ゴールドスティン 上 ゴールドスティン 下
『ゴールドスティン』フォルカー・クッチャー(創元推理文庫)

1931年のその日、ベルリン警視庁殺人課警部のラートを呼び出した副警視総監の機嫌は最悪だった。ニューヨーク・ギャングの殺し屋と目されている危険人物ゴールドスティンがベルリンに来訪しているというのだ。その目的は一切不明。犯罪組織リングフェラインが、彼に殺しを依頼したのだろうか? だれもが疑心暗鬼になる中、ラートはこの男の二十四時間の監視を命じられるが……。(上巻あらすじより)

いま、個人的にもっともアツいドイツ・ミステリシリーズです。1作目は1929年、2作目は1930年と、不安定な時代のドイツを舞台にしながら、自分の出世のことしか考えずかなりむちゃくちゃなラート警部を主人公に置いたシリーズ3作目。この人どんどん上手くなってるよね。
複数の人物の視点を通して、アメリカ人ギャング、窃盗犯の少女、暗黒街の抗争、そしてその影で暗躍する謎(といってもすぐ明かされる)の組織を描きつつ、ナチくさくなってきた1931年のベルリンを浮かび上がらせます。今作も安定して面白いです。

冒頭、2人組みでデパートの深夜窃盗を行う少年と少女が登場します。見つかってしまい、少女は逃げ出すのですが、その時、警察官によって不必要にも少年が殺されてしまうところを目撃してしまうのです。そして物語は、アメリカから来た殺し屋ゴールドスティンの目的を探るべくラート警部が彼を監視するところから始まります。

常にラート警部目線だった過去2作と異なり、複数視点を導入し、短めの章をつないでいくやり方を用いていますが、かなり上手いです。ゴールドスティン関係を捜査するラート警部、独自に事件にかかわっていく恋人のチャーリー、ラートの部下で内密に警察の内部捜査を行うランゲの3人を探偵役に据え、これがしっかり絡み合っていきます。どの章でも何らかの事実が明らかになるなど引きも巧みでリーダビリティも高く、これぞ警察小説だ!という満足感があります。
こうしたモジュラー型な面白さに加え、ユダヤ系アメリカ人マフィアであるゴールドスティンが投入されることで、歴史ミステリとしての側面も強化されています。外国人である彼の目線からユダヤ人コミュニティを紹介しつつ、当時のドイツの様子を描き、ナチスの台頭を上下巻通じて徐々に見せていく不穏さが絶妙。ラストにあれを見せるえぐさがナイス。次作がまた楽しみになります。

そしてやっぱりクッチャーは、一人で動く人間を追うハードボイルド的なスタイルが上手いんですよ。今まではそれがラート警部というはみだし刑事だったわけですが、今作はそれから離れて、孤軍奮闘して隠密に内部捜査を進めるランゲとか、窃盗犯の少女を一人で探すチャーリーなどを描いているというわけ。何よりマフィアとして寡黙に最低限の行動をとっていくアメリカ人ゴールドスティンのかっこよさがもうすごくて(最後のラート警部との会話とかきれっきれだもんなぁ)。っていうかラート警部今作全然活躍してませんね。

安定して面白かったけど、安定しすぎていてびみょーに物足りないかな、とも正直感じました。最後とか綺麗にまとまりすぎなんです。このシリーズが好きなのは、勝手に行動して勝手に自滅してめっちゃかしっちゃかに事態を解決しようとラート警部が頑張るところだったので、その点は物足りません。『濡れた魚』の荒っぽさはどこに行ってしまったんだ……。
まぁ作者が上手くなったということでもあるので、今後も落ち着いたシリーズになりそうだな、と思います。何だかんだ言いつつ毎年クッチャーの新作が出るのが楽しみなのは確かなので。4,5,6作目のベルリンがどう変わっていくのか……うーん、ナチっぽくなりそうだなぁ。

書 名:ゴールドスティン(2010)
著 者:フォルカー・クッチャー
出版社:東京創元社 Mク-18-5,6
出版年:2014.07.31 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
死者の声なき声 上 死者の声なき声 下
『死者の声なき声』フォルカー・クッチャー(創元推理文庫)

映画が喋りはじめた1930年のベルリンで、将来を嘱望されていた女優が撮影中に痛ましい死を遂げた。事故で片付けようとする上司に反発し、ベルリン警視庁殺人課のはみ出し者ラート警部は、またもや独自に動きだす。刑事としての矜持ゆえ、さらには自らの栄達のため。光と影が交錯する映画界と巨大都市を、ラートは東奔西走するが……。ベルリン・ミステリ賞受賞の傑作警察小説。(上巻あらすじより)

去年の新刊の中では、フォルカー・クッチャー『濡れた魚』はイチ押し作品でした。警察小説とは思えない、自分勝手で独善的、保身に突っ走りズブズブとドブに浸かりまくるラート警部の物語が型破りで大変面白かったのです。1930年頃のドイツを舞台にした警察小説、と聞いてイメージする固っ苦しくて重っ暗っなミステリでは全然なくて。『濡れた魚』をなぜか買った去年の自分を褒めたいですね、いやほんと。というわけで待望の第2作ですよ、やったね、ありがとう酒寄さん東京創元社さん。

主人公のラート警部は、「組織」としての行動を重んじるベルリン警視庁の中では例外的に独断専行、自分の出世のために勝手に捜査、上司の命令も聞かず正義も愛国心もへったくれもなくただただ手柄をあげたいがために一人で嗅ぎ回ります(単独操作なんてカッコイイもんじゃなくてただの暴走だわこれ)。おまけにイライラしがちで感じ悪いときてるんだからどうしようもありません。『濡れた魚』のラート警部はさらに墓穴掘りまくりんぐの墓穴カバーに走りーのさらに墓穴掘りーの思わぬ泥を引っかぶりーのまずいことやりーのと延々取り返しのつかなくなる様が見ていてうぇぇぇぇぇって感じだったんですが(そこがまさに魅力なんですけどね)、今作ではそのはちゃめちゃヤバ具合は大人しめだったかな、という感じです。

さて、1930年のベルリンで発生するのは、撮影所の女優の事故死&女優失踪事件+αでケルン市長脅迫など。ラート警部は例によって命じられた捜査をせず勝手に手がかりを追い知り合いの監督に頼まれた個人捜査を行うことで、トーキーが導入される映画界の混乱に踏み込んでいくことになります。
犯人視点の章が挿入されたりモロに怪しげな行動を取る人間が現れたりするため、捜査で浮かび上がる真相には意外性もへったくれもありません。しかし普通の警察小説に過ぎないはずなのに、ラート警部の身勝手さにより一風変わった、かつ無意味にスリリングな(笑)話に仕上がっています。ぶっちゃけ最初からみんなで協力していればすぐに解決できたんじゃないかなって……(それを言っちゃあおしまいよ)。まぁだからラート警部を受け付けられない人には何にも面白くないでしょうね、このシリーズ。
『濡れた魚』と比べて、アデナウアー市長やトーキー映画の登場などの要素のせいでより歴史ミステリっぽさが増しているのは面白いところ。とは言えラート警部が政治に全く関心がないため、ナチスと共産党の争いみたいなしちめんどくさいことがさらっと片付けられるのは嬉しいですね。

前作のように力技でオチを付けるようなムチャはないし、極めて落ち着くべきところに事件の真相は落ち着くのだけど、その分警察小説らしいじっくりとした良さを味わえたのでこれはこれでナイス。今作も良かったですよ。今後もぜひ翻訳が続いて欲しいシリーズです。
ただ、読んだ人の大部分は大人しすぎると感じるんじゃないでしょうか。『濡れた魚』と比べてラート警部が部下や友人に助けられる描写が多く、また可愛すぎるワンちゃんをお供に捜査するせいで、思ったほど孤立していない様がやや強調されているからかな(彼女との関係とかどうなるんでしょうねぇ)。これはこれで悪くはないですが、やっぱりもっとはちゃめちゃな展開が見たかったかな、というのも正直なところです。

というわけで、興味がある方は『濡れた魚』からぜひ。というのもクッチャーさん、何の遠慮も説明もなく前作の登場人物をガンガン出してくるので……(実にどうかと思う)。まぁ知らなくても問題ないような気がしなくもないですが、ただこのシリーズは1929年以降ドイツがどう変化するかに注目して読み進めたい所なので、やはり一作目から読んで欲しいですね。

書 名:死者の声なき声(2009,2010)
著 者:フォルカー・クッチャー
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mク-18-3,4
出版年:2013.8.23 初版


評価★★★★☆
濡れた魚 上 濡れた魚 下
『濡れた魚』フォルカー・クッチャー(創元推理文庫)

1929年、春のベルリン。ゲレオン・ラート警部が、わけあって故郷ケルンと殺人捜査官の職を離れ、ベルリン警視庁風紀課に身を置くようになってから、一ヶ月が経とうとしていた。殺人課への異動を目指すラートは、深夜に自分の部屋の元住人を訪ねてきたロシア人の怪死事件の捜査をひそかに開始するが……。今最も注目されるドイツ・ミステリが生んだ、壮大なる大河警察小説開幕。(本書あらすじより)

ドイツの警察小説。ま、ぱっと聞いた感じ、そこまで食指をそそられるほどのものではありません。

さて、上巻読了時のtweetがこちら。↓

『濡れた魚』上巻読了。中盤からすごい勢いで伏線を張りまくっていて楽しい。1929年が舞台だが、あんまりナチスっぽさとか感じられないので暗くもない。主人公のラート警部はラート警部でとんでもない数の死亡フラグを立てまくっているけど、なぜか破滅臭がしないので心臓の弱い自分も一安心。

↑と、このようにベタ褒めです。うーむ、読んでみないと分かんないもんですね……。

さて、『濡れた魚』ですが、これは好きです。とっても好きです。えーと、出版社の上巻あらすじではネタバレを避けてほとんど具体的な話をしていないんですが……要するに、死亡フラグを立てる名人・ラート警部が、死亡フラグを回避しようとしながらひたすら死亡フラグを立てまくる話……かな(そうか?)。舞台はナチス全盛期前のドイツだし、冒頭はいきなり大変な感じで始まります。にもかかわらず、陰欝さ・悲惨さ・嫌らしさがほとんど感じられないのが嬉しいですね。

前半は地味で地道な単独捜査ですが、ここでバラ撒かれた伏線が怒涛の勢いでこねくり回されひねくり回されるのが、本格ミステリふぁんとしては(?)楽しいことこの上ないです。無意味に多い登場人物を『荒涼館』レベルでリサイクルしまくるという読者サービスは、モロ好みでした。まぁ、このリサイクルにすら無意味感が漂うのもある種『荒涼館』っぽいと言えなくもないかな……伏線の妙ですね。伏線ですらないのもありますが。
というか、自分は冒頭のあの仕込みに見事に騙されたのですけど、冷静に考えて引っ掛かったのって自分だけなんじゃないですかね……ってかむしろ引っ掛けですらないんじゃないかな……。
で、きっちり伏線を張り、回収しながら、物語は壮大な“ドタバタ劇”へと発展していくのです。シリアスだし、深刻だし、かなりでかい社会の裏が相手なのですが、どことなくラート警部の行動のせいで“ドタバタ劇”と言いたくなる緩さがあるのが、なかなか面白いですね。ドイツとロシアの関係や、当時の軍部・警察の様子が生き生きと描かれており、読者を飽きさせません。

しかしこれなら上下巻という分量にも納得。ラストはもうちょっとひねって欲しかったですが、十分楽しめたので良しとしましょう。ちなみに最後、ラート警部の行動がある人物(端役中の端役なのがまたグッド)と重ねられるよう出来ていますけど、これがとっても皮肉で良いですねー。案外、クッチャーさん笑いを取るのが好きなのでは?
全体的に、かなり満足。良質な警察小説って良いですね。いやー、楽しませてもらいました。オススメです。

ちなみに主役のラート警部、この後も引き続き主人公として登場するようです。第一作が1929年、第二作が1930年、で、1936年(だっけ?)まで続くんだとか。おぉ、これは楽しみです。
しかし、「答える必要があるのか?」「まあね、俺は刑事だ!(ドヤァァ)」とかただの一般人相手にやっちゃうあたり(セリフは本文ママ)、このラート警部とかいうの結構かわいいですね。ラート警部が、「あー今晩誘われちゃったし彼女と寝たいわー、超可愛いわー、でも今日も単独捜査やりたいから無理だわー」とか言っちゃうあたりに、ドイツ人らしい妙なクソ真面目っぷりを感じました……偏見かな?(笑)

書 名:濡れた魚(2007)
著 者:フォルカー・クッチャー
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mク-18-1、Mク-18-2
出版年:2012.8.31 初版

評価★★★★☆