占領都市
『占領都市 TOKYO YEAR ZERO II』デイヴィッド・ピース(文藝春秋)

1948年1月26日。雪の残る寒い午後。帝国銀行椎名町支店に白衣の男が現われた。男が言葉巧みに行員たちに飲ませたのは猛毒の青酸化合物。12人が死亡、四人が生き残り、銀行からは小切手と現金が消えた。悪名高い“帝銀事件”である。苦悶する犠牲者たちのうめき、犯人の残した唯一の物証を追う刑事のあえぎ、生き残った若い娘の苦悩、毒殺犯と旧陸軍のつながりを知った刑事の絶望、禁じられた研究を行なっていた陸軍七三一部隊の深層を暴こうとするアメリカとソヴィエトそれぞれの調査官を見舞う恐怖、大陸で培養した忌まわしい記憶と狂気を抱えた殺人者。史上最悪の大量殺人事件をめぐる12の語りと12の物語―――暗黒小説の鬼才が芥川龍之介の「薮の中」にオマージュを捧げ、己の文学的記憶を総動員して紡ぎ出す、毒と陰謀の黒いタペストリー。(本書あらすじより)

うぅむ、ついにこの感想を書く日が来てしまいましたか。大変だ。とか言って遠慮してたらまたブログ更新が1週間ぶりに。はい、深く反省しております。
『占領都市』はノワール作家デイヴィッド・ピースによる戦後東京を舞台にした三部作の第二弾で、極めて文学寄りのミステリです(前作とのつながりはないので未読でも大丈夫。自分も読んでません)。もう随所に書評が載っているし、いまさらここで何を書こうが……というか自分ごときが感想を書けるようなシロモノでは……という気持ちが結構強いので、ここでは簡単に超個人的な感想を。

まず、これは実際に手にとって確認してもらうしかないんですが、文体が異常です。狂気の賜物といった感じ。ピースの過去作品とか、ジェイムズ・エルロイの諸作品を読んでいる方々などにはそこまで見慣れない異質なものではないのかもしれませんが、自分はこういうのは初めてでかなり驚きました。単語の羅列・挿入や字体の変化を多用しまくることで読者に酩酊感を味わわせるという恐ろしさ。説明不可能です。

ま、この手の文体はある意味さっさと読めるものでもあるのです。感覚的に訴えてくるものだし、ページとして見ればスカスカだったりするし、リズミカルですしね。ただ、1章終わるたびに「……ふぅっ」ってなって1時間くらい休憩したくなるので、時間がかかります。読み進める度に、戦後東京の闇がジワジワと自分の中を侵食していくかのような。これまた説明不可能です。

読むのがつらい物語なのですが、読み始めるとそこから抜け出せないんですよ。そして読み終えると感じる猛烈な虚無感。「読書」というありふれた行為の新たな側面を見せ付けられるかのようです。いやぁ、これはすごいですね。


……いや、すごいんですけど、さすがにきついです。ただただ暗黒の世界が描かれるわけで(とはいえ、ある意味そこまでブラックではないのかもしれませんが)。おぞましくはないけど、しんどさが多少はあります。1つ問題点があるとすれば、12章という構成は非常に上手いんですが(なんとなーく、奇数章がどっちかと言うと頭おかしい文章で、偶数章がレポート的というか、まぁマトモな方な気がします)、えぐるような文章の羅列が羅列にとどまり、やや単調さを生み出していることかもしれません。
つまり、両手を上げて褒めたくなるような作品ではないんですよ……というと、そもそも通常の読書基準で捉えることがまずおかしいのかなと思いますし、難しいところなんですけどね。ちなみに自分は、11章で、「占領都市」が異なる意味で用いられたとき、最もブルッときました。ような気がします。

まぁ、すごい本ですよ。作者も訳者も編集者も大したもんです。一読の価値は確かにあります。

書 名:占領都市 TOKYO YEAR ZERO II(2009)
著 者:デイヴィッド・ピース
出版社:文藝春秋
出版年:2012.8.25 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト