無罪
『無罪 INNOCENT』スコット・トゥロー(文藝春秋)

かつて検事補殺しの裁判で無罪を勝ち取り、今や判事の座に昇りつめたラスティ・サビッチ。彼の妻バーバラが変死した、遺体の発見から通報までに空白の一日があったことに疑惑を抱いた検事局の調べで、サビッチに愛人がいたという事実が浮かび上がった。次々に状況証拠が積みあがる中、かつてサビッチの裁判で屈辱的な敗北を喫した地方検事トミー・モルトは、ついにサビッチを妻殺しで訴追することを決意した。そして因縁の法廷が幕を開ける。サビッチは妻を殺したのか、遺体発見後の空白の時間は何を意味するのか、彼は何を隠しているのか?嘘と真実と駆け引きが白熱する。そして衝撃の真実はすべてが終わったあとに明かされる。それはあまりに悲しく痛ましく、人間の愛と憎悪を描き出す―歴史的名作『推定無罪』続編の名に恥じぬ重厚なる傑作。(本書あらすじより)


うぅむ……いや、面白いんですけどねぇ。やはり『推定無罪』には勝てないし、自分、そこまで『推定無罪』が好きというわけですらないので、何とも。一気に読まされる面白いミステリーであることは確かですけど。
あ、そうだ、『推定無罪』の続編だけどネタバレないから大丈夫だよ、なんてのをよく目にしますが、そもそも続編があるということ自体がネタバレなので、ちゃんと『推定無罪』を読んでからにしましょう。たぶん、その方が圧倒的に深みが出るだろうし、物語を十二分に楽しめると思います。

ま、話はあらすじの通りなのですが。『推定無罪』と同じく、主人公が起訴されるまでがまずじっくり描かれ、続けて法廷シーンへと移ります。
とにかく”続編”なんですね。20年間という歳月の流れを、こうまで上手く用いている作品も珍しいと思います。事件関係者はどう変わったのか、前回の事件はどう絡んでくるのか、といった興味が尽きません。息子のナットの成長、モルトの結婚など、物語の核となる要素は全て"20年"から生まれているのです。語り手の比重がラスティよりも他の人物に大きく置かれるのも当然ですね。
また、結末の驚きが前作に劣るため、物語の中心はより一層”人間ドラマ”というか”群像劇”といった点になるのではないかと思います。一人称視点(など)が章によって頻繁に変わること、被告人ラスティの一人称パートが途中からほとんどなくなってしまうこともまたその印象を強めます。もともと『推定無罪』も人間ドラマ要素は強いですが、あちらは一応ミステリ的側面というか、リーガルサスペンスの点でも大いに楽しめる秀作でした。ところが『無罪』は、割合法廷シーンがあっさりしているのです。その分、登場人物のねちっこい関係でグイグイ読者を引っ張っていくわけですよ。『推定無罪』の語り手はラスティだけですが、『無罪』はそうではない……というのが、この作品の一番のポイントと言えるかもしれません。

よって、『無罪』はあくまで『推定無罪』の続編としてしか評価出来ないのではないか(とかまた根拠もなく適当なことを)、と思います。読者にとって見知った人々が見知った場所で繰り返す悲喜劇こそが面白いのかなぁと。ですから、続編としては文句ない作品と言えます。逆に単体としてはやや物足りないかもしれませんね。

……と、どうもこのくらいしか感想が出ないんですよ、なんでかな。最初にも言ったとおり面白いことは面白いんですが、不完全燃焼というか、あんまり好みのタイプではないというか。やっぱ物足りないのかなぁ。ずいぶん適当な感想文になっちゃいました。

書 名:無罪 INNOCENT(2010)
著 者:スコット・トゥロー
出版社:文藝春秋
出版年:2012.9.30 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
推定無罪 上 推定無罪 下
『推定無罪』スコット・トゥロー(文藝春秋)

アメリカ中部の大都市、地方検事を選ぶ選挙戦のさなかに、美人検事補が全裸で殺されていた――。クリスティ的犯人さがしの妙味、検察出身の作者の経験を生かした圧巻の法廷場面、地方都市の政治・司法・警察の実態をまるごと捉えた、社会小説的な視点、なにをとっても第1級の傑作。驚異の世界的ベストセラー、シルヴァー・ダガー賞受賞。(本書あらすじより)

へー、シルヴァー・ダガー賞取っていたんですか。初めて知りました。

さて、久々の更新ですが、久々になった理由というのが他でもない、この『推定無罪』の感想を書くのに乗り気でなかったということなのです。
……といっても別につまらなかったとか、そういうことではないですよ。『推定無罪』が発表されたのは1987年ですが、「1980年代以降に出た超重要傑作ミステリをあげよ」と言われたら確実に名前があがるくらい、素晴らしい法廷ミステリです。意外な真相・犯人を提示しつつ、「推定無罪」の表す意味、アメリカ法曹界をじっくりと描き出した、類まれなる作品でしょう。法廷シーンの面白さは尋常ではないし、独特なラストはなかなか印象的で、これもまた上手いなぁと思わされます。
ですから、ここで自分がごちゃごちゃ言おうが言うまいが、読んで損はしないはず。そういった作品なのですが……。

読了後のtweetをちょっと引用します。


スコット・トゥロー『推定無罪』読了。とにかく心理描写がハンパなく上手い(外見描写は全然なのに)。主人公の一人称視点によりあぶり出される各々の感情。それだからこそ、「推定無罪」という語に現れているように、人の考えや真実なんて結局分からない……というテーマが強烈に感じられる。
下巻から法廷シーンが始まるのだが、これがめっぽう面白い。何と言うか、もうボッコボコで、カタルシスがすごい。皆が裏切りやがってはめられて誰も信じられないよ主人公大ピーンチ、みたいな状況かと危惧していたら、弁護側が優秀過ぎる味方だったのでそんな心配は不要だった。


……とこれだけなのですが、これって自分としては、面白かったけど、あと一歩、みたいな感じだと思うんですよね。手放しで好きになれているわけではありません。
では、なぜ素直に褒められないのか?……という話を始めてしまうと、ネタバレ必至でどうしようもないので、とりあえず感想はこれで終わりにします。ネタバレ雑談については、追記の方に、白字で書く事にしますか。

書 名:推定無罪(1987)
著 者:スコット・トゥロー
出版社:文藝春秋
出版年:上 1988.10.1 1刷
    下 1988.10.1 1刷
      1989.2.15 6刷

評価★★★★☆

[以下、ネタバレあり]
... 続きを読む