百年祭の殺人
『百年祭の殺人』マックス・アフォード(論創海外ミステリ)

オーストラリアの判事マートン・シェルドンがアパートの一室で刺殺される。ドアの鍵は被害者のポケットから発見されており、部屋は完全な密室状態だった。また被害者の右耳がメスのようなもので切り取られ、現場から持ち去られていた。捜査にあたるリード首席警部は若き数学者ジェフリー・ブラックバーンに捜査の協力を依頼し、彼の優れた知能を借りる。しかし事件は未解決のまま、第二の事件が発生し……。(あらすじ一部借用)

マックス・アフォードは国書刊行会の世界推理小説全集で『魔法人形』が紹介されて以来でしょうね(読んでないけど)。密室トリック自体はまぁ大したことないし、あともう1つ使われているトリックも絶対読んでいる人が疑ったに違いない、今となってはやや古いものなのですが、しかし組み合わせと魅せ方の上手さ&本格ミステリ的ストーリーテリングとサスペンスの面白さにより読者を驚かせられる一品です。楽しめました。

キャラクターはちょっと魅力に欠けるかな。探偵役のジェフリーは引用癖があるくらいで、その他はやや類型的。フーダニットとしても容疑者の扱いがちょっと不均等で、「6人の容疑者」であることが何度か出て来るのですが、その説得力が薄いかなと思います。なんでこの6人なんじゃという。あんまり小説を書く上では器用な作家ではないのかなという印象ですが、まぁ処女長編ですからね、仕方ないところもあるでしょう。

ただ、そのように欠点がないことはないのですが、独特のテンポ感があって飽きさせません。脱獄囚と謎の医者の登場する不可解なプロローグ(その後一切触れられないのでますます怪しい)、無意味に男勝りな女記者目線の事件描写(こいついるの?)、怪しげなジプシーだか宗教集団(だっけ?)とあの手この手で話を盛り上げてきます。第一部から第二部の間で尋問場面をばっさり切り落とし、第一部は未解決のまま、とあっさり流したのも潔くて良いと思います。なるべくダレないよう頑張っていて、実際あまりダレていません。終盤になって「五つのオレンジの種」並に死亡フラグ立ちまくりな人が出てくるなど、サスペンス的盛り上がりもあり、黄金期本格ミステリの陥りがちな点はきちんと免れていると言えるのではないでしょうか。

第一部終盤、そしてラストで結構ページを費やして述べられる論理論理な推理も好きな人は好きそうですし、密室トリックは確かにつまらないんですが、その解決を最後まで引っ張らず、あくまでフーダニットに焦点を置いているあたりにセンスを感じます。海外本格ミステリとしては大変面白い作品ではないでしょうか。良作です。今日あたり『2014本格ミステリベスト10』が出ると思いますが、海外編1位を狙えるんじゃないでしょうかねぇ。

書 名:百年祭の殺人(1936)
著 者:マックス・アフォード
出版社:論創社
    論創海外ミステリ 105
出版年:2013.5.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト