『悔恨の日』発売

2017-09

『凍った夏』ジム・ケリー - 2017.09.03 Sun

凍った夏
『凍った夏』ジム・ケリー(創元推理文庫)

公営アパートで肘掛け椅子に座ったまま男性が凍死した。自殺の可能性が高いとされたが、取材に訪れた新聞記者のドライデンは疑問をおぼえる。死んだ男は金に困っていたが、部屋のコイン式電気メーターには硬貨が補充されていた。自殺する人間がそんな行動をとるだろうか?ドライデンの丹念な調査と明晰な推理によって、少しずつ解かれていく人々の秘密。端正な英国本格ミステリ。(本書あらすじより)

一時期はアン・クリーヴスとジム・ケリーが交互に、玉木亨さんによって毎年訳されていたのですが、去年出るはずのジム・ケリーがまさかの出ず。これは売れずに切られたか……よく3作で終わるし……と思っていたら、嬉しいことにちゃんと出ました。ありがとう、東京創元社。ありがとう、玉木亨さん。来年もアン・クリーヴスをよろしくお願いします。
地味中の地味で知られる英国現代本格勢、ジム・ケリーのフィリップ・ドライデンシリーズが、どんどん地味じゃなくなっているというか、いや地味なんだけど見せ方や展開がうまくなっているという感じで、大変好ましい作品でした。今作も安定の面白さです。

寒波が襲う冬のイーリーで、凍死体が発見されます。現場の状況に疑問を感じた新聞記者ドライデンは独自に調査を始めますが、次第に過去の事件が絡み始めます。どうやらこれにはドライデンの過去も関わっているようなのですが……。

事故に見せかけられた連続殺人事件を“新聞記者”ドライデンが追うのが第一部、舞台がドルフィン保養所に移ってから過去の殺人を私人としてのドライデンが追うのが第二部、という感じ。第二部のテンポがやや悪いのがちょっともったいないです。
ドライデンが直接命を狙われたり、謎解きの時限設定が行われたりするなど、見せ方はいつもより派手ですが、根本的なところでの地味さと堅実さは相変わらず。シリーズの中で最も回想の殺人要素が強い気がしますが、この作者は本当に回想物が得意ですね……さすがだ……。
これまでの作品では、単なる新聞記者として事件を追う過程で、いやいや事件の決着を付けさせられていたドライデンですが、今作は彼の過去が絡み、主体的に事件に関わろうとします。シリーズ読者からすると胸アツと言う他ありません。『水時計』『火焔の鎖』がドライデン vs もろもろの恐怖症、みたいな話だったとすれば、『逆さの骨』あたりから少し作品の方向性が変化しているのかも。

犯人のミスディレクションも悪くないのですが、黄金時代風のスタンダードなトリックが、子どもたちが事件を目撃するというドラマ的要素で程よく複雑に構成されているのが実に良いなぁと。途中から脇役になっていた聖ヴィンセント孤児院の虐待事件が、思わぬ形で最後に生かされるのも上手いと思います。今作も良い英国本格ミステリでした。

ところでいまだに名前を決めかねているのですが、いわゆるラストにどーんとなるミステリ(燃えたり洪水が起きたりする)を、『水時計』『火焔の鎖』ぶりにやろうとしているのかなと期待していたのですが(例えば着氷性の雪によって大変なことになるとか)、そのへんはかなり抑え目だったな……残念……と思ったら、やっぱりちょっとだけ入れてきましたね。さすがジム・ケリー、『ナイン・テイラーズ』を目指してミステリを書き始めただけのことはあるぜ。

その他入院中の妻ローラが旅行に出たり、ドライデンの相棒であるタクシー運転手ハンフがもうナチュラルに捜査に協力したりと、シリーズの楽しみも十分。今回も大満足です。『逆さの骨』が今のところシリーズ最高傑作かなと思いますので、未読の方はそちらもぜひ。英国現代本格、面白いですよー。

原 題:The Coldest Blood(2006)
書 名:凍った夏
著 者:ジム・ケリー Jim Kelly
訳 者:玉木亨
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mケ-2-4
出版年:2017.06.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト

『逆さの骨』ジム・ケリー - 2014.10.13 Mon

逆さの骨
『逆さの骨』ジム・ケリー(創元推理文庫)

かつて捕虜収容所だった発掘現場で奇妙な骸骨が発見された。その男は脱出用と思われるトンネルを収容所に向かって這い進んでいたうえ、額を拳銃で打ち抜かれていたのだ。脱走兵にしては謎めいた殺害状況に、新聞記者ドライデンは調査を開始する。だが数日後、同じ現場で新たな死体を発見し……。過去と現在を繋ぐ謎の連鎖と緻密に張られた伏線が魅せる、英国本格ミステリの精華。(本書あらすじより)

地方都市イーリーの新聞記者であるドライデンが主人公のシリーズ第3作。
うぉぉ、文句の付けようがありません。ジム・ケリー面白い面白いとずっと言ってきましたが、今作は過去最高のクオリティ。これは手放しでほめますよ。
新聞記者による理想的なモジュラー型で、地味ですがリーダビリティは高く、登場人物をしっかり描き、ドライデンと奥さんの関係もうまいこと進め、第二次世界大戦という過去を絡めつつ意外な犯人を演出。むむ、素晴らしい。英国現代本格はかくあるべし、ってなもんですよ、奥さん。

まず事件がいいですよね。今作でもドライデンは様々な事件を同時に取材していきます。発掘現場から出た白骨死体、ごみ処理場の公害問題、夜盗団、イタリア人コミュニティ、捕虜収容所、絵画盗難、といった要素が、過去現在に関係なくドライデンの前に浮上し、ゆっくりとそれが動いていきます。そして作者は、複数の事件の絡ませ方・解決するスピードバランスが格段に上手くなっています。
今回も登場人物がうじゃうじゃ出て来ます。思うにモジュラーの問題、というかデメリットは、扱う人が多すぎるせいで、個々をじっくり描きにくい、ということなんじゃないかなと。ところが最小限の描写と印象深いエピソードときちんとしたキャラ付けにより、毎度のことではありますが、ケリーさん、この問題も華麗にクリア。全員がしっかりとドライデンと結びついていくのです。

相変わらず恐怖症だらけのドライデンと、タクシー運転手のハンフの関係も絶妙。ヘタレで、いかにも主人公らしくないドライデンが大好きなんですよ、わたし。色々なことを気にせずタクシーを運転し続けるハンフも、シリーズを重ねるごとにドライデンと支え合うようになっている気がしますが、でも彼らは大人だから照れくささが先行しちゃって、唯一の親友とも言える間柄なのに、日ごろはそんなそぶりをほとんど見せないし、ベタベタしないのです。この距離感。
そして着々と回復している妻のローラとの関係も、愛しつつもどかしい状態がしっかりと伝わってきて好き。今作からついにローラの家族が登場し、さらにそれがストーリー上に絡むようになってきました。ここからはシリーズ順に読んだ方がいいのかもしれません。面白くなってきたなー。

というわけで、2作目の『火焔の鎖』がやや1作目『水時計』と比べると落ちたかなと個人的には思っていただけに(なんか出来過ぎでさ、鍵とか)、『逆さの骨』には何も言うことはありません。『水時計』読んでこいつは来たぜ!と思った昔を思い出します。大満足。英国本格はいいねぇ。

書 名:逆さの骨(2005)
著 者:ジム・ケリー
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mケ-2-3
出版年:2014.02.28 初版

評価★★★★★

『火焔の鎖』ジム・ケリー - 2012.03.29 Thu

火焔の鎖
『火焔の鎖』ジム・ケリー(創元推理文庫)

27年前、米空軍の輸送機が農場に墜落した。この事故で九死に一生を得たマギーは、とっさに乗客の死んだ赤ん坊と自分の息子をすり替えていた。なぜ我が子を手放したのか?少女の失踪や不法入国者を取材しながら真相を探るドライデンは、拷問された男の死体を見つけてしまい……。大旱魃にあえぐ沼沢地を舞台に、敏腕記者が錯綜する謎を解き明かす。CWA賞受賞作家が贈る傑作。(本書あらすじより)

というわけで、来た来た来たぞジム・ケリー。名前と同様、地味地味な内容でいかにもな英国本格シリーズです。前作『水時計』は傑作でしたが、果たして今回はどうか。

今作もいわゆるモジュール型を取っています。新聞記者である主人公ドライデンが主に捜査するのは、30年前の飛行機墜落事故・ポルノ写真・不法移民の3つ。これらが複雑に絡み合い、最後に意外な真相が……といいたいところですが、このモジュール型としての完成度・真相の意外性は、緻密な伏線が秀逸だった『水時計』の方が上、だと思います。とはいえ、こちらの期待がちょっと高すぎた、というのもあるんですが。『火焔の鎖』は十分水準以上です。

逆に、『水時計』以上の出来栄えであるのが、人物描写、というより、登場人物の配置の仕方、です。誰がこうしてこうなったせいで誰がこうなりこうなってしまった、みたいな展開が抜群に上手い。因果律、っていうんでしょうか、人物相互の関わりがもたらす悲劇的な結果、というのが、実に自然に描かれているのです(あれ、これがモジュール型なんだっけ)。
これを自然たらしめているのが、一人一人の行動に説得力をもたす人物描写の上手さ、です。こちらに痛々しさが伝わりすぎるくらいに、登場人物が現実の人として浮かび上がっているのです。今回、あらゆるところに登場する共通テーマとして、「親の子を想う気持ち」と「閉所恐怖症」があり、これが非常に大きな効果をあげていますが、これも作者の描写力あってこそでしょう。

ちなみに今作のドライデンも最高です。『水時計』の感想でも書きましたが、彼は愛すべきヘタレであり、なおかつ周りにヘタレと思われたくないあまりビビりつつ行動に出てしまうという、どうしようもないほど主人公キャラではない人なんです。彼の視点に込められた皮肉なユーモアが、このシリーズの味わいを陰欝なものにさせず、むしろある種軽妙なものにしている、というのは興味深いですね。
ちなみに、いきなり「鍵」のエピソードが出て来ましたが、ちょっと後だしジャンケン気味じゃないですかね、ケリーさん。


まぁ、やっぱり、地味っちゃ地味です。こういう作品が好きな人は好きでしょうが、退屈という人は退屈でしょうね。また、なぜかこのシリーズ、翻訳物としてはとっても読みにくい部類に入ります。なっかなか進まないんですよ、面白いのに。そのせいで、途中で放り投げてしまう人もいるようです。
ですが、古きよき英国本格ミステリを味わえるという点で、ジム・ケリーはアン・クリーヴス同様、貴重かつ素晴らしい作家です。読んで損はしないはず。興味のある方はぜひご一読を(今回はマジメな感想だったな)。

書 名:火焔の鎖(2004)
著 者:ジム・ケリー
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mケ-2-2
出版年:2012.1.27 初版

評価★★★★☆

『水時計』ジム・ケリー - 2012.01.02 Mon

水時計
『水時計』ジム・ケリー(創元推理文庫)

痺れるような寒さの11月、イギリス東部の町イーリーで凍った川から車が引き揚げられた。トランクには銃で撃たれ、死後に首を折られた死体が入っていた。犯人はなぜこれほど念入りな殺し方をしたのか?さらに翌日、大聖堂の屋根の上で白骨死体が見つかる。二つの事件が前後して起きたのは偶然か?疑問を抱いた敏腕記者のドライデンは調査をはじめるが――。ねばり強い取材の果てに、彼がたどり着いた驚愕の真相とは。堅牢きわまりない論理、緻密に張られた伏線。CWA賞受賞作家が硬質の筆致で描きあげた現代英国本格ミステリの傑作。(本書あらすじより)

1月にこのシリーズの新刊が出るので、読みました。作者名が覚えにくいと思います。読み始めて、久々に翻訳物って読みにくいなぁ、なんて思いました。そんなこんなで読み終わりました。

……やばい、これは傑作。というか、めちゃくちゃ自分好みの作品でした。すごいぞジム・ケリー、名前が地味とか言ってごめん。個人的に、ウィリアム・モール以来の覚えにくい作家名です。いやそんなことじゃなくて。

とにっかく地味な本格ミステリです。派手さはほぼゼロ。『ナイン・テイラーズ』から題材を取った(いいぞジム・ケリー)とかで、初っ端いきなり洪水が起きていますが、それすら地味。古き良き黄金時代の本格ミステリ、とも言えます。自分が読んだことのある作家では、アン・クリーヴスに似た雰囲気を感じますね。寒いとことか。

もちろんミステリとしての完成度は素晴らしいです。果たして「堅牢きわまりない論理」かと言われると、まぁそうでもないんですが、細かな伏線は実にお見事。主人公が新聞記者、しかも地方紙の新聞記者であるため、あらゆる事件を取材しなければいけないのですが(それこそ地元のお祭りの事故から、殺人・放火まで何でもあり)、無関係そうに見える事件の数々がちょっとしたヒントになっているのが面白いですね。一種のモジュラー型だと言ってよいと思います。フロスト警部を思い出した方も多いのでは?

が、それだけでなく、『水時計』には独特な魅力があります。やはり登場人物でしょうかねぇ。特に主人公のドライデンのキャラ付けが秀逸で、これだけ「人間らしい」登場人物を読んだのは初めてな気がします。登場人物一人一人がまさに物語の中で生き生きとしており、それをさらっと描く、妙に斜に構えた作者の筆致がまた効果的。先程から地味地味と言っていますが、この地味な筆致こそが、『水時計』の魅力を最大限に発揮させる要因なんです。

というわけで、個人的には大当たりでした。これは続編が楽しみですよー。

書 名:水時計(2003)
著 者:ジム・ケリー
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mケ-2-1
出版年:2009.9.11 初版

評価★★★★★

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
クリスティ、デクスター、グライムズ、ディヴァインが好きな、ヨッシーことTYこと吉井富房を名乗る遅読の新社会人が、日々読み散らかした海外ミステリ(古典と現代が半々くらい)を紹介する趣味のブログです。ブログ開始から7年になりました。ちなみにブログ名は、某テンドーのカラフル怪獣とは全く関係ありません。
来て下さった方々が、コメントを残して下さると、管理人が大変喜びます。広告のコメントは、削除することがあります。
このサイトはリンクフリーですが、一言声かけてくれると嬉しいです。
Twitter(@yossi3110)

リンク

このブログをリンクに追加する

読書メーター

ヨッシーさんの読書メーター ヨッシーの最近読んだ本

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (521)
ア行 (110)
アヴリーヌ,クロード (1)
アシモフ,アイザック (4)
アシャット,フェデリコ (1)
アダム,ポール (1)
アーチャー,ジェフリー (1)
アップデール,エレナー (2)
アップフィールド,アーサー (2)
アデア,ギルバート (1)
A・D・G (1)
アトキンソン,ケイト (1)
アフォード,マックス (1)
アームストロング,シャーロット (2)
アリンガム,マージェリー (4)
アルレー,カトリーヌ (1)
アンズワース,キャシー (1)
アンダースン,ウィリアム・C (1)
アンダースン,ジェームズ (1)
アントニイ,ピーター (1)
アンプエロ,ロベルト (1)
イェルハルドセン,カーリン (1)
イジー,ユージン (1)
イネス,マイクル (2)
インゲルマン=スンドベリ,カタリーナ (1)
インドリダソン,アーナルデュル (2)
ヴァルガス,フレッド (4)
ヴァン・ダイン,S・S (2)
ヴァンス,ジャック (1)
ウィアー,アンディ (1)
ヴィカーズ,ロイ (3)
ウイバーリー,レナード (3)
ウィルフォード,チャールズ (1)
ウィングフィールド,R・D (6)
ウィンズロウ,ドン (1)
ウィンタース,ベン・H (3)
ウェイン,エリザベス (1)
ウェストレイク,ドナルド・E(コウ,タッカー、スターク,リチャード) (5)
ウォーカー,マーティン (3)
ウォーターズ,サラ (2)
ヴォートラン,ジャン (2)
ウォルターズ,ミネット (1)
ウォーレス,エドガー (1)
ウッドハウス,P・G (1)
ウールリッチ,コーネル(アイリッシュ,ウィリアム) (7)
エアード,キャサリン (2)
エクストレム,ヤーン (1)
エクスブライヤ,シャルル (4)
エーコ,ウンベルト (1)
エリザーロフ,ミハイル (1)
エリン,スタンリイ (3)
エール,ジャン=マルセル (1)
エルキンズ,アーロン (6)
エルロイ,ジェイムズ (1)
オコンネル,キャロル (1)
オーツ,ジョイス・キャロル (1)
オベール,ブリジット (1)
オリオール,ローレンス (1)
オルツィ,バロネス (3)
カ行 (151)
カー,ジョン・ディクスン(ディクスン,カーター) (14)
カサック,フレッド (2)
カーター,M・J (1)
カッリージ,ドナート (2)
ガードナー,E・S(フェア,A・A) (5)
カーマイケル,ハリー (2)
カミ (4)
カミング,チャールズ (1)
カリー・ジュニア,ロン (1)
カーリイ,ジャック (3)
キース,エリック (1)
キーティング,H・R・F (1)
キャヴァナー,スティーヴ (1)
ギャレット,ランドル (1)
キーラー,ハリー・スティーヴン (1)
ギルバース,ハラルト (2)
キング,スティーヴン (1)
キング,ルーファス (1)
クイーン,エラリー (14)
クェンティン,パトリック (7)
クック,トマス・H (3)
クッチャー,フォルカー (3)
グライムズ,マーサ (15)
クラウチ,ブレイク (3)
クラトフヴィル,イジー (1)
クリーヴス,アン (6)
グリシャム,ジョン (1)
クリスティ,アガサ (2)
クリスピン,エドマンド (3)
グリーニー,マーク (2)
グリーン,アラン (1)
クルーガー,ウィリアム・ケント (1)
グルーバー,アンドレアス (4)
グルーバー,フランク (1)
クレイス,ロバート (2)
クロフツ,F・W (4)
グロラー,バルドゥイン (1)
クーンツ,ディーン・R (1)
ケアリー,エドワード (2)
ケストナー,エーリヒ (1)
ケメルマン,ハリイ (3)
ケリー,ジム (4)
ケンリック,トニー (1)
胡傑 (1)
ゴズリング,ポーラ (5)
コッタリル,コリン (1)
コードウェル,サラ (4)
ゴードン,デイヴィッド (1)
コニイ、マイクル (2)
コマストリ=モンタナーリ,ダニーラ (1)
コメール,エルヴェ (2)
コリータ,マイクル (1)
コリンズ,ウイルキー (1)
コール,G・D・H・&M (1)
コレット,サンドリーヌ (1)
サ行 (56)
サフォン,カルロス・ルイス (3)
ザングウィル,イズレイル (1)
ジェイミスン,ハンナ (1)
シェパード,ロイド (1)
シエラ,ハビエル (1)
シニアック,ピエール (1)
シムノン,ジョルジュ (14)
ジャックマール&セネカル (1)
ジャプリゾ,セバスチアン (1)
シューヴァル,マイ&ヴァールー,ペール (1)
シール,M・P (1)
水天一色 (1)
スコット,J・M (1)
スタウト,レックス (5)
スタージョン,シオドア (1)
スティーヴンス,ロビン (1)
ステーマン,S=A (3)
スパーク,ミュリエル (1)
スペンサー,ロス・H (2)
スミス,シェイマス (1)
スミス,チャールズ・メリル (1)
スラデック,ジョン (1)
スローン,ロビン (1)
セイヤーズ,ドロシー・L (8)
セシル,ヘンリイ (1)
ソアレス,J (1)
ソウヤー,ロバート・J (1)
タ行 (72)
タイボ二世,パコ・イグナシオ (1)
ダグラス,キャロル・ネルソン (1)
ダール,フレデリック (1)
チェスタトン,G・K (1)
チャンドラー,レイモンド (1)
陳浩基 (1)
デ・ハートック,ヤン (1)
デ・ミュリエル,オスカル (1)
デアンドリア,ウィリアム・L (1)
テイ,ジョセフィン (3)
ディーヴァー,ジェフリー (2)
ディヴァイン,D・M (10)
デイヴィス,L・P (1)
ディキンスン,ピーター (2)
ディケール,ジョエル (1)
ディケンズ,チャールズ (7)
ディッシュ,トーマス・M (1)
ディドロ,フランシス (1)
デイリー,エリザベス (1)
テオリン,ヨハン (3)
デクスター,コリン (12)
デュレンマット,フリードリヒ (1)
テラン,ボストン (2)
ドイッチ,リチャード (1)
トゥロー,スコット (2)
ドッヂ,デヴィッド (1)
トーマス,ロス (1)
トムスン,ジューン (1)
ドラモンド,ローリー・リン (1)
トレヴェニアン (3)
トンプスン,ジム (3)
トンプソン,ジェイムズ (3)
ナ行 (8)
ナイト,アランナ (2)
ニーリィ,リチャード (1)
ネイハム,ルシアン (1)
ネスボ,ジョー (2)
ノックス,ロナルド・A (2)
ハ行 (164)
ハイスミス,パトリシア (1)
ハインズ,ジョアンナ (1)
ハーカウェイ,ニック (1)
バークリー,アントニイ(アイルズ,フランシス) (6)
バグリイ,デズモンド (1)
バークレイ,リンウッド (1)
バージェス,アントニイ (1)
バゼル,ジョシュ (1)
バー=ゾウハー,マイケル (1)
バトラー,エリス・パーカー (1)
ハナ,ソフィー (2)
バーナード,ロバート (3)
バーニー,ルー (1)
バニスター,ジョー (1)
ハーパー,ジェイン (0)
パーマー,スチュアート (1)
ハミルトン,エドモンド (1)
ハミルトン,スティーヴ (1)
ハメット,ダシール (2)
パラニューク,チャック (1)
バランタイン,リサ (1)
ハリス,トマス (1)
バリンジャー,ビル・S (3)
パレツキー,サラ (1)
ハンター,スティーヴン (2)
ビガーズ,E・D (4)
ピカード,ナンシー (1)
ピース,デイヴィッド (1)
ピーターズ,エリス (2)
ビッスン,テリー (2)
ビネ,ローラン (1)
ヒラーマン,トニイ (2)
ピリンチ,アキフ (1)
ヒル,トニ (2)
ヒル,レジナルド (3)
フィツェック,セバスチャン (1)
フィックリング,G・G (2)
フィッシュ,ロバート・L (4)
フィッチュー,ビル (1)
フィニイ,ジャック (4)
フィルポッツ,イーデン (2)
フェイ,リンジー (1)
フェラーズ,エリザベス (4)
フェルナンデス,ドミニク (1)
フォーサイス,フレデリック (1)
フォン・シーラッハ,フェルディナント (6)
プライヤー,マーク (1)
ブラウン,カーター (6)
ブラウン,フレドリック (1)
ブラックバーン,ジョン (1)
ブラッティ,ウィリアム・ピーター (1)
ブラッドリー,アラン (1)
ブラッドン,ラッセル (1)
フラナガン,トマス (1)
フランシス,ディック (1)
ブランド,クリスチアナ (5)
プリースト,クリストファー (1)
フリードマン,ダニエル (2)
フリーマントル,ブライアン (1)
フリーリング,ニコラス (1)
フリン,ギリアン (1)
ブルース,レオ (4)
ブルックマイア,クリストファー (1)
ブレイク,ニコラス (2)
ブレット,サイモン (1)
フレミング,イアン (2)
ブロック,ローレンス (2)
ヘアー,シリル (2)
ヘイズ,サマンサ (1)
ヘイダー,モー (1)
ベイヤー,ウィリアム (1)
ヘイヤー,ジョージェット (3)
ベイリー,バリントン・J (1)
ベイリー,H・C (1)
ペニー,ルイーズ (1)
ベリー,ジュリー (1)
ペリッシノット,アレッサンドロ (1)
ペルッツ,レオ (1)
ヘロン,ミック (2)
ベントリー,E・C (1)
ポー,エドガー・アラン (2)
ホーガン,ジェイムズ・P (1)
ポースト,M・D (1)
ポーター,ジョイス (6)
ホック,エドワード・D (4)
ホッケンスミス,スティーヴ (2)
ポツナンスキ,ウルズラ (1)
ホッブズ,ロジャー (1)
ホーリー,ノア (1)
ホワイト,ハル (1)
ボワロ&ナルスジャック (5)
ボンド,マイケル (2)
ボンフィリオリ,キリル (1)
マ行 (51)
マガー,パット (1)
マーカム,ヴァージル (1)
マカルパイン,ゴードン (1)
マーカンド,ジョン・P (1)
マクダニエル,デイヴィッド (1)
マクドナルド,ジョン・D (2)
マクドナルド,フィリップ (2)
マクドナルド,ロス (2)
マグナソン,アンドリ・S (1)
マクベイン,エド (2)
マクリーン,アリステア (2)
マクロイ,ヘレン (5)
マコーマック,エリック (1)
マゴーン,ジル (1)
マシスン,リチャード (1)
マシューズ,ハリー (1)
マッギヴァーン,ウィリアム・P (1)
マリック,J・J (1)
マルティネス,ギジェルモ (2)
マン,アントニー (1)
マンシェット,J・P (1)
ミエヴィル,チャイナ (1)
寵物先生(ミスター・ペッツ) (1)
ミラー,デレク・B (1)
ミラー,マーガレット (2)
ミルン,A・A (1)
ムーア,グレアム (0)
メースン,A・E・W (1)
メルヴィル,ジェイムズ (1)
メルドラム,クリスティーナ (1)
メロ,パトリーシア (1)
モイーズ,パトリシア (3)
モートン,ケイト (3)
モール,ウィリアム (1)
モロー,ブラッドフォード (1)
モンテイエ,ユベール (2)
ヤ行 (2)
ヤッフェ,ジェイムズ (1)
ヨナソン,ヨナス (1)
ラ行 (65)
ライアル,ギャビン (1)
ライス,クレイグ (3)
ライバー,フリッツ (1)
ラヴェット,チャーリー (1)
ラヴゼイ,ピーター (3)
ラックマン,トム (1)
ランキン,イアン (1)
リック,フランシス (1)
リッチー,ジャック (5)
リーミイ,トム (1)
リューイン,マイクル・Z (5)
リュウ,ケン (1)
劉震雲 (1)
ル・カレ,ジョン (1)
ルヴェル,モーリス (1)
ルブラン,ミッシェル (2)
ルブラン,モーリス (2)
ルヘイン,デニス (4)
ルーボー,ジャック (2)
ルメートル,ピエール (3)
ルルー,ガストン (2)
ルーレ,ドミニック (1)
レーダー,ベン (1)
レドモンド,パトリック (2)
レドンド,ドロレス (1)
レム,スタニスワフ (1)
レルネット=ホレーニア,アレクサンダー (1)
レンデル,ルース (2)
ロウ,ジェニファー (1)
ローガン,シャーロット (1)
ローザン,S・J (6)
ロジャーズ,ジョエル・タウンズリー (1)
ロスコー,セオドア (1)
ロースン,クレイトン (1)
ロボサム,マイケル (1)
ロラック,E・C・R (1)
ロング,アメリア・レイノルズ (1)
ワ行 (3)
ワイルド,パーシヴァル (1)
ワトスン,コリン (2)
海外合作他 (3)
その他海外 (9)
国内ミステリ (69)
その他国内 (15)
アンソロジー (6)
ファンタジー (1)
今年のベスト10 (9)
その他 (6)
社会1○○○○ (4)

ピープルカウンター