フランクを始末するには
『フランクを始末するには』アントニー・マン(創元推理文庫)

フランク・ヒューイットは芸能界の大スター。彼が死ねば、トリビュート番組や伝記映画などで業界は大もうけできる。殺し屋の“わたし”はフランク殺しを依頼され……。二転三転するスター暗殺劇の意外な顛末を描き英国推理作家協会短篇賞を受賞した表題作のほか、刑事の相棒として赤ん坊が採用され、殺人事件の捜査を行う「マイロとおれ」、日々の買いものリストだけで構成された異色作「買いもの」、ミステリ出版界の裏事情を語るゴーストライターものの一篇など多彩な12作を収録。奇想とユーモアにあふれた傑作短篇集をお楽しみください。(本書あらすじより)

うぅん……面白いんですけどねぇ。パンチが足りないというか、捻りが足りないというか。自分が知っている中ではジャック・リッチーに似た味わいなんですが、それよりは一回り落ちるかな、と。

全体的には一般的なクライムノベルっぽい短編が多めです。ちょっと捻りが物足りないかもですねぇ。予想通り、予定調和的に話が進んでしまうというか。ちょっとありえないような奇想世界が舞台である「緑」ですら、こちらの想像を上回る展開があるわけではありません。ある程度、意外性を作ろうという雰囲気が見えるだけに、これは残念です。
ただ、なかなか独創的なお話が多く、そういう意味では楽しめるというのも事実。個人的には、意外性十分の「エディプス・コンプレックスの変種」、アイデアが素晴らしい「買いもの」、不充分な心情描写に優れた「契約」が良かったです。それ以外は……まぁ標準か、ちょっと下、くらいでしょうか。やはり、もうちょっと頑張って欲しいですね。

「マイロとおれ」Milo and I
赤ん坊が捜査に参加するという謎の世界が舞台。これといった感想が思い浮かばない……。

「緑」Green
あらゆる雑草を敵視する世界が舞台。このラスト、ビジュアル的にものっすごく訴えかけてくるものがあるんですよ。なかなか面白い作品だと思います。

「エディプス・コンプレックスの変種」The Oedipus Variation
チェスの必勝法を学ぶ男の物語。これはしてやられました。読んでいてむかつくような描写が延々と続いた後、ラストにふわっとひっくり返すこのやり方は実にお見事です。

「豚」Pigs
豚をペットとして買う金持ち夫婦の話。これは……うぅ、ちょっと苦手です。なんというか、グロい。

「買いもの」Shopping
延々と買い物メモだけで構成された短編。面白いこと考えますねぇ。もうちょっと面白くならなかったのかしら(こら)。こういう展開に持って行くということが、アントニー・マンの善人っぷりを表すのでしょうか。

「エスター・ゴードン・プラムリンガム」Esther Gordon Framlingham
死亡した有名作家の代作を頼まれた四流小説家の話。面白いとは思うんですが、なぜかピンと来ずに読み終わってしまいました。うぅん。

「万事順調(いまのところは)」Things Are All Right, Now
ふと、因縁の相手に出会った男の話。このラスト、すっごく良いです。主人公のドライさ、どうでもいいと思いながらも、密かな恨みが切々と感じられます。

「フランクを始末するには」Taking Care of Frank
なかなか死なない有名人を暗殺する話。楽しいんですが、どうも意外性が足りないのでは、という気がします。あと、もっと皮肉っぽく描いた方が良かったかなぁ。

「契約」The Deal
ある契約をかたくなに辞退する男の話。どうということはない話ですが、それでもお気に入りです。ただ一徹さを示すだけで、こうも感情を示せるのか、というのは驚きです。

「ビリーとカッターとキャデラック」Billy, Cutter and the Cadillac
ダイエット出来るかを賭けた男の話。割合予想通りに噺は進むのですが、「運転免許」の文が出たとたん、ぬあっと思いました。

「プレストンの戦法」Preston’s Move
チェスの必勝法を見つけたと主張する男の話。まぁ、何ですか、面白いですが、それ以上でもそれ以下でもないです。

「凶弾に倒れて」Gunned Down
父親を殺された男の話。こういう復讐法で短編を作る、というのが上手いですね。最終話としての余韻も十分です。

書 名:フランクを始末するには(2003)
著 者:アントニー・マン
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mマ-24-1
出版年:2012.4.27 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト