだけど。
良く出来た作品だとは思いますが、まあオチを知ってたし、こういう、いわゆる頭のちょっとアレな人の一人称というのは、あんまり好きになれませんね。例えば、ウィルキー・コリンズの傑作『月長石』では狂信家のおばはんの手記があって、あれは当時めちゃめちゃ話題になったようですが、自分はちょっとついていけませんでした。ってあんまり関係ないか。

「天邪鬼」(1845)
人間の心に潜む「天邪鬼」がいかに人間を支配しているか、という前置きのもと、「私」が自分の犯した犯罪について語る話。

前半の記述がやや難解。アイデアは面白いとは思いますが、後半のあの短さでは書き切れていないように思います。

「モルグ街の殺人事件」(1841)
「私」の友人、オーギュスト・デュパンが解決した、ある密室事件についてのお話。

デュパン物は、高1の時に全部読みました。で、あの時「モルグ街」を読んで、オチを知った時に、「ざけんなエドガー!」みたいな気持ちで、壁に本をぶん投げようとすら思いました(笑)予備校時代の世界史の先生が、今まで読んだミステリの中で一番ふざけてたのが「モルグ街」と『オリエント急行の殺人』だと言ってましたね。TYは『オリエント』は大っ好きですが。
ところが今回読み直してみると、非常に良く出来た推理小説であることに驚きました。確かに犯人こそポーの大好きな、そら見ろビックリ、的な感じではありますが、それを割り出すまでのデュパンの推理というのが論理的なことこの上ないです。いくらかフェアプレイを意識した風もあるんですよね。ちょっと感心。
冒頭のデュパンが「私」の考えを当てる場面は、ドイルが「ボール箱」(自分はもしかして「入院患者」で読んだ可能性があるけど)でそっくりそのまま真似しています。ドイル自身もこれを気に入っていたようですし。『緋色の研究』か何かで、ホームズはデュパンのこのやり方を批判してはいますが(笑)何にせよ、このくだりは、「モルグ街」の中である意味最もミステリしているとも言えます。

「マリー・ロジェエの迷宮事件」(1842-1843)
マリー・ロジェエ殺しについて、デュパンは新聞記事から推理を試みる。

「モルグ街」が最初の推理小説&密室ミステリなら、「マリー・ロジェエ」は最初の安楽椅子探偵物でしょう。ぶっちゃけつまんないですが。
なぜこんなにダラダラとしてつまんないのかと言うと、まぁこれは有名な話ですが、実際にニューヨークで起きたメアリー・ロジャーズ殺しが未解決のままになっているのを見たポーが、よっしゃ、俺は新聞記事からこいつを推理してやるぜ、と、舞台こそフランスですが事件も新聞記事も被害者の名前も何もかもそっくりに書いたののがこれなんです。大した意欲作になるはずだったのです。ところが、たぶん最初から3回の連載のつもりだったんだと思いますが、連載1回目の後に、急に犯人&真相(しかも結構ビックリな内容)が分かっちゃって、それがポーの想定していた真相とは全然別だったわけですね。しかし連載1回目にいくらか伏線を張ってしまった以上、何とか収拾をつけないかんというわけで、ポーは2回目と3回目でかなり頑張りますが、まぁ無茶苦茶に終わったらしいです。で、書籍化される際に、大幅に手を入れたものが、今私達が読めるバージョンなわけです。
つまり、結局かなり苦しくなっちゃうし、リアルタイムでメアリー・ロジャーズ殺しを知らない私達には大して興味がわかないんですよね。ま、しょうがない。

「盗まれた手紙」(1845)
デュパン、盗まれた手紙のありかを推理する。

デュパン物の中で断トツに面白いとされる作品で、自分もその通りだと思います。トリックが盲点を突くようななかなかの出来であり、ユーモアも効いてて、キャラクター小説としても読めるし、長さも調度良い感じ。後世このトリックは、手を変え品を変え使われますが、本家の完成度はかなり高いと思います。
当時のフランス警察の警視総監って、こんなに前線で働いたのかな?(笑)



以上長くなりましたが、「天邪鬼」と「マリー・ロジェエ」以外は水準以上かな(「モルグ街」は、ミステリに興味のある人じゃないとつまんないかも)。実はまだ「黄金虫」「お前が犯人だ」が未読という情けない状況です。早いとこ読まないとなぁ。

書 名:黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇(1839~1945)
著 者:エドガー・アラン・ポオ
出版社:岩波書店
    岩波文庫 赤306-1
出版年:1978.12.18 1刷
    2004.12.3 36刷

評価★★★★☆


追記に、もはや完全に趣味の領域ですが、読書会でも話題になった、「ポーはどれだけ意識的に『推理小説』を書いたのか?」という軽い考察をしてみました。と言っても、文献あさったりポーの伝記や手紙を読んだりして書いたわけじゃないので、あまり真面目に読まないで下さい。専門家の方がうっかりこれを見ても怒ったりしないで下さいな。
... 続きを読む
スポンサーサイト
ひとまず過去に書いたレビューからアップしていきます。読み終わったのは一年前くらいですけど。


『モルグ街の殺人事件』エドガー・アラン・ポー(新潮文庫)

ポーの短編集です。まぁ僕はホラー系は苦手なので2つ読んでない話がありますが(笑)

「モルグ街の殺人事件」
なんというか、こういうのもありかなぁ、というレベルです。ただ、これが発売された1841年には、ミステリというジャンルすたなかったわけで、革新的なことこの上ないです。というか、この方式の初めての小説がこのレベルなら、むしろすごすぎます。それより以前は犯罪小説くらいだったわけですから。
メイントリックは、そんなに気にはなりませんでした。ドイルにも似たようなのがあったような気がするんですが…。結末もあっさり気味で結構良かったです。

「マリー・ロジェエの怪事件」
「モルグ街」と比べたら、技巧は上がってるけど、懲りすぎというか、わかりにくいなぁという感じがぬぐい切れません。進行もだらだらしてた気がします。ポーの短編は、やっぱりあっさりしてるのが一番じゃないかと。

「盗まれた手紙」
結構おもしろかったです。単純にして明快、なるほどな、という感じで、どっちかというと、この3つの中では一番好きです。最後の文がイマイチよく分かんないんですが、あんま本筋には関係ありませんし(笑)

これでデュパンものをポーは書かなくなったわけで、このあとミステリが登場するのは30年も先になります。ポーが時代をどれだけ先取りしていたか考えると感慨深いですね。

書 名:モルグ街の殺人事件
著 者:エドガー・アラン・ポー
出版社:新潮社
     新潮文庫
発 行:2003.  初版発行
     2003.7.5 2版82刷発行

評価★★★☆☆