『悔恨の日』発売

2017-10

『赤毛のレドメイン家』イーデン・フィルポッツ - 2016.09.04 Sun

赤毛のレドメイン家
『赤毛のレドメイン家』イーデン・フィルポッツ(創元推理文庫)

1年以上の月日を費やしてイタリアのコモ湖畔に起こる三重四重の奇怪な殺人事件は、犯人の脳髄に描かれた精密なる「犯罪設計図」に基づいて、1分1厘の狂いもなく着実冷静に執行されていく。三段構えの逆転と、息もつかせぬ文章の味は、万華鏡の如く絢爛として緻密であり、サスペンスに富み、重厚無類のこくがある傑作中の傑作。(本書あらすじより)

だいたいの古典本格は読んでいる自信があるんですが、なぜか超有名どころなのに読み残していた作品をついに片付けました。乱歩が絶賛したことで有名な『赤毛のレドメイン家』です。
やっぱり黄金時代の古典中の古典らしい読み心地なのですが(あっという間に月日が流れたりね)、こんな100年近くも前の本格ミステリなんかに騙されてしまったので、黄金時代は罪深いのです。この登場人物の人数で、犯人当てと意外な真相とサスペンスと恋愛をきっちり盛り込んでくるのはさすが。絶賛もなるほどの作品です。

まず探偵役なのですが、とりあえず最初はマーク・ブレンドンなるスコットランドヤードで一番切れ者らしい刑事が登場し、彼が中心となって事件は最後まで展開します。それはそうなんですが、ブレンドンがなんか、キャラ設定としては破格なのがすごい。
物語がどう始まるかと言うとですね、この順調な出世コースを歩む中年に差し掛かった名刑事が結婚してぇなぁと言いながら田舎でマス釣りしていたら、びっくりするほど目の大きな美人(推定年齢18)に出会ってメロメロになる、とかいう導入です。どこのトレントだ。
そして殺人が起こり、現場で彼女に再会した彼はこういうことを考えるのです。「うわっこの間会ったあの美人、被害者の奥さんだった。しかも25だった。そして事件の犯人はモロバレですぐ解決しそうだ。でも事件が長引いて俺の超絶推理を見せつければ結婚できそうだし、もっと複雑な事件になればいいのに」
さらにマーク・ブレンドン、すいかけの葉巻と茶色の靴ひもの切れ端を事件現場で見つけるも、どちらも重要視する気が起きずスルー。従来からの捜査方法に、より近代的な演繹法をあわせ用いて、幾多の成功をもたらしてきたマーク・ブレンドン曰く、「犯人には殺人狂的傾向があった」。

ということで初っ端から犯人を決めつけ捜査に乗り出すわけですなんだこれ。実は被害者の死体すら発見されていないという超いろいろ怪しい状況なわけですが、とりあえず美人ゲットだぜ!を目指すマーク・ブレンドンは全部無視。被害者の奥さんが深く旦那を愛していたということを聞いて一気にやる気をなくし、彼女と交わす会話と言えば、
ブレンドン「死体は見つかっていませんが多分海の底です」
被害者の妻「そうですか」
ブレンドン「僕に何か出来ることがあれば……」
妻「大丈夫です」
ブレンドン「本当に?」
妻「私は夫を亡くした悲しみでいっぱいなのです」
ブレンドン「そんなこと言わないで」
妻「あなたはいい人ですね」
みたいな感じで、てめぇこの野郎ちゃんと捜査しやがれ。

そうこうしている間に第二の殺人も発生、何も出来ないブレンドンがオタオタしていると、物語の後半になってようやく新たな探偵役が登場します。アメリカからやってきた、初老のピーター・ガンズ。この男が切れ者中の切れ者で、ブレンドンを導きつつ、最終的にすべての真相を見抜き、物語はクライマックスに突入するのです。

探偵役が恋に溺れるせいでまるっきし事件を冷静に見られなくなってしまうというのは、もちろん偉大なる『トレント最後の事件』(1913)の変奏曲でしょう。ただの変形パターンではなく、フィルポッツオリジナルのアイデアで事件を複雑にし、探偵の恋愛を必然性を持って話に取り込んでいる点は大変高く評価できると思います。
思えば『トレント最後の事件』や『樽』や『赤毛のレドメイン家』や『矢の家』や『陸橋殺人事件』や『アクロイド殺し』や『毒入りチョコレート事件』など、この頃の代表的な作品は1作ごとにかなりタイプが異なります。とにかく新しい本格ミステリを作ろうという動きがあるわけで、確かに推理小説の黄金時代だったんですねぇ。
アガサ・クリスティーの諸作品や『赤い館の秘密』があることからして、探偵が容疑者の話を順に聞いて事件を解決する、みたいな長編の定型パターンはもちろん既にあったんでしょう。ただ、そこに収まっていない作品群がこれだけあるわけですから、とにかく日々ミステリ作家たちが模索していたであろうことが推測されます。

というわけで何だかまとまりませんが、やはり時代的な点を考慮すれば一読の価値はあるし、作品そのものとしても結構読ませる良作かなと。古典もバカにできないよ、ほんとに。

原 題:The Red Redmaynes(1922)
書 名:赤毛のレドメイン家
著 者:イーデン・フィルポッツ Eden Phillpotts
訳 者:宇野利泰
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mフ-2-1
出版年:1970.10.23 初版
     2009.01.16 41版

評価★★★★☆
スポンサーサイト

『医者よ自分を癒せ』イーデン・フィルポッツ - 2012.12.29 Sat

医者よ自分を癒せ
『医者よ自分を癒せ』イーデン・フィルポッツ(ポケミス)

イギリス南部の風光明媚な町ブリッドマスの市長アーサー・マナリングが殺害された事件は、一大センセーションを巻き起こした。町の発展のために別荘地の開発に精力的に乗り出して財をなした不動産業者であると同時に、貧民対策事業に多額の金を投げうって賞賛を浴びているこの人物を、誰が、なぜ殺さなければならなかったのか?だが、人々の異常なまでの関心を事件に引きつけたのには、もうひとつ別の要素があった。それは、事件の有り様が、七年前のちょうど同じ日に起きた被害者の息子ルウパート殺害事件にあまりに酷似していたことだった。現場は、景勝地マッターズ沼地のまったく同じ場所、しかも左のこめかみから撃ちこまれた銃弾が頭蓋を通り抜けている点も同じだった。二つの事件を結びつけて考えないものはなかった。しかし、スコットランド・ヤードが七年前と同様、一番の腕利き刑事を派遣してあらゆる努力を続けたにもかかわらず、謎は再び未解決のまま残されてしまった。迷宮入りの二重殺人は永遠の謎を秘めたまま葬られようとしていた……だが、30年後、マックオストリッチ医師の手記が事件の恐るべき真相を白日のもとにさらけだす!『赤毛のレドメイン』『闇からの声』と並び、大作家フィルポッツの代表的ミステリ。格調ある文体で悪の心理を容赦なく追求する心理ミステリの傑作。(本書あらすじより)

合宿に行っていたのでまた更新が遅れてしまいました。うぅむ、頑張らないと。

さて、「あと5年は積みかねない読まなそうな積ん読崩し5人斬り」第二弾、イーデン・フィルポッツ『医者よ自分を癒せ』です。初フィルポッツ。図書館から『赤毛のレドメイン家』が消えてしまったせいで、今までフィルポッツを読む機会がなかったのですが……。
結論:強いて読む必要は全くなし、100円なら許せる、というところかな(525円で買いましたけど)。

あらすじの要約。ある村で、誰からも恨まれておらず前途洋々たる青年が射殺される。事件は迷宮入りし、7年後、全く同じ場所、同じ日に、今度は不動産業を営むその父親の射殺体が発見される。この一部始終を、ある医者が手記の形で回想していく。1935年、フィルポッツの後期作品ですね。

実を言うと、これは一種の倒叙ミステリなのです。語り手であるマックオストリッチ医師(自分のことを頭が良くて冷静で切れ者だと思っているちょっとナルシスト)は、第一の事件の犯人と思われる人物を、社会的正義の名のもと殺してしまおうと計画を立てていくのです。なるほど、これはなかなか面白い展開。
あらすじに書いてある「格調ある文体で悪の心理を容赦なく追求する心理ミステリの傑作」というのが、全てを言い尽くしている感がありますね。「心理ミステリ」とやらに最初期に挑戦した作家なわけですよ、フィルポッツは。当然ながら、今となっては古さは否めないし、退屈っちゃあ退屈でしょう。一応意外な結末はありますが、これはもはやミステリ読みじゃなくても推測はつくでしょうし。
読み終わるとタイトルの皮肉さにニヤリと出来るところは良く出来ているとは思いますが、もうちょっと最後は医師の感情を書いて欲しかったなぁ。あっさり終わりすぎじゃないかしらん。せっかく手記形式なんだから、もうちょっとそこを生かして欲しかったです。
とはいえ、ネット上の感想でボコボコに言われているほど酷くはありません。短いしね。段々調子に乗っていく医者の手記、というのはこれはこれで面白いですよ。終盤なんか、奥さんのことを考えると自分勝手過ぎるのですが、そう見えるよう書いているフィルポッツはなかなか上手いです。動機が雑という意見もあるようですが、それも医者の身勝手さを表してていいんじゃないでしょうか。

……と持ち上げてはみましたが、あくまでそこそこの面白さなので、わざわざ読む必要は一切ない、と思います。最初期の「心理ミステリ」といっても、フランシス・アイルズがとっくに出た後なわけですし(読んでいませんけど)。読み終わった後の「う、うん……まぁクラシックだしね……悪くはないかな……褒めないけど……」という微妙な心地良さをぜひ誰かと共有したいですねぇ(笑)

書 名:医者よ自分を癒せ(1935)
著 者:イーデン・フィルポッツ
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ 294
出版年:1956.12.15 1刷

評価★★☆☆☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
クリスティ、デクスター、グライムズ、ディヴァインが好きな、ヨッシーことTYこと吉井富房を名乗る遅読の新社会人が、日々読み散らかした海外ミステリ(古典と現代が半々くらい)を紹介する趣味のブログです。ブログ開始から7年になりました。ちなみにブログ名は、某テンドーのカラフル怪獣とは全く関係ありません。
来て下さった方々が、コメントを残して下さると、管理人が大変喜びます。広告のコメントは、削除することがあります。
このサイトはリンクフリーですが、一言声かけてくれると嬉しいです。
Twitter(@yossi3110)

リンク

このブログをリンクに追加する

読書メーター

ヨッシーさんの読書メーター ヨッシーの最近読んだ本

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (521)
ア行 (110)
アヴリーヌ,クロード (1)
アシモフ,アイザック (4)
アシャット,フェデリコ (1)
アダム,ポール (1)
アーチャー,ジェフリー (1)
アップデール,エレナー (2)
アップフィールド,アーサー (2)
アデア,ギルバート (1)
A・D・G (1)
アトキンソン,ケイト (1)
アフォード,マックス (1)
アームストロング,シャーロット (2)
アリンガム,マージェリー (4)
アルレー,カトリーヌ (1)
アンズワース,キャシー (1)
アンダースン,ウィリアム・C (1)
アンダースン,ジェームズ (1)
アントニイ,ピーター (1)
アンプエロ,ロベルト (1)
イェルハルドセン,カーリン (1)
イジー,ユージン (1)
イネス,マイクル (2)
インゲルマン=スンドベリ,カタリーナ (1)
インドリダソン,アーナルデュル (2)
ヴァルガス,フレッド (4)
ヴァン・ダイン,S・S (2)
ヴァンス,ジャック (1)
ウィアー,アンディ (1)
ヴィカーズ,ロイ (3)
ウイバーリー,レナード (3)
ウィルフォード,チャールズ (1)
ウィングフィールド,R・D (6)
ウィンズロウ,ドン (1)
ウィンタース,ベン・H (3)
ウェイン,エリザベス (1)
ウェストレイク,ドナルド・E(コウ,タッカー、スターク,リチャード) (5)
ウォーカー,マーティン (3)
ウォーターズ,サラ (2)
ヴォートラン,ジャン (2)
ウォルターズ,ミネット (1)
ウォーレス,エドガー (1)
ウッドハウス,P・G (1)
ウールリッチ,コーネル(アイリッシュ,ウィリアム) (7)
エアード,キャサリン (2)
エクストレム,ヤーン (1)
エクスブライヤ,シャルル (4)
エーコ,ウンベルト (1)
エリザーロフ,ミハイル (1)
エリン,スタンリイ (3)
エール,ジャン=マルセル (1)
エルキンズ,アーロン (6)
エルロイ,ジェイムズ (1)
オコンネル,キャロル (1)
オーツ,ジョイス・キャロル (1)
オベール,ブリジット (1)
オリオール,ローレンス (1)
オルツィ,バロネス (3)
カ行 (153)
カー,ジョン・ディクスン(ディクスン,カーター) (14)
カサック,フレッド (2)
カーター,M・J (1)
カッリージ,ドナート (2)
ガードナー,E・S(フェア,A・A) (5)
カーマイケル,ハリー (2)
カミ (4)
カミング,チャールズ (1)
カリー・ジュニア,ロン (1)
カーリイ,ジャック (3)
キース,エリック (1)
キーティング,H・R・F (1)
キャヴァナー,スティーヴ (1)
ギャレット,ランドル (1)
キーラー,ハリー・スティーヴン (1)
ギルバース,ハラルト (2)
キング,スティーヴン (1)
キング,ルーファス (1)
クイーン,エラリー (14)
クェンティン,パトリック (7)
クック,トマス・H (3)
クッチャー,フォルカー (3)
グライムズ,マーサ (15)
クラウチ,ブレイク (3)
クラトフヴィル,イジー (1)
クリーヴス,アン (6)
グリシャム,ジョン (1)
クリスティ,アガサ (2)
クリスピン,エドマンド (3)
グリーニー,マーク (2)
グリーン,アラン (1)
クルーガー,ウィリアム・ケント (1)
グルーバー,アンドレアス (4)
グルーバー,フランク (1)
クレイス,ロバート (3)
クロフツ,F・W (4)
グロラー,バルドゥイン (1)
クーンツ,ディーン・R (1)
ケアリー,エドワード (2)
ケストナー,エーリヒ (1)
ケメルマン,ハリイ (3)
ケリー,ジム (4)
ケンリック,トニー (2)
胡傑 (1)
ゴズリング,ポーラ (5)
コッタリル,コリン (1)
コードウェル,サラ (4)
ゴードン,デイヴィッド (1)
コニイ、マイクル (2)
コマストリ=モンタナーリ,ダニーラ (1)
コメール,エルヴェ (2)
コリータ,マイクル (1)
コリンズ,ウイルキー (1)
コール,G・D・H・&M (1)
コレット,サンドリーヌ (1)
サ行 (56)
サフォン,カルロス・ルイス (3)
ザングウィル,イズレイル (1)
ジェイミスン,ハンナ (1)
シェパード,ロイド (1)
シエラ,ハビエル (1)
シニアック,ピエール (1)
シムノン,ジョルジュ (14)
ジャックマール&セネカル (1)
ジャプリゾ,セバスチアン (1)
シューヴァル,マイ&ヴァールー,ペール (1)
シール,M・P (1)
水天一色 (1)
スコット,J・M (1)
スタウト,レックス (5)
スタージョン,シオドア (1)
スチュアート,メアリー (0)
スティーヴンス,ロビン (1)
ステーマン,S=A (3)
スパーク,ミュリエル (1)
スペンサー,ロス・H (2)
スミス,シェイマス (1)
スミス,チャールズ・メリル (1)
スラデック,ジョン (1)
スローン,ロビン (1)
セイヤーズ,ドロシー・L (8)
セシル,ヘンリイ (1)
ソアレス,J (1)
ソウヤー,ロバート・J (1)
タ行 (72)
タイボ二世,パコ・イグナシオ (1)
ダグラス,キャロル・ネルソン (1)
ダール,フレデリック (1)
チェスタトン,G・K (1)
チャンドラー,レイモンド (1)
陳浩基 (1)
デ・ハートック,ヤン (1)
デ・ミュリエル,オスカル (1)
デアンドリア,ウィリアム・L (1)
テイ,ジョセフィン (3)
ディーヴァー,ジェフリー (2)
ディヴァイン,D・M (10)
デイヴィス,L・P (1)
ディキンスン,ピーター (2)
ディケール,ジョエル (1)
ディケンズ,チャールズ (7)
ディッシュ,トーマス・M (1)
ディドロ,フランシス (1)
デイリー,エリザベス (1)
テオリン,ヨハン (3)
デクスター,コリン (12)
デュレンマット,フリードリヒ (1)
テラン,ボストン (2)
ドイッチ,リチャード (1)
トゥロー,スコット (2)
ドッヂ,デヴィッド (1)
トーマス,ロス (1)
トムスン,ジューン (1)
ドラモンド,ローリー・リン (1)
トレヴェニアン (3)
トンプスン,ジム (3)
トンプソン,ジェイムズ (3)
ナ行 (8)
ナイト,アランナ (2)
ニーリィ,リチャード (1)
ネイハム,ルシアン (1)
ネスボ,ジョー (2)
ノックス,ロナルド・A (2)
ハ行 (167)
ハイスミス,パトリシア (1)
ハインズ,ジョアンナ (1)
ハーカウェイ,ニック (1)
バークリー,アントニイ(アイルズ,フランシス) (6)
バグリイ,デズモンド (1)
バークレイ,リンウッド (1)
バージェス,アントニイ (1)
バゼル,ジョシュ (1)
バー=ゾウハー,マイケル (1)
バトラー,エリス・パーカー (1)
ハナ,ソフィー (2)
バーナード,ロバート (3)
バーニー,ルー (1)
バニスター,ジョー (1)
ハーパー,ジェイン (1)
パーマー,スチュアート (1)
ハミルトン,エドモンド (1)
ハミルトン,スティーヴ (1)
ハメット,ダシール (2)
パラニューク,チャック (1)
バランタイン,リサ (1)
ハリス,トマス (1)
バリンジャー,ビル・S (3)
パレツキー,サラ (1)
ハンター,スティーヴン (2)
ビガーズ,E・D (4)
ピカード,ナンシー (1)
ピース,デイヴィッド (1)
ピーターズ,エリス (2)
ビッスン,テリー (2)
ビネ,ローラン (1)
ビバリー,ビル (1)
ヒラーマン,トニイ (2)
ピリンチ,アキフ (1)
ヒル,トニ (2)
ヒル,レジナルド (3)
フィツェック,セバスチャン (1)
フィックリング,G・G (2)
フィッシュ,ロバート・L (4)
フィッチュー,ビル (1)
フィニイ,ジャック (4)
フィルポッツ,イーデン (2)
フェイ,リンジー (1)
フェラーズ,エリザベス (5)
フェルナンデス,ドミニク (1)
フォーサイス,フレデリック (1)
フォン・シーラッハ,フェルディナント (6)
プライヤー,マーク (1)
ブラウン,カーター (6)
ブラウン,フレドリック (1)
ブラックバーン,ジョン (1)
ブラッティ,ウィリアム・ピーター (1)
ブラッドリー,アラン (1)
ブラッドン,ラッセル (1)
フラナガン,トマス (1)
フランシス,ディック (1)
ブランド,クリスチアナ (5)
プリースト,クリストファー (1)
フリードマン,ダニエル (2)
フリーマントル,ブライアン (1)
フリーリング,ニコラス (1)
フリン,ギリアン (1)
ブルース,レオ (4)
ブルックマイア,クリストファー (1)
ブレイク,ニコラス (2)
ブレット,サイモン (1)
フレミング,イアン (2)
ブロック,ローレンス (2)
ヘアー,シリル (2)
ヘイズ,サマンサ (1)
ヘイダー,モー (1)
ベイヤー,ウィリアム (1)
ヘイヤー,ジョージェット (3)
ベイリー,バリントン・J (1)
ベイリー,H・C (1)
ペニー,ルイーズ (1)
ベリー,ジュリー (1)
ペリッシノット,アレッサンドロ (1)
ペルッツ,レオ (1)
ヘロン,ミック (2)
ベントリー,E・C (1)
ポー,エドガー・アラン (2)
ホーガン,ジェイムズ・P (1)
ポースト,M・D (1)
ポーター,ジョイス (6)
ホック,エドワード・D (4)
ホッケンスミス,スティーヴ (2)
ポツナンスキ,ウルズラ (1)
ホッブズ,ロジャー (1)
ホーリー,ノア (1)
ホワイト,ハル (1)
ボワロ&ナルスジャック (5)
ボンド,マイケル (2)
ボンフィリオリ,キリル (1)
マ行 (53)
マガー,パット (1)
マーカム,ヴァージル (1)
マカルパイン,ゴードン (1)
マーカンド,ジョン・P (1)
マクダニエル,デイヴィッド (1)
マクドナルド,ジョン・D (2)
マクドナルド,フィリップ (2)
マクドナルド,ロス (2)
マグナソン,アンドリ・S (1)
マクベイン,エド (2)
マクリーン,アリステア (3)
マクロイ,ヘレン (5)
マコーマック,エリック (1)
マゴーン,ジル (1)
マシスン,リチャード (1)
マシューズ,ハリー (1)
マッギヴァーン,ウィリアム・P (1)
マリック,J・J (1)
マルティネス,ギジェルモ (2)
マン,アントニー (1)
マンシェット,J・P (1)
ミエヴィル,チャイナ (1)
寵物先生(ミスター・ペッツ) (1)
ミラー,デレク・B (1)
ミラー,マーガレット (2)
ミルン,A・A (1)
ムーア,グレアム (1)
メースン,A・E・W (1)
メルヴィル,ジェイムズ (1)
メルドラム,クリスティーナ (1)
メロ,パトリーシア (1)
モイーズ,パトリシア (3)
モートン,ケイト (3)
モール,ウィリアム (1)
モロー,ブラッドフォード (1)
モンテイエ,ユベール (2)
ヤ行 (2)
ヤッフェ,ジェイムズ (1)
ヨナソン,ヨナス (1)
ラ行 (67)
ライアル,ギャビン (1)
ライス,クレイグ (3)
ライバー,フリッツ (1)
ラヴェット,チャーリー (1)
ラヴゼイ,ピーター (3)
ラックマン,トム (1)
ランキン,イアン (1)
リック,フランシス (1)
リッチー,ジャック (5)
リーミイ,トム (1)
リューイン,マイクル・Z (5)
リュウ,ケン (2)
劉震雲 (1)
リール,エーネ (0)
ル・カレ,ジョン (1)
ルヴェル,モーリス (1)
ルブラン,ミッシェル (2)
ルブラン,モーリス (2)
ルヘイン,デニス (4)
ルーボー,ジャック (2)
ルメートル,ピエール (3)
ルルー,ガストン (2)
ルーレ,ドミニック (1)
レーダー,ベン (1)
レドモンド,パトリック (2)
レドンド,ドロレス (1)
レピラ,イバン (1)
レム,スタニスワフ (1)
レルネット=ホレーニア,アレクサンダー (1)
レンデル,ルース (2)
ロウ,ジェニファー (1)
ローガン,シャーロット (1)
ローザン,S・J (6)
ロジャーズ,ジョエル・タウンズリー (1)
ロスコー,セオドア (1)
ロースン,クレイトン (1)
ロード,ジョン (0)
ロボサム,マイケル (1)
ロラック,E・C・R (1)
ロング,アメリア・レイノルズ (1)
ワ行 (3)
ワイルド,パーシヴァル (1)
ワトスン,コリン (2)
海外合作他 (3)
その他海外 (9)
国内ミステリ (69)
その他国内 (15)
アンソロジー (6)
ファンタジー (1)
今年のベスト10 (9)
その他 (6)
社会1○○○○ (4)

ピープルカウンター