シガレット
『シガレット』ハリー・マシューズ(エクス・リブリス)

実験的文学者集団「ウリポ」所属の米の鬼才による、精緻なパズルのごとき構成と仕掛けの傑作長篇。絵画、詐欺、変死をめぐる謎……その背後でいったい何が起きていたのか?ニューヨーク近郊に暮らす上流階級13人の複雑な関係が、時代を往来しながら明かされる。
1936~38年と1962~63年とを行き来し、各章には「アランとエリザベス」「アランとオーウェン」「モードとエリザベス」などの章題が添えられ、二人ずつの組み合わせ(夫婦、愛人、父と娘、画商と画家、姉と弟など)に焦点を当てながら話が進む。尻取りのような形式で、前の章で言及のあった人物の一人が次章に引き継がれる。主要人物間の入り組んだ関係を、パズルのピースを一つ一つ提示するかのような形で見せつつ、謎と解答を与えながら読者を引っ張っていく。物語は連続ドラマのように、各章ごとに興味をそそられる事件や関係が取り上げられる(あるいは同じ事件が違う角度から眺められる)。ナボコフのような緻密な構成、ジェイン・オースティンばりの皮肉な心理描写、「驚くべき傑作」(エドマンド・ホワイト)と文学界でも絶賛された、斬新奇抜な「美しい小説」。(本書あらすじより)

明日から2週間日本にいないので、ブログの更新が週1くらいになると思います。あしからず。たぶん『お菓子の家』と『HHhH』ですね。どっちも新刊ですみません……最近こんなものばかり読んでいるので。積ん読減らしたいんですけど。

さて、『神は死んだ』に続いてエクス・リブリスを読むのは2冊目。わざと長めのあらすじを引っ張ってきました(説明がめんどうなので)。ちょっとミステリっぽいし、パズル的な構成が面白そうでしょ? 主要登場人物が13人、年代を行き来しながら各章で2人ずつ取り上げ、彼らの関係をばらばらに描いていくことで、パズルのように物語を紡ぎ出していく……というもの。こういうのを実験小説と言うんでしょうか、門外漢なのでサッパリ分かりません。というわけで喜び勇んで読み始めたわけです……が。

アイデアはいいと思うんです。だから最初の数章は、おっ、次はどんな話が飛び出すんだ?(CV:小林賢太郎)となり、そこそこ楽しく読めました。なるほど、この人とこの人が!みたいな、伏線の面白さですよね。
しかし延々とこれなんですよ。だらだらとずっと続く。ぶっちゃけ後半はそんなにこの構成に興味が持てなくなってくるし、入り組んでいる(わりにたいしたことない)話を追うのに疲れてくるしで……。
何でこうなるかって、そもそも話があんまり面白くないからじゃないかなと。一枚の絵の行方とか、ある人物の犯罪の顛末とか、ある女性が周りに与えた影響といった、全体を通じて興味を掻き立てる謎というかストーリーみたいなものはあるんですが、さすがにこれだけでは物足りません。自分は俗っぽいので、誰それの感情がどうたらで苦悩しうんたらでは満足出来ないのです。
確かに、ストーリーよりもメインとなっている登場人物の心情・行動の描写は魅力的です。ただ、短い章ごとに登場人物が入れ替わっちゃうせいで、あまり感情移入できないままそれぞれのエピソードが終わってしまうし、一人ずつの描写量が圧倒的に足りないんです(意図的なものかなとは思うけどそれにしてもねえ)。最後の章で、モードとエリザベスのレズレズしい関係が長めに描かれますよね。あそこはとっても面白かったんだけど、あれも長かったから、じっくり描けたからじゃないかと思います。

要するに退屈で全然楽しくないよということでした。実験的なことをすればいいってものでもないよね……文学読みに向いていなさそうな感想だなぁ。

書 名:シガレット(1987)
著 者:ハリー・マシューズ
出版社:白水社
    エクス・リブリス
出版年:2013.6.25 初版

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト